「アイドルのような取り上げられ方に不快感があっても我慢する選手も…」 アスリートの“容姿”を巡る報道に、元オリンピアンの井本直歩子さんが思うこと

「アイドルのような取り上げられ方に不快感があっても我慢する選手も…」 アスリートの“容姿”を巡る報道に、元オリンピアンの井本直歩子さんが思うこと

「ユニタード」で出場したドイツの女子体操代表チーム ©時事通信社

 1996年のアトランタオリンピックに競泳日本代表として出場した井本直歩子さん。現役引退後はユニセフ職員としてギリシャやハイチに赴任し、国際協力活動を行っている。東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会のジェンダー平等推進チームのアドバイザーに就任した井本さんは、8月26日、ジェンダー平等のためのスポーツ報道について会見を開いた。女性アスリートの報道にはどのような問題があるのか、寄稿してもらった。(全2回の1回目。 後編 を読む)

◆◆◆

「日本の女性アスリートの報道では、『美しすぎる』など容姿や私生活の話題が多過ぎる」

 オリンピック期間中、国際オリンピック委員会(IOC)と東京2020組織委員会の合同記者会見で私がそう言ったことが、国内外のメディアで沢山取り上げられました。ちょうど同時期にドイツの女子体操代表チームが、性的魅力を過度に強調したり評価の尺度にしたりする「セクシャライゼーション」に対抗するために、レオタードではなく足首まで覆われた「ユニタード」を着て出場したことや、ビーチハンドボールの欧州選手権でのノルウェー代表のビキニ拒否による罰金問題が起こったことも、話題性が高まった理由だと思います。でもそれ以上にやはり、「美しすぎる」といった形容詞や、容姿の整ったアスリートを過度に持ち上げる報道に対し、以前から違和感を感じていた人が多かったことが、反響の大きさに表れているように思います。

 そもそも、女性アスリートを巡る報道には、“量”と“内容”の二つの問題があります。世界中を見渡しても、スポーツ報道は明らかに男性スポーツの報道量が圧倒的に多い。女性のみの大会に関するコンテンツは、世界でたった4%(ユネスコ、 2018)、日本でも9%(藤山、2018)というデータがあります。そして質の問題。特に日本では、せっかく女性アスリートが活躍して取り上げられても、男性と比べて明らかに容姿や私生活に偏った内容が多い。すべてのメディアとは言いませんが、ウェブ記事やスポーツ紙、バラエティ番組を見るとそれは明らかでしょう。

 「それって悪いことなの?」

 「メディアも営利企業なんだから、需要があれば当然でしょ?」

 「その競技を知らない人が、ルックスや親近感から興味を持つのも重要では?」

 そんな声が沢山聞こえてきます。

■アスリートを芸能界のタレントと区別する必要性

 実は私もそういう感覚を全否定しているわけではまったくありません。むしろこういう声を含めて議論を活発にすることで、ジェンダー平等社会に近づいていくのだと思っています。

 そもそもこの記者会見では、IOCが策定した「ジェンダー平等のための表象ガイドライン」を発表しました。このガイドラインを、私と組織委理事で中京大の來田享子教授とで大会前に和訳し、事前にメディアの皆さんに配布しました。そこには以下のようなことが書かれています。

??? ?スポーツ報道では、女性アスリートの『競技場外』の特徴(容姿、ユニフォームや私生活)に過剰な焦点が当てられ、競技パフォーマンスや能力よりも容姿が重視される場合が多々ある
?

??? ?女性アスリートは多くの場合、まず性別や妻・母・女らしさなどのジェンダーの役割が多分にフォーカスされ、その後でアスリートとして定義されるが、男性アスリートはそうではない。どのアスリートもスキルや実績を最重要視して報道されるべきである

?

??? ?避けるべき用語:『セクシー』『女の子っぽい』『男らしい』『イケメン』『美少女』『美しすぎる』『美女アスリート』『ママアスリート』。また、女性アスリートを「ちゃん」付けで呼んだり、愛称で呼んだりする場合に、アスリートの価値を低めたりすることがないよう、又、ジェンダー平等の確保に注意すること
?

??? ?不必要に容姿に注目しない。容姿(メイク、髪、ネイル)、ユニフォームや身体の一部(股間のショット、胸の谷間、お尻)などアスリートのパフォーマンスに特に関係がないものに画像の焦点をあてないようにする。性的魅力ではなく、スポーツの魅力を描くようにする

 これを読んで、やれやれ、厄介な世の中になったもんだ、とため息をついた人もいるでしょう。あるいは、そうは言っても人気商売なんだから、とか。

 ただし、このガイドラインには、沢山の注釈が必要です。

 まず、オリンピック、パラリンピックはほぼ公正なジェンダーバランスで報道がされる唯一の機会であること。問題は、年間を通してそれができるかどうかです。

 それから、これは「ガイドライン」であり、強制するものではないということ。もちろん、人気や視聴率、購買率は大事であり、容姿端麗なアスリートにフォーカスがいくのはよくあることで、それによるファンも増えて競技の人気が高まるのは良いことでしょう。

 選手だって、外見を注目されて嬉しくない人は少ないと思いますし、バラエティ番組に出ることが好きな選手もいる。そうやってファンを増やしたい、それが競技の人気やスポンサー獲得にも繋がると思うのは当然です。特に「マイナー競技」にとっては死活問題。

 でも、例えばカーリングやビーチバレーでビジュアル重視の取り上げられ方をされてきた元アスリートの女性たちと話しても、現役時代はアイドルのように取り上げられることに違和感、不快感があっても我慢していたり、めちゃくちゃ頑張って日々練習してきているんだからパフォーマンスもちゃんと見てよ、と思っていたと言っている人もいました。アイドル的人気で話題になったとしても、長期的視野でその競技の魅力を伝えていく必要がある。この点をもっと訴えていく必要があるのが、競技団体であり、選手だと思います。

 大切なことは、「これはスポーツですから、ビジュアルだけを過剰に報道するのではなく、競技性をきちんと伝える努力もしてくださいね」と誰かが言うこと。バランスの問題で、アスリートを芸能界のタレントと区別することの必要性を私たちは唱えているのです。

【続きを読む 「今回のオリパラでは、ルックスや私生活に過度にフォーカスした報道は減った手応えがある」 元オリンピアンが進めたいジェンダー偏見のない、ありのままのスポーツ報道】

「今回のオリパラでは、ルックスや私生活に過度にフォーカスした報道は減った手応えがある」 元オリンピアンが進めたいジェンダー偏見のない、ありのままのスポーツ報道 へ続く

(井本 直歩子)

関連記事(外部サイト)