「それいい?」父親は私の貯金箱を…吉川ひなのが明かした両親“タカリ”の衝撃

「それいい?」父親は私の貯金箱を…吉川ひなのが明かした両親“タカリ”の衝撃

吉川ひなの

〈全然、幸せじゃなかった〉

 5月13日にエッセイ『わたしが幸せになるまで 豊かな人生の見つけ方』(幻冬舎)を上梓するモデル・吉川ひなの(41)。そこに綴られていたのは――。

◆◆◆

 93年に芸能界入りした吉川。瞬く間に“九頭身美少女”としてスターダムを駆け上がった。99年、19歳でSHAZNAのボーカルIZAMと結婚したが、

「7カ月でスピード離婚。その後はパリコレに出演したりもしていましたが、テレビに登場する機会は減っていった」(芸能関係者)

 一世を風靡した彼女が今回、エッセイで初告白したのが、当時は明かしてこなかった“親との関係”だ。

 実は、幼少期は家の電気が止まり、借金取りに追われる日々だったという吉川。それでも、彼女の稼ぎで一家は〈豪邸〉で暮らすようになった。多摩エリアの住宅街に佇む広さ200平米の2階建てと見られる。

■「それいい?」と貯金箱を持っていこうとした父親

 だが、次第に吉川は芸能界に嫌気が差していく。90年代後半のことだ。別の仕事で生きていこうと考えた彼女は両親を訪ね、〈今までわたしが働いて稼いだ貯金を分けてほしいとお願いしに行った〉。すると、

〈両親はわたしの稼いだお金で借りていた豪邸の玄関で顔を青ざめさせ、よくわからない言い訳を繰り返し、数時間後にやっと持ってきた通帳には豪邸の家賃の1ヶ月分にも満たない額しか残っていなかった〉

 その後、IZAMとの結婚、離婚を経て、20歳を迎えた吉川。芸能界にも距離を置き始めていたが、両親の“タカり”は止まらなかった。ある時、父親が一人暮らしの家に無心しに来たという。吉川は「もうお金はない。500円貯金しかない」と伝えたところ、父親は「それいい?」と貯金箱を持っていこうとした。

〈さすがに感情的になりわんわん泣いたけど、父親はなにも言わずにわたしの貯金箱を持って去って行った〉

■どん底から這い上がりハワイの物件を購入

 どん底の彼女を救ったのが、00年代半ばに出会った今の夫だった。11年に再婚。2人の子供に恵まれ、現在は第3子を妊娠中だ。

「13年にハワイに移住し、14年にはアパレル関係の会社を設立。自身がプロデュースしたドレスや子供服が好調で、年商1億円は下らないでしょう」(知人)

 夫も音楽関係の経営者だが、稼ぎの中心は吉川。実際、彼女の名義で16年、ホノルル市内の45階建てコンドミニアムの一室を購入(今年4月に約1億4000万円で売却)。17年には山間の新築一戸建てを約2億3000万円で購入し、ハーブや野菜を育てる自給自足のスローライフを満喫中だ。

「今年1月に所属事務所レプロから独立。過去のことも自由に踏み込んで書けたようです」(同前)

 今も家計は吉川頼みだが、幸せになれたのか――。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年5月20日号)

関連記事(外部サイト)