しんどい物語だったけど…朝ドラ「おちょやん」クライマックスの大逆転に見る“好感度と視聴率”の宿命

しんどい物語だったけど…朝ドラ「おちょやん」クライマックスの大逆転に見る“好感度と視聴率”の宿命

「おちょやん」ヒロインの千代を演じた杉咲花 ©getty

 NHKの看板・朝ドラこと連続テレビ小説「おちょやん」(2020年度後期)もいよいよ最終回。間髪入れず5月17日(月)からは「おかえりモネ」(2021年度前期)がはじまる。

「おちょやん」の杉咲花から「おかえりモネ」の清原果耶へ――恒例行事、ヒロインのバトンタッチも行われた。入れ替わりに当たり「おちょやん」を振り返り「おかえりモネ」への期待を綴りながら、高視聴率をキープし続ける朝ドラの好感度の正体について考えてみたい。

■しんどいエピソードの連続だった「おちょやん」

「おちょやん」は昭和の名脇役・浪花千栄子をモデルにして、波乱万丈な人生をなぞり、かつてないほど主人公が苦労に苦労を重ねたドラマだった。そのせいなのかわからないが、これまで世帯視聴率20%超えが当たり前とされていた朝ドラでは珍しく、初回から最終週1週間前まで一度も大台を超えていない。

 それが良くも悪くも話題のひとつとなるのも朝ドラならではである。ただ、世帯視聴率と内容を結びつけることは早計だ。昨今はコロナ禍による生活習慣の急激な変化もあれば、配信でテレビ番組を見る習慣も広まっている。もはや世帯視聴率は人気の指標にはならない。だからまずは毎朝スポーツ紙のウェブ版がネットで世帯視聴率を紹介する無意味な習慣をなんとかしてほしいものである。

 世帯視聴率の是非はさておき、「おちょやん」は貧困による家族崩壊、毒父による子どもに対する搾取、弟の裏社会への転落、夫の不倫……と社会問題がてんこもりで、いくらモデルの人生を参考にしたもので最終的には成功譚であることがあらかじめ情報として発表されていたとはいえ、かなり重量級なしんどいエピソードの連続はこれまでの朝ドラの中でも異彩を放っていた。

■“不幸の積み重ね”のドラマ的効果とは

 それでもクライマックスになると、どんなに苦しいことがあってもいつかいいことが訪れる最終週のサブタイトルのごとく「今日もええ天気や」と希望の光が差し始める。朝ドラ史上最強のバッドエンドと言われる「純と愛」(2012年度後期)が内容を書き記すこともためらわれるアグレッシブな最終回だったことと比べたら、断然救いがあった。

「おちょやん」のヒロインにふりかかった数々の苦しみを現代のコロナ禍に置き換えて見ることも可能であろう。さらに、不幸の積み重ねはクライマックスの大逆転の効果を最大にするためだったと思えば、エンターテインメントとしてけっして悪いドラマではない。なにしろ人生の大逆転は、おじさんたちの顔芸勝負が繰り広げられる「半沢直樹」や、世の中出し抜いたもん勝ちの「コンフィデンスマンJP」など昨今のエンタメの人気要素なのだから。

 その逆転劇は次回作の「おかえりモネ」にも繋がっていく。

■「あまちゃん」の伝説を再び体験できるかも

「おかえりモネ」は宮城県気仙沼に生まれ育った主人公・モネこと百音(ももね)が気象予報士を目指す、オリジナルの現代劇。予告映像を見ると、海に山にと、ロケをふんだんに行っていることがわかる。透んだ青空に浮かぶ虹や彩雲、風になびくヒロイン(清原)の髪とまぶしい笑顔……徹底的にさわやか路線で押してくる。まるで高性能の空気清浄機のようだ。

 かつて「純と愛」が悲劇的な終焉を迎えたあとに「あまちゃん」(2013年度前期)が明るくさわやかで笑いも満載な内容だったため、評価がうなぎのぼりとなった。あの朝ドラ伝説を再び体験できるのではないか。男たちに振り回された「おちょやん」のヒロインの苦悩の日々は「おかえりモネ」のジャンピングボードにもなったのだ。嵐を通り抜けた先に、快晴と虹が見えた、というような。

「おかえりモネ」は著名人の一代記ではないながら、典型的な好感をもたれる朝ドラの要素をもっている。それは何か――。

■「明るく・元気に・さわやかに」

 2000年度前期に放送された「私の青空」のチーフプロデューサーは朝ドラの3原則を「明るく・元気に・さわやかに」と先輩から教わったと語っていた(「NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 私の青空」より)。今から60年前、朝ドラがはじまった頃の主婦の願望「私たちももっとのびやかに、さわやかに生きたい」に朝ドラが応えた(「連続テレビ小説1961年から2015年 朝ドラの55年 全93作品完全保存版」より)。それ以来、一貫して朝ドラには「明るさ」「さわやかさ」の2つが欠かせない。「元気に」は入れ替え可能で、「べっぴんさん」(2016年度後期)や「ひよっこ」(2017年度前期)などのおとなしいヒロインの時代もあった。

 昨今は「あまちゃん」の影響から「おもしろさ」も要素のひとつになっている。お笑い芸人出身の脚本家を起用した「とと姉ちゃん」(2016年度前期)や「萬平さーん」「私は武士の娘です」などキャラクターの決めゼリフが受けた「まんぷく」(2018年度後期)、そして「サラリーマンNEO」や故・志村けんのコント番組を手掛けた演出家が脚本まで書いた「エール」(2020年度前期)はコメディ色が付加され笑いが求心力となった。

「おかえりモネ」の「おもしろさ」は予告映像からは未知数ではあるが、「明るさ」「さわやかさ」はふんだんに詰まっている。今回は内野聖陽が演じる父親もいい人そうだし不倫もなさそうだ(あくまで予想です)。

■西島秀俊、坂口健太郎、永瀬廉も出演!

 朝ドラにもうひとつ重要な要素は「イケメン」。女性の人生なり半生なりを描くことが多いので、視聴者も女性が多い。となると素敵な男性が出ていることが喜ばれる。

「おかえりモネ」には内野を筆頭に、西島秀俊、坂口健太郎、ジャニーズの永瀬廉と年齢層の幅広いイケメンが揃った。若手個性派の清水尋也や演劇界のイケメン・玉置玲央もいるし、ベテラン藤竜也もいる。浅野忠信もイケメン枠といっていいかもしれない。この徹底ぶりは、「なつぞら」(2019年度前期)以上かもしれない。

「なつぞら」は家族から職場まで白い歯が光るようなイケメンをずらりと揃えた上に、歴代朝ドラヒロインも揃える戦略でビジュアルに訴えかけた。1日15分とはいえ、半年間の長丁場。トータル40時間ほどある(2時間の映画なら20本分!)のでどこかでほころびや停滞が生じるのも仕方ないことである。そんなとき、見目麗しい人たちがいるだけで間が保つのである。ほら、「ガンダム」のララァも言っているではないか。「美しいものが嫌いな人がいて?」と。

「おかえりモネ」には「明るさ」「さわやかさ」「美しさ」が揃っている。

■日本における“好感度の3要素”

 先日、NHKで放送された好感度をテーマにしたドラマで、日本における好感度は「1.清潔感 2.笑顔 3.意味のあることを言わない」であると主人公が力説していた。言い得て妙なこの見解には普遍性があり、朝ドラの好感度に当てはめることも可能ではないだろうか。

 テーマめいたものを主張するよりも、ただ美しいものがそこにあるだけのほうが好感度はキープできる。たとえ作者が意味を込めたとしても、無意味で差し障りのないものがそれを打ち消していく。例えば、先ごろ惜しくも亡くなった橋田壽賀子は朝ドラ絶対王者「おしん」(1983年度)に、戦争を忘れバブル景気に浮かれる現代への批評をこめたと自身の著書やインタビューなどで繰り返し語っているが、その問題提起よりも少女のおしん(小林綾子)の健気さや大根飯や嫁いびり(この頃は嫁いびりもエンタメ感覚で消費されていた)などが話題の的だった。

 同じく、戦争孤児の成長を描く「鳩子の海」(1974年度)は主人公の離婚をはじめとして、戦争、原発など社会問題を深掘りした今思えばかなり攻めたものであったが、主人公・鳩子(斉藤こず恵)の健気さと彼女の歌う歌が人気の中心だった。脚本家の著書によると脚本を書くに当たって、社会問題の描写にはかなり慎重さが求められたようである。

■「当たり障りのなさ」から物語がはみ出す瞬間

 主義主張がありそうなことは極力ぼやかすことで、嫌悪感をもつ人を減らすこと。すなわちそれはたくさんの人に好まれることである。朝ドラは朝の支度の時計代わり、モーニング・ルーティーンであるからこそ、度が過ぎた不幸を見ることは朝、昨夜飲んだお酒がまだ残っているような後ろめたさがある。

 朝はやっぱり昨日の出来事はリセットして明るくさわやかであってほしい。言ってみればYouTubeにある作業用クラシックのようなものであれば、熱狂的に支持されなくても嫌われることはない。

 好き嫌いや意見が分れそうな戦争の歴史、不倫をはじめとした男女の愛憎、親との確執などの出来事は「喪失感」というワードにくるみ、音楽や演劇、落語など専門職のディテールや過程は省き結果だけ描く。最近は、姑の嫁いびりも国防婦人会の横暴もなりを潜め、主人公の同世代との格差も控えめになった。

 ポリコレが重視され、「多様性」の下にすべてに白黒つけないようになってきているため、吊橋のように大きく揺れる劇的な出来事によるドキドキ、わくわくが作りにくい。唯一、許容されるのは前述のシンプルな逆転ゲームのようなものなのだが、女性の半生ないし人生を主として描いてきた朝ドラとは親和性が薄い。そうするとますます作業用クラシックを職人のように極めていくしかない。

 当たり障りのない好感度という点でいえば、意味のない世帯視聴率を毎日出し続けることはまさに朝ドラの好感度キープに貢献しているといえるのかもしれない。でもたまにそこからはみ出して、作業用クラシックが稀代の名曲に変異する瞬間が、長寿番組・朝ドラの楽しみ。「おちょやん」にキラリと光る瞬間を見つけた者は幸福である。例えば、父や夫への憎悪を清潔な感情に浄化した杉咲花、ドラマのなかでほとんど描かれなかった文学にも興味があったモデルの劇作家の繊細さをかすかにのぞかせた成田凌などアルバムに残しておきたい名演技であった。

「おかえりモネ」は明るさ、さわやかさの中に何を潜ませているか、目をこらして見たい。

(木俣 冬)

関連記事(外部サイト)