《DJ社長独占告白》レペゼン地球・突如解散のウラにあった“闇”をすべて暴露する! 月給30万円、使途不明金4000万円…

DJ社長、「レペゼン地球」解散の裏事情を文春に語る 経理担当H氏への不信感

記事まとめ

  • 昨年突如解散した「レペゼン地球」だが、その理由についてリーダーのDJ社長が語った
  • 「この動画を出すことも弁護士に止められてる」と係争中であることを前置き
  • 経理や契約書関係を担当していたH氏への不信感が原因であるという

《DJ社長独占告白》レペゼン地球・突如解散のウラにあった“闇”をすべて暴露する! 月給30万円、使途不明金4000万円…

《DJ社長独占告白》レペゼン地球・突如解散のウラにあった“闇”をすべて暴露する! 月給30万円、使途不明金4000万円…

DJ社長が公開した動画「本当のレペゼン地球 解散の経緯について」(2021年6月1日配信)

 YouTubeチャンネル登録者数230万人、Twitterフォロワー数60万人を擁し、20代を中心に人気を集めた音楽アーティストグループ「レペゼン地球」。現在は解散しているが、リーダーの「DJ社長」が6月1日にYouTubeで公開した“ある動画”が現在680万回再生(6月3日正午時点)され、いま話題を呼んでいる。

「レペゼン地球」とは、2015年8月から2020年12月までDJ社長(28)、DJふぉい(24)、DJ銀太(25)、MG脇(25)、DJまる(25)の福岡出身の男性5人で活動していた音楽グループだ。楽曲は主に音楽配信サービスやYouTubeで公開。2018年11月に行った幕張メッセワンマンライブではチケットが即日完売し、1万5000人を動員するなど人気グループとして活動していた。

 なかでも、21歳で起業して失敗し、借金6000万円を背負いホームレス生活を送った経験を明かしているリーダーのDJ社長(本名:木元駿之介)は、その壮絶な生き様から若者を中心に支持を集めていた。

■突然の解散発表と動画公開

 しかし、「レペゼン地球」は2020年12月26日の福岡ドーム公演をもって突如解散。解散理由は説明されなかったが、2021年から「Candy Foxx」という別名義で活動を再開したことから、それまで彼らを支持していたファンからも「解散詐欺」などと酷評されていた。

 そんな中、1日に公開された動画ではDJ社長が自ら解散の経緯について語ったのだ。

「本当はこの動画を出すことも弁護士にめちゃめちゃ止められてる」と係争中であることを前置きしたDJ社長は、解散に至った経緯について次のように説明している。

《(レペゼン地球結成以前から)ちょいちょい仕事しとった“H”って人がおる》
《(Hが)「僕が(音楽活動のための)会社、資本金100万で立てとくよ」と。「君が借金6000万全部返し終わったらこの時払った100万円、100万円ちょっとで買い取ってくれよ」って約束したわけよ》
《給料とかも全部“H”が決めとって(中略)、不満あったっちゃけど、株持たれとるけん何も言い返すことができんかった》
《(借金完済後に)「株返してください」って言っても返さんわけよ、いろんな理由つけて》

《この時払った100万円》というのは、レペゼン地球が所属し、DJ社長が代表取締役を務めていた前事務所「Life Group株式会社」の株の対価を指している。H氏はDJ社長とともにLifeGroup株式会社の代表取締役を務めていたが、筆頭株主としても会社の経営に大きな影響力を行使できる立場にあった。

 経理や契約の管理など、実質的に経営を差配していたのはH氏で、DJ社長やアーティスト契約を結んでいたレペゼン地球のメンバーの給与を決めてもいた。

■渦中のDJ社長を独占取材

 動画ではその後、DJ社長がH氏から当初の約束通り約100万円で株を買い取りたいと要求したところ、H氏から退職金4800万円や著作権、印税の権利などを求められたことを明かしている。DJ社長がその契約に応じなかったことで、レペゼン地球を解散せざるを得なくなったというのだ。

 H氏とDJ社長らのやりとりは、動画で公開された会話の録音データや、メンバーとH氏の怒鳴り声が飛び交う動画などから、かなり激しいものだったことがうかがえる。

 DJ社長は約21分間にわたって解散の内幕を語った。

「文春オンライン」取材班は、DJ社長を独占取材。H氏との出会いから、メンバーの実際の給料、Life Group株式会社の帳簿に記録された使途不明金の存在、動画公開を決断した際の心情などについて聞いた。

◆◆◆

――動画は大きな注目を集めましたね。

DJ社長 本当はもっと後に公開しようと思っていたんですけど、解散詐欺って言われ続けることが辛くなってきて。何も知らない第三者からしたらどう見ても解散詐欺ですが、解散前にこの事実を公表してもカッコつかないじゃないですか。

――経緯を知って驚いたファンも多かったと思います。

DJ社長 正直、これは僕のミスでもあるんです。会社の将来を左右する大事なことを口約束で決めてしまった。被害者だとか言う以前に、社長としての責任を果たせていなかったことは後悔しています。でも、これまで血を吐く思いで頑張ってきたのにH氏の言い分があまりにも理不尽だったので、もうことの顛末を洗いざらいファンにも知ってもらおうと動画を公開しました。

■DJ社長とH氏の本当の関係「何かあったら協力するよ」

――そもそも、H氏とはどういう関係だったのですか?

DJ社長 2014年の夏ごろ、知人の紹介でH氏と出会いました。当時僕は音楽イベントを主催する会社を経営していたのですが、すでに多額の借金を背負っていたので自分の名義では会場の予約とかアーティストを呼ぶことができなかったんです。そんなときに「何かあったら協力するよ」と言ってくれていたのがH氏でした。

――最初はいろいろと助けてくれる存在だった、と。

DJ社長 H氏は芸能関係の知り合いも多かったので、その人脈を使って有名アーティストを呼んだりしてもらっていました。2014年10月、僕が6000万円の借金を背負うきっかけになった音楽イベントを福岡国際センターで開催したのですが、その時も会場をおさえてもらったり、手伝ってもらうことは多かったです。

――そんな経緯もあって、H氏が100万円を出資して会社設立に至ったんですね。

DJ社長 はい。2014年末から2015年始めにかけてH氏に相談して、2015年1月に会社を設立しました。実は、動画では話がややこしくなるので省いたのですが、実際のH氏の出資額は51万円です。49万は、H氏の友人のB氏が出資してくれました。

――H氏が100%株主ではないということですか。

DJ社長 H氏とB氏は経営者友達で、B氏は経営に口を出すタイプの人ではないので、実質H氏が100%株主みたいな状態ではあったんですけど。

■H氏に不信感を抱き始めたきっかけ

――その頃、H氏とはどういう関係だったのですか?

DJ社長 H氏は関西に住んでいるので、1、2カ月に1回「飯でも行くか」って福岡に来て、吉野家に連れて行ったりしてくれていました。

――それだけ聞くと、H氏はグループのお父さん的存在だったように思えますが、いつ頃からH氏に不信感を抱くようになったのでしょうか。

DJ社長 動画で話しているとおり、H氏がお金まわりの仕事をするようになってからですね。2015年8月に「レペゼン地球」を結成してから、2年くらいは人気も出ずに極貧生活でした。でも2017年には、8月から9月にかけて沖縄、福岡、名古屋、大阪、東京で300人くらいの規模でツアーを開催できるくらいにはファンができたんです。その頃から、H氏が経理や契約書関係を担当するようになりました。

――「木元くん(編集部注:DJ社長)1人で仕事してるの大変だろうから」ってDJ社長も動画で説明していた部分ですね。具体的にはどんな仕事を任せていたのですか?

DJ社長 ひとつは、物販の売上管理です。当時からチケットはネットで販売していましたが、物販って完全に現金でやりとりするものじゃないですか。その管理を任せていました。もう一つは給料関係の契約です。結果として、この2つを任せていたことが後に大失敗だったとわかるのですが……。

――給料はどういう契約だったのですか。

DJ社長 最初は歩合制でした。2017年のツアー前までは、移動はヒッチハイクで、寝るのはライブハウスみたいな生活だったので、安定した収入を見込める状態ではありませんでした。歩合制の形式としては、至って普通の雛形っぽいものでした。でもその直後、2018年頃から爆発的に人気が出ました。

――DJ社長が「好きなことで、生きていく」と題したYouTube動画を公開した頃ですね。40分という長さにもかかわらず、再生回数は4日で200万回を超えるなど大きな反響を呼びました。

■幕張メッセライブ後もメンバーは月給30万

DJ社長 突然忙しくなり、ライブにも引っ張りだこの状態になったんです。売上も伸びて、いよいよ安定した給料制になりました。

――2018年11月17日には幕張メッセのワンマンライブで1万5000人動員するなど、人気アーティストとしての地位を確立します。

DJ社長 この頃の僕たちは本当にノリノリだったと思います(笑)。2019年9月には夢だったドーム公演も予定されていて、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いでした。そんな中、唯一の不安といえば、H氏がどう経理の運営をしているのか全くわからなかったことです。

――動画でも、H氏が会社の帳簿を見せてくれなかったことに憤っていましたね。

DJ社長 肌で感じている稼ぎと実際の給料が見合ってないなと感じて。アリーナ公演を満席にできる人気がありながら、月給30万円程度でメンバーは頑張ってくれていたんです。H氏に対する不信感が募りだしたのもこの頃からです。早く借金を完済して、会社を取り戻さなければという思いが強くなりました。

――実際に借金を完済できたのはいつ頃だったのでしょうか。

DJ社長 2019年の初め頃です。満を持して株を返してもらおうと思ったら、H氏は返してくれませんでした。愕然としましたね。そこから会うたびに頼み込んで……。そうしたら「じゃあ一旦B氏の株49%を君にあげる」と言われて、49%を49万円で買い戻しました。不本意な形ではありましたが、それでも半分近くを取り戻せたので一時はほっとしたんです。

■かたくなだったH氏がいきなり「株を売る」

――そこから一体どういう経緯で、動画で語られているようなトラブルが起きたのでしょうか?

DJ社長 2019年9月に予定していたメットライフドーム公演が、炎上騒動をきっかけに中止になりました。さらに新型コロナウイルスの影響で活動ができなくなって、2020年春に予定していたアリーナツアーも中止になったんです。この頃、H氏が急に「株を売る」って言い出しました。きっと、公演中止が続いたことで会社が大赤字を抱えると思ったんだと思います。

――それまで一切売買に応じなかったのに、態度が一変した?

DJ社長 H氏は「おれはそろそろ引退しようかと思ってる」と。赤字転落した途端に、ですよ。でもひとまず100%株を手にできるなら応じようと思ったところで、例の“腐ってる”契約書が送られてきたんです。

――動画内で話していた、退職金4800万円や著作権などの権利を全てH氏にわたすという内容の契約書ですね。

DJ社長 はい。そこからは動画で録音を公開したとおりの泥沼です。2020年6月17日にH氏と電話で話し合いました。僕はずっと借金を返済し終わったら株を買い戻させてもらえると信じていたのですが、H氏は「(株を買い戻すのなら)お金と権利は貰う」と。約束が違う、という僕の問いに「だったらこの話なしや」「お前どれだけ俺に迷惑かけて生きてきた」って開き直って、全然話がかみ合わなくて。

■帳簿を確認して知った「使途不明金4000万円」

――動画ではそのあとH氏に呼び出されて、代表取締役の解任をされるという流れでした。

DJ社長 実はその前にめちゃくちゃ腹立たしいことも起きてたんです。H氏から腐ってる契約書をもらってから、腹が立ちすぎて会社が設立されてから現在に至るまでの金の流れが記録された帳簿を全部見たんです。

――H氏はひた隠しにしていたんですよね。どうやって見たのですか?

DJ社長 そういえば俺会社の株49%持ってるな、と。3%以上の株式を保有する株主は帳簿を見る権利があるので、それを理由に全部見たんです。そうしたら意味の分からない数字が出てくるわ出てくるわ……。

――どういった内容だったんでしょうか。

DJ社長 2018年度の決算期に使途不明金が4000万円あったんです。現金管理を任せていた物販の利益だとすぐにピンときました。幕張メッセのライブで、たしか5000万円ほど売り上げていたのに、帳簿には1000万円しか記載されていなかったからです。

――それをH氏には問い詰めたのでしょうか?

DJ社長 もちろんブチギレました。

■利益0円のH氏の息子に支払われていた給与

――そのほかにも何か気になる点はでてきましたか?

DJ社長 あとは細かいお金の動きでしょうか。H氏が自分の息子をレペゼン地球のメンバーに入れたいというのをずっと断っていたのですが、息子をアーティストとして会社に所属させるのは承諾したんです。音楽制作の経費だけは会社から出していい、と。でも経費に加えて給与も支払われていました。息子は一切利益を出せていないのにですよ?

 あとは会社のクレジットカードに関西のルイ・ヴィトンの決済履歴が残っていたり、三軒茶屋に2部屋と野方に1部屋、メンバーも僕も知らないマンションの部屋を借りた形跡があったり……。

――なるほど。

DJ社長 何より腹立たしかったのは、メンバーの給与額ですね。ドームの舞台に立てるアーティストなのに、売れ始めた頃とほとんど金額が変わらない。もちろん給与額は上げて欲しいと何度も交渉して、数万円ずつ上がった結果がこれです。みんなが少ない給料で頑張ってくれたのは前から知っていましたが、帳簿を見てあらためて腹が立ちました。

――メンバーの給与は30万円前後と記載されています。

DJ社長 本当に腹が立ちますよ。売上を作っていたのは僕たちなのに。

――動画で語ったのは、問題の一部に過ぎないということですか。

DJ社長 言いたいことはたくさんあります。使途不明金が4000万円あったことも、もし脱税だって指摘されたら世間に頭を下げて謝るのはH氏じゃなくて僕です。経理を担当してなかったことは言い訳にならないし、代表取締役として把握していないといけなかったことではあります。でも、こうなってしまった責任をしっかりと理解して、メンバーと一から新しい活動していくことに今後は集中していこうと思っています。

◆◆◆

■H氏を直撃取材

「文春オンライン」取材班は、H氏を電話で直撃取材。

 すると、H氏は「会社の資本金が100万円だと色々と動かしやすいとは言ったが、100万円で会社をDJ社長に売るという約束はしていない」、「株を売る際に退職金の4800万円や曲の権利をもらうというのは見合った対価」、「喧嘩はしているけど、まだ彼らのことを可愛いと思っている。それなのに自らこんな動画を出して、何をしているんだという気持ちです」と反論。また、「後日取材にお応えします」と話した。

 H氏の主張は後日詳報する。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)