なぜ金メダル候補に日本人が? スケートボード後進国・日本が異様に強いワケ

なぜ金メダル候補に日本人が? スケートボード後進国・日本が異様に強いワケ

©iStock.com

 2021年初夏。スケートボードの存在が日に日に、世間一般に知れ渡り始めていると感じる。

 その火種は間違いなく東京五輪である。オリンピック正式種目として選ばれたスケートボードだが、驚きなのは、メダル圏内に日本人選手が数人いるということである。

■オリンピック新種目・スケートボード

 昨年あたりからニュース番組では国際大会の結果が報道され、スポーツ番組では選手の特集枠も設けられ、お茶の間で目にする機会が一段と増えた。

 それと同時に、街中でのスケートボード行為が迷惑だという報道も増え始めた。国の名勝である山口県の錦帯橋でスケートボードをする若者の姿が報道されたのは記憶に新しいだろう。

 公共の場所で滑るスケーターにイラっとした方も多いのではないだろうか。日本に馴染みの少ないスケートボードをあまりよく思わない方は多く、スケボー=悪と思っている人も多い。スケートボードは、オリンピック競技に選ばれた一方で、社会からは嫌われているという今までにないスポーツ(?)なのである。

 スケートボードがスポーツとして認識され始めた歴史は浅い。夏と冬の年2回開催される「X-GAMES」などの大会が、アメリカのケーブルテレビに大きく取り上げられるようになった2005年から、徐々にスポーツとしての認識が高まっていった。

 スケートボードは1940年代に発祥したと言われているので、これまでの80年あまりの歴史のうち、スポーツとして意識されているのは、たった16年である。日本でのスケートボードの歴史は、それよりもさらに短い。そんな日本からメダル候補が2人も出ているのだから、日本はスケートボード先進国なのか、と思ってしまいそうだが、実際そうではない。

■スケートパークから溢れるスケーター

 日本において、スポーツとしてのスケートボードは、欧米に比べるとかなり遅れているのが現状だ。

 練習する施設の数や質は低く、ストリート(街中)で滑れる場所も少ない。公園や街中で「スケートボード禁止」と書かれた張り紙はよく見るだろう。

 スケードボードは滑るときや技をする際に、かなり大きな音をともなう。近隣への騒音問題もあって、スケートパークが作られる場所は限られてしまう。そのため都内においては片手で数えられるくらいの施設数しかない。しかし、スケートボードの競技人口は増えているので、施設で滑れず、溢れてしまう人が出てくる。そうしたスケーターは、住宅街や街中へと練習の場を探し彷徨い始めるのである。

 スケートボードの練習は人通りが少なくなる深夜に行うことも多い。夜に仲間と集まって、街中でスケートボードをやっていることもイメージが悪い原因の一つだろう。

 つまり、日本のスケートパーク事情というのは、まだまだ後進国であり、施設は、競技人口の1割もカバー出来ていないのだ。しかし、スケートボードは、初期投資が安く、舗装されている道さえあれば、いつでも気軽に出来るので、我々の生活環境にとても近く、スポーツとしては特殊なポジションに位置しているのである。

■スケートボード後進国でオリンピックメダル候補が2人も…

 では、なぜスケートボード後進国である日本で、金メダル候補が2人も出ているのだろうか。

 その理由は、日本の都市設計にかなり関わってきていると、筆者は勝手に考えている。スケートボードには「ストリート」と「パーク」の2種目がある。「ストリート」は街中にある階段や手すり、縁石、スロープなどを真似て作ったセクションで競技するものである。狭い国土の中に、都市がギュッと凝縮され、街中にはオフィスビル、商業施設などがひしめき合っている日本の都市部は、ストリート競技に欠かせない階段やスロープが数々存在しているので、ストリート種目の恰好の練習の場である。

「ストリート」での金メダル候補と名高い堀米雄斗選手、西村碧莉(あおり)選手がともに東京都出身であるのは、あるいはそういった理由なのかと頷ける。

 日本の都市開発とスケートボードの「ストリート」という種目がちょうど街中で合致し、切磋琢磨してきた歴史が今ちょうど花開いているようにも思える。

 ひと昔前に、野球やサッカーの練習に送り迎えをしてもらっていた様に、近年では、スケートパークに子供を送り迎えする親の姿も見るようになった。堀米選手(22)、西村選手(20)もその1人である。幼少期から手厚いサポートをされ、そのスケートボード人生を歩んできたのだ。

■絶対王者を倒した堀米選手

 堀米選手は父親の影響で、6歳からスケートボードを始めた。小学生の時から、他の選手とは一線引いた才能を持ち、誰かの技を真似するのではなく、誰もやっていない技に果敢に挑戦していた。10代前半の頃には、国内トップ選手として活躍し、2019年に開催された世界最大級のスケートボードの世界大会Street Leagueにて3連覇を果たすという快挙を遂げ、世界中のスケーターから絶大な支持を得ている。

 そして今年5月に行われた「Street Skateboarding World Championships 2021 in ROME」では、絶対王者Nyjah Hustonを抑え、金メダルを獲得するという、今、最もオリンピック金メダルに近い選手である。ちなみに3位の選手・白井空良(19)も日本人である。

 そんな堀米選手は、父親からカルチャー面の英才教育をされていたこともあり、そのスケーティングにはスケートボードの歴史とカルチャーを重んじている側面も感じられる。そのため90年代のスケートボードを知る世代からの人気も非常に高いのである。

■「スケートボード一家」で育った西村選手

 一方、女子の金メダル候補と名高い西村選手は、父親と2人の姉もスケートボードを楽しむ「スケートボード一家」で育ってきた。7歳からスケートボードを始め、その数年後には全国大会で優勝するなど、才能を開花させてきた。2016年には、エクストリームスポーツの最高峰である『X-GAMES』や、全世界のスケートボーダーの中から選ばれた8人しか出場できない『SUPER CROWN』に出場し、世界にその名を轟かせた。

 また、今年行われた「Street Skateboarding World Championships 2021 in ROME」では堀米選手と並んで金メダルという快挙。男女の表彰台に日本人選手が3人も立つというなんとも素晴らしい光景を見ることができた。

 堀米選手、西村選手は現在、スケートボードの本場カルフォルニアに拠点を移し、有意義にスケートボードに打ち込んでいる。堀米選手にいたってはアメリカで家を買うという、かねてからの夢をかなえている。日本ではあまり知られていないスケートボード選手が、世界では多くの人から評価されているのだ。

■スケートボードの新たな問題点

 以上のように社会の中で嫌われものとされていたスケートボードが、徐々に受け入れられてきている中で、新たな問題も生じている。

 一昔前だと街中(階段やスロープなど)で滑るのは上級者だけだった。しかしそれまでは、家の前やちょっとした広場で練習をしていた初心者たちが、SNSの普及により、投稿で見かけた国内外のストリートスケートに魅了され、同じ場所で同じ技をやろうと、街中に繰り出している。SNSでバズりたいがために、あえて危険な技に挑戦しているスケーターもいる。

 初心者はまずパークで滑ることで周りの先輩からスケートボードのイロハを教えてもらい、やってはいけないことやスケートボードをコントロールするスキルを身につけていっていた。しかし前述したようにパークから溢れてしまっているスケーターが、経験不足のまま、街に繰り出し、通りすがりの人の迷惑になっていることもある。パークの不足はそういったことにまで影響しているのである。

 今後オリンピックでの日本人選手のメダル獲得があれば、より一層スポーツとしての脚光を浴びていくだろう。そして競技人口もますます増えていく。そうなる前に日本のパーク不足問題を解決する必要があるのだ。

 グラフィティ=落書きというイメージが、バンクシーのおかげでグラフィティ=芸術と昇華された様なことが、スケートボードでも起き始めているのではないだろうか。 文化というものは常に人々の生活の近く、それこそストリートと呼ばれる路上から発生して育っている。HIPHOPや、JAZZ、そしてROCKも然り。スケートボードが社会に受け入れられていくかの分岐点が今回のオリンピックではないだろうか。

 日本代表選手がメダルを取ろうが取るまいが、カルチャーとしてのスケートボードはさほどは変わらないだろう。しかし、スポーツとしてのスケートボードはまだ始まったばかり。今後の動きを楽しみにしたい。

(柳町 唯)

関連記事(外部サイト)