「心情を吐き出すのは信頼がないとできない」 《100mで9.95日本新記録》山縣亮太を支えた仲間たち

「心情を吐き出すのは信頼がないとできない」 《100mで9.95日本新記録》山縣亮太を支えた仲間たち

©文藝春秋

中学時代は「車と競走」していた…! 《100mで9.95日本新記録》 “慶大卒スプリンター”山縣亮太の原点 から続く

 陸上競技短距離の山縣亮太選手が、6月6日に行われた布勢スプリント男子100mで9秒95を記録しました。この記録は2019年にサニブラウン・ハキーム選手が記録した9秒97を0秒02縮める日本新記録。五輪本番でも決勝進出レベルのタイムを叩き出しました。

 産経新聞運動部で長年日本の短距離界を追い続けている宝田将志記者が、2016年のリオ五輪後に代表スプリンターたちの素顔に迫った『 四継 2016リオ五輪、彼らの真実 』(文藝春秋)の一部を抜粋し、ケガに苦しんだ山縣選手を支えた仲間のエピソードを紹介します(※日付、年齢、肩書きなどは当時のまま)。(全2回の2回目/ 前編 を読む)

◆◆◆

■マネジャーとまでは言わなくても…サポートが必要

 陸上部のないセイコーホールディングスに入ることになった山縣を1人の友人が心配し ていた。慶大競走部で同期の瀬田川歩である。

「4月からちゃんと競技できる環境なのかなって。セイコーは大会のエントリーとかノウハウがなかったし、山縣クラスの選手だと主催者側から大会の斡旋もある。マネジャーとまでは言わなくても、そういう担当は必要だろうと思っていました。何も分からない人が担当に付いたら大丈夫なのかなって」?

 瀬田川は慶応高校から慶大に進み、競走部で主務を務めていた。いわゆるマネジャーだ。選手としては走らないが、山縣に関することも含め部の運営全般を仕切っていた。

 山縣は理知的にしゃべるので、しっかり者のように見えるが、集中力が高いため、陸上のことに思いを巡らせ始めると周りに目が行かなくなるタイプである。代表入りしてすぐの頃は、集合時間に遅れて先輩を待たせることがしばしばあったし、練習中も考えごとをしながらメンバーから離れて1人で歩いていってしまうこともある。?

 そういう素顔を知っているだけに瀬田川は心配だった。自身は大手損害保険会社に内定しており、卒業後の4月からは別々の道を歩むことになっていた。?

「どうなっているんですか?」

 ある日、瀬田川は競走部の監督、川合伸太郎に聞いてみた。そして、こう言い添えた。?

「最後の最後、選択肢がないなら、手伝ってもいいと思っているんですが……」?

 すると、川合はすぐにセイコーと瀬田川の会合をセッティングしてくれた。瀬田川はA4の用紙数枚に大会エントリーや取材対応など、山縣に関する事務関係事項をまとめて説明に赴いた。?

■「乗りかかった船」だと腹を決めて…

 同席した川合は、すでに瀬田川がマネジャーを務めたい、務めるという前提で話を進めている。あれよあれよという間に、セイコーから「頼みにくいんだけど、瀬田川君、手伝ってくれないかな」と言われ、マネジャー役を引き受ける流れになっていた。すでに卒業式を終えた3月中旬のことである。?

 これも乗りかかった船だと、瀬田川は腹を決めた。?

「山縣から見たら、自分くらい気を遣わずに仕事を任せられる人間もいないだろうという自負はありましたしね」?

 セイコーの申し出を快諾し、内定していた損害保険会社に、就職を辞退する旨を伝えた。「それでは申し訳ない」と、セイコーから入社を打診されたが、提示された職種は自分が志向するものではなかった。

「僕は人と接する仕事がしたいんです。誰かのために頭をひねる仕事が」?

 瀬田川は競走部を引退後、アルバイトをしていたテーマパークの運営会社と面談し、正社員として働くことになった。運営会社でテーマパークの出演者の給与管理などマネジメント業務に就く一方、セイコーから手当をもらう形で、山縣のスケジュール管理をしたり、週末の試合に同行するなどサポートに汗を流す生活が始まった。

「うちの川合監督は、こちらからひと言言うと、5歩くらい先まで突っ走ってくれるんですよね」?

“二足のわらじ”をはくことになった新社会人は、口では困りますよと言いながら、充実した笑顔をたたえていた。?

■山縣を支えた「もう1人の人物」

 もう1人、この時期に山縣を支えた人物がいる。古賀友矩。慶大競走部で山縣の2学年上のOBで、世界水泳選手権男子100m背泳ぎ金メダリスト・古賀淳也の実弟である。山縣が腰痛の本格的な治療に取り組み始めた直後、「治療の勉強をしているけど、どうだ?」と連絡を取り、交流が再開した。?

 古賀のキャリアは少し変わっている。400m障害の選手だったが、大学3年で退部。その後、兄がトレーニングと語学留学のために米国・シアトルに渡ると、休学して一緒に3カ月ほど米国に滞在した。

「ちょくちょく兄の練習を見ていて、やっぱり現場がいいなと思ったんですよね」?

 米国から帰国すると、すっぱり大学を辞め、柔道整復師の資格を取ろうと専門学校に通うようになった。?

「もったいないなと思いますよ、自分でも。部と大学を続けていたら、今頃、人並みに稼いでいたんだろうなって。でも、楽しくなかっただろうとは思います」?

■「なんか怖いな、この人」が第一印象?

 そんな古賀と山縣は不思議とウマが合った。山縣が苦笑いしながら振り返る。?

「初めて見たときは、すごく威圧感を醸し出している人ってイメージだったんですけどね」?

 高校1年の時、初めて古賀を見た。国体のテレビ中継だった。画面の中の古賀はゴール をすると、雄叫びをあげながらユニフォームを脱ぎ捨てていた。?

「恥ずかしくないのかな。なんか怖いな、この人」

 それが第一印象だった。?

 月日が流れ、山縣が慶大をAO入試で受験するために広島から上京し、競走部の練習に参加すると、そこに2年生部員になっていた古賀がいた。期待のルーキーは先輩達に囲まれ、雑談する中で、「教科は何が好きなの?」と尋ねられた。慶大は一般入試で入部した部員も少なくない。山縣は何と答えようか迷っていた。

「体育とか図工って言ったら、馬鹿っぽいかなぁ」?

 格好付けて本心と違う教科を口に出そうとした、その瞬間。いきなり見透かしたように 横から古賀が言った。

「体育だよな、体育!」?

 目を合わせて2人は笑い合った。?

■古賀さんは「何かやってくれそうな雰囲気がある」?

「空手」というつながりもあった。?

 山縣は大学に入学すると、空手の道場に月1回、通うようになっていた。?

「18歳ながらに、武道の精神は大事だと思っていたんです。昔は刀と刀を持って向き合っていましたよね。現代のスポーツでも『負けたら死ぬ』ぐらいの覚悟を持つことで、1つ差が生まれるんじゃないかと。守りたいものがあった時に、風邪をひいていましたとか、体調が悪いですとか言い訳にならない。向かい風が強いとか、初めての五輪だからとか、勝負の結果に対して、何の言い訳にもならない。それまでの自分を振り返ると、少し言い訳していた所があったので、そういう覚悟を持って競技をしたいなと思っていました」?

 同じ空手の先生のもとに古賀も通っていた。古賀の方は山縣のように実戦ではなく、その先生が「武道の精神を一般の生活にどう生かすか」というテーマで開催しているセミナーだった。?

 在学中から、武道の理念について幾度となく会話を交わしてきた2人。山縣は「また価値観を共有したいな」と思っていた。

「古賀さんはすごく話しやすい。それと、何かやってくれそうな雰囲気がある」?

 先の見えない復活ロードの伴走者として、型破りな先輩がコーチに付いてくれることは 心強かった。?

■「心情を吐き出すのは信頼がないとできない。要は素直になるってことですね」?

 古賀がシーズン全体を見通してメニューを組み、週1回ほどグラウンドに足を運んで練習をチェック。瀬田川が事務関係をバックアップする。競技に打ち込む態勢が整った。古賀が「山縣の自然な動きを大事にすることを心掛けてメニューを作る」と言えば、瀬田川は「きつい場面でも『有無を言わずにやれ』と尻を叩くこともある」と言い、こう続けた。

「15年シーズンはリオ五輪のために休んだんだから、本番では一泡吹かせてやろうって、みんな思ってますよ」?

 山縣は自らに言い聞かすように語った。?

「ダンディー(瀬田川の愛称)は重大な選択をしてくれて、古賀さんとも縁があった。2人には思っていることを言う。覚悟を持って来てくれているから。『古賀さんがグラウンドに来てくれないとモチベーション上がらないよ』とか。『それはやりたくない』とか。心情を吐き出すのは信頼がないとできない。要は素直になるってことですね」?

■鍼灸、電気治療器、水泳…様々な手法で体をケア

 腰痛で4月の織田記念国際、5月のゴールデングランプリ川崎を欠場し、まずは鍼灸師の下に通い詰めることから始めた。腰は当初、「軽度の椎間板ヘルニア」と診断されていたが、医師によって見立ては違っていた。

「ヘルニアかもしれないけど、これくらいでは神経を圧迫して痛くならないはず」などなど。治療を続けていく中で、どうやら痛みの原因は深部の筋肉の疲労ではないかと分かってきた。

 山縣が通った鍼灸師は全国に治療拠点を持っていた。東京、名古屋、大阪、広島。そこを回るのを追うように、山縣も各地を回った。治療法は「運動針」という手法だった。?

「痛いところに針を刺したまま動くんです。これがめちゃ痛い。刺したまま前後に曲げるんだけど、最初は背筋を伸ばすだけでもすごく痛い。これが少しずつ動かせるようになる」

 毎回毎回、うめきながらの“苦行”は続いた。長い時で30〜40分間。患部を刺激し終わった針を抜き取ると、なぜそうなるのか分からないぐらい、ぐにゃぐにゃに曲がっていた。?

「最終的にスタートの姿勢とかをやって。スタートで(ブロックから)離れて、体重を足で支える姿勢が一番痛かった」

 6月の日本選手権は何とか出場したものの、練習不足で全く走れず、北京世界選手権の代表入りを逃した。ただ、腰の痛みはどんどんと解消されてきていた。7月からは10万円の電気治療器を購入して、自分でケアを続けている。?

 ちょうど前後して始めたのが水泳だ。古賀が言う。

「動かなかったからご飯を食べられなくて痩せちゃっていたんで。やっぱり食べられないのはアスリートとして問題がある。なので、まずは少し動こうと。水泳は腰に負担がかからないですから」?

■「エンジンを一回り大きくしないと、自己記録更新は望めない」?

 70sほどあった山縣の体重は、この頃、66sまで落ちていた。東京都内で使えるプール を探して、週1、2回泳ぐようになった。山縣は笑いながら回想する。?

「水泳は中学以来でしたね。最初はクロールなんて水をガバガバ飲んじゃって。まあ、でもだいぶうまく泳げるようになったし、タイムも伸びましたよ」?

 そして10月からは大きく舵を切った。ウエイトトレーニングを始めたのだ。?

 これは大きな決断だった。?

「力が全てじゃない。無駄のない走りをしていけばタイムは伸びる。筋繊維が細い日本人だからこそ、そこに目を向けるべき」?

 そう語ったことがあったほど、ウエイトトレーニングの導入には慎重だったからである。筋肉が付きやすい体質で、余計な部位に余計な筋肉が付いて“重り”になってしまうことをずっと懸念していた。?

 だが、前のオフシーズンに米国のトラッククラブ「ハドソン・スミス・インターナショナル(HSI)」に短期留学し、その際、同クラブが日常的に行っているウエイトトレーニングに触れるなど、ちょうど自分でも新たな一歩を踏み出すタイミングだと感じていた。

「エンジンを一回り大きくしないと、自己記録更新は望めない」?

 3年前のロンドン五輪から、タイムを伸ばせていない停滞感があった。

「足を速くする手段としてウエイトをやっている人がいるので、やらない手はない。やらないで後悔したくはない」?

 山縣は、そう思い始めていた。?

■太ももや臀部、体幹、肩甲骨周りの厚みも増して...リオ五輪へ

 そんな時、セイコーホールディングスの服部真二会長の紹介で知り合ったのが、トレーナーの仲田健だった。仲田はプロゴルファーの石川遼やプロ野球阪神タイガースの桧山進次郎を指導した実績を持っていた。陸上に関しては、仲田自身も立命館大時代に円盤投げをしており、2000年前後には女子短距離をリードしていた新井初佳(現姓・小島)も担当したことがあった。?

 その仲田と共にウエイトトレーニングに取り組みだした。仲田は山縣と出会った当時を、こう振り返る。?

「上半身と下半身のバランスが悪かったですね。体の使い方が悪くて、課したメニューができず『悔しかった』と言っていました」?

 目指すのは筋力を付け出力を大きくすること。もちろんスピードが落ちては意味がない。

「重たいものを上げるばかりでなく、軽いウエイトで速さを意識したり、伸張反射(筋肉の瞬間的な収縮)を利用したメニューを組み合わせたり状況を見ながらですね。山縣君は感覚、感性がすごく鋭い。どこの筋肉が張っているとか、どこの動きが悪いとか違いを敏感に感じられる。その感性の鋭さというのは先天的なものだと思いますね。ずば抜けています。ですので、彼が『体の動きが遅くなっている感じがする』と言えば、『じゃあ、こうしよう』と相談しながら進めてきました」?

 太ももや臀部、体幹、肩甲骨周りの厚みが増した。リオ五輪で戦う準備は、ひっそりと、それでいて着実に進んでいた。?

(宝田 将志)

関連記事(外部サイト)