朝青龍、白鵬、照ノ富士…強い外国人力士が目立つのには理由があった! “意外と知らない”その原因とは?

朝青龍、白鵬、照ノ富士…強い外国人力士が目立つのには理由があった! “意外と知らない”その原因とは?

©iStock.com

 モンゴル出身の力士として日本相撲界を圧倒し、相撲ファン以外にも大きなインパクトを残した朝青龍。また、先日行われた大相撲名古屋場所千秋楽も優勝を果たしたのはモンゴル出身の白鵬だった。なぜ、外国人力士はこれほどまでに“強い”のだろうか。

 ここでは相撲ライターの西尾克洋氏の著書『 スポーツとしての相撲論 力士の体重はなぜ30キロ増えたのか 』の一部を抜粋。外国人力士の強さの謎に迫る。(全2回の1回目/ 後編 を読む)

◆◆◆

■優秀な力士の割合は外国出身力士のほうが圧倒的に多い

 まず、現状について目線を合わせたいです。外国人力士はある側面から見ると今もなおとても強いと言えますが、別の面から見ると朝青龍全盛期や白鵬全盛期と比べるとそこまで強いわけではありません。

 外国人力士の優秀さについて現状を見てみましょう。

 大相撲で優秀な力士とされるのは、十両以上の番付の関取と呼ばれる力士達です。彼らは年収1000万円を超え、付け人が付き、個室が与えられます。場合によっては相撲部屋ではない場所に住まいを借りたり購入することも可能です。しかし、それよりも下の地位(幕下以下)だと年収は100万円以下でほとんどの場合は関取や親方の付け人を務め、大部屋での生活を余儀なくされます。

 大相撲には2021年1月現在676名の力士が在籍しており、その中で十両以上の力士は70名。上位10.7%に入る力士が優秀で、待遇も一人前とされますが、幕内に所属する外国出身力士(日本国籍を取得した力士もいるためこの呼称とします)は11人、十両は3人です。幕下7名、三段目4名、序ノ口1名なので、割合では53%が優秀な力士と言えます。

 対する日本出身力士は幕内が31名、十両は25名。幕下が113名、三段目は196名、序二段が218名、序ノ口56名、前相撲と番付外を合わせて11名。日本出身力士の十両以上の比率は8%ということで、外国出身力士と比べると大きく水をあけられている状態です。優秀な力士の割合で見ると外国出身力士のほうが圧倒的に多いのが実情ですが、果たしてこの差はいったいどこから来ているのでしょうか?

■外国出身力士は入門の枠自体が非常に少ない

 実は、大相撲には野球などで言うところの「外国人枠」が存在します。

 大相撲では力士が必ず「部屋」に所属し、コーチ役である親方と衣食住を共にしているのですが、外国出身力士は部屋に1名しか所属することができません。なお、仮に日本国籍を取得しても枠は増えません。例外として、所属部屋の閉鎖などで移籍するケースがあり、この場合は外国出身力士が所属する部屋に移籍することも可能です。そのため、外国出身力士は入門の枠自体が非常に少ないのです。

 なお、この「外国人枠」については元々無制限で、一つの例としては1975年当時、朝日山部屋には6人のトンガ人力士が所属していました。しかし親方の逝去に伴い先代親方の夫人と後継親方との間で確執が起き、全員廃業するといういわゆる「トンガ騒動」がありました。

 その後1992年には1部屋2名以内、大相撲全体で40名に変更され、2002年からは1部屋1名までに、さらに2010年には外国人枠から外国出身力士枠へと変更されることになりました。1992年にはハワイ出身力士として小錦の他にも曙が台頭してきており、また2002年には朝青龍、旭鷲山、旭天鵬といったモンゴル人力士が数多く頭角を現してきていました。2010年は現役中に引退を見据えて日本国籍を取得する外国人力士が増えてきた背景もあり、このような措置が取られたと思われます。

■外国人力士が強い理由は「優秀で枠が限られているため」

 外国人力士・外国出身力士の活躍は大相撲をけん引してきましたが、小錦が大関に、曙が横綱になり、そしてモンゴル人力士が上位に昇進したこともあり、そのままでは上位のほとんどを外国出身力士が独占する可能性が出てきたため、人気低迷のリスクを考慮したのではないでしょうか。

 また外国出身力士の枠を使わない部屋もありますが、現在外国出身力士を採用したい相撲部屋の多くには既に外国出身力士が在籍しているという事情があり、現時点では新しく相撲部屋が誕生したり、既存の外国出身力士が引退するといったことが起きない限り、入門すら難しい状態です。

 前述の通り外国出身力士は基本的に優秀ですが、外国人枠の兼ね合いで入門を待たされることがあるほど、外国出身力士は相撲部屋に行き届いています。そのため、優秀な力士でなければ入門さえ叶わない。ただでさえ優秀な才能が集まるのに、枠が少ないためになおさら優秀でなければいけないのです。

「なぜ外国人力士は強いのか?」に端的に答えると、「外国出身力士は優秀で、しかも枠が限られているため」という回答になります。

■外国出身力士が上位を席巻していたのは過去の話

 ただ「外国人力士が強い」というイメージはあるかもしれませんが、実はそのイメージが崩れつつあります。

 先ほど幕内に11名の外国出身力士がいると話しましたが、さらにトップを見ると白鵬と鶴竜は横綱ですが、2人とも30代半ばという大ベテランです。この下では元大関の照ノ富士が大関復帰を目指し活躍していますが、1991年生まれの29歳と中堅からベテランに差し掛かってきています。

 幕内というのはサッカーで言うところのJ1とJ2が混在しているようなもので、優勝は幕内での勝ち星の多さを競って決めるのですが、上位16名+数名でリーグ戦を行うような形になり、その他の力士達は自分の地位に近い力士と対戦することになります。ただし、終盤戦になると下位の力士の中で成績の優秀な者は上位との対戦が組まれます。

 つまり、幕内は横綱・大関・関脇・小結・前頭と地位が分かれていますが、前頭の中でも上位に定着している力士と下位の力士では力が大きく違うということです。少し話が長くなりましたが、2021年1月現在、外国出身力士の中で上位総当たりの地位にいる力士は白鵬・鶴竜・照ノ富士にベテランの栃ノ心と玉鷲を加えて5名。なお、この場所で栃ノ心と玉鷲は負け越しています。

 ここからわかるのは、上位総当たりの番付にいる大多数のトップ力士が日本出身力士だということです。ですから、外国出身力士が上位を席巻していたのは実は過去の話なのです。

■ピラミッドの頂点のレベルでは日本出身力士に分がある

 外国出身力士として上位に残っているのはベテランの白鵬・鶴竜、そして中堅の照ノ富士という構成です。つまり、20歳前後の外国出身力士の若手が今のところ、かつてほど上位で活躍していないのは重要なポイントだと思います。

 外国出身力士の中で十両以上になれる者は相対的に多く、彼らは優秀なのですが、ピラミッドの頂点のレベルになると日本出身力士に分がある。しかもその傾向は続いていくことが予想されるわけです。

 原因として考えられるのは、最近大相撲の世界に入ってくる外国出身力士はモンゴル人偏重の傾向がある点です。かつては高見山や小錦、曙や武蔵丸といったハワイ勢が一大勢力だった時代がありましたが、武蔵丸の甥っ子である武蔵国が引退してからハワイ勢はゼロになりました。また、琴欧洲や把瑠都といった名力士を輩出した東欧出身力士も今では激減し、現役では栃ノ心、碧山、あとは三段目の舛東欧(2021年3月31日に引退)の3名のみで、しかも全員30代という状況。

■モンゴル出身力士の強さの傾向が変化している

 そしてモンゴル勢ですが、横綱が4人誕生して以降は照ノ富士を除いて上位に定着できておらず、むしろこれらの力士が例外的に強かったという見方さえできるかもしれません。モンゴル国内でトップ中のトップの素材は、大相撲ではなくレスリングなどでオリンピックを目指す時代になってきているという話があります。日本国内で行われている中学生以下の相撲大会にモンゴル人選手が参加していますが、ここ数年は日本人選手が上位で勝利する傾向にあり、もしかすると日本人力士優位の傾向は今後も続くかもしれません。

 もちろん、大相撲の世界で上位10%に入れる力士が今もなお多いという意味で外国出身力士、モンゴル出身力士が強いのは確かですが、強さの傾向が変化してきているのは見逃せないと思います。現在は朝青龍の甥である豊昇龍や、鶴竜と同部屋(陸奥部屋)の霧馬山といった若手の逸材が幕内で着々と実力を付けてきているので、彼らがそうした傾向を打破する存在になるのか注目です。

■モンゴル、東欧、ハワイ……それぞれの相撲スタイル

 ちなみに、ひとくちに外国出身力士と言っても、モンゴル人力士と東欧系力士、そしてハワイ出身力士では特徴が異なります。あくまでも全体的な傾向ではありますが、モンゴル人力士はスピードと敏捷性に優れていて、体が小さくても先手先手を取ってそのまま押し切るような取り口が多く、また体格に勝る力士に攻め込まれても隙を見つけて逆転する相撲が多く見られます。東欧系力士はアスリート的な能力と体格に優れていて、相撲は粗削りでも吊り出しなどの豪快な形で決着を付けることができます。ハワイ出身力士はパワーを前面に出した相撲が特徴で、小錦や横綱昇進前の曙のように、前に出る圧力の強さで勝負をする取り口が多く見られます。最近ではモンゴル人力士と日本出身力士はそんなに相撲のスタイルが変わらないのですが、先述の豊昇龍と霧馬山はかつての朝青龍や日馬富士を思わせるようなスピードと敏捷性、そしてスケールを兼ね備えています。

 ここまで述べてきた傾向は確かにありますが、一人の力士が抜きん出た存在になり、勢力図を大きく塗り替えることもあります。今は日本出身力士が上位で数多く活躍していますが、かつてのような時代が復活する日が来るかもしれません。外国出身力士と日本出身力士という対戦構図で大相撲の質がさらに上がると良いですね。

【続きを読む】 前頭は140万円、大関は250万円、では横綱の月収は…? 力士の“収入事情”の実態に迫る

(西尾 克洋)

関連記事(外部サイト)