実はNPB“なつかし”オールスター!? 金メダルを目指す野球オリンピック各国代表の「元・日本プロ野球軍団」

実はNPB“なつかし”オールスター!? 金メダルを目指す野球オリンピック各国代表の「元・日本プロ野球軍団」

野球日本代表を率いる稲葉篤紀監督 ©文藝春秋

 東京オリンピックついに開幕。3大会ぶりの野球競技は7月28日に福島で始まる。

 1984年のロサンゼルス大会で「公開競技」として始まって以来、五輪の野球競技は長らく8チームで行われていたが、2008年の北京オリンピック以来となる今回は6チームでの大会となった。

 しかも従来通り世界のトップリーグであるMLBの“一軍”にあたる「25人枠」、つまりバリバリのメジャーリーガーは参加しないことが決まっている。

 その結果として、今回の五輪競技に参加する選手の中では、MLBに次ぐ世界2番目のプロ野球リーグであるNPBでプレーする選手が、最もレベルが高い。

 MLBと対照的に、NPBは現役選手のオリンピック参加を承認している。外国人選手も同様にOKなため、各チームともにNPBの外国人選手や、過去にNPBでのプレー歴がある選手が多数集まることになっている。今回は、そんな各チームにいるNPB出身選手を見て行こう。

■「ハマの四番」がアメリカ代表の打線を引っ張る

 アメリカ代表には、DeNAのタイラー・オースティンの名前がある。オースティンは2010年ドラフト13巡目でヤンキースに入団。長距離打者として頭角を現し、一時は「フライボール革命」の担い手の一人と言われた。だが、ヤンキースの正一塁手にと期待されたタイミングで左足を骨折するなど運に恵まれず、4球団を転々とした挙句に自由契約になり、DeNAにやってきた。いわばMLBでは夢をつかみそこなった選手だった。

 しかし今回の東京五輪、アメリカ代表ではオースティンは絶対的な中心打者だ。ここまでDeNAで19本塁打49打点、打率.314というバリバリの実績。チームにはMLB通算1056安打、218本塁打、オールスター2回出場というスター選手のトッド・フレージャーがいるが、35歳のフレージャーは5月にパイレーツを自由契約になっている。東京五輪代表に決まってから独立リーグと契約をしてプレーを再開した状態で、今の実力ならオースティンの方が明らかに上だろう。

 投手陣には、ブランドン・ディクソンがいる。MLBでは8試合0勝とほとんど実績がなかったが、2013年にオリックスに入団してからは、先発投手として金子千尋(現弌大、日本ハム)とともにチームを引っ張ってきた。

 宮崎の春季キャンプでは投手陣のリーダーとして早い時期からブルペンで投げ込んでいたものだ。2018年に平野佳寿がMLBに移籍し、オリックスの救援投手陣が不安定になると、2019年に救援投手に転向、2年間で34セーブ10ホールドを記録した。

 今年は再び先発への転向が予定されていたが、新型コロナ禍で家族そろっての来日が認められなかったために、オリックスを退団。アメリカに戻りカージナルスのマイナーで投げていた。

 在籍9年、大の親日家としても知られ、日本への愛着深いディクソンにとって、再来日は誠に感慨深いし、「再就職」も視野に入っているだろう。

 チームにはレイズなどで108勝を挙げたスコット・カズミアーというスターがいるが、37歳の今季はマイナーに落ちている。通算107勝のエドウィン・ジャクソンはフリーエージェントで所属するチームがない。ディクソンも36歳だが、最大のライバルである日本をだれよりも知る彼への期待感は高いはずだ。

 アメリカ代表には、ヤクルトの守護神になっているスコット・マクガフと、ソフトバンクの先発投手、ニック・マルティネスの名前もある。マルティネスは昨年オフ、日本ハムを自由契約になったところからの五輪代表であり、感慨深いのではないか。ともに主戦級だろう。他にも2014年日本ハムで中継ぎ投手として投げたアンソニー・カーターの名前もある。

■「ドミニカ共和国生まれ日本育ち」のエースが投手陣を支える

 アルバート・プホルスからフェルナンド・タティス・ジュニアまで、メジャーリーグで多くのスター選手を輩出しているドミニカ共和国だが「25人枠選手は出場できない」というMLBの規定によって、トップクラスの選手は代表に選出されていない。

 投手陣には今季巨人で投げている投手が2人いる。エンジェル・サンチェスとC.C.メルセデスだ。ドミニカ共和国の投手陣は高齢の上に実力はこの2人が飛び抜けているため、彼らが投手陣の軸になると考えられる。

 31歳のサンチェスはパイレーツで1勝、韓国のSKで25勝を挙げ、それなりに実績のある投手。一方で27歳の左腕C.C.メルセデスは、MLBのレイズ傘下で投げたものの3年で解雇され、広島がドミニカ共和国で運営するカープアカデミーに入団、しかしここも1年でクビ。トライアウトを受けて2017年に巨人に育成で入団した。

 そこから頭角を現し、今では巨人先発陣の一角を占めるまでに成長。制球力や打者への配球などを日本で一から学んだ、いわばドミニカ共和国生まれ日本育ちの投手なのだ。今季は出遅れて6月に一軍昇格したが、ここからは5勝1敗、防御率2.31という好成績で状態も良い。

 侍ジャパンは7月28日の開幕戦、予選リーグA組でドミニカ共和国と当たるが、恐らく先発はC.C.メルセデスになるのではないか。

 育ての親への恩返しとばかりにメルセデスは力投するだろう。侍にとっては最初の強敵になるはずだ。なお、メルセデスの五輪代表としての登録名は、クリストファー・クリソストモ、つまり「C.C.」の部分になる。

■メキシコやウィンターリーグで投げ続けていた「バルデスおじさん」

 また、日本のファンがよく見知ったこの投手を忘れるわけにはいかない。1977年生まれのラウル・バルデスだ。

 キューバで生まれ、1990年代後半にキューバ国内リーグで活躍しオールスターにも出場したが、5度も失敗した挙句にドミニカ共和国に亡命、MLBではメッツ、フィリーズ、ヤンキースなどで主として救援で投げるもパッとせず、38歳で中日にやってきた。

 常にQS(6回以上投げて自責点3以下、先発投手の最低限の責任)をクリアする安定感で3年間プレーし、茫洋として実年齢よりも老けた風貌で選手やファンからは「バルデスおじさん」「じいちゃん」などと親しまれた。

 自由契約になった時点で40歳だから普通ならここで引退だが、バルデスはメキシカン・リーグで投げるとともに、冬季はウィンターリーグにも参加し、今回もメンバーに名を連ねた。

 このほか野手では2015年に巨人に在籍したホアン・フランシスコの名前もある。

■メキシコの「五輪行きを決めたクラッチヒッター」

 2019年にメキシコ、台湾、韓国、日本で行われたプレミア12は五輪予選を兼ねていた。この大会で北中南米の国で最上位になると五輪出場権を得ることになっていたが、メキシコは、東京ドームでの3位決定戦でタイブレークの末に3-2でアメリカを下しオリンピック出場が決まった。

 この試合でサヨナラ安打を中前に打ったのが、エフレン・ナバーロ。当時阪神に在籍していたが、この年0本塁打2打点、打率.209という不振。戦力外は決定的だった。大会の活躍で日本での契約延長を勝ち取ることは出来なかったが、「五輪決定打」を放ったクラッチヒッターぶりを発揮すべく、東京五輪本戦にも出場する。

■日本の独立リーグからも代表選手が!

 7月になって発表されたロースターには、ロッテのブランドン・レアードの名前があった。2017年のWBCでもナバーロとともに中軸を打ち、出場すれば日本の脅威になると思われたが、その後直前になって出場辞退を表明した。

 最近、レアードは登場のときに「I Like Sushi Sushi Sushi」というすごい音楽をかけているが、オリンピックでも例の「寿司ポーズ」をするのかどうか、注目していただけに残念だ。

 他の代表選手は、日本であまり長くプレーしていない。

 MLB通算162安打、9本塁打のラミロ・ペーニャは2017年広島でプレーしたが、その1シーズンだけ。投手のサミー・ソリスは196pの長身左腕、2019年シーズン中にDeNAに入団したがわずか4試合投げただけで左肩の故障のため退団した。

 また、同じ2019年にオリックスに入団した内野手のジョーイ・メネセスは、AAAでMVPを獲得。当時まだ26歳と若く大いに期待され、MLB未経験者には異例の1.1億円の年俸で契約した。しかしドーピング検査でNPBが禁止している筋肉増強剤の成分が検出されたため契約解除となった。NPBでは29試合の出場にとどまった。

 変わり種として、セサル・バルガスはMLBでは7試合0勝5敗という成績だが、今春、独立リーグのルートインBCリーグ、茨城アストロプラネッツに入団。5勝2敗1セーブ、防御率1.64という好成績で、東京五輪のメンバーに選出された。独立リーグからの五輪選出はこれまでなかったルートだ。

 7月20日、メキシコチームは、前出のサミー・ソリスとヘクター・ベラスケスの2選手が新型コロナ陽性になったと報じられた。メキシコは7月31日に侍ジャパンと対戦する。勝敗よりもまず「無事に試合ができる」ことを祈りたい。

■日本の最大のライバル・韓国

 日本の最大のライバルと目される韓国は、KBO(韓国プロ野球)の精鋭を選抜してやってくる。陣容は日本に次いで厚い。

 日本のファンに馴染みがあるところでは、阪神でクローザーとして活躍した呉昇桓 (オ・スンファン)が追加召集された。39歳だが今季もサムスンで27セーブを挙げているだけに、手ごわい相手になるだろう。

 日本以外の5チームで、現、元のNPB選手がいないのはイスラエルだけ。このチームは、国際大会のたびにアメリカでキャンプを張ってユダヤ系の選手を招集して選抜し、チームを編成している。ほとんどが実績のない選手だが、情報戦に長けているうえに選手の士気が高い。2017年のWBCでも韓国やオランダ、キューバが番狂わせで負けている。日本とは違う組だが、侮りがたい存在だ。

■野球「最後の五輪」の主役は…

 五輪野球競技の代表チームを俯瞰すると「NPB出身外国人を主力にするチーム」対「NPB日本人選手」という図式が見えてくる。

 これまでも侍ジャパンは、格下とみられるチームに大苦戦をすることがしばしばあった。五輪へのあこがれが強い日本人選手は、プレッシャーのために本番で力を発揮できないことがしばしばあるのだ。

 次回パリ五輪では野球競技が行われず、それ以降も復活の可能性は低い。実質的に「最後の五輪」である。金メダルに向けてどんなドラマが繰り広げられるだろうか?

(広尾 晃)

関連記事(外部サイト)