《スクープ撮》NHK「おかあさんといっしょ」“お父さん”になった、体操のまことお兄さんを直撃!「絵は得意?」「毎日窮屈じゃないですか?」…教育論まで全部聞いた!!

《スクープ撮》NHK「おかあさんといっしょ」“お父さん”になった、体操のまことお兄さんを直撃!「絵は得意?」「毎日窮屈じゃないですか?」…教育論まで全部聞いた!!

直撃取材に応じる福尾 ?文藝春秋 撮影・細田忠

《 妻と“ドライブ蟹デート” 》NHK「おかあさんといっしょ」体操のまことお兄さんは2児のお父さんだった!「恋愛・結婚は禁止ですか?」と直撃してみたら… から続く

「おかあさんといっしょ」(NHK・Eテレ)でお馴染みの“まことお兄さん”こと、福尾誠(29)が結婚していることが「文春オンライン」特集班の取材でわかった。福尾は2児の父親であり、家では“新米パパ”として奮闘している。

 福尾は2019年4月、小林よしひさ(40)からバトンを引き継いだ「12代目体操のお兄さん」だ。番組の終盤に秋元杏月(24)と一緒におこなう体操「からだ☆ダンダン」は、子どもだけでなくママたちからも大人気で、度々「まことお兄さん」がSNSのトレンド入りすることもあるほどだ。

 7月14日、取材班は帽子、マスク、サングラスで変装して自宅から出てきた福尾に声をかけた。福尾は“結婚して父親になったこと”については「私のほうから何か発言するのはルール上できないといいますか…」「NHKを通してくれれば」と明言を避けたが、「せっかく来ていただいたので、対応できるところは対応します」と答えた。自身も“新米パパ“であり、「おかあさんといっしょ」を毎朝子どもと一緒に欠かさず観ている記者の”質問攻め”に、まことお兄さんは1時間にわたって丁寧に答えてくれた。( #1 から続く)

◆◆◆

■「自分が一番、子どもたちへの思いが強かったから」

「ここは住宅街の歩道ですし、歩行者の邪魔になるので近所の公園で話しましょうか」

 福尾はサングラスをはずし、記者に向かって笑みをむけた。公園のベンチに互いに座り、適度な距離を取って、取材は再開された。

――では、すみません。本当に何でも聞かせていただきます(笑)。「体操のお兄さん」になるための倍率はものすごく高いと聞きます。自分がお兄さんになれた決め手はなんだったと思いますか?

「自分でいうのが正解かわからないんですけど、僕がオーディションを受けた人のなかで一番、子どもたちに対する想いが強かったから。それだけだと思います。昔から子どもが好きで、教育に関わる仕事がしたかったので」

――先代の“よしお兄さん”(小林よしひさ)が14年間「体操のお兄さん」を勤めました。交代の際はプレッシャーもあったのでは?

「それは特にないです。『おかあさんといっしょ』という番組は60年続いているのですが、やはり1人が60年繋げたわけではなく、いろんな人がタスキを繋げてきています。しかもそのそれぞれが同じことをしてきたわけでなく、皆に個性があり、カラーがある。そのなかで今回、私を選んでいただいて、もちろん歴史を大事にする部分もありますけど、個性を出さないといけない部分もあると思いますから」

■歴史ある番組のキャストを引き継ぐ重圧は…?

――とはいえ、体操そのものも「ブンバ・ボーン!」から「からだ☆ダンダン」にかわりました。子どもたちが新しい体操に馴染んでくれるかという不安はなかったですか?

「それはありましたね! やっぱり『ブンバ・ボーン!』はあれだけ人気の体操でしたし、私自身も今でも“よしお兄さん”のことは尊敬しています。最初にテレビでやらせてもらったのも『ブンバ・ボーン!』で、嬉しかったのを覚えていますね。先輩と体操を一緒にできるというのが物凄く嬉しかったですし、逆に僕とあづき(秋元杏月)の体操を先輩と一緒にやった時にも嬉しさがありました。

 だからこそ、『僕らの新しい体操を子どもたちに受け入れてもらえるのかな?』という不安と、『次は僕らが新しいものを提供するから、これからはみんなでこれをやろう』という期待の両方がありました」

■「個性」を持つことの大切さを伝えたい

――「からだ☆ダンダン」は海から動物、動物から人…と進化の物語を感じます。子どもたちに一番見てほしいところはどんなところでしょうか?

「やはりわかりやすいのは動きですよね。手をダンダンするという動きがわかりやすいですけど、あるポーズであったり、ひとつひとつ動きのなかにも意味があって。

 運動そのものが体にいいという要素もありますし、それにプラスアルファで、作詞作曲の方が作ってくれたおもしろい音楽や歌詞の意味がマッチして、あの作品になっている。だから突出して『ここの部分』というよりも、『これが僕たちみんなでつくったものなので、全部をみてもらいたいな』という想いはあります」

――まことお兄さんは子どもたちに体操を通して何を伝えたいですか?

「やはり『個性』ですよね。自分自身ではあまり感じないですけど、私は小さい頃から『個性的だ』と周りから言われることが多くて。自分の場合は、それがマイナスというか批判されることが特になくて、『自分がこうしたい!』ということを積み重ねてきた。それで今の自分があるので、子どもたちにも否定的なことはあまり伝えないようにと思っています。

■「ハンディキャップがある子にはどんなアプローチができるのか?」

 苦手なものがあったり、得意なことがあったりするなかで、苦手な部分を克服しようというだけではなく、得意なところがあるなら得意をもっと伸ばしていこうとか。もっと言えば、これだけ子どもがいる中で、ハンディキャップがある子、例えば目が見えない子や耳が聞こえない子に対してはどんなアプローチができるのか? とか。そんなことを考えています」

――「からだ☆ダンダン」も足が不自由な子どもにもできるよう、振り付けを変えて放送したことがありました。

「はい。私の同級生でも下半身不随になってしまって、車イスの生活を余儀なくされている方がいるんです。彼にも相談して、完全に平等というのは難しいですけど、『1人でも多くの子どもたちに何か元気になるものを提供したい』という思いでやりました」

――親子体操の「あ・そ・ぎゅ〜」ですが、幼児を抱っこしたりアクロバティックなポーズが多く、中年の親にはキツイです(笑)。

「そうだと思います(笑)。ただ、やはり難しい部分ではあるんですよ。『お兄さんだからできるんでしょ』という声もありますから。でも、別に完璧にできる必要はなくて、一緒に子どもと体操をやることで、肌と肌じゃないですけど、子どもとふれあう時間が確保されたら嬉しいなと思いながらやっています。一緒に番組をみてもらって、家族で『これ無理だよね、重くてできないよ!』というような、ふれあいの時間が少しでも多くなればいいなと思っています」

■お兄さんの絵は「個性的」…?

――お兄さんは「絵が個性的」と言われています…。絵は苦手ですか?

「番組をよく見てくださってありがとうございます(笑)。絵は好きなんですけど、好きと得意はまた別なんだなと…。ただコーナーとしては、僕の中で『うまく描けた』というときもありますし、『うーん…』というときもありますよ」

――まことお兄さんの「二の腕」、すごいですよね。筋トレはされているのでしょうか?

「体を動かす仕事なので、いつでもきちんと動けるように整えてはいます。でも、いわゆる腕立て伏せとかをしているわけではなくて、昔から体操をやっていたせいもあるでしょうし、あとはたまに逆立ちしたりとかですかね。でも、自分から筋肉をアピールしたいわけではないんですよ(笑)。演出さんの指示もありますしね」

■「自制の大変さより、多くの子どもに楽しんで欲しい想いの比重が大きい」

――少年時代はどんな番組が好きでしたか??

「子どもの頃はヒーローものが好きでした。仮面ライダーとか、スーパー戦隊シリーズとかですね」

――お兄さんという立場上、タバコを吸ったりお酒を飲んだりすることはNGですか?

「タバコは吸いませんし、お酒も今はコロナ禍ですからね。コロナの前は、たしなむ程度にはお酒を飲むこともありました。成人ではありますから」

――生活のなかで自分をさらけだせないことが窮屈に感じませんか?

「大変なことはもちろんあります。出演者ならではの悩みもありますし、窮屈な部分もテレビに出ている人間には、少なからずあると思います。ただ、私にとっては、『教育番組にお兄さんとして出演し、子どもたちにエンターテイメントを届ける』という以上のものはないんです。自分への制限の大変さ以上に、1人でも多くの子どもたちに楽しんでもらいたいという想いの比重が大きい。

■「すみません、そこはお答えできません」

 だから、大変なこともありますけど、ありがたいですよね。感謝というか、一人でできることではないので。私を表に出してくれている裏方の皆さんも、一緒に出ている出演者の方もそうですし、これまで僕を育ててくれた方々もそうです。そういった人たちのおかげで、いまの私がステージに立たせてもらえていますから」

――まことお兄さん、昔からモテたのではないですか?

「モテるかモテないかはわからないですけど、僕自身は人が好きでした」

――そのなかで一緒にいて落ち着く、生涯の伴侶をみつけたということでしょうか?

「…(笑)。すみません、そこはお答えできません」

 最後まで、「体操のお兄さん」として“鉄の掟”を守り続けた福尾。終止、笑顔で記者の質問に応じてくれた“まことお兄さん”は、これからも子どもたちやママたちの心を癒していくに違いない。

7月16日(金)12時30分より放送の 「文春オンラインTV」 では担当記者が記事について詳しく解説します。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)