「レジェンド上野由岐子が立ちはだかった…」打倒日本に燃えていた米国で“歴史的熱戦”はどう報じられた?

「レジェンド上野由岐子が立ちはだかった…」打倒日本に燃えていた米国で“歴史的熱戦”はどう報じられた?

決勝戦のマウンドに立った上野由岐子投手 ©JMPA

 優勝が決まった瞬間、やはりマウンドには上野由岐子(39)がいた――。

 日本選手の活躍が続く東京オリンピック。7月27日に行われたソフトボール決勝では、日本代表(世界ランキング2位)がアメリカ代表(同1位)を2-0で下し、見事金メダルを獲得。2008年の北京オリンピック以来、13年越しの連覇を果たした。

 まさに“最強のライバル”同士の死闘となった決勝戦。惜しくも敗れ、銀メダルに終わったアメリカ国内において、この最終決戦はどのように報じられたのだろうか。歴史的一戦を巡る、海外メディアの反応を見てみよう。

■アメリカにとっても“悲願の復活”だった

 北京オリンピックで日本が金メダルを獲得して以来、ソフトボールは五輪競技から姿を消した。今回、日本にとっては3大会ぶりの“悲願の復活”だったが、その思いはアメリカでも同様だったようだ。

 ナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)は、アメリカの銀メダル獲得を報じる記事の中で、「北京で日本に負けたことは、それまで1996年、2000年、2004年と(オリンピックで)負け知らずだった『絶対王者』アメリカの連勝記録に待ったをかけた。そして、アメリカチームはリベンジ・マッチを10年以上も待たねばならなかった」と、今回のオリンピックに対する思いを述べた。

 ESPNもまた、「ソフトボールがオリンピックに戻って来ることが決定したその瞬間から、この試合が行われるのは決まっていたようなものだった。ソフトボールのオリンピック史上、初めてアメリカが金メダルを逃した2008年から13年、リベンジの機会が巡ってきたのだ」と、この決勝戦がアメリカにとっても待望の“再戦”だったことを強調している。

 連覇をかけて自国開催のオリンピックに臨んだ日本。そして、“最強王者”のプライドをかけて13年ぶりのリベンジに燃えていたアメリカ。決勝戦は、そんな両国の思いが激突した試合だった。

■「“伝説の投手”上野を攻略できなかった」

 一方で、待ち望んだ“リベンジ”でまたも敗れたことについて、各メディアは悔しさを滲ませつつも、日本代表の戦いぶりを称える声で溢れていた。なかでも、決勝戦でも先発し、アメリカ打線を完璧に抑えこんだ上野に対しては、各メディアがこぞって「legend(レジェンド)」と称賛した。

「2008年、上野は2日間で413球を投げ、チームを金メダルへと導いた。2021年、上野は再びその姿を現した。アメリカチームにとっては、金メダルとの間に唯一立ちはだかるのがレジェンド上野だと感じていたが、まさにそれが現実となった」(米CBS)

「アメリカチームは、2004年のアテネでオリンピック史上初の完全試合を達成し、2008年の北京において4日間で600球以上を投げた“伝説の投手”上野を攻略できなかった」(ワシントン・ポスト)

■“奇跡のファインプレー”はどう報じられた?

 東京オリンピックに向けて、アメリカ代表にも2人の“レジェンド”が合流していた。キャット・オスターマン(38)とモニカ・アボット(35)だ。今回の決勝戦では、上野とオスターマンがそれぞれ先発投手を務めたが、それは2008年の北京オリンピック決勝戦と全く同じだった。今大会でソフトボールが五輪競技として復活することを受け、現役を引退していたオスターマンも、代表を引退していたアボットも、アメリカチームに復帰していたのだ。

 ワシントン・ポストは、オスターマンとアボットは「ソフトボールの2大スター」であると綴りつつ、試合後にアボットが上野について語ったこんなコメントを紹介している。「競争心が強く、集中力も並外れています。上野選手について最高だと思うのは、彼女が常に生まれ変わり続け、進化していくところです。ソフトボールの神だと思います。彼女が思う方向に物事が進んでいくんです」

 同紙はその一例として、決勝戦の6回裏に起きた“奇跡のファインプレー”を挙げている。この回、先頭打者にヒットを打たれると、上野に代わって後藤がマウンドへ。そこから日本は1死一、二塁と、この試合最大のピンチを迎えた。するとアメリカの3番、チデスターが放った鋭い打球が三塁手山本のグラブを弾き、そのまま後方へ……。しかし、そのボールを遊撃手の渥美が奇跡のキャッチ。素早く二塁に送球し、ダブルプレーでピンチを凌いだ。

 このプレーに対して、アメリカチームのエリクセン監督は「運が日本に味方していた」(ESPN)と振り返った。また、米スポーツ・イラストレイテッドは、オスターマンの「こんなプレーは一度も見たことない」とのコメントを引用しつつ、こうした言葉で驚きを表現した。「ゴルフボールが木に当たってホールインワンになるような、そんな出来事だった。まさにこの先何十年と、日本がアメリカを2-0で下し、金メダルを取ることに貢献した一つのプレーとして記憶されるだろう」

■オリンピック競技として復活する可能性は?

 今大会でも大きな盛り上がりを見せたソフトボールだが、残念ながら次回のパリオリンピックでは、再び五輪競技から外れることが決まっている。これに対しては、アメリカメディアからも早期復帰を願う声が挙がっている。

「ソフトボールが五輪競技に加わったのは1996年、アトランタオリンピックからだ。しかし、アメリカばかりが圧倒的に強いことから、IOCはソフトボールをオリンピック種目から外す方向へ舵を切った。北京で『競合日本』が登場し、アメリカが金メダルを逃したものの、この決断は覆されなかった。しかし、今回のオリンピックを経て、ソフトボールの層の厚さを証明できたのではないか」(米スポーツ・イラストレイテッド)

 ワシントン・ポストは上野、オスターマン、アボットの3選手について、「3人はこの世代最高のプレーヤーといわれる選手たちだ。そして次回のパリオリンピックでソフトボールが対象種目とならないため、(今大会が)彼女たちにとって最後のオリンピックだと考えられる」と述べながら、決勝後にオスターマンが語ったコメントを掲載している。

「この対戦が示したのは、私たちがこれまで世界に伝えようとしてきたこと、そのものだと思います。それは、ソフトボールが世界的競技であるということ。アメリカと日本以外にも、競争が激しいスポーツだということ。また、このスポーツが女性アスリートに活躍の場を与え、若い女性アスリートたちに夢を与え、オリンピックという目標がその夢を活かす役目を負っているということです」

 2028年のオリンピックはアメリカ・ロサンゼルスで開催される。ソフトボールが五輪競技として復帰できるかは未だ不透明だが、銀メダルに終わったアメリカが、これまで以上に「打倒日本」のチャンスを熱望することは間違いないだろう。今大会で日米両国が繰り広げた死闘が、ソフトボールの“オリンピック復活”に繋がることを期待したい。

(近藤 奈香)

関連記事(外部サイト)