1作目から20年…「ワイルド・スピード」シリーズ9作目で起こった“あり得ない展開”

1作目から20年…「ワイルド・スピード」シリーズ9作目で起こった“あり得ない展開”

©2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

 1作目から20年。「ワイルド・スピード」シリーズが、「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」で9作目を迎える。このシリーズの魅力は、物理の法則を無視したド派手なカーアクション(飛行機から車が飛び降りる!)と、メロドラマふうのストーリー(愛する人が記憶喪失になって自分を忘れてしまった!)。今回も、車は宇宙に行くし、ヴィン・ディーゼル演じるドム(ドミニク)の弟が突然登場するし、ツボの押さえ方はさすがだ。

 しかし、本作で一番ありえなくて、しかも嬉しい展開は、サン・カン演じるハンが戻ってくることである。そうなったのは、すべてファンのおかげだ。

 仲間内で唯一のアジア系であるハンは、3作目「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」でシリーズに参加。映画の最後で死ぬのだが、時間を巻き戻した4作目「ワイルド・スピード MAX」の冒頭で再登場し、時間軸が3作目につながる6作目「ワイルド・スピード EURO MISSION」の最後で再び死ぬ。だが、彼を殺したデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)が、その後の映画でドムの仲間たちと手を組むようになったばかりか、ショウとホブス(ドウェイン・ジョンソン)を主人公にしたスピンオフまで作られると、ファンの間で「#JusticeForHan」運動が巻き起こったのである。

「あの運動について初めて聞いた時は、驚いたよ。だけど、無視することにした。あの役はもう終わったんだし、考える必要はないと思って」と、カンは振り返る。

「だけど、ソーシャルメディアでますますあのハッシュタグを目にするにつれて、この人たちは真面目に言っているんだと気づくようになった。彼らにとって、ハンは意味のあるキャラクターなんだよ。そして僕は、ハンは何を象徴するのか考え始め、その人たちに敬意を感じるようになったんだ」

■ジャスティン・リン監督の決意

 ハンが登場する3作目から彼が死ぬ6作目までを手がけたジャスティン・リン監督も、この運動を受けて、自分が不在だった7作目以降の展開は、たしかにハンにとって正しくないと感じるようになった。自分が監督に返り咲く9作目でハンを連れ戻そうと決めたのも、彼だ。

「『本当にやるよ』と、ジャスティンが僕に電話をくれたんだよ。どうやってやるのかは聞かなかった。その心配はないから。僕はただ、脚本を読むのを楽しみにしていただけだ。ジャスティンは、あのキャラクターを誰よりも大切に扱ってくれる。ハンが生まれた時からジャスティンはそばにいたんだ。ハンは、僕にとってよりもジャスティンにとってのほうが強い意味をもつと言ってもいいかもしれない」

 カンの言うことはもっともだ。実は、ハンは「〜TOKYO DRIFT」より前にリンが監督したインディーズ映画「Better Luck Tomorrow」(2002年、日本未公開)で初登場しているのである。アジア系アメリカ人の高校生が悪いことに手を染めていくこの映画をリンが作ろうとした時、登場人物を全部白人にすればお金を出してあげると言ってきた人がいた。それを拒否したリンは、クレジットカードを限度額まで使って、自分が望む通りの映画を作り上げたのだ。そうやって完成した映画はサンダンス映画祭で上映され、インディペンデント・スピリット賞にもノミネートされた。そこから「〜TOKYO DRIFT」を監督しないかと声がかかったのである。

「ミナリ」「クレイジー・リッチ!」などが成功する時代になった今でも、全キャストがアジア系の映画はハリウッドで稀。2002年にそれをやった時、カンは、「すごく孤独に感じていた」という。

「僕らはすごく大胆でクレイジーなことをしたんだ。僕らには何もなかった。フィルムすらまともになかったんだよ。そういう苦労を体験したからこそ、今に感謝できる。ジャスティンと一緒にこの道のりを辿ってこられたことに感激するよ。アジア系俳優にとっての状況は、『Better Luck Tomorrow』の頃よりだいぶ良くなった。ジャスティンによると、あの頃、オーディションにやってくるアジア系俳優はみんなびくびくしていたらしい。彼らにとってはそれが1年で唯一のオーディションだから。でも、今の世代の俳優はすごく堂々としていて自信があるらしいよ。それが僕に希望をくれる」

■チャンスも少ないが絶対数も少ないアジア系俳優…大反対した母

 アジア系の俳優は、チャンスも少ないが、絶対数も少ないのが現実。アメリカに住むアジア系の親は、弁護士か医者になることをわが子に望むからだ。若かったカンも、俳優になりたいと言った時、母に大反対された。

「あなたにそんな才能はない、やめておけと言われたよ。自分も歳を取ってきた今は、母の気持ちも理解できる。親として心配だったんだろう。わが子が苦労をするのを見たくなかったんだ。僕らみたいな人は、テレビにも映画にも出ていなかったんだから。僕らが仕事をもらえるチャンスはほとんどなかったんだよ。それも今は違ってきた。若い人たちは人種にかかわらずYouTuberとして大活躍している。そうやってどんどん金を儲けている。ミリオン(約1億円)を稼いだら、アジア系の親は、それがどんな職業であっても文句を言わなくなるものだよ(笑)」

 全世界で63億ドルを稼いだシリーズにわが子が出た今、カンの母もこの職業選択に満足しているのでは。

SUNG KANG/1972年4月8日、アメリカ・ジョージア州生まれ。アメリカ生まれの韓国人俳優で、累計で何十億ドルもの興行収入を記録しているユニバーサルの「ワイルド・スピード」シリーズへの出演で最もよく知られている。ジョージア州ゲインズビル出身のカンは、2002年のサンダンス映画祭でグランプリにノミネートされたインディペンデント映画『Better Luck Tomorrow(原題)』(02)の演技で高い評価を得てたちまち名を上げた。その他の出演作にはワーナー・ブラザース配給によるシルヴェスター・スタローン主演の『バレット』(12)、『ニンジャ・アサシン』(09)、2005年サンダンス映画祭公式セレクション作品となった『The Motel(原題)』(05)、クリス・チャン・リー監督の『Undoing(原題)』(06)、マイケル・ベイ監督の『パール・ハーバー』(01)、『きみの帰る場所/アントワン・フィッシャー』(02)などがある。2007年には20世紀フォックスの『ダイ・ハード4.0』(07)にも出演した。
 カンは現在ロサンゼルスに暮らしており、「ワイルド・スピード」シリーズでの役柄と同じように、余暇には車の整備をしたり、ロサンゼルスの若者たちにチームワークの大切さや車の修理方法を教えている。

さるわたりゆき/1966年生まれ、神戸市出身。上智大学文学部卒業。女性誌編集者を経て92年渡米。L.A.をベースに、ハリウッドスター、映画監督のインタビュー記事、やハリウッド事情のコラムを新聞や雑誌、WEBサイトに執筆している。著書に『 ウディ・アレン追放 』(文藝春秋)。

■INTRODUCTION

 ヴィン・ディーゼル扮する主人公ドミニクをはじめ、ファミリーの面々が再結集。どこからみても達成不可能なミッションを、卓越した知略とチームワーク、そして怒涛の力技でコンプリートしてきた彼らが、シリーズ最大の危機に立ち向かう!?

 世界を牛耳ることも、滅ぼすこともできる、あるデジタル装置をめぐって、謎の武装集団が暗躍していた。米国極秘諜報機関の長ミスター・ノーバディからのSOSを受け、ドミニクのファミリーはデジタル装置の回収に着手する。だが、武装集団は瞬時にそれをドミニクの手から奪い去る。集団を率いる凄腕のドライバーに、ドミニクは見覚えがあった。その男ジェイコブは彼の実の弟だったのだ!

 ドミニク・ファミリーの絆がミッションの難易度を増すほど強まるのは言うまでもなく、結束力はさらに上昇。死んだと思われていたファミリーの一員ハンの再加入というサプライズもファンには感涙ものの演出。一方で、ドミニクはもうひとつのファミリー、すなわち実の家族との因縁に直面。弟にしてシリーズ最強の難敵ジェイコブとの葛藤の物語は、ドミニクの知られざる過去にまでさかのぼり、史上最も苛烈な骨肉バトルへと発展する。愛と友情、使命感と闘志を沸点ギリギリで煮詰めたストーリーは、見る者の胸を熱くせずにはおかない。

 そして何より、“ワイスピ”と言えば、常識を超えた驚愕のカーアクションだ。潜水艦や列車とチェイスを演じたり、高層ビルから高層ビルへと飛び移ったり、輸送機からダイブしたりなど、シリーズはこれまで何度となく伝説を更新してきたが、本作のアクションは、それをさらに上回るスケール。強力な電磁石を駆使した市街地での爆走チェイスはスピードもチャージも最上級。シリーズではもはや空を飛ぶのも当たり前となったが、本作ではロケットエンジンを搭載した車で、空をブチ抜くというとんでもないスペクタクルをも叩きつけるのだから、見逃すわけにはいかない。

 ヴィン・ディーゼルをはじめとする主要キャストに加え、シャーリーズ・セロン、ヘレン・ミレンも前作に続いて出演。ヴィランのジェイコブを、レスラー出身のアクションスター、ジョン・シナが熱演しているのも注目のポイントだ。シリーズ3〜6作目を手がけ、“ワイスピ”を愛されるシリーズに押し上げたジャスティン・リンの監督復帰も嬉しいかぎり。この夏一番のぶっ飛びアクションに注目せよ!

INFORMATION

◆出演:ヴィン・ディーゼル/ミシェル・ロドリゲス/タイリース・ギブソン/クリス・“リュダクリス”・ブリッジス/ジョン・シナ/ジョーダナ・ブリュースター/ナタリー・エマニュエル/サン・カン/with ヘレン・ミレン/and シャーリーズ・セロン 
◆監督:ジャスティン・リン 
◆脚本:ダン・ケイシー 
◆キャラクター原案:ゲイリー・スコット・トンプソン
◆製作:ニール・H・モリッツ/ヴィン・ディーゼル/ジェフ・カーシェンバウム/ジョー・ロス/ジャスティン・リン/クレイトン・タウンゼント/サマンサ・ヴィンセント 
◆原題:Fast & Furious 9 

8月 6日(金)全国超拡大公開?
配給:東宝東和?
(c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
公式サイト: wildspeed-official.jp
公式Twitter: https://twitter.com/WildSpeed_jp

(猿渡 由紀/週刊文春)

関連記事(外部サイト)