12球団ファンクラブ評論家が警鐘 迷走“巨人FC”はこのままでよいのか?

12球団ファンクラブ評論家が警鐘 迷走“巨人FC”はこのままでよいのか?

筆者・長谷川晶一 ©下城英悟

■元文春野球ヤクルト監督、巨人へ電撃移籍!

 文春野球創設メンバーのひとりであり、東京ヤクルトスワローズ初代監督として2018(平成30)年、そして翌19(令和元年)とセ・リーグ連覇を果たしたこの僕が、なぜか文春野球巨人の代打として、こうしてキーボードを叩いていることが自分でも信じられない……。

 1995年、広沢克己とジャック・ハウエルが二人同時にヤクルトから巨人へ移籍した。あるいは、2003年にはロベルト・ペタジーニが、08年にはアレックス・ラミレスとセス・グライシンガーが同時に巨人のユニフォームに袖を通した。そうだ、その翌年にはディッキー・ゴンザレスが、やはりヤクルトから巨人に移籍した。

 ヤクルトファンとして、何度も煮え湯を飲まされながら、耐えがたきを耐え、忍び難きを忍んで、ここまでの半生を歩んできたにもかかわらず、何の因果かマッポの手先……。いや、何の因果か巨人の一員として、こうして文章を綴る日がやってくるとは思わなかった。

 ことの経緯を簡単に説明すると、文春野球巨人監督の菊地選手から「ぜひ、代打で登場していただきたい」と直々にオファーを受けたのが7月中旬のこと。現在、文春野球ヤクルトの一員である僕に対して、直接のオファーだった。明らかなタンパリングだ。でも、それが策士たる巨人監督の辣腕なのだろう。その後、巨人・菊地選手監督と、ヤクルト・遠藤修哉監督との間で、どのようなやり取りがなされたのかは知らない。が、ヤクルト遠藤監督から「期限付き移籍を認めます。健筆を振るって下さい」と連絡が入った。

 ということで、僕は今胸に「G」マークをつけて原稿を書いているのだ。菊地選手からの依頼はシンプルだった。「今年のジャイアンツファンクラブ(FC)について、率直なご意見をお願いします」とのことだった。ご存知の方もいるだろうが、僕は05年から現在まで、17年間連続して全球団のFCに入会し、『野球太郎』(竹書房)というマニアックな雑誌で毎年FC比較原稿を書いている。さらに14年には、『プロ野球12球団ファンクラブ全部に10年間入会してみた!』(集英社)という本も出版した。特許庁に出向いて、「12球団ファンクラブ評論家?」として、商標登録もされた。

 実はこの企画の担当編集者が菊地選手なのだ。05年から17年間も「FC企画担当」として僕の伴走を続けてくれているのだ。菊地選手の狙いは明白だった。というのも、ここ数年の巨人FCには信じられないほどの異変が起こっている。その詳細を文春野球読者にも伝えてほしいというのが、彼の意図するところなのだろう。17年間の恩義を感じつつ、僕はこうして原稿を書いているのだ。

■豪華特典自慢だった巨人FCが、なぜ……?

 発端は19年だった。この年、巨人FCは従来の「GIANTS CLUB G-Po」から「CLUB GIANTS」に改称し、大胆な組織改編を試みた。年会費54万円(税込)という新カテゴリー「グランドスラムメンバー」を新設。以下、「ゴールド(2万7000円・税込)」「シルバー(4320円・税込)」「ブロンズ(3240円・税込)」「キッズ(3240円・税込)」と続く。この年の『野球太郎』において、僕はこんな一文を書いた。

〈どうした巨人FC?

 従来までの体制を一新し、「新・ジャイアンツ公式FC」と銘打って、5つの会員コースを新設したものの、例年までの豪華特典、独自特典は影を潜め、かなりのスケールダウン感が否めない。「球界の盟主」を自任する巨人の突然の方針転換。各球団とも、年々特典が充実している中で、「改善」ならぬ「改悪」だと言っていいだろう。〉

 翌20年の『野球太郎』では、まったく同じ文言を用いて、次のように記している。

〈どうした、巨人FC?

 19年にFC改革を行った巨人だが、正直言って「改善」というよりは「改悪」と感じられる内容。「来季こそ」と注目された20年だったが、メインアイテムが複数選択制になった以外は、これといった変化は見られなかった。〉

 引用文中にもあるように、かつて巨人FCは実に豪華特典が並んでいた。「レプリカユニフォーム」や「メッセンジャーバッグ」などの王道特典に加えて、女性ファン向けのアイテムがあったり、玩具メーカーのタカラトミーとコラボした「黒ひげ危機一発ジャイアンツバージョン」があったり、選べる楽しさに満ちていた。

 12年に「黒ひげ危機一発」で驚かせた後も、13年は新感覚フィギュア「ツミコレ」、14年「ネクストバッタースバスマット」、16年「本革コンパクトウォレット」、17年「Gボックスチェア」、18年「アウトドアチェア」と続いた巨人の独自特典は実に魅力的だった。前述した「FC本」において、「このチームのファンクラブを一言で言うと?」というコーナーで、僕は感服しながら「のび太が逆立ちしてもかなわない出木杉くん」と評したものだった。

■どんどん充実する11球団FCと、貧弱化する巨人FC

 しかし――。19年のFC改革以降、コロナ禍に揺れた20年、そして今年と、巨人FCは何ら魅力のないFCとなってしまっているのである。コロナ禍に揺れに揺れた昨年6月29日には、早々に「20年度会員は21年度まで無料で会員資格を延長する」ことを発表。同時に「21年度の入会特典はご提供できません」とリリースされた。

 この決定により、何の手続きも必要なく、僕は自動的に「21年度会員」となったのである。もちろん、新規特典グッズは何も届かない。一応、2200円を追加で支払えば「21年度入会特典セット」を購入できるのだが、せっかくなので今季は家族名義で新規入会してみた。「トートバッグ」と「ブランケット」ではなく、雑然としている仕事部屋を整頓すべく、「ストレージバスケット」を選択したのだが、チープな作りでガッカリだった。

 現状の巨人FCについては、「とにかく優先販売で、確実に観戦チケットを購入したい」というメリットを求めるファンにとっては意味のあるFCだ。しかし、「FCに入会することでチームへの帰属意識を持ちたい」とか、「FCオリジナル特典グッズがほしい」というファンのニーズにはまったく応えられていない。

 それはそれでいいではないか? という声もあるのかもしれない。しかし、巨人以外の11球団のFCの現状を鑑みると、他球団FCの充実ぶりが実に際立って見えるのだ。いや、裏を返せば「巨人FCの見劣りっぷり」が悪目立ちしすぎているのだ。前述したように、かつて巨人FCは他球団の範となる、まさに「球界の盟主」を自任するにふさわしい存在だった。

 しかし、現在はまったくそうではない。中日FCはさまざまな試行錯誤の末に優良FCへと変貌を遂げた。ソフトバンクFCは「ワイヤレスチャージャー」や本革仕様の「レザーショルダーバッグ」を特典とし、僕は毎年「どれか一つに決められないよ」と嬉しい悲鳴を上げている。13年にFC改革を断行したヤクルトの「スワローズクルー」は、観戦特典、グッズ特典、ポイント特典のバランスが取れた安定した運営を続けている。

 04年の球界再編騒動を経て、05年以降のFCは劇的に改善され、どの球団も「ファンズファースト」の姿勢を鮮明にしている。その中で、唯一巨人FCだけがこのままでいいはずがない。繰り返す。つい数年前までは、巨人FCは他球団の範たる存在だった。このままでいいはずがないのだ。はたして、22年の巨人FCはどうなるのか?

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2021」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/47200 でHITボタンを押してください。

(長谷川 晶一)

関連記事(外部サイト)