《東京五輪》実は解説者の声に大きなヒントがあった? 世界卓球・解説者が教える「テレビで10倍卓球を楽しむ方法」

《東京五輪》実は解説者の声に大きなヒントがあった? 世界卓球・解説者が教える「テレビで10倍卓球を楽しむ方法」

©iStock.com

 7月26日に行われた卓球の新種目、混合ダブルスでは、水谷準(32)・伊藤美誠(20)ペアが最終ゲームまでもつれる接戦の末に、中国の許マ(31)・劉詩?(30)ペアに逆転勝ちし、金メダルを獲得。また、女子シングルスでは、伊藤選手が銅メダルを獲得しました。そして、8月1日から行われる女子団体戦でのメダルも有力視されています。

 コロナ禍、直接見に行くことはできずとも、テレビ観戦を心待ちにしている方は多いでしょう。試合の解説の中には、ここに注目すると面白いという“聞きどころ”があります。そんな“聞きどころ”をまとめているのが、世界卓球の解説でおなじみの宮ア義仁氏による『 世界卓球解説者が教える卓球観戦の極意 』(ポプラ社)です。同書から一部抜粋して、テレビで10倍卓球を楽しむ方法を紹介します。(全2回の1回目/ #2 を読む)

■テレビで10倍卓球を楽しむ方法

 卓球の試合がテレビで放送されることが年々増えてきている。

 年初の全日本選手権、ジャパンオープン、世界選手権、そしてオリンピック。さらには先日開幕したTリーグも含め、テレビで卓球を観る機会はよりいっそう多くなるだろう。

 私も解説という形で多く出演させてもらっている。テレビ観戦の場合は、試合の解説を聞きながら楽しむのだが、ここに注目すると面白いというポイントがあるので、いくつか紹介していこう。

 まず、ベンチの監督のもとにはマイクが置いてあって、ゲーム間の選手へのアドバイス内容を放送では聞き取ることができる。監督はこういう風に考えていて、選手にこんなことを言っているのか、というのが分かるので、非常に興味深いだろう。

 また、同じ監督でも、選手によってアドバイスの仕方は全然違う。

 一人でじっくり戦術を考えたい選手もいるし、監督に「話す」ことによって頭が整理される、という選手もいる。選手一人ひとりに合った適切な声かけを行っているのだ。

 もちろん戦術のみならず、気迫を高めるような「心理面」のアドバイスもしている。

 卓球は面白い。これは胸を張って言える。もちろんトップの選手達の激しい攻防を観るのも面白い。そして自分でラケットを握ってプレーをするのもとても面白い。それが競技レベルで、回転もスピードも自在に操れるようになればもっともっと面白い。

 私が思う一番の卓球の面白さ。それはメンタルだ。解説では、選手の心理状態から技術的なことに発展させて言及することを心掛けている。

「今この選手はこういう状況で、こう考えていて、ここで追い詰められている。だから次に出すのは絶対ロングサーブですよ」という具合だ。

 なぜこんな予言者のような解説ができるのかというと、卓球は技術中心の競技ではなく、心を読み合う競技だからだ。「9-6でリードをしていて、一本取られて9-7になった。次一本取られて9-8になったらタイムアウトですね」と言って、実際にその状況になると、本当に選手はタイムアウトを取る。

■テレビ解説では「プレーの先読み」が面白い

「バック前へのサービスはことごとく攻められていて、ロングサーブも対応されている、この状況ではもうフォア前にしか出すところがありませんね」と言うと本当にフォア前へ出す。

 このように心理と技術が折り重なっていく様が分かるようになると、非常に面白くなるだろう。私が散々そのような解説をしているので、そのあたりのことがある程度分かってきた視聴者も増えてきたように思う。

 卓球は心理的要素が非常に大きい部分を占める競技なので、このような先読みができる。

 ちなみに、野球なども比較的そういう先読みがしやすい部類の競技だ。解説者が「次はフォークで落としますね」と言うと、ピッチャーは本当にフォークを投げる。つまりピッチャーはバッターの心理を読み、その裏をかくようなボールを投げるので解説者はその心理を先読みして伝えているのだ。

 しかし、サッカーの場合だと少し難しいだろう。サッカーはチームとしての戦術要素が強いので先読みがしづらい。よって、サッカー解説者は、試合が終わったあとに細かい解説をすることが多い。「前半30 分のこの場面、ディフェンスラインがここで、フォワードがこの位置でボールを待っていて、だから本来はこっちを狙うべきでしたね」といったように解説する。ただしコーナーキックは相手の心理を考えてから攻撃を組み立てるので「ここはディフェンダーが左サイドから走り込んできて、相手を引き付けておいてから、誰彼がヘディングシュートに行くでしょうね」という解説もできるかもしれない。

 しかし視聴者としては「なぜその通りになるのか」を理解できなければ面白くない。なぜそうなるのかを理解できてくると、その競技をより深く、より面白く観ることができるだろう。

 逆に、誰がどう見ても分かるようなことを解説しても視聴者は面白くない。

 ストレートとフォークの2種類しか投げないピッチャーの解説で「次はフォークでしょうね」と言って、実際にフォークを投げたとしても、全く面白くない。視聴者だって分かっているのだから。

 簡単すぎず、かといって難しすぎない、ちょうどよいレベルでの先読みをしながらの解説が、最も視聴者を楽しませることができる。

■卓球の「大逆転」の仕組み

 また、各プレーのみではなく、0-0からゲームを通しての流れを観ていると面白い。

 たとえば、3-3というスコアだったとして、4-3、5-3、6-3と引き離してリードを取ったとする。そこで勢いそのままに一気に勝ち切ることというのは実はそれほど多くない。ここから逆転されることも往々にして起こりうる。

 リオオリンピックの女子団体ドイツ戦、伊藤美誠選手とゾルヤ選手の試合。9-2で伊藤選手がリードしているときに、伊藤選手が簡単なスマッシュミスをした。これは難しいボールだったからではなく、伊藤選手が大量リードしている状況から安心して、少し集中力を欠いたようなミスであった。

 そのとき解説に入っていた私は、「今のミスは良くないですね。これは逆転されるような雰囲気ですよ」と言うと、本当に9-2から逆転負けをしてしまった。

 伊藤選手としてはもちろん「気を抜く」などというつもりはないのだが、ほんの小さな緩みがプレーに表れてしまうことはどうしてもある。そしてそこを突かれてしまう。但し、この経験が今の強い伊藤選手を作り上げた原動力の一つになったのは間違いない。

 卓球は技術と心理が重なって動くスポーツだ。リードしている選手は、「いけるだろう」と思い、無理に攻めず安定志向になる。負けている選手は、「もう開き直って思い切りいこう」となる。この心理の転換が、ゲームの転換点となるのだ。

 具体的に書くと、安定志向で入れにいったボールを、開き直った方がガンガン攻め抜いていく。一流のプロの試合であれば、安定志向で入れに来ているボールをミスすることはあまりない。攻める方はどんどんノってくる。リードしている側は、どんどん不安になってくる。そうなると、もう歯止めが利かない。

 一度緊張の糸が切れると、そう簡単には立て直せないのだ。大量のリードを奪って、少し気が緩む。そこで簡単なミスをする。最初は、「まあリードがあるから大丈夫」という思いだが、そこから「あれ、ちょっとやばいぞ」となり、「ああ、やばい。追いつかれる!」となる。こうなると焦りしか生まれない。

 そこからもう一度集中力を取り戻すのは相当に難しいのだ。追いかける方が、追いついて、そのまま追い抜いていく。そういう試合の方が圧倒的に多い。

 過去の試合を観てもらえば、選手の表情がみるみる変わっていくのが分かるだろう。

 リオオリンピックの男子団体戦決勝。

 2番の水谷隼選手が中国の許マ選手とフルゲームを戦い、許マ選手が10-7とリードをした。そこで許マ選手が一本ミスをして10-8となった。

 このとき許マ選手は、「ああ、ミスってしまった」といったまだ余裕のある表情だったのだが、もう一本取られて10-9になった瞬間、顔面蒼白といった感じだった。そこからは水谷選手が5点連取で大逆転勝利を収めた。

 卓球はたった40oの小さなボールを扱う競技だ。それもあり、ほんの少しの心理状態の変化でも、如実にプレーに表れて、一気に形勢が逆転するという事態が非常に多い。リードをしている選手は、リードしているときこそ緊張を緩めず、ゲームを取るまで一気に駆け抜ける気持ちでいかなければならない。

■逆転を可能にする「きっかけ」の作り方

 形勢が変わる事態は、心理的な要素だけではなく、技術的な要素もきっかけとなりうる。

 ドライブ主体でやっていたところに、急にスマッシュを打つ。ずっと普通のトスのサービスだったのを、急にハイトス(2〜3mくらい高くボールを上げる)のサービスを出す。あるいはバックサーブを出す。そういった今までにやっていなかった技を出すことで、試合の流れが変わることがある。

 劣勢に立たされている選手が、このまま同じことをやっていては負けてしまう局面を、なんとかして打開するための「きっかけ」を自らで作り出していく。

 そういった「きっかけ」を作り出すのがうまいのは、伊藤選手だろう。「みまパンチ」や「逆チキータ」、あるいは通常よりもボールを薄くとらえた「みまチキ」とか、そういった独自の技術の引き出しがとても多い。

■局面によって大きくプレーを変えてくる選手

 それも、入るかどうか分からないようなものではなく、技術的にもしっかりとしているので、そういったプレーを繰り出すことで流れを一気に引き寄せる力を持っている。

 彼女はオリンピックチャンピオンになってもおかしくないような技術を持っているし、そういう頭脳も持っている。さらにそういった流れを変える技術をここぞという場面で出すことができる強靭なメンタルも持ち合わせている。

 男子では、水谷選手もそういった流れを変える技術はとてもうまい。

 伊藤選手の場合は誰もやらないようなあっと驚く技で大胆なプレーをするのだが、水谷選手の場合は、ぱっと見では分からない、細かい変化を随所に織り込んでくる。

 たとえば、サービスでは、ロートス(低いトス)で来たところにミドルトス、そうかと思ったら今度はハイトス、で、またミドルトス、という具合にちょこちょこと変える。彼の頭の中ではそういった小さな変化から、相手を崩す、流れを変える、というシナリオが緻密に組み立てられているのだ。

 ただなんとなく試合を観ているだけではこういった小さな変化は分かりにくいかもしれないが、事前にそういった知識があれば、すぐに分かるようになる。

 サービスのトスの高さもそうだし、回転の種類もそう。縦回転か、順横の回転か、逆横の回転か、ラケットの角度をよく見れば、初心者の方にでも分かる。

 そしてそういった変化は必ず解説者が解説しているので、解説者の声もよく聞いてほしい。

《混合ダブルス金メダル》「もはや中国選手ですらも手がつけられないレベルに…」世界卓球・解説者が語る伊藤美誠の知られざる素顔 へ続く

(宮ア 義仁)

関連記事(外部サイト)