グラウンドには「シートを張りたくない」が本音?! 阪神園芸スタッフが明かす…知られざる“整備の流儀”

グラウンドには「シートを張りたくない」が本音?! 阪神園芸スタッフが明かす…知られざる“整備の流儀”

©iStock.com

 天候不良の影響で試合延期数が過去最多となった第103回全国高等学校野球選手権大会。準決勝、決勝の変則ダブルヘッダーが行われる可能性も検討されるなど、大会運営サイドは頭を悩ませたことだろう。そんななか、朝から雨が降り続き、試合開始は困難と思われた8月15日、阪神園芸の“神整備”が大きな話題を呼んだ。

 そんな阪神園芸の仕事を詳しく紹介した一冊が、阪神園芸グラウンドキーパー・金沢健児氏の著書『 阪神園芸 甲子園の神整備 』(毎日新聞出版)だ。ここでは、同書の一部を抜粋。甲子園が「雨」に強い球場である所以を紹介する。(全2回の1回目/ 後編 を読む)

◆◆◆

■整備のバリエーション

 甲子園のグラウンド整備が注目を浴びるのは、雨の日が多い。雨が降っていたり、雨上がりだったりでグラウンドが水浸し。そんなときこそ、本当の実力が試される勝負どころだと、私たち自身思っている。

 甲子園が雨に強い理由は2つ。1つは、雨に強いグラウンドを、一年かけて作っているからだ。

 天地返しで、毎年グラウンドを再生させる。水はけも水持ちもよく、弾力のある理想のグラウンドができた年は、最高だ。土がうまく雨を吸い込み、ちょうどよい弾力になるように水分を保ってくれる。

 ただ、水はけに関して言うと、今は甲子園以外にもよいグラウンドがたくさんある。私は、雨上がりに車を運転しながら街中を観察することがあるのだが、学校の校庭でさえあっという間に水が引いていて驚いたりする。工事などを通して、水はけのよいグラウンドが増えてきているのだろうと思う。

 それでも、私たちは水浸しのグラウンドを回復させるノウハウを、どこよりもたくさん持っている。それが、甲子園が雨に強い理由の2つ目だ。

 雨上がりの整備作業として、基本的にはほぐし方や固め方だけで5、6パターンある。その順番を入れ替えたり、何か違うものを足すなどして、そのときの状況に合った整備を選んでいく。

 簡単に聞こえるかもしれないが、そもそも状況の見極めはなかなか難しい。

 まず、天候を読まなければいけない。その時点で空は晴れているのか、曇っているのか。曇っているのだとしたら、太陽は隠れているのか、いないのか。黄砂で日光が遮られてはいないか。これから天気はどう変化するのか。微妙な天気の違いで、整備内容を調整する。

 時間配分も忘れてはいけない。どれだけうまく整備できるにしても、試合に間に合わなければ0点だ。

■条件に応じて整備方法を変えるからうまくいく

 私たちの雨上がりの整備を真似しようとして失敗してしまった例を知っている。

 ある日、私たちは甲子園の水浸しのグラウンドを回復させようとしていた。季節は夏。昼に雨が上がり、天気はこれから晴れの予報。案の定、水がすばやく引いていく。私たちは深い爪のついた機械でぬれた土を起こしていった。土はベチャついていたが、ほぐされたことで、夏の日差しを受けてだんだん乾いていく。

 それを見たある球場の職員が、雨上がりはこういう風に対処すればいいのかと早合点したらしい。グラウンドの水が引くと、早速同じ機械でぬれた土を起こし始めた。私たちが作業をするためにその球場に到着したころには、深めに土がほぐされている状態だった。

 同じ作業をしているのだから、何も問題がなさそうに思えるが、大きなミスがある。それは残り時間を計算していなかったことだ。

 このときの試合の開始時間を考えれば、この方法では間に合わなかった。時間がほとんどないのであれば、土を掘り起こす作業を二段階にする必要があったのである。

 まずは浅く掘り起こし、グラウンドの上側を乾かす。上側が乾いてきた時点でその下の土を深めに掘り起こし、乾いた土と混ぜ合わせながら日に当てていく。そうすれば、短時間で効率よく、ぬれたグラウンドを乾かすことができたはずだ。

 もしも雨が上がったあとの天気が悪いようなら、そもそも掘り起こすことはできない。表面にブラシをさっとかけて乾かすしかない。

 それでは軟らかすぎるのではないかと思われるかもしれないが、あらかじめ雨対策を施していれば、甲子園のグラウンドだとある程度の硬さになる。私たちには、「水はけも水持ちもよく、弾力のあるグラウンド」という土台がある。その上で、状況にぴったり合った整備をするからこそ、どんな天候にも対応できるようになっている。

 水が引きやすいところと引きにくいところをしっかり把握しているというのも、雨の日に私たちが力を存分に発揮できる理由になっているのかもしれない。

 地面に雨が降ったとき、全面積が一気に水たまりになることはない。高低差があったり、日の当たり具合が違ったりするからだ。

 甲子園のグラウンドも、ピッチャーマウンドを頂点として、傾斜がある。試合直後には、選手の足によって踏み荒らされたところとそうでないところで高低差ができる。日当たりのよさにも差がある。日ごろから仕上げている硬さも、場所によって違う。

 そのようなグラウンドの各所の性格を知っているから、私たちはそれぞれの場所で水が引くまでの時間を計算できる。雨が降ったときに、どこは放っておいても大丈夫なのか、どこはすぐ手を入れなければならないのかの判断を瞬時に下せるからこそ、雨上がりのグラウンドをすぐに回復させられるのだと思う。

■ほめどころはシートがけではない

 次の日が雨の予報だったので、前日にシートを張った。翌日、無事に試合ができた。ここで、

「さすが甲子園!」

 とは思わないでほしい。

 私は、基本的にグラウンドにシートを張りたくない。

 シート張りは、一番ほめてほしくないポイントの一つだ。

 シートを張っていたために、翌日、試合ができる。これは、私たちでなくても、だれでもできることだ。むしろ、私たちよりもすばやく、正確にシートを張れる専門の人はいるだろう。

 シートを張るのは、次の日に試合が予定されていて、かつ雨が降りそうなときだ。前日にシートをかけておいて雨を遮り、グラウンドがぬれないようにしようという単純な話である。

 ただ、雨が試合開始時間のかなり前に止みそうなときは、基本的にシートは張らない。天気にもよるが、雨が上がってから時間があるなら、その間にグラウンドの水分は蒸発するからだ。前日にすでに雨が降り始めている場合もシートを張れない。水分の蒸発を遮ってしまい、逆に土の状態を悪くしてしまう。

 そこで、雨がすでに降っていたために、シートを張らなかった。あくる日のグラウンドは水浸し。それでも、整備のおかげで試合ができた。これを評価してもらえれば嬉しい。私たちが一年をかけて作り上げたグラウンドと、雨上がりの整備のノウハウが合わさってこそ、実現できることだからだ。そのノウハウに基づいて動いてくれる若いメンバーがいて、チームワークがあるからこそ、私たちのグラウンド整備が成り立っている。

■「シートを張るべきか、張らざるべきか」の葛藤

 シートを張ることの弊害もある。シートで雨を遮ることによって、グラウンドには水が入らない。グラウンドの深いところでは土が乾く。もちろん、散水はするが、それだと水はグラウンドの表面にしかしみこまない。グラウンドの中の水分量にムラができるのだ。シート張りのせいで、逆にグラウンドのコンディションを悪くしてしまう。

 雨はグラウンドの味方だ。天地返しでも、雨がグラウンドを仕上げてくれる。シーズン中でも、一番大事なグラウンドの水加減を調整してくれるのは雨だ。雨のおかげで、「水はけのよい、水持ちのよい、弾力のある」グラウンドが一年間、維持できている。

 私たちは、土の水分量を理想の状態に保つために、散水をする。ただ、通常の散水で土に与えてやれるのは、雨量に換算するとたった1ミリ程度だ。これでは、水がしみこむのは土のほんの表面だけになってしまう。しかも、人間がやっているから、どんなに水を均等にまこうと思ってもムラができる。

 雨はすごい。10ミリだったり20ミリだったりするだろうが、土の奥底まで届くくらいの水を与えてくれる。しかも、均等にまいてくれるのだ。グラウンドに自然の雨を当てれば、深さ30センチの土全体に、むらなく水が行き渡る。均等に水分を含んだグラウンドは強い。上の部分を乾かせば、表面はプレーをするのに最適な硬さになるし、深い部分は水が残っているから弾力が生まれ、イレギュラーバウンドを防げるようになる。

 何日かおきに定期的に雨を当てておかないと、グラウンドはよい状態を保てない。

 ただ、野球観戦に来るお客さんのことを思うと、悩ましい。

 たとえば、試合当日の午後4時まで雨が降った、あるいは5時まで降った。そうなると試合はできない可能性が高い。ところが、シートを張ると、もし5時に雨が上がったとしたら、わずかに試合開始時刻を遅らせれば、できるかもしれないのだ。そういう場合は、シートを張っておく方が望ましいということになる。私たちも、シートを張ることで試合ができる可能性があるのであれば、もちろんシートは張るようにする。

 それでも、無駄なシート張りはあまりしたくない。たとえば、翌日は一日中雨が降り続けるということがわかっているにもかかわらず、シートを張るのは嫌だ。特に、翌々日は朝から晴天という予報が出ているのであれば、シートを張る意味は全くない。一日中雨が降り続けるのだから、試合はできない。ならば、晴天だと予報されている日のために、ベストなグラウンドを用意したいと思う。

 ただ、その雨は絶対に止むことはないのか、と言われると言葉につまる。天気に関して100パーセントなんてやはりありえない。結局、シートを張ることになるだろう。

 シートを張るべきか、張らざるべきか。

 この葛藤は、甲子園球場がある限り、消えることはないと思う。

【続きを読む】「これくらいで十分ですよ」「いや、もっとやらなあかん」…意外と知らない“グラウンド整備”時の“せめぎ合い”

「これくらいで十分ですよ」「いや、もっとやらなあかん」…意外と知らない“グラウンド整備”時の“せめぎ合い” へ続く

(金沢 健児)

関連記事(外部サイト)