「怪獣」ではなく「飛行機」だった?! “特撮の神様”円谷英二が死の直前まで心血を注ぎ続けた“幻”の企画とは

「怪獣」ではなく「飛行機」だった?! “特撮の神様”円谷英二が死の直前まで心血を注ぎ続けた“幻”の企画とは

©iStock.com

『ウルトラQ』『ウルトラマン』『ウルトラセブン』の高視聴率を受け、新たに製作されたウルトラシリーズ『帰ってきたウルトラマン』。円谷英二氏の死去をはじめとした逆境を乗り越えて完成にこぎつけた第一話は26.4%の高視聴率を記録した。しかし、その後は苦闘が待っていた……。

 ここでは、特撮に関する書籍を多数執筆する映画評論家、白石雅彦氏の著書『 「帰ってきたウルトラマン」の復活 』(双葉社)の一部を抜粋。当時の製作背景、そして特撮の神様が抱いていた思いを紹介する。(全2回の1回目/ 後編 を読む)

◆◆◆

■崖っぷちだった円谷プロの1968年

 1953(昭和28)年2月1日に産声を上げた我が国のテレビ放送は、60年代中盤には最初の黄金時代を迎えている。その真っ直中、66年1月2日よりTBS系で放送開始した円谷プロ制作の『ウルトラQ』は、のちに“特撮の神様”と呼ばれる円谷英二(*1)が監修を務め、我が国初の本格特撮テレビ映画として大ヒットを記録した。メインの視聴対象だった子供達が熱狂したのは、作中に登場した数々の怪獣達だった。それまで映画でしか観ることの出来なかった怪獣達が(*2)、ブラウン管狭しと暴れ回る光景は、子供達の目を釘付けにし、我が国は“怪獣ブーム”と呼ばれる空前のムーブメントに覆い尽くされる(*3)。

*1 『ウルトラQ』以降、円谷英二は様々なメディアに取り上げられる機会が増え、“円谷英二=特撮の神様”という呼び名が一般に定着する。
*2 それまでにも『怪獣マリンコング』(60年4月3日〜 9月25日、フジ)のマリンコング、『月光仮面』(58年2月24日〜59年7月5日)のマンモスコング、『ナショナルキッド』(60年8月4日〜61年4月27日、NET)のギャプラといった例外はあった。
*3 最初のブームは68年頃まで続いた。

 勢いに乗った同プロは『ウルトラマン』『ウルトラセブン』とシリーズを連発した。怪獣ブームが沈静化し“妖怪ブーム”が囁かれ始めると、それに歩調を合わせるかのように怪奇犯罪ドラマ『怪奇大作戦』を制作。TBS側のプロデューサーは『ウルトラセブン』の三輪俊道から橋本洋二に代わり(*4)、テーマ性、社会性を持った作品を嗜好する氏らしい高密度のドラマを展開したが、視聴率的にはスポンサー、TBSともに納得出来るものではなく、番組は2クール26話で終了する。『怪奇大作戦』の終了により、TBSからの番組発注は途絶え、円谷プロは一気に冬の時代に突入してしまう。また、番組の質(特に特撮)にこだわる作品作りを続けてきたため、『ウルトラQ』制作時から慢性的な赤字に苦しみ、『怪奇大作戦』制作時の68年にはのっぴきならない状態に陥っていた。

*4 『ウルトラセブン』中盤から参加。『 「ウルトラセブン」の帰還 』(双葉社)を参照。

 その年の4月から民放初の1000万ドラマとして鳴り物入りで放送された『マイティジャック』(*5)は、赤字解消の切り札として期待されたが、内容的にも視聴率的にも惨敗で、2クールの予定が半分の1クール13本に縮小されてしまう有様だった。

*5 68年4月6日〜6月29日、フジ。

 会社再建策として東宝は、同プロの株式の60%を取得、完全子会社化した。登記上の会社名も円谷特技プロダクションから、現在の円谷プロダクションに変更、再建へ舵を切ったのである。以下は68年12月6日に開示された新役員人事である。

 社長・円谷英一(円谷英二の本名)、代表・藤本真澄、専務・円谷皐、取締役・柴山胖、雨宮恒之、円谷一、馬場和夫、今津三良、有川貞昌、和田治式。

 専務の円谷皐は英二の次男で、この年の3月にフジテレビを退社。同時に円谷プロが制作した作品の販売など、事業面の発展をサポートすべく円谷エンタープライズを起業、社長の座に納まっていた。取締役の円谷一は長男で、この頃はまだTBS社員だった。

 役員の顔ぶれが変わり、円谷プロ内部は様変わりしていった。『ウルトラQ』『ウルトラマン』『ウルトラセブン』と健筆をふるった脚本家、金城哲夫が企画課長を務めていた企画文芸室は廃止され、上原正三、宮崎英明(赤井鬼介)とともに、新設のプロデューサー室に配属となった(*6)。

*6 室長・有川貞昌。プロデューサー・守田康司、野口光一、金城哲夫、宮崎英明、上原正三、新野悟、熊谷健、郷喜久子。

■円谷英二の思いを反映した幻の企画

 番組発注が途絶えた円谷プロだったが、金城達は歩みを止めることなく、新番組の企画を作成していた。この時期のもので現在判明しているのは、『日本ヒコーキ野郎』『ザ・マンキース』『ビッチラ大冒険』の3本である。後者2本は、1冊の企画書に2本まとめられており、印刷は68年11月13日。『ザ・マンキース』は、人類の祖先を描いた内容、『ビッチラ大冒険』は、ひょんなことから宝の地図を手に入れた平凡な元サラリーマンの冒険を描く内容で、ともに喜劇であった。

 しかし68年の企画書でもっとも注目すべきは『日本ヒコーキ野郎』である。これは英二念願の企画であり、死の直前まで実現に心血を注いでいた(*7)。68年3月30日に印刷されたこの企画書は、TBSに提出されたもので、番組フォーマットは60分、連続26回、オールフィルム・カラー(企画書より)を想定していた。これは他の2本より先行していて、表紙の右下には“円谷プロ企画室”と印刷されている。ここで、企画だけに終わった幻の『日本ヒコーキ野郎』をほんの一部分であるが紹介したい。以下、冒頭の文言と企画意図を採録しよう。

*7 劇場映画を含め検討されていたようである

〈 これは……

 日本民間航空の揺籃期に、飛行機に憑かれた青年たちが、未知の大空に鳥の如く羽ばたかんとして、悪戦苦闘した笑いと涙の航空秘話である。

(1)企画意図

 彼等は、自ら「空の野武士」と名乗った。日本民間航空の夜明けに、命知らず、道楽者、ヤクザ者、山師などと罵られながら、大空に憧れ、飛行機に憑かれ、開拓的情熱を燃やした青年、つまり日本のヒコーキ野郎たちがあった。

 彼等は、国家の援助もなく、自らの血と汗で飛行機を開発し、生命を賭して操縦を習い、明日の日本の空を開くために悪戦苦闘したのである。

 航空が今日あることを信じた彼等が、暗中模索しながら、田畑を家を売り払い、日本の空に築き上げたパイオニアとしての虹は、現在の驚異的な航空機の発展に貢献し、光り輝いているのである。 

 これは、彼等「空の野武士」たちが、努力と活躍のうちに演じた珍談、奇談の数々を、時に喜劇的に、時に悲劇的に、フィクション・ドラマとしてつづり、日本の民間飛行家たちが、日本の空を征服するに至る楽しくも雄大な歴史をドラマ化するものである。

 明治100年を記念し、50年前のそうした空の開拓史を描くことは、宇宙開拓の認識をたかめるためにも、また、現在70才を過ぎた過去の空の野武士たちの功績をたたえるためにも意義あることだと思う。

 先覚者たちの、限りない努力と犠牲の結晶として、今日の航空界の隆盛があるのだから……〉

 以下、ドラマの設定と展開、主な登場人物紹介、前半何話分かは不明だが、かなり詳細な具体的ストーリーが書かれていて、他に3本のエピソードも紹介されている。具体的ストーリーを読む限り、円谷プロが得意の特撮を活かしつつ(*8)、本格的ドラマを目指した意欲作で、かつてパイロットを目指した円谷英二の思いがそのまま反映されている印象がある。

*8 飛行シーン、台風などの特撮シーンがある。

■飛行機に憧れた円谷英二の少年時代

 1910(明治43)年、9歳だった英一少年は、東京の代々木練兵場で行われた徳川好大尉と日野熊蔵大尉による日本初の公式飛行のニュースを聞き、飛行機に強い憧れを持つようになる。

 6年後の1916(大正5)年3月25日、14歳になった英一は、須賀川町立第一尋常小学校尋常科8年の課程を終えた。その翌月、4月8日から10日までの3日間、アメリカから来日した曲芸飛行士のアート・スミスが青山外苑でカーチス複葉機による曲芸飛行を行った。当時の愛読誌『飛行界』に掲載されたスミスの小特集は、英一の航空界への憧れをますます強固なものにしたのだ。そして11月22日、就職のため上京していた英一は、夢を叶えるため、民間航空のパイオニア、玉井清太郎の紹介で、8月に開校したばかりの日本飛行機学校に所属したのである(*9)。

*9 翌17年5月20日、玉井は自作機(玉井式3号機)による帝都訪問飛行を挙行するが、事故で墜落、帰らぬ人となる。この事故の影響で、日本飛行機学校は閉鎖に追い込まれた。

 『日本ヒコーキ野郎』主人公の名前は白井音吉、これは日本航空界のパイオニア、奈良原三次男爵の弟子であった白戸栄之助、伊藤音次郎の2人を合わせたネーミングであり、後者は番組の監修者として企画書で紹介されている。奈良原自身は、奈良木男爵として、そして円谷英二の教官だった玉井清太郎は玉井清一として登場する予定だった。

■「円谷プロはもうおしまいだ」と公言する局員

 組織の変革が行われる直前、企画書が作られてから半年以上経った11月29日の英二の日記にも『日本ヒコーキ野郎』は登場する。以下、採録する。

〈 11月29日金曜日 天候晴 今夜TBSに行き樋口、橋本両氏と私と守田君が会議協議をする。プロに対する一般批判ののち新企画が望み薄との話 覚悟はしていたがいささかガッカリする。然し新企画については、一縷の希望ある話も出来そうでもある。そのひとつは「サスケ」(*10)の後番組の30分もので これは至急企画を作って提出する。今ひとつはやはり「日本ヒコーキ野郎」これには、局も相当の気がまえらしい。もひとつは、やはり戦記ものである。この3本の番組みが這入れば誠に結構である。しかしプロには何かやはりマーチャンのつくものが1本は是非欲しいものだ〉

*10 白土三平原作のアニメ。68年9月3日〜69年3月25日。

 樋口とはTBS映画部出身(*11)で『ウルトラマン』では「恐怖のルート87」や「まぼろしの雪山」(*12)の監督だった樋口祐三、守田とは『怪奇大作戦』の円谷プロ側プロデューサーで、この頃は同プロ支配人だった守田康司である。つまり『怪奇大作戦』の後番組の受注は望み薄で、別の枠(『サスケ』の後番組)の新企画を作れば検討してもよい、とTBSから通告されているのである。『日本ヒコーキ野郎』についてTBS側は意欲的な態度を表明したようだが、これはリップサービスであった可能性が高い。

*11 TBSが本格的に国産テレビ映画を制作するため設立した部署。63年2月、映画制作課として発足、71年3月22日廃止。
*12 「恐怖のルート87」第20話、「まぼろしの雪山」第30話、ともに脚本・金城哲夫、特殊技術・高野宏一。

 この時期、円谷プロは怪獣ブームの終焉、『マイティジャック』の失敗、『怪奇大作戦』の終了決定(*13)、累積赤字等々、逆風が吹きまくっていた。TBS内部には「円谷プロはもうおしまいだ」と公言する局員までいたという。そうした状況から考え、局内における同プロの信用は極度に低下していたと言っていいだろう。

*13 『怪奇大作戦』が2クールで終了することが決まったのは68年10月。

■円谷プロ最初の黄金時代の終わり

 こうした状況下で、円谷プロの企画の要であった金城哲夫のモチベーションは急激に低下していた。金城が記した12月12日の企画課ノートには“1億の借金を背負って新たにスタートする陣営である。厳しい日々が予想される。しかし厳しければ厳しいほど仕事の充実は大きいと考えよう。必死にやりぬくのみである。企画室時代の自分しか知らぬ者は、『やれるのかい』とやや批判的である。腰をおちつけて、ジックリとTV映画作りに励みましょうというわけだ”とあり(*14)、一見決意表明のようである。しかしこの頃の金城は酒量が増え、連日のように荒れていたという。つまりノートに書き連ねた文言は、折れそうになる気持ちを必死に支えるため自らに言い聞かせていたのかも知れない。事実、金城が書き続けていた企画課ノートは翌69年1月15日で途絶え、二度と再開されることはなかった。69年の年明けに金城は以下のようなメモを残している。

*14 企画課ノート、メモの引用は上原正三『 金城哲夫 ウルトラマン島唄 』(筑摩書房)より。

〈新番組ピンチの理由。

円谷プロに対する偏見。(とくにTBS・CX(引用者注・フジテレビのこと)の場合は複雑である)他社は特撮プロとしか認めない。

〇俳優を持っていない。現在のテレビ映画の企画の場合は、企画の内容よりもスターが優先する。

〇売れる監督がいない。

〇プロデューサーがいない。現在のテレビ映画は、プロデューサーに企画をおろす傾向にあり、それだけ実力のあるプロデューサーが必要とされる。

〇円谷プロ最大の売り物は特撮である。それをやめるのは不利。いくら制作費のコストが安くても特撮入りの企画をすすめるべきであろう。〉

 このメモの記述は、前年12月の意気込みとは正反対の心境に思える。しかし、金城の分析はある意味当たっている。テレビ局の円谷プロへの評価は、わずか2年ほどですっかり変わってしまっていた。そしてテレビ界そのものが変質していた。英二が心血を注いだ『日本ヒコーキ野郎』も、こんな状況では局に採用されるはずもなかった。失意の金城は2月28日に円谷プロを退社、翌3月1日には早々と故郷の沖縄に旅立った。こうして特撮の梁山泊、円谷プロ最初の黄金時代は名実ともに終わったのだった。

?円谷プロ

【続きを読む】「その後の僕の作品の全てのキーワードが入っている」伝説の脚本家が明かす“ウルトラ5つの誓い”誕生秘話

「その後の僕の作品の全てのキーワードが入っている」伝説の脚本家が明かす“ウルトラ5つの誓い”誕生秘話 へ続く

(白石 雅彦)

関連記事(外部サイト)

×