「陽岱鋼 加油!」巨人で冷遇される国民的ヒーローを台湾のファンはどう見ているのか?

「陽岱鋼 加油!」巨人で冷遇される国民的ヒーローを台湾のファンはどう見ているのか?

陽岱鋼

【文春野球巨人監督・菊地選手から推薦コメント】

 台湾の野球ファンは、巨人で「飼い殺し」とも言える状況が続く陽岱鋼についてどんな感情を抱いているのか――。そんな原稿を書いてもらいたくて、台湾在住ライターの駒田英さんに行き着きました。

 駒田さんは台湾野球にのめり込み、2006年に渡台。政府系国際放送局で日本語放送のパーソナリティーを務めるなど、台湾野球に詳しい人物として知られます。今回は日本メディアではなかなかお目にかかれない、貴重な原稿を寄稿してくれました。

◆ ◆ ◆

■陽岱鋼の報道はほぼ全て中国語に翻訳され、台湾で伝えられている

 5月19日に行われたエンゼルス対インディアンスの4回裏。中継画面にセンター前ヒットで出塁した大谷翔平と、インディアンスの一塁手、台湾出身の張育成が談笑しているシーンが映し出された。

 大谷:陽岱鋼さん、知ってる?

 張:知ってるよ。「先輩」だよ。

 張育成と陽岱鋼は出身校こそ異なるが、共に台湾東部の台東県の生まれ。台湾原住民族の一つ、アミ族にルーツがある。台湾では、トップクラスの野球選手の実に40〜50%が、人口比では2.3%に過ぎない原住民族と言われている。その主体となっているのはアミ族の選手で、中でも「台東陽家」は数々の名選手を輩出し、一族でオールスターチームがつくれそうなほどの「名門」である。

 そんな「台東陽家」の出世頭、陽岱鋼が苦しんでいる。昨季はレギュラーに定着した2010年以降では最少となる38試合の出場に留まり、今季は開幕からファーム暮らし。一時は3軍へ降格した。5月末に2軍に復帰、6月初旬には2試合で3本のホームランを放ったり、軽快な外野守備を見せたりとアピールはしているものの、好不調の波もあって1軍昇格のチャンスをつかめていない。

 ご存知の通り、陽岱鋼は台湾の国民的ヒーローである。高校から日本に留学したこともあり、北海道日本ハムファイターズ入団時点では、台湾での知名度はそこまで高くはなかった。数年間はプロの壁に直面していたが、2009年のオフに陽仲壽から陽岱鋼に改名、外野手へ転向するとブレイク。レギュラーをつかみ、台湾での人気もうなぎのぼりとなった。

 そして、人々が熱狂した2013年のWBCでの活躍は、陽を国民的スターへと押し上げた。パ・リーグの実況中継がスタート、日本への応援ツアーも開催されるようになった。華のあるプレー、端正なルックスはもちろん、夫人、子どもたちを愛する良きパパでもある陽は、複数のテレビCMにも起用された。

 そして、2016年のオフ、読売ジャイアンツへFA移籍。条件面が大きな決め手となったことは間違いないだろうが、子どもたちの進学や、台湾ファンの観戦のしやすさも考慮したといわれる。しかし、ジャイアンツ移籍後は怪我にも泣き、G党が期待していたパフォーマンスを発揮できているとは言い難い。そして、5年契約最終年の今季はさらに苦しいシーズンとなっている。台湾のメディアやファンは、苦境に立つ陽をどう見ているのだろうか。

 台湾のスポーツメディアは日本でプレーする台湾選手について、成績だけでなく、しばしば日本メディアの記事を紹介し、報道している。その範囲は、スポーツ新聞各紙のみならず、夕刊紙、週刊誌、さらには日本のネットユーザーのコメントまで及ぶ。陽岱鋼に関する日本の報道は、そのほぼ全てが中国語に翻訳され、台湾で伝えられていると言っても過言ではない。

■元阪神・林威助が語る陽岱鋼の「冷凍」

 ジャイアンツの台湾選手でいえば、かつて呂明賜(1988〜1991年在籍)の起用法やフォーム改造に対して記者が憤慨、球団を批判するケースも見られた。だが、現在の台湾メディアでこうした記事は見られない。逆に、辛辣な内容の日本の記事を紹介したとしても、そこからさらに選手を批判することもない。陽が結果を出した際には、日本のネットユーザーの「1軍へ昇格させよう」という声も紹介される。

 スーパースターであるがゆえ、過去にはグラウンド外のプライベートな問題をあれこれ報じるゴシップメディアもあった。だが、スポーツメディアは基本、陽の復活を応援するスタンスだ。

 5月半ば、『アップルデイリー』は陽と同じく高校から日本に留学し、人気球団である阪神タイガースでプレーした台湾プロ野球・中信兄弟の林威助監督を取材した。この時期、台湾では日本メディアの報道をもとに、陽と首脳陣との関係が冷え込み、「冷凍(ここでは幽閉、干されている、の意)」されていると伝えられていた。しかし、林威助は自身の経験をもとに、「陽はドラフトを経て入団しており、外国人扱いの選手でもない。何よりも重要なのは結果を出すことだ。プロ野球において、活躍しても使わない首脳陣がどこにいるものか」と激励した。

 台湾の野球ファン、特にネット掲示板では、今年の成績ではチャンスが与えられなくてもやむを得ない、という見方をするファンもいる。その一方で、「冷凍」への批判や嘆きの声が目立つ。冒頭の大谷と張の談笑シーンが話題になった際も、この時点では陽が実戦から遠ざかっている理由がはっきりしていなかったこともあり、掲示板ではこうした声が大半を占めた。

 もっとも、陽の復活を純粋に願うファンも少なくない。陽は5月23日、およそ2カ月半ぶりにフェイスブックを更新した。前月の試合中に怪我をしたこと、すでにリハビリは終盤に入り、この数日間、練習量を増やしていることをファンに報告。近日中の実戦復帰を匂わせた。すると、1万5000人近いファンが「いいね」、「がんばれ」などを押した。また、コメントも450件近く寄せられた。

「岱鋼加油(がんばれ)! 台湾のファンは永遠にあなたの後ろ盾だ」

「1軍昇格を期待しているよ」

「成績に関わらず、ずっと応援しています」

「また日本に行って応援できる日を楽しみにしている」

 とにかく本人を励ましたいという気持ちが伝わってくるコメントがいくつもあった。また、背番号2のユニフォームや、応援歌の歌詞の一部「魅せる男」と書かれた応援ボードの写真をアップロードするファンもいた。陽もこうした励ましに、きっと勇気づけられたことだろう。私は、ストレートに選手へ「愛」を伝える、こうした台湾のファンが好きだ。

 2軍復帰から1カ月経った。打率は.203(6月29日現在)と低迷しているが、23日には好守備に加え、コンパクトなスイングでライトスタンドへ運ぶ4号ホームランを放った。苦しい道のりかもしれないが、林威助のアドバイス通り、とにかく自ら切り開いていくしかない。

 34歳、老け込むにはまだ早い。何より、陽岱鋼は華やかな舞台が似合う男だ。ファンの声援を力にアピールを続け、再び1軍で躍動する姿をみせてほしい。

 陽岱鋼、加油! sa'icelen!(アミ語で『頑張れ』の意)

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2021」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/46139 でHITボタンを押してください。

(駒田 英)

関連記事(外部サイト)