《台場デート撮》Da-iCE花村想太と元NMB48“みるきー”渡辺美優紀が同棲交際 直撃に「言ってもいいくらい」――2021上半期BEST5

《台場デート撮》Da-iCE花村想太と元NMB48“みるきー”渡辺美優紀が同棲交際 直撃に「言ってもいいくらい」――2021上半期BEST5

「Da-iCE」の花村想太と渡辺美優紀 ©文藝春秋/撮影・細尾直人

2021年上半期(1月〜6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。男性芸能人部門の第1位は、こちら!(初公開日 2021年5月15日)。

*  *  *

 5月6日の12時頃、東京・渋谷区にある高級タワーマンションの前に停まっていた黒色のミニクーパーに、1人の美女が乗り込んだ。白いTシャツに、ハイウエストのピンクのワイドパンツ。長い髪を白いシュシュでポニーテールにまとめ、マスクはしていない。AKB48グループのひとつ、元「NMB48」の“みるきー”こと、渡辺美優紀(27)である。

 そしてハンドルを握っていたのは「Da-iCE」のボーカル・花村想太(30)。渡辺が助手席に乗り込むと、車は静かに走り出した。

「Da-iCE」は2014年にメジャーデビューし、現在エイベックスが最も力を入れる5人組のダンス&ボーカルグループ。花村はそのボーカルを務めている。歌手だけでなく俳優としても活躍し、2020年11月には歌唱力を活かしてミュージカル「RENT」の初主演も務めた。

「花村さんは、2007年にエイベックスグループとUSENが開催したアーティスト発掘オーディションの『a-motion'07』ボーカル部門で特別賞を受賞して注目を浴びました。そして1年後の同オーディションでグランプリを獲得しています。その経歴通り歌唱力には定評があり、人気もグループの中でダントツ。

『Da-iCE』はデビュー直後から着実にファンを増やし、昨年は人気アニメ『ONE? PIECE』(フジテレビ系)の主題歌にも起用されるなど順風満帆。今年1月には個人で人気YouTuberのヒカルさんと音楽ユニット『UPSTART』を組んだことでも話題になりました。飛ぶ鳥を落とす勢いのアーティストです」(音楽誌ライター)

■渡辺は個人事務所を立ち上げたばかり

 一方の渡辺は、17歳だった2010年にNMB48の1期生として芸能活動をスタートし、2011年7月のデビューシングル「絶滅黒髪少女」でセンターを務めた人気メンバー。AKB48のチームBを兼任し、大ヒット曲「Everyday、カチューシャ」の選抜メンバーに抜擢されたこともある。

「2016年にNMB48を卒業してから2年間は表舞台に出ませんでしたが、2018年7月に事務所『roundcell』に加入して芸能活動を再開しました。ソロでCDをリリースしたりライブを開くかたわら、ガールズユニット『Ange et Folletta』のプロデュースもしています。

 YouTubeやツイッターの使い方も上手で、ツイッターのフォロワーは70万人以上。男性ファンだけでなく女性ファンも着実に増えています。そして今年5月に『roundcell』を退所し、個人事務所とともにファンクラブを設立するなど活発に活動しています」(スポーツ紙の芸能担当記者)

■話題になっていた“匂わせ”投稿

 今回、交際が明らかになった花村と渡辺だが、ファンの間では「この2人がつきあっているのでは」という噂が以前から囁かれていた。

「色違いの洋服をお互いSNSにアップしていたり、花村らしき男性の姿が写りこんだ写真を渡辺がインスタグラムにアップしたり、以前から“匂わせ"が続いていました。2人で街中を堂々と歩いている姿もたびたび目撃されており、ネットで拡散したことも1度や2度ではありません。

 2人には隠すという意識があまりないのかも知れません。花村が所属するエイベックスも2人の交際を把握していて、公にこそしていませんが“公認”のカップルなんです」(事務所関係者)

■車のナンバーは渡辺の誕生日

 さて、冒頭シーンの続きである。渋谷区のマンションを出発した2人が向かった先はJR恵比寿駅だった。駅前で車を停め、マスクをしないまま車を降りた渡辺。恵比寿駅で待っていたのは、渡辺がプロデュースするアイドルユニット「Ange et Folletta」のMinamiだった。

 Minamiと渡辺はすぐに互いを認めると、歩み寄って笑顔で挨拶をかわす。Minamiは手に持っていたスターバックスの紙袋を渡辺に渡すと車の後部座席に1人で乗り込み、渡辺は再び助手席へ。車内では、花村を含めた3人で談笑していた。

 花村が運転する車からも、2人が交際関係を隠す気がないことが伝わってくる。車のナンバーは渡辺の誕生日である9月19日と同じ「919」。そして車体には渡辺の愛犬の名前が書かれたステッカーも貼られている。

 恵比寿駅を出てさらに車を走らせること15分。目的地はお台場だった。湾岸スタジオの裏手の路上に車を停め、広々とした公園の一角で360度カメラとスマホを使って撮影を始めた。

 花村は、渡辺のワイドパンツと同色の、薄ピンクのオーバーサイズジャケットを羽織っている。下はデニムに白いスニーカー、頭にはバケットハットを目深にかぶっている。表情こそ見えないものの穏やかな雰囲気で撮影の様子を近くで眺め、積極的に撮影用の荷物も持ち運んでいた。

 渡辺の撮影がメインのようでMinamiがカメラマンを務める時間が長かったが、花村と渡辺がお互いの写真を撮り合ったり、渡辺が花村に寄り添って肩に頭を乗せる場面も見られた。渡辺だけはマスクをしていなかった。

 撮影は30分ほどで終始和やかに終わり、3人は再び車に乗り込んで公園を後にした。

 渡辺が所属事務所「roundcell」からの退所を発表したのは、お台場で目撃された5日前の5月1日。今後はフリーで芸能活動をしていくことになるが、前出の事務所関係者は「花村が渡辺の活動をサポートしているので心強いのでしょう」と決断の背景を推測している。

■交際は2年前から、同棲も長い

 実は、2人の交際が始まったのは最近のことではない。

「2人が交際を始めたのは約2年前と聞いています。現在2人は渋谷区のマンションで一緒に住んでいて、その同棲も1年ほど続いています。『想太くん』『みるきー』と呼び合っていて、昨年の初めに渡辺さんがインスタグラムにハワイ旅行の写真を載せたことがあるのですが、実はその時も花村さんと一緒だったそうです」(別の芸能事務所関係者)

 2020年12月3日には、取材班も2人がマンションから近所の和食の店に出かける仲睦まじい姿を目撃している。その日の花村は黒いバケットハットに薄緑色のパーカー姿。渡辺は背中に「ESSENTIALS」と書かれたピンクのパーカーを着ていた。

 2人は食事中も終始なごやかに話し、渡辺が犬や洋服の話をするのを花村が笑顔で聞いている様子だった。ランチタイムを過ぎてそれほど人が多かったわけではないにせよ、周りの目を気にする素振りも見せていなかった。食事を済ませた後も、2人はぴたりと並んでマンションへ戻っていった。2人を知る人物が明かす。

「渡辺については7年前、『週刊文春』(2014年3月20日号)が医大生モデルの藤田富さん(29)とのお泊まり愛が報じられています。他にも有名俳優やモデルなどと熱愛が取り沙汰され、“恋多き女性”でした。ただ今回の交際は特に真剣のようで、仲のいい友人には『結婚も考えている』と話しています。

 花村さんは今でこそエイベックスの看板を背負う売れっ子になりましたが、実は彼はデビューする前から渡辺さんのファンだったそう。花村さんも結婚には前向きなようで、渡辺さんが個人事務所を設立したタイミングでもありますし、“その時”は近いかもしれません」

 5月13日、取材班は事実を確認するために、マンションから出た花村に直撃した。

??花村さん、文春オンラインです。渡辺美優紀さんとの交際のことでお伺いしたいのですが。

「はい」

■花村は直撃に「僕自身は言ってもいい」

??一緒にお住まいになられていますよね?

「いやー、それは言う権利ないっすよね。友達にくらいしかそういうの言わないんで」

??何度か2人でお出かけしているのもお見かけしています。

「ああ、そうですか」

??それで交際について花村さんご本人にお聞きしたいと思っています。

「でも、あんま、そっとしておいてもらえたら。そうですね、一応会社に聞いてもらって。僕自身は言ってもいいくらいなんですけど」

??ご結婚を考えているとも聞いています。

「ちょっとなんとも言えないですね」

??長くお付き合いされているんですよね?

「そうですねー。はい。ハハハ」

??ご結婚となったらおめでたいですよね。

「いやいや。まだ分からないですよ」

??ゆくゆくは、というところでしょうか。

「まあまあ、色々と」

??急にすみませんでした。

「いえ、とんでもないです」

 そう礼儀正しく対応して、花村は渡辺と暮らすマンションの方へ去っていった。

 Da-iCEが所属するエイベックス株式会社に事実確認を求める質問状を送ったところ、「プライベートは本人に任せております」という回答だった。渡辺の公式サイト「Milky Land」にも質問状を送ったが、こちらは期日までに回答はなかった。

「 文春オンラインTV 」では、本件について担当記者が詳しく解説している。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)