“爆買い”から“爆セックス”へ…中国人向けアングラ「日本買春7泊8日ツアー」の実態――2021上半期BEST5

“爆買い”から“爆セックス”へ…中国人向けアングラ「日本買春7泊8日ツアー」の実態――2021上半期BEST5

©iStock.com

2021年上半期(1月〜6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。国際部門の第5位は、こちら!(初公開日 2021年1月1日)。

*  *  *

 2005年にイギリスの大手コンドームメーカー・Durex社がおこなった世界規模の性生活調査では、対象41ヵ国中最下位だった中国人の性生活満足度。しかし、劇的な経済発展とともに中国人の価値観やライフスタイルは大きな変化を遂げ、性生活事情も大幅にアクティブに変わった。

 また、中国では、蒼井そらをはじめとした日本人のセクシー女優が人気を博したことも記憶に新しい。昨今は、日本人セクシー女優の愛人契約、枕営業、さらに日本を対象にした買春ツアーの企画まで噂されているが……。中国事情に精通するルポライター安田峰俊氏による著書『 性と欲望の中国 』を引用し、中国の「性」の実情を紹介する。(全2回の2回目/ 前編 を読む)

◇◇◇

■中国のイベントに呼ばれる日本人AV女優

 やがて、蒼井そら人気に引っ張られる形で、中国では日本のAV女優ブームが広がった。それ以前からセックスエキスポなどに日本のAV女優を招致する動きはあったが、この流れがいっそう過熱し、景気のいいIT企業が自社のイベントにAV女優を登壇させる例もしばしば見られるようになった。

 中国でのイベントに女優を派遣している、日本側のあるAV業界関係者は詳細をこう明かす。「イベント1回のギャラは、女優の知名度やイベント規模にもよりますが20万〜400万円程度。ただ、蒼井そら並みの有名人でもない限り、数百万円規模の例はめったになく、多くの場合は100万円以内です。移動日を入れて、女優の拘束期間は3日くらいですね」

 日本から中国へ渡航する旅費や滞在費は、中国側の興行主が別途負担する。イベントに登壇する女優の取り分は「ギャラの総額の4〜7割ほど」だ。一定以上の知名度がある女優なら、3日間で50万円くらいの稼ぎにはなるだろう。

■行き当たりばったりのスケジュール進行

 中国でのイベント登壇は、日本でAVに出演するよりも精神的・身体的な負担が少なく、ラクに稼げる仕事のようにも思える。だが、海外慣れしていない女優の場合は中国の大気汚染の深刻さや水・食事が合わないことにストレスを感じ、イベント出演を拒否する人も少なくないという。「それ以上に困るのが、中国では行き当たりばったりのスケジュール進行が多いこと。日程や会場が突然変更されたり、会場に行ってから事前に聞いていなかった記者会見がセッティングされていたりします」

 中国では興行主の事情以外に、党の高官が街を訪問するといった政治がらみの事情でイベント開催が中止されることも日常茶飯事である。上海のセックスエキスポが、習近平の上海視察とバッティングしたことで、開催数週間前にいきなり日程と場所が変更されたことは第四章でも述べた。蒼井そらもこう言う。「1週間前にイベント開催が決まって、会場入りしてメイクをしてから『開始3時間前に中止』みたいなこともざらにあります。これは慣れが必要だと言うしかないですね」

 中国でのイベント出演は、たとえばギャラの半額を興行主に前払いさせておくなど、突然のキャンセルや日程変更を織り込み済みでマネジメントがおこなわれる例が多いという。

■愛人、枕営業……デマだらけの中国商法

 さらに別の問題もある。「ウソでも話題になれば勝ち」という広告宣伝文化が根強い中国では、興行主やそれに近い筋が、自分たちが呼んだAV女優に関連するデマを意図的にマスコミにリークして、ゴシップ系の炎上報道で自社や商品の知名度を高めようとする傾向があるからだ。

 たとえば、2012年1月にショッピングサイト大手の凡客誠品(ファンクーチェンピン[VANCL])が蒼井そらを旧正月前のパーティーイベントに招聘した際には、50万元(約800万円)のギャラが支払われたと現地メディアが報じた。また、2013年5月には蒼井の書道作品がオークションで60万元(約960万円)で落札されたと、上海市党委員会機関紙の『解放日報』で報じられた──。これらのニュースは日本にも転電の形で伝わっているのだが、蒼井本人によれば「完全にウソです」とのことであった。

 また、2015年春には中国で人気が高いAV女優の水咲ローラが、現地の大富豪と5000万元(約8億円)で15年契約の愛人契約を結んだというニュースが大きな話題となった。「中国側クライアントがイベントの話題作りを狙って、日本側に無許可で流したデマです。ちょっと考えればわかると思いますが、現実的にあり得る話ではありません」

 水咲の所属事務所であるティーパワーズのI氏は、呆れ顔でこう否定する。

 他にも、中国側の興行主と食事をおこなった際に、売出し中の男性芸能人が隣の席に座り、数日後に「AV女優〇〇に中国人の恋人発覚」といったニュースが出るなど、ヤラセ的な仕込みがなされる例は枚挙に暇いとまもないという。

 また、AV女優の中国進出については、いわゆる枕営業の噂もつきまとう。「所属タレントのリスク管理ができないので、まともなコンプライアンス意識を持つ事務所はやりませんね。現地企業とのタイアップなど、もっと普通にマネタイズできる方法がたくさんあります」

 ティーパワーズのI氏はそう説明する。自社の所属女優を、表向きは売春行為が禁止されていて言葉も通じない中国において1人で放り出す行為が、極めてハイリスクなのは言うまでもない。いわんや、蒼井そらや波多野結衣クラスのドル箱女優にそれをやらせるわけにはいかない。大手事務所の場合、中国での枕営業に手を出す行為が割に合わないという話は納得できる。ただし、中国側の興行主が、日本側の事務所にAV女優を差し出すように要請したり、会場で直接女優に対してそうしたオファーを出すなどのケースは存在している。筋の悪い小規模な事務所には、それに従って中国側に女性を提供している会社もある模様である。

■中国で富裕層と寝ると15万〜30万円?

 2016年に引退した某人気AV女優は「事務所を通さない例もある」と話す。「元AV女優の友達から、『中国で富裕層と寝る15万〜30万円のバイトがある』と持ちかけられました。リスクが大きいし、なにより金額が安すぎたので遠慮しましたが……」

 アダルト業界は、一般企業としての常識を備えたクリーンな業者も存在するいっぽうで、その裏側には闇も果てしなく広がっている。これは日本のAV女優の中国進出についても例外ではない。

■インバウンド「日本買春ツアー」の実態

 2010年代に入り、中国人の日本AV受容の歴史は新しい段階を迎えていく。それは、中国人の訪日観光旅行の活発化によって、AV女優に会うことを目的として日本に旅行する人が出てきたことだ。

 あるAV業界関係者は、「数年前まで、在日中国人系の旅行会社から、中国人の日本ツアーにAVの撮影現場見学を組み込ませてほしいというオファーを何度も受けた」と話す。「スマホを使って無断で女優を撮影されるといったセキュリティ面への懸念と、公然わいせつ罪に問われるリスクがあるので断りました。仮に逮捕された場合、女優・事務所・AVメーカーが共倒れになってしまいますから、この手のオファーにOKを出す業界関係者はほとんどいないと思います」

 ただし、在日中国人系の旅行会社が「ニセ現場」に案内している例はある。「本物のAVの撮影現場だと偽って、カメラが回っていない状態の男女のカラミを中国人観光客に見せるわけです。本物のAV女優が演じる例はほとんどなく、風俗の女性などをヤラセで使っているみたいですね」(同前)

 おそらくこうした業者が手がけているのだろう。中国のネット上では、AV撮影現場の見学やAV女優による一日エスコート、「女体盛り体験」などを売りにした、怪しげな日本エロ旅行の広告も密かに出回っている。

 たとえば、私が2017年1月に入手した「日本買春7泊8日ツアー」のパンフレットのおおまかな内容を以下に紹介しておこう。

〈 【1日目】 東京の夜景を見学した後に女体盛りの夕食を

 【2日目】 都庁見学→昼食に日本のラーメンを堪能→午後は表参道でお買い物→夕食は神戸牛焼肉→歌舞伎町でストリップ鑑賞→歌舞伎町でデリヘル体験(本番あり)

 【3日目】 秋葉原で大人のおもちゃ購入→メイドカフェ→六本木でオイルマッサージ(非風俗)→夕食は寿司→夜は吉原のソープランド(本番あり)

 【4日目】 AV撮影現場見学→AV女優を連れて夕食までデート(お台場→浅草→寿司)→夜はAV女優とお楽しみ(本番あり)

 【5日目】 富士山観光、大気汚染がないきれいな空気を吸おう→川魚料理に舌鼓を→箱根大涌谷温泉→夕食時には和服の美女宴会コンパニオンが登場! 忘れられぬ一夜を(本番あり)

 【6日目】 浜松の米空軍基地を参観→うなぎを食べて精を付けよう→浜松城→海鮮料理→浜松の韓国デリヘル(本番あり)

 【7日目】 トヨタ本社及びトヨタ博物館をビジネス視察→鈴鹿サーキットでF1コースを見る→名古屋の手羽先居酒屋で夕食→名古屋のおっぱいパブ→ピンサロで花びら2回転(本番なし)

 【8日目】 中部国際空港より帰国、懐かしいわが家へ〉

■珍奇なツアー実態

 日程5日目からいきなりエロ行為のテンションがダウンしたり、道中でなぜか米軍基地とトヨタを参観しているのが妙にリアリティを感じさせる日程である(ただし浜松に米軍基地はなく、自衛隊基地の間違いと思われるが)。パンフレットに書かれた旅行会社の住所は台東区元浅草の雑居ビルの一室だったが、私が実際に当該住所に行ってみたところ会社自体が存在せず、電話もすでに繋がらなかった。

■「50人のAV女優から1人を選ぶ」買春ツアーもあったという

 だが、似たような広告は他にも数多くある。私が2018年8月に見つけた「50人のAV女優から1人を選び、めくるめく一夜を過ごせる」と謳うたう3泊4日の日本買春ツアーは、1人あたりの参加費が航空券代は別途で4万8000元(約77万円)だ。こちらは旅行業者と微信(WeChat)で連絡を取ることに成功したが、当方の質問内容を怪しまれて途中で会話を切られてしまった。

 とにかく、中国の日本AV人気に便乗したアンダーグラウンドな商売が存在していることは間違いない。

◇◇◇

※本記事の著者の安田氏の新著、有名女優チャン・ツィイーの枕営業疑惑から中国大陸のキリスト教弾圧まで切り込む『 現代中国の秘密結社 』(中公新書ラクレ)は現在発売中、群馬県のベトナム人豚窃盗問題と技能実習生問題の真の闇を暴く『 「低度」外国人材 移民焼き畑国家、日本 』(KADOKAWA)は2021年3月3日刊行予定です。

(安田 峰俊/文春新書)

関連記事(外部サイト)