【問われるYouTuberのモラル】〈ワタナベマホト逮捕〉その時、婚約者・元欅坂46今泉佑唯は「結局、1人で産むしかないのか」と…

【問われるYouTuberのモラル】〈ワタナベマホト逮捕〉その時、婚約者・元欅坂46今泉佑唯は「結局、1人で産むしかないのか」と…

©時事通信社/ワタナベマホト公式YouTubeチャンネルより

 6月23日夜、文春オンライン特集班は急事態宣言下の6月18日に人気YouTuber31人が集まって行われた「 自粛破りの大パーティー 」について報じた。

「このたびの当社クリエイターの行動につきまして、深くお詫び申しあげます。当社は、参加したクリエイターへの厳重注意を行いました。また、全専属クリエイターに向け、感染予防対策および責任ある行動について、引き続き指導してまいります」

 6月24日、人気YouTuberが数多く所属する事務所UUUMは「当社専属クリエイターの行動に関するお詫びとご報告」と題する文章を公式サイトで発表。同社所属の「水溜りボンド」のトミー、「アバンティーズ」のそらちぃ、ツリメらが同会合に参加したことについて謝罪した。また、同会合に参加していたあやなん、5人組人気YouTuber「コムドット」、関根りさ、古川優香らも自身のツイッターで謝罪した。

 若者を中心にカリスマ的な人気を誇るYouTuberだが、近年彼らが引き起こすトラブルが多発している。動画の再生回数を稼ぎたいYouTuberの迷惑行為が刑事事件に至ったケースもある。なぜ、彼らは“暴走”するのか? 今回、緊急事態宣言下での会合が明らかになったことで、改めてYouTuberの「モラル」が問われているといえるだろう。

 そこで文春オンラインでは、YouTuberが引き起こした「事件」の記事を再公開することとした(初出2021年3月17日、肩書き、年齢等は当時のまま)。

 ファンだった15歳の少女にわいせつ画像を送らせたとして、3月17日、児童ポルノ禁止法違反容疑で、人気ユーチューバーの「ワタナベマホト」こと、渡辺摩萌挟容疑者(28)が警視庁に逮捕された。

 渡辺容疑者は1月21日、元欅坂46の今泉佑唯(22)との結婚、今泉の妊娠を発表したばかりだった。

 すべては渡辺容疑者と今泉の結婚が報じられた1月21日に生配信された、あるユーチューバーの生配信による告発がきっかけだった。

「人気ユーチューバーの『コレコレ』が配信番組で、昨年11月マホトが15歳の女子高生にわいせつ画像を要求していたことを詳報した。番組には、被害少女本人も音声で登場して、声を詰まらせてマホトの卑猥な行為を告白。女子高生はファンの立場につけこまれ、『写真を30枚送れば通話で言葉責めをしてやる。50枚なら直接会ってあげる』と、マホトから条件を付けられたと証言しました。

 さらに、マホトは口止めのために、女子高生に学生証が一緒に映り込むかたちでわいせつな写真まで撮影させていた。『バラしたら画像を晒すぞ』と脅すこともあったそうです」(スポーツ紙記者)

■「逮捕は免れそうだ」と語っていたワタナベマホト

 この生配信の翌日、渡辺容疑者の所属事務所「UUUM」は契約を解除。渡辺容疑者を連れ赤坂警察署を訪れたという。

「ワタナベは警察署で、今回の女子高生との一件について事情を説明したが、まだ少女から被害届がでていないことや、事件のウラがとれていないことからその日は帰されたそうです。

 その後、ワタナベは周囲に『被害女性はツイッターで罪を認め謝罪をすれば、被害届は出さないと言ってくれている』『逮捕は免れそうだ』と語るなど、安堵していました。ところが、今回の事件を知った少女の親は、事件を決してうやむやにするつもりはなく、少女の周囲も警察に行くことを促したといいます。その結果、ワタナベの思惑通りには事は進まなかった」(UUUM関係者)

■3月に入って突然のユーチューバー引退宣言

 捜査の手が迫っていることを察知したのか、渡辺容疑者は3月2日、「今回の事件を起こしてしまい、自分なりに色々と考えさせて頂いた結果、けじめとして引退させて頂くことにしました」とツイッターに投稿し、ユーチューバーの引退を発表。

 さらに、自身のSNSも削除して、10年以上活動したユーチューバー生活に幕を降ろした。

 渡辺容疑者について、「文春オンライン」は2019年6月、交際中の女性に暴力を振るい、傷害容疑で逮捕されていたことを 報じている 。

 この時も渡辺容疑者は活動休止を発表。約半年の謹慎期間を経て、ユーチューバーとして活動を再開していた。だが、前回の逮捕から、たった1年9カ月で再び逮捕されることとなった。

■少女とのやりとりを知り、今泉は泣き崩れた

 渡辺容疑者に裏切られ、いま失意のどん底にいるのが、わずか1カ月半前に渡辺容疑者との結婚・妊娠を発表したばかりの今泉だ。

「少女とのやりとりを知った際には絶句し、泣き崩れたといいます。安定期前だったことから、ショックで身体に異変もあって病院にも行ったそうです。マホトは泣いて謝り、頭も丸めて坊主にもなった。それでも、今泉が問いただしてもマホトから事件の詳細を説明されることもなく、ネットで明らかになっている以上のことは知らされていないそうです。

 いまのところ籍をいれることも白紙になった。ただ、今泉としては、『子どものことを一番に考えたい』『子どもには父親は必要なのでは?』と考え、今回の事態が判明した後、最後のチャンスをあげたようです。もちろん事務所や周囲からは縁を切るよう何度も説得されていたのですが、今泉はマホトを許してしまった」(今泉の友人)

 何とか今泉からの許しを得た渡辺容疑者だったが、周囲の風当たりは強いという。

■事件報道の影響? マンションの審査に10軒以上落ちた

「ユーチューバー引退後の生活を考え、2人は都心の賃貸マンションを引き払い、郊外のマンションを探していたのですが、今回の事件のことが影響し10件以上審査に落ちた。今泉の名義を使っても駄目で困り切っている。ワタナベはこれまで散財していたため貯金も少なく、様々な支払いに追われているようです。違約金や前回の事件被害者への示談金、親のために建てた実家のローンもまだ残っている」(前出・UUUM関係者)

■一軒家を贈られて泣いて喜んだ両親

 渡辺容疑者は2018年、都営団地で暮らす両親のために、東京の郊外に一軒家を購入している。

「昔からヤンチャだったマホトは、10代の頃から警察に厄介になっている。マホトが思春期のときは親子ケンカもしょっちゅうで、彼の家のベランダから、投げつけられた魚が飛んでくるほど凄まじかった。

 その分、そんな息子に家を買って貰った両親は、親孝行を泣いて喜んでいた。今回の逮捕で家も手放すことになりそうですが、両親は『前のような生活には戻りたくない』と売らずに済む方法はないかと周囲に相談しているそうです」(地元住民)

■今泉は「私まで所属事務所から見捨てられそう」

 ユーチューバーも引退し、収入が激減した渡辺容疑者だが、今泉は今年夏に出産を控えている。

「父親となるマホトは、出産に立会うつもりだった。今泉は、今回の逮捕で『結局、1人で産むしかないのか』と落ち込んでいます。さらに、マホトと縁を切らなかったことから『私まで所属事務所から見捨てられそう。芸能活動を続けられるのかな……』と嘆いていました。

 実は、今泉はマホトの周囲から借金の返済を肩代わりすることまで求められている。自分で選んだ道だから仕方がないのですが、周囲には『つらい』と繰り返すようになり、精神的にも追い込まれています」(前出・今泉の友人)

 華やかな結婚・妊娠発表から一転、今回の逮捕でふたたび姿を消した渡辺容疑者。被害少女に誠実に対応して、表舞台に戻れる日はくるのだろうか。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)