競技クイズの高校日本一決定戦! 「ニュース・博識甲子園」はなぜできたのか?

競技クイズの高校日本一決定戦! 「ニュース・博識甲子園」はなぜできたのか?

決勝戦の場面(写真撮影:筆者)

「運命戦だな……」

 観戦者の誰かがそうつぶやいた。「運命戦」とは、競技かるたの言葉である。最後の1枚をどちらが取るか、それで勝敗が決する、という状況を表す。

 2018年8月25日。競技クイズの高校日本一を決する第1回「ニュース・博識甲子園」決勝戦。

 東京の開成と埼玉の栄東。優勝候補同士がぶつかった最終決戦は、最後のスコアは14対14。先に15ポイント目を取った方が優勝という、作っても作れないような、奇跡的な場面を迎えていた。

 張り詰めた空気の中、最後となるかもしれない問題が読み上げられる。

「インフレの種類で、『駆け足』という/」

 両校の選手の手がほぼ同時に動き、ボタンを押す。ランプがついたのは、開成の選手だった――。

■現在の高校クイズ事情

「ニュース・博識甲子園」は、毎年夏におこなわれ、9月に日本テレビで放映される「全国高等学校クイズ選手権」、通称「高校生クイズ」と混同されることがある。まずは「高校生クイズ」に関して、おさらいしておきたい。

 言うまでもなく「高校生クイズ」は、多くの幅広い世代の視聴者に親しまれてきた、昭和の時代から続く老舗番組である。1983年の第1回以来、全国のクイズを愛する高校生たちにとって最大のイベントだった。そこでは何人もの若き知のスターが現れた。開成高校在籍時に優勝を果たした、伊沢拓司さんや水上颯さんがその代表であろう。

「高校生クイズ」といえば過去に3度優勝している開成、県立浦和(埼玉)、あるいは灘(兵庫)、ラ・サール(鹿児島)など、大学進学率の高い進学校が常連というイメージが強い。

■「カップルの愛は突破できないな、と……」

 一方で、2017年と2018年。その「高校生クイズ」を2年連続で制したのは、三重県の私立桜丘高校である。

 2017年に優勝した、木多祐太君と中島彩(さやか)さんについては、文春オンラインに掲載された「 奇跡の“高校生クイズ優勝カップル”が語る『エリート開成に勝てた理由』 」に詳しい。

 開成などの有名男子高と比較すれば、桜丘高校は共学の一般的な高校だ。そうした高校の男女カップルチームが優勝したことは、大きな話題となった。

「男子校の友情では、カップルの愛は突破できないな、と……」

 早押しクイズで10問先取優勝という、伝統的なスタイルでおこなわれたニューヨークでの決勝戦。わずか1ポイントの僅差で敗れた開成のメンバーの一人、後藤弘君はそう言って苦笑した。

 昨年度3年生だった木多君と中島さんは、今年2018年に高校を卒業した。

■頭の柔軟性、ひらめきが問われるような問題

 今年の「高校生クイズ」で優勝したのもまた、桜丘高校だった。メンバーは小林雅也君、東問(ひがし・もん)君、東言(ひがし・ごん)君の2年生トリオだ。

 東兄弟は、競技クイズの世界では強豪として知られている。両者とも鹿児島ラ・サールから桜丘に転校し、「高校生クイズ」優勝を目指した。青春をかけてのチャレンジである。その彼らにとって、新しい「高校生クイズ」は当初想定していたものとは全く違ったはずだ。

「高校生クイズ」は、多少の変遷があるにせよ、基本的には広く深い知識や、学力をベースにした能力を問うてきた。

 しかし今年の「高校生クイズ」からは、その形式が一変した。キャッチフレーズは「地頭力No.1 決定戦」。知識はほとんど必要とされない代わりに、謎解きやパズルなど、頭の柔軟性、ひらめきが問われるような問題が多く出題されるようになった。

 そもそも、「地頭」(じあたま)とは、何か。2018年に出版された『広辞苑』第7版には以下のように記されている。

 じあたま【地頭】

(1)かつらを用いない頭。地髪(じがみ)。

(2)生れつき備わった頭の働き。

 2の意味は、第7版から新たに加えられた。要するに現在の意味で使われる「地頭」とは、平成も半ばになって一般化したものである。

■「開成が出てない『高校生クイズ』なんて」

 謎解きやパズルなどをメインとした2018年の「高校生クイズ」では、これまでさほど目立たなかった高校が大きく躍進した。一方で、開成や灘など、伝統的な強豪校の多くが、地方予選の段階で姿を消していた。

「開成が出てない『高校生クイズ』なんて」

 そんな声も耳にした。そうした中で、競技クイズ強豪校の桜丘は勝ち進んだ。全国大会では、以下のようなテーマも出された。

「多くのタイヤをいかに効率よく離れた場所まで運ぶか」

「文房具店で揃えられる道具で、200個の風船を短時間でどれだけ効率よく割れるか」

「5メートルの壁をどのようにして乗り越えるか」

 これらは「地頭力」のみならず、時に現実の体力も試される。

 桜丘のメンバーは、うまく対応した。たとえば風船を割るというテーマに対しては、リモネンという成分が入った接着剤をはがすスプレー(有機溶剤)を風船にかけるという方法を思いついた。日頃つちかった知識がなければ、思いつかないものだろう。そうして、堂々の優勝を果たしている。

 筆者が見た限りでは、今回の「高校生クイズ」に対しては、視聴者からはかなり好意的な意見が多かった。

 一方で、従来の「高校生クイズ」からはかなり離れた方式に、戸惑いの声も少なからず見られた。実際に参加した高校生たちにとっては、賛否両論、といったところだろう。

「高校生クイズ」は大きく変わった。そしてこの先もまた、どんどん変わっていくかもしれない。

 一方で、従来型の競技クイズを愛する高校生が、変わらず活躍できる場所は用意されていてもいいのではないか。

 奇しくも同じ2018年。「ニュース・博識甲子園」はそうした高校生たちのための、新しい舞台となった。

■同じ高校の3人が1チームとなり、地区予選に臨む

「ニュース・博識甲子園」を主催するのは「一般社団法人 日本クイズ協会」(略称JQS)。その名称からして、伝統ある組織のようにも思われるが、実は2年前に立ち上げられたばかりの、フレッシュな団体だ。日本全国のあらゆるクイズ大会、クイズ関係者を強力に統括している、というわけではない。また今後、そうした予定もない。あくまでも裏方として地道に、各地でクイズを楽しむ人たちをサポートすることを目的としている。

 中学、高校の部活動としてクイズに取り組む生徒、そして保護者や指導者が参加してよかったと思われるような大会をオフィシャルに開催する。それがJQSにとっては一つの目標でもあった。「ニュース・博識甲子園」の開催は、高校生にとっては大きな励みであろうし、JQSにとっても、大きな試みの始まりである。

「ニュース・博識甲子園」では、同じ高校の3人が1チームとなり、まずは全国7地区で開催される地方予選に臨む。参加したのは、103チーム、316人。もちろん「高校生クイズ」と比べれば、参加者数は圧倒的に少ない。それでも静かで熱い戦いが、まずは机の上から始まった。

 メンバー3人はそれぞれ難問200問のペーパークイズを解く。問題は易しいものから難しいものまで様々だ。ジャンルは社会、歴史、国語、科学、生活、芸能・音楽、スポーツ、趣味・娯楽と、多岐に渡る。

 3人の合計点によって、上位8校が全国大会に進出する。

 激戦を勝ち上がったのは、上位から順に栄東、開成、旭丘(愛知)、松本深志(長野)、川越(埼玉)、仙台第二(宮城)、福岡(福岡)、慶應義塾(神奈川)。

 なじみのある学校名が並んでいると言ってもよいのではないだろうか。

■東京パラリンピックのマスコットの名前は何でしょう?

 東京・渋谷のスマートニュース社で開催された全国大会の模様は収録され、映像サービス「 Paravi 」で配信された。現在も観ることができる。

「高校生クイズ」と「ニュース・博識甲子園」。両方の全国大会に出場した選手は、わずかに1人だけだった。両大会の性格が異なることを端的に示すものだろう。

 全国大会は激戦となった。いくつか問題を紹介しよう。

Q.先月発表された2020年の東京オリンピックのマスコットの名前は「ミライトワ」ですが、東京パラリンピックのマスコットの名前は何でしょう?

 これはみなが即答レベル。正解は「ソメイティ」。

Q.大相撲の大横綱で、本名『秋吉定次』といえば双葉山ですが、本名『秋元貢』といえば誰でしょう?

 年配の方ならば、すぐにわかる問題かもしれない。現代の高校生は、次女の秋元梢さんの名を知っていて(最近では俳優の松田翔太さんと結婚してニュースとなった)、そこから正解を導く。正解は千代の富士。

Q.今年4月、政府の国家戦略特区の制度を活用して、岡山理科大学獣医学部が開設された都市はどこでしょう?

 日頃ニュースに触れていればわかる問題だろうか。鉄道好きで地理の知識が豊富な選手が「今治市」と答えて正解。

Q.蘇我入鹿と藤原鎌足の家臣・山上源内左衛門(やまがみげんないざえもん)が力比べをする場面が有名な、歌舞伎十八番のひとつとされる作品は何でしょう?

 これは難問であろう。歌舞伎十八番の演目名を全て覚えても、内容まで把握していないと答えられない。正解は「象引」(ぞうひき)。準決勝に進んだ4校のうち、3校までも正解していることから、上位校のレベルの高さは、推して知るべしだ。

■伝統的な競技クイズの強豪校同士の対決が実現した

 決勝戦に勝ち上がってきたのは、以下の2校である。

 栄東(埼玉) 安達虎太郎、森田晃平、佐藤彰真

 開成(東京) 後藤弘、上野李王、藤松健太

 地方予選で、栄東は1位。開成は2位。優勝候補の本命同士が、最後の決戦に臨むことになった。

 栄東・森田君は2016年、開成・後藤君は17年に「高校生クイズ」の決勝にまで進んだ。今年2018年に方式が変わって、両校はともに、そちらの地方予選で敗退している。伝統的な競技クイズの強豪校同士の対決は、「ニュース・博識甲子園」で実現したと言っていいだろう。

 決勝は3人の選手がそれぞれ5ポイント、全員で15ポイント取ったチームが優勝となる。一人傑出した選手が、全部答えるということはできない。相手が落とした問題を、自チームの誰が拾うかなど、団体戦ならではの微妙な駆け引きが生まれる。

 栄東と開成は、ほぼ実力伯仲。観戦者、関係者が期待した以上の名勝負が繰り広げられた。

 力が拮抗した対戦では、ちょっとしたミスによって、その後の展開が大きく左右されることもある。今回の決勝では、わずかに開成側にミスが目立った。たとえば、以下のようなシーンがあった。

Q.日本国憲法第25条第1

 開成の後藤君が早いタイミングでボタンを押す。自信を持って答えた「生存権」が、実は不正解。以前であれば、そのキーワードで正解となることが、ほとんどだったかもしれない。「ベタ問」と呼ばれる定番問題も、少しずつ進化していく。問題文は以下のように続く。

Q.日本国憲法第25条第1項の条文からタイトルを付けた、福祉事務所の職員・義経えみるを主人公とする柏木ハルコの漫画は何でしょう?

 1年生ながら全国予選個人トップの栄東・佐藤君が落ち着いて拾う。正解はテレビドラマにもなった、『健康で文化的な最低限度の生活』だ。

■解答権を得たことを示すランプがついたのは……

 開成が一時は先行したが、最後は栄東が追いついた。そして14対14。最後に残った1人が先に正解した方が勝ちという、まさに「運命戦」の場面を迎えた。残った選手は、開成・上野君と、栄東・安達君。

Q.インフレの種類で、『駆け足』という/

 両者がボタンを押し、解答権を得たことを示すランプがついたのは、開成・上野君だった。

「ギャロッピング・インフレ」

 ストレートにそのままを答えた。大きな賭けだった。しかし無情にも、不正解。問題は以下のように続いていた。

Q.インフレの種類で、「駆け足」という意味があるものは「ギャロッピング・インフレ」ですが、「忍び足」という意味があるものは何でしょう?

 解答権は栄東・安達君に移る。このクラスの選手ならば、ここまで読まれれば間違えない。

「クリーピング・インフレ」

 少しの間を置いて、栄東の優勝を告げるチャイムが鳴った。喜びを爆発させる栄東チームのメンバーが、安達君に駆け寄った。

 一方で開成・上野君は、チームメイトに「ごめん」という仕草で手を合わせ、ずっとうつむいたままだった。日頃どれだけ、最後の勝負の、その一瞬のために打ち込んできたか。悔しさは、察して余りある。

 そうして第1回「ニュース・博識甲子園」の幕は、大成功のうちに降りた。日本クイズ協会はすでに、次回以降の準備に取り掛かっている。いずれこの大会が、「高校生クイズ」と並び称される、夏の一大イベントとなる日が来るのかもしれない。

(松本 博文)

関連記事(外部サイト)