「ああ、あそこは産婦人科医の家」床下にホルマリン漬けの嬰児が7体、文京区で起きた怪事件を追うと…

「ああ、あそこは産婦人科医の家」床下にホルマリン漬けの嬰児が7体、文京区で起きた怪事件を追うと…

©iStock.com

20歳前後の青年が公園で「3万、買うでしょ?」と声をかけてきて…二子玉川セレブ妻が語る“売春”のリアル から続く

 殺人事件、少女監禁事件、不吉な事件現場は枠で囲われた世界に存在するのではなく、私たちが普段暮らす生活空間に存在する。生と死が隣り合うメトロポリタンに、私たちとダークツーリズムに旅立とう――

 そんな前書きから始まる 『東京裏23区』(大洋図書) は、幅広い分野で文筆活動を行う本橋信宏氏が東京を歩き、街の声を記録した一冊だ。ここでは、同書の一部を抜粋、再構成。東京大学が位置し、閑静な住宅街のイメージも強い“文京区”の裏側を紹介する。(全2回の2回目/ 前編 を読む)

◆◆◆

■東大生にキレられる

「暑いですねえ」

 いつもカメラを首からぶら下げ取材する早川和樹副編集長がつぶやいた。

 小日向は個性的な一戸建てが建ち並ぶ高級住宅地である。

 文京区はその地名のとおり、東大、お茶の水女子大、日本女子大といった著名大学が集まり、小学校もお茶の水女子大学附属、筑波大学附属、東京学芸大学附属竹早といった名門校が集まる。出版界を代表する講談社・光文社は音羽にあり、緑濃い小石川植物園、日本サッカー協会もある。

 文京区は武蔵野台地の坂と神田川によって削られた低地部、それと小日向台、関口台、小石川台、白山台、本郷台という5つの台地から成り立ち、坂道がやたらと多い。坂道が多い小日向はその名のとおり日差しの心地よい高台にある。

 平日の午後、小石川植物園を逍遙する。

 35度になろうかという高温。

 歩いていると、長野の山林ではないかと錯覚する。だがここは都心なのだ。

 寛永15年(1638年)江戸幕府によって開園された文教区民自慢の森である。東大医学部の前身があった所であり、薬草を生育させる土地であった。現在は正式名称「東京大学大学院理学系研究科附属植物園」という。東大領地が都下のあちこちに存在している。

 東大の威光ぶりは、文京区本郷キャンパスを歩くとさらに伝わってくる。

 広大なキャンパスに建つレンガ造りの校舎は、細かいところに意匠がほどこされ、カネがかかった建造物だと実感する。

 東大構内を歩くと、銅像の多さに気づく。

 鹿鳴館、旧古河邸、旧岩崎邸、明治期に相次ぎ代表的建築物を建てた日本建築界の父、ジョサイア・コンドルがすっくと建った銅像。ステッキを手にして腰かける日本初の工学博士・古市公威。東大第3代総長・文部大臣にして、東大正門の意匠、銀杏並木の発案者でもある濱尾新は、脚を組み頬杖をついている。

 昔、銅像は功成り名を遂げた成功者にとって勲章とともに最高の名誉とされた。東大本郷キャンパスに銅像が多いのも、日本における権威層を東大が占めている証左であろう。

 私が駆け出しの物書き稼業のころ、東大キャンパスである週刊誌のアンケート取材を手伝った。アンケートの質問項目のなかに、セックスに関する質問があったのが気にくわなかったのか、それまで協力的だった関西弁の東大生がいきなり「くだらん!」と言ってアンケート用紙を地面に放り捨てた。

 あの東大生、いまごろキャリア官僚として栄耀栄華を極めているのだろうか。

■床下から7体の嬰児

 文京区のなかでも医者や弁護士、マスコミ幹部が多く暮らすここ白山。

 閑静な住宅街が今年(編集部注:2018年)の3月、大騒動に見舞われた。戦前からこの地に建っていた由緒ある邸宅が人の手にわたり、新たに建て替えるとき、床下から16本のガラス瓶のうちホルマリンに漬かった7体の嬰児の遺体が発見されたのだ。1体はへその尾がつき、体長30センチだった。

 すわ大量の死体遺棄か?

 ホルマリン漬け嬰児というおどろおどろしい報道が世間を揺るがせた。

 あの事件から5ヶ月が過ぎ、その後報道はなされていない。事件現場からほど近い瀟洒な一戸建ての主は私の友人であり、メディア界の大物である。

「その事件があった家はある女性が買いましたが、事件後出て行った可能性があります。いまは別の方が住んでいるらしいです。何か複雑な人間関係があったようです」

 付近の住民に尋ねてみるが、この家の来歴も知らず、刻の壁に阻まれる。

 年配の男性が家から出て来た。

 話しかけてみる。

「ああ、あそこは産婦人科医の家があったんです。要するに縁の下に昔の胎児がホルマリン漬けのままあった。もう80年前のことですよ。産婦人科医が標本として保管していたのか。この辺に病院があって、(太平洋)戦争がはじまって、病院を辞めてなぜか自宅に(ホルマリン漬けの瓶を)持ち帰ったんでしょうね。だれも知らないまま80年以上過ぎちゃった。それがたまたま見つかったというだけの話ですよ。評判? ここの産婦人科医にとりあげてもらった人も何人もいますからね。女医さんです」

 私が「静かでいいところですね」と継ぎ足すと、「あのときは大変だったけど」と品のいい年配の男性は苦笑いした。

■忘却したホルマリン漬けの経緯

 ホルマリン漬け嬰児に事件性はなさそうだ。瓶詰の嬰児は死産したものだろう。床下から発見された瓶の形状、古さ等々から、昭和初期のものとされる。ということは、産婦人科医もあまりにも永すぎる刻の流れに、瓶詰を忘却したのだろう。

 だが疑念も残る。

 中絶、死産の嬰児は廃棄されるはずだ。

 研究材料のためにホルマリン漬けして自宅に持ち帰り、保管していたものの忘れてしまったのか。

 早川副編集長がこんな推理をする。

「寿産院もらい子殺し事件ってあったじゃないですか。終戦直後、寿産院が安いカネで赤ちゃんを預かるというので、経済的な問題で育てられない母親たちがここに預けたんですけど、寿産院は食事も満足に与えず、103人も死なせてしまった事件です。あの当時は、子どもが産まれると配給をもらえるので、それ目当てに子どもを預かって、あとは邪魔になって始末しちゃうひどい親や引受人がいたんですよね。なんかそれ思い出しますね」

 白山のホルマリン漬け嬰児も、望まれた命というよりも、頭数を増やそうとしたものの死産したのか、近親相姦や強姦で望まぬ妊娠をしてしまい、表に出すことがはばかられる母親の事情があったのだろうか。

 江戸川乱歩長編『白髪鬼』では、不貞をはたらき夫以外の子どもを身籠もった悪妻がこっそりと嬰児を始末する。復讐鬼となった夫は情夫と悪妻に復讐を誓い、監禁した悪妻に腐乱した嬰児の遺体を見せつけ、発狂させるのだ。

 白山のホルマリン漬け嬰児騒動を思うと、ふと『白髪鬼』を思い出した。

■湯島の情交

 文京区湯島は戦前から三業地としてさかえた花街だった。三業地とは料理屋・芸者置屋・待合の3種の営業が許可されているエリアをさし、芸者と男たちが遊ぶ街であった。

 現在もラブホテルが蝟集するエリア、渋谷円山町、上野、鶯谷、といった所は昔、三業地で芸者が行き交っていた名残である。ここ湯島も多くのラブホテルがいまも営業中だ。

 私たちがラブホテル街を取材していると、若いOLと還暦を過ぎた上司、といった男女がラブホテルから出て来た。男はうつむき加減、むしろ女のほうが堂々としている。ラブホテルに入る前の女は恥ずかしそうに下を向いているが、ベッドで欲望を全開にさせた後は幸福感で堂々としているのだろう。

 そろそろ文京区の旅も終わりに近づいてきた。

 私たちは文京区一の高さを誇る音羽の講談社社屋で、同社の社員と久々の世間話に時を忘れる。

【前編を読む】 20歳前後の青年が公園で「3万、買うでしょ?」と声をかけてきて…二子玉川セレブ妻が語る“売春”のリアル

(本橋 信宏)

関連記事(外部サイト)