「秀美ちゃんは母性愛にあふれていて、ちえみちゃんは本当に頑張り屋さんで…」 早見優が語る、50代を迎えた「花の82年組」との“交流”

「秀美ちゃんは母性愛にあふれていて、ちえみちゃんは本当に頑張り屋さんで…」 早見優が語る、50代を迎えた「花の82年組」との“交流”

「花の82年組」との交流を生き生きと語る早見優さん

「娘たちが使ったお弁当箱を処分したら悲しくなりました」 早見優が松本伊代とのYouTubeデビューを決めた?娘の一言” から続く

 1980年代のアイドル全盛期に人気絶頂を極めた女性たち。その後の人生模様はさまざまで、なかでも「花の82年組」といわれた人たちの生き方は多彩だ。

 同期には、ステージ4の舌がんを克服した堀ちえみさん、シブがき隊の「ヤックン」こと薬丸裕英さんと結婚して引退した石川秀美さん、梨園の妻になった三田寛子さん、アーティストに転身してニューヨークで活動している新井薫子さん、持ち前の天然キャラでタレント活動を続けている松本伊代さん、ボディビルに目覚めた渡辺めぐみさんたちがいる。

 早見優さんは、82年組の人たちとのつながりを特に大切にしてきたリーダー格のような存在だ。50代半ばとなった同期とは、どんな交流を続けてきたのだろうか。早見さんに話を聞いた。(全2回の2回目。 前編 を読む)

■「花の82年組」との付き合いは今も

──昨年、松本伊代さんとYouTubeの「いよいよゆうゆうチャンネル」をスタートされました。ほかの「花の82年組」のみなさんとも、ずっとお付き合いが続いていらっしゃるようですね。

早見優(以下、早見) 以前、「はなまるマーケット」という朝の番組にずっと出ていたので、司会の薬丸(裕英)くんと秀美ちゃん夫妻とは仲が良かったですね。当時は、定期的に薬丸くんがご自宅にお招きしてくれて、一緒に食事をいただいたりしていました。伊代ちゃんも、長女が生まれた20年くらい前に、秀美ちゃんが主催していたお料理教室に一緒に通っていたので、それからたまに食事したりして仲良しです。

 他の同期とも久しぶりに再会したのは2年くらい前。「夜のヒットスタジオ」という音楽番組でお世話になった芳村真理さんを囲む会を、薬丸くん夫妻がセッティングしてくれたんです。伊代ちゃん、三田寛子ちゃん、堀ちえみちゃんも集まって、グループLINEもはじめたので、それからは定期的に会うようになりましたね。

──堀ちえみさんには、舌がんの手術後の2019年の秋に私も取材をしました。ステージ4と告知されて一度は命を絶とうと思ったけれど、7人きょうだいの末っ子のお嬢様から「生きてほしい」と泣き叫ぶように言われたと。

早見 私も、テレビ局で偶然お互い収録があったときに、はじめて病気のことを聞いてびっくりして。その話も聞きました。うちの下の子が、ちえみちゃんの末っ子のお嬢ちゃんと同い年なんです。ちえみちゃんは、それまでもいろんな病気をして治ったところだったから、本当に「何で?」と思って、「がんばって!」と励まして。ちえみちゃんから、「(がんのことを)優から82年のみんなに伝えて」と頼まれたので、伊代ちゃんや薬丸くんに連絡したら、薬丸くんが他の人にも連絡してくれました。

 コロナ禍になってからは会えなくなったので、ちえみちゃんのブログを読んでよくLINEを送ってます。この前は、 ちえみちゃんが「夏咲き娘」を歌う練習をしている動画 をアップしていたので、懐かしくなって。「これすごくいい歌だよね。こんなに早口だった?」ってLINEしたら、「そうだよ!」って返事をくれたり。ちえみちゃんは、本当に頑張り屋さんですね。

──早見さんのブログに載っているお写真を拝見すると、82年組のみなさんは変わってないですね。石川秀美さんは結婚と同時に引退されましたけど、5人のお子さんがいるとは思えないほど若々しいです。?

早見 本当に、仕事はしていないですけど全然変わらないですね、秀美ちゃんは。10代の頃から母性愛にあふれていてすごくやさしかったんです。たとえば「賞レース」で、同期のみんなで舞台に立って大賞の発表を待っているときも、マネージャーさんから必ず「目立つ所に立ちなさい」って言われるんです。でも、秀美ちゃんは必ず一歩下がるんですよね。私はその様子を見て、「そこに立ったら照明が当たらないのに」と思ったりして。そんな性格なので、結婚して子どもを生んだらすっかりいいお母さんになって、私も子どものことでよく相談に乗ってもらいました。

──松本伊代さんや三田寛子さんはいかがですか。

早見 寛子ちゃんも伊代ちゃんも、アイドル時代からちょっと天然なところがあって、今も変わってないんですけど、全然違うタイプなんですよ。寛子ちゃんは、「こういうことがあったの……」っていう話をわかりやすく人に伝えるのがすごく上手。頭がいい人だなって思います。たとえば、「映画を観たの!」「どういう映画?」って聞くと、A41枚にまとめられるくらいポイントを短い物語のように伝えてくれるんです。でもときどき、一番大事な固有名詞を間違えたりするから笑っちゃうところがあって。伊代ちゃんはずっと変わらずマイペースで癒し系ですね。

早見 新井薫子ちゃんとも昨年久しぶりに会って、すごく楽しかったですね。渡辺めぐみちゃんもこの前、打ち合わせを兼ねて事務所に遊びに来てくれました。

■老いは誰もが通る道で「しょうがない」と受け入れる

──みなさん50代半ばですので、年齢に伴う身体の変化もご経験されているかと思います。早見さんは、そういったことをどう受けとめてきましたか。

早見 スーパーで買い物するとき、食品の成分表を必ずチェックするんですけど、ある日、「あれ? 見えない」ってなったときはイライラしましたね。でも老いっていうのは、誰もが通る道なのでしょうがないです。だから私は、そんなに高くない眼鏡をたくさん作って、家中のいろんなところに置いています。そうすると、「眼鏡がない、眼鏡がない!」って探さなくてすむから(笑)。あとは何でしょう? 白髪は出てきたら気になる人は染めればいいんですよ。最近は気にしない方もいらっしゃいますからね。

──更年期症状はなかったですか?

早見 私の場合、体が急に火照るホットフラッシュが年に1回あったかな?というくらいですみました。それも、10年前からZUMBAを続けて運動していたおかげかもしれません。やっぱり運動しないと、人と会うのも億劫になったり、メンタル面に影響が出てくるので。それが更年期になると体の変化にもつながるように思うんです。

 私はもともと運動が嫌いだったけれど、ヨガとかZUMBAとか定期的に運動してきたことが、心身の健康につながったのかもしれません。ただ今年に入ってから、週末に仕事が入るようになったので、コロナ禍でも週1で続けていたオンラインのZUMBAクラスは2月でいったん終了したんです。だから今は、自宅でひとりZUMBAをやっていますね。

──お嬢様たちが一緒に踊ることは?

早見 長女は留学中で、コロナ禍で一時帰国していましたけど、またアメリカに戻りましたから。次女も全然つき合ってくれないんですよ(笑)。悲しいのでひとりZUMBAの気分になれないときは、YouTubeを見て運動したりしています。もうこの年齢になると痩せたくないんですよね。筋肉をつけたいので。

 でもコロナ禍でジムにも行けないので、おうちで簡単にできるスクワットもしています。8回やったらちょっと休んで、また2回やって。それを全部で3セットやるんですけど、3セット目の最後の3回が一番キツいんですよ。それが一番効いているそうなんです。「残りの27回は最後の3回のための準備運動だ」って、ジムのトレーナーさんが言ってました。

■「まとめ買いしても絶対に続かないんです」

──私も1ヶ月前からスクワットをはじめたのでよくわかります(笑)。スクワットもコロナ禍ではじめられたんですか。

早見 スクワットはかなり前からやっていますね。でもずっと続けているわけじゃないんです。1ヶ月がんばって、2週間くらい休んじゃったりするので。それがいけないのかもしれませんけど、私はあんまり「必ずこうしなくちゃ」っていうのがないんですね。この年になると、「これが肌にいいから」「あれが健康にいいから」って、いろんな人がいろんなことを勧めてくれるんですけど、まとめ買いしても絶対に続かないんです。それよりも、ふらっと気が向いて入ったコンビニで、「あ、ビタミンのサプリ買おう」みたいな、そんな感じですね。

──お嬢様たちは20歳と18歳なので、親離れする時期も近づいていますね。これから人生をどう生きたいか考えていることはありますか。

早見 この1、2年、あまりにも予期せぬことばかり続きましたから。今6月ですけど、オリンピックが開催された後の9月でさえも、どうなっているのか全然わからないですよね。だから先々の計画を立てるよりも、毎日毎日できることをやって一生懸命に生きて、健康でいるように心がけることが大切だなってすごく思います。娘たちや、いつか生まれてくるかもしれない孫のためにも、まだまだ元気でいたいので健康第一ですね。

(取材・構成:樺山美夏、撮影:文藝春秋/佐藤亘)

※ZUMBAの正式表記はZUMBA(R)・(Rはマル囲みR)です

(早見 優)

関連記事(外部サイト)