中学時代は「車と競走」していた…! 《100mで9.95日本新記録》 “慶大卒スプリンター”山縣亮太の原点

中学時代は「車と競走」していた…! 《100mで9.95日本新記録》 “慶大卒スプリンター”山縣亮太の原点

山縣亮太選手 ©JMPA

 陸上競技短距離の山縣亮太選手が、6月6日に行われた布勢スプリント男子100mで9秒95を記録しました。この記録は2019年にサニブラウン・ハキーム選手が記録した9秒97を0秒02縮める日本新記録。五輪本番でも決勝進出レベルのタイムを叩き出しました。

 産経新聞運動部で長年日本の短距離界を追い続けている宝田将志記者が、2016年のリオ五輪後に代表スプリンターたちの素顔に迫った『 四継 2016リオ五輪、彼らの真実 』(文藝春秋)の一部を抜粋し、そんな山縣選手の「原点」に迫ります(※日付、年齢、肩書きなどは当時のまま)。(全2回の1回目/ 後編 を読む)

◆◆◆

■大学卒業後に陸上部がないセイコーに入社したワケ

 東京・銀座4丁目に建つ和光。2015年4月2日、山縣亮太のセイコーホールディングス入社式が、この屋上で報道陣に公開された。?

 和光もセイコーホールディングスも前身は、1881(明治4)年に服部金太郎が創業した服部時計店である。屋上にそびえる時計塔、「SEIKO」の文字が晴天に映えていた。?

 そのすぐ目の前でこの日の主役は真新しい紺色のスーツに身を包み、口元を引き締めた。

「学生の頃よりも責任感を持って、結果にこだわっていきたいと思います」?

 アスリートとしての社会人生活が始まった。?

 12年ロンドン五輪代表。桐生よりも、ケンブリッジよりも先に「将来のエース」と期待を集めたのは山縣だった。?

 日本人初の9秒台は「早く自分が出したい」と、ずっと思っている。大学卒業後も競技を続けていくのは、10秒の壁を破り、世界大会での決勝進出を目指すためだ。

 ただ、山縣が他のトップ選手と少し異なるのは、所属することになったセイコーホールディングスに肝心の陸上部がないということだ。陸上競技の場合、有力選手は実業団に進むのが一般的である。駅伝チームを編成する長距離種目と比べ、短距離は企業の受け皿が大きくない。それでもミズノ、富士通、大阪ガス、住友電工などは態勢が整っている。

 選手の採用は大きく分けて2パターンある。正社員か、嘱託社員や契約社員か。例えば、富士通で言えば、高瀬らは前者だ。出勤する曜日が決められており、その日は昼間、オフィスで仕事をしてから練習となる。引退後は各企業に残ることができる。後者は高平や塚原。特定の出社日はなく、フルタイムで競技に専念できる一方で、セカンドキャリアは自ら築く必要がある。?

 山縣の場合はどうか。正社員としての採用だが、出勤は月に1日。基本的には自由にトレーニングでき、スポーツメーカー「ナイキ」からもサポートを受ける。しかし、チームの専属トレーナーはいないし、同じ所属のメンバーで合同合宿を行える訳でもない。

■「セイコーさんは“選択肢”を与えてくれる」

 その2年前の夏、ナショナルトレーニングセンターから最寄り駅まで肩を並べて歩きながら、進路の話題になると山縣はぽつりと言った。

「実は実業団じゃないという選択肢も考えているんですよね……」?

 先行きの見えない大学3年生の頃から、他の学生とは違った角度で就職を捉えていたようだった。?

 セイコーには「慶応」の縁があった。同社の服部真二会長、中村吉伸社長(当時)とも慶応大学の出身。特に服部会長は中学、高校とテニス部に所属し、全日本庭球選手権幼年の部(5歳以下)のダブルスで全国準優勝を飾ったほどの腕前で、スポーツへの理解が深い。5月のゴールデングランプリ川崎の特別協賛社にもなっている。なお、同社に所属していたロンドン五輪フェンシング男子フルーレ団体銀メダルの三宅諒も慶大の出身だ。

「より良い競技環境という意味では実業団だと思う」?

 そう山縣は語る。

「だけど、セイコーさんは“選択肢”を与えてくれる。何が必要か考えて会社側に提示することで、できることの可能性が広がる。自分はわがままだし、人と違ったことをしたいという気持ちがあったから」?

 そして、こう続けた。

「陸上が続けられるということは恵まれていること。結果で恩返ししたい」?

■心の声に従えるのは「幸せ」

 この心境は、競技継続を悩んだ時期があったことと無関係ではない。?

 山縣は就職活動を始めるにあたり、広島の両親に相談を持ちかけている。大学3年の冬、腰痛を発症したこともあって、自身の進路に頭を悩ませていた。?

「このまま走り続けていいのだろうか――」?

 そう聞くと、逆に父の浩一から問い掛けられた。?

「お前はどうしたいんだ」

「改めてそう聞かれた瞬間、やっぱり『走りたい』と思ったんですよね」?

 心の声に従えるのは幸せなのだと気持ちが固まった。その一方で、走ること、それも速く走ることだけで評価される生活への不安は少なからずあった。?

 山縣は1992年6月1日生まれ、広島市西区出身。陸上を意識したのは小学3年生の時だ。2つ上の兄が広島市のスポーツ交歓大会100mで7位に入賞して賞状をもらってきた。?

「その賞状がすごく大きくて。うらやましいなって」

■「走ることは自分の天職だ」と思いはじめた小学校時代

 山縣少年は4年生になった翌年、満を持して、その大会に出場。すると、走る姿が地元 の「広島ジュニアオリンピアクラブ」の指導者の目に止まった。400m障害世界選手権銅メダリストの為末大も所属していたことで知られる同クラブ。副会長の日山君代は当時を振り返る。

「腰が上下動せず、体幹がしっかりしていた。上半身が揺れる子どもが多い中、これはすごい、と。めったに見られない走りだった」

 興奮そのまま、夫でクラブの会長を務めている正光と客席で山縣の両親を探しだし、「一度、練習に来てみてもらえませんか」とスカウトした。?

 当時、山縣は少年野球をやっていた。もちろん地元・広島東洋カープのファンである。打順は1番、ポジションはショート。将来の夢は「1億円プレーヤー」だった。なので、陸上クラブに誘われて練習に通うようになってからも、しばらくは野球との掛け持ちだった。だが、陸上のチームメートに「野球に行っていて、土曜日の練習に来ないじゃん。そういう奴に負けるのは嫌だ」と言われたり、100mの競走で、スパイクをはいたクラブの子にランニングシューズで勝ち、「走ることは自分の天職だ」と考えるようになり、陸上一本に絞るようになった。

■自らの頭で考え、走りを磨く能力が実績に…

 現在、山縣の走るフォームは、ファンや関係者に「無駄がない」「きれい」と評されることが多いが、昔はそうではなかった。腕が横振りだったのだ。変わるきっかけは、正光のひと言だった。?

「腕振りを良くしたらタイムが上がるよ。腰の横に大根を置いて腕でスパッと切るように イメージしてごらん」?

 このアドバイスを受けて、今につながるフォームが形作られていった。実力がぐっと伸びたのは中学から高校にかけての時期だ。?

 当時、交際していた女性に振られてしまい、自分を磨こうと坂道ダッシュで追い込み続けたところ、高1の春に10秒95と10秒台に突入。

「初めて自分で自分を越えようと思ったのが、あの頃です。記録が出たのが嬉しくて、未練はなくなっていました」?

 青春の苦い思い出は、同時にアスリートとして、1つ殻を破るきっかけになった。?

 そして特筆すべきは、その学歴だろう。他のトップスプリンターとはひと味違っている。高校は広島県下有数の進学校・修道高。東大や京大への進学を目指す生徒もひしめく文系のトップクラスに籍を置き、AO入試を経て慶大へと進んだ。決して陸上の強豪校でない環境にも関わらず、実績を挙げてこられたのは、自らの頭で考え、走りを磨く能力に長けているからに他ならない。日本のトップに登り詰めるようなスプリンターで、コーチらしいコーチを付けていない者は珍しい。

■「車に勝てたら格好いいじゃんって」

「自分で判断して進んで行くことにプライドを持っています。それで結果が出始めると、大学で(専門の)コーチがいなくてもマイナスには捉えなくなりました。ベストの結果を出すためにグルグルと考えていて、他の選手と比べて変わっているとは思いますね」?

 創意工夫という面で言うと、例えば、中学生の頃から山縣は車と走っていた。これは物の比喩ではなく、実際に走っていた。?

 人通りの少なくなる深夜、家を抜け出すと歩道に立つ。リレーでバトンをもらうような 中腰の姿勢で、後ろから車が来るのを待つ。ヘッドライトが見えて、それが近づいてきたところでスタート。30mほどダッシュする。インターバルを取って、また次の車が来たら走る。これを繰り返す。?

「運転手には『何だ、こいつ』と思われていると思いますけど。車に勝てたら格好いいじゃんって。夜中の2時、3時とか、人のいない時間に、楽しいですよね」?

■「亮太は子どもの頃、犬に追われた時が一番速かった」

 この練習は大学2年ごろまで、タイミングを見て続けていた。車のスピードにもよるが、うまくイメージ通り走れると、なかなか追い付かれないものだという。トップスプリンターの100m の最高速度は秒速11mを越える。日本陸連科学委員会の統計によると、9秒台を出すには、最高速が秒速11.6mを越えることが目安になるとされている。山縣が13年織田記念国際で追い風2.7mの参考記録ながら10秒04をマークした際の最高速は秒速11.57mだった。秒速11mとは時速39.6km。原動機付き自転車と同じくらいのスピードが出ているのだ。?

「感覚を研ぎ澄まして、1歩先の動きをイメージする。うちの父なんか『亮太は子どもの頃、犬に追われた、あの時が一番速かった』とか言いますけど、人間、追い付かれると怖いというか、そういう状況になると無駄な動きをせず走れるものです。世界大会で黒人選手に追われるのと同じような感覚ですよ」?

 練習のビデオを見返しては、どうしたら速くなるか理想の走りを追求し、レースでその1つ1つの動きを完璧に再現する。だから、山縣はレースを「塗り絵みたいなもの」と表現する。「思った色をイメージ通りに塗っていく感じ」なのだという。?

■突然の激しい腰痛、ベッドから起き上がれなくなった

 高校2年の2009年に世界ユース選手権100m4位。大学2年で12年ロンドン五輪に初出場。100mで準決勝まで進んだ。予選でマークした10秒07は五輪における日本人最速記録だった。大学3年の日本選手権では、10秒01を出した直後の桐生に競り勝ち初制覇。ユニバーシアード銀メダルと順調にキャリアを積んだ。?

 突然、体が悲鳴をあげたのは、その秋だった。日本学生対校選手権を終えた翌朝、激しい腰痛でベッドから起き上がれなくなった。特に前屈をすると、感じたことのない痛みが走った。?

「これ、スターティングブロックを蹴れるようになるのか……」?

 不安は小さくなかった。休養すれば収まるかとみていたが、その後も痛みは引かない。翌年の2月には、ついに左臀部から左足の指まで全く力が入らなくなった。?

 診断結果は「軽度の椎間板ヘルニア」。

 調べてみると、骨盤も右側が下がり、左側が上がる形でゆがみ、それに合わせて背骨も曲がっていた。整体に通い、痛みをなだめすかす日々が始まった。

 腰痛に効くと言われる体操を取り入れ、さらに体幹を締めるために呼吸法も変えた。腰骨から少し下の脚の付け根の部分に、息を吐ききった時だけ力が入る箇所がある。常にそこを意識して呼吸をするようにした。

「普通、呼吸をするとお腹が膨らむけど、お腹をへこませて、そのまま呼吸する感じですね。そうしていくと体の芯を使える。体の密度を上げる感じです」?

 このシーズンは、モスクワで行われた世界選手権100m予選で左太もも裏を肉離れして、400mリレーを欠場。さらに、この腰痛である。

「山縣は怪我がちだ――」?

 周囲がささやく声が、聞きたくなくても耳に入ってきた。?

■「正しいと思って取り組んできたことも、結果が出なければそれは正しかったと言えない」

 腰はその後の治療のかいもあって、少しずつ良くなっていった。だが、なかなかトップフォームには戻らなかった。翌14年はターゲットを仁川アジア大会100mに絞っていたものの、結果は10秒26で6位。準決勝で左股関節を痛めたことも影響し、表彰台に届かなかった。欠場した桐生の代わりに急遽、100mに出場した高瀬が銅メダルを獲得した姿を見るにつけ、余計に自分を不甲斐なく感じた。メダルが手元にない仁川の夜、あまりの悔しさに食事は喉を通らず、満足に眠ることもできなかった。?

 やるせなさはなかなか消えなかった。帰国後、横浜市港北区の慶大グラウンド。

 差し向かいで改めて聞くと、こう大会を振り返った。

「何やっているんだろうって。自分は正しいと思って取り組んできたことも、結果が出なければそれは正しかったと言えない。自分がやってきたことは何だったのか、と。大学ではいろいろ試合がありますよね。『他の学生は、たとえ結果が出なくても何も変わらないけど、自分は立場が違う』というふうに考えてたんですけど、結局、一緒じゃないかって。結果が出てないじゃないかって。自分は甘かったんじゃないかって思ったんですよ」

■3学年下のライバルに見せ付けられた力の差

 気持ちの整理、走りの課題、そして、その対策。ひと通り語った山縣は、寒風をほおに受けながら寂しそうに視線を落とした。

「僕は、足が速くなりますかね……」

 そして、決定的な転機が訪れる。15年3月29日のテキサス・リレー。

 最高速に乗るレース中盤。山縣は目一杯、脚を回転させた。自分より回転が上回っている外国選手が横目に入った。その外国選手を引き連れるように先頭を白いユニフォームが疾走していた。7レーンの山縣の目に入ったのは4レーンの桐生の背中だった。その背中は遠かった。果てしなく遠く感じた。

「10〜20mを残して心が折れた」?

 そんなレースは人生で初めてだった。追い風3.3m の条件で、桐生9秒87。

 山縣は、10秒15だった。?

 3学年下のライバルに見せ付けられた圧倒的な力の差。追い風参考とはいえ、先に9秒台を出された事実。それも同じレースで。全身から力が抜け、日本の関係者が待機する場所に向かうことすらできなかった。駐車場をふらつき、通りがかった外国選手に「アー・ユー・オーライ(大丈夫か)?」と声を掛けられたが、まともに応えられなかった。しばらくして、自身をサポートしてくれているナイキの関係者にメールを送った。

「ショックで、しばらく立ち直れなさそうです」

 そして、その陰で静かに1つの決断を下した。?

「もう、このままじゃいけない。万全にしないと世界では戦えない」?

 痛めては治し、治しては痛めを繰り返してきた腰を、どんなに休もうとも完治させようと決めた。

■「もう……自信がどんどんなくなっていった」?

 地元・広島で行われる4月の織田記念国際と、所属先の冠大会、セイコーゴールデングランプリ川崎を欠場した。万全になれば速く走れる。そういう自信があった。桐生にも負けない。根拠はなかったが、ずっとそう思えていた。ただ、2年以上、自己記録を更新できていないことも、また重い事実として目の前に突きつけられていた。?

 戦線から離脱してすぐの5月、米国・ユージンで行われたダイヤモンドリーグで蘇炳添 が9秒99をマークしたというニュースが飛び込んできた。このタイムは中国新記録。400mリレーのアジア記録に続いて、黄色人種で初めて10秒の壁を破るという栄誉も中国に持っていかれた。

 しかも、このレースは山縣が当初、出場を検討していた大会だった。自分が立つべきだった場所で、先を越された。

「焦ったし、自分ができることがないから、ただ、もう……自信がどんどんなくなっていった」?

 トンネルの中、光は全く見えなかった。?

「心情を吐き出すのは信頼がないとできない」 《100mで9.95日本新記録》山縣亮太を支えた仲間たち へ続く

(宝田 将志)

関連記事(外部サイト)