“マー君無援護問題” 田中将大に勝ち運を復活させる方法とは?

“マー君無援護問題” 田中将大に勝ち運を復活させる方法とは?

田中将大 ©時事通信社

「マー君、神の子、不思議な子」。

イーグルス入団1年目2007年8月3日。4回5失点するも6回を投げきり勝利投手になったマー君。野村監督は負けがつかないマー君に驚き、そう言った。

「何点取られるか投げ続けさせたら、天から神が降りてきた。先祖代々何かあるんだろうな。そういう星の下に生まれている」

 僕たちの知っているマー君は勝ち運に恵まれた代名詞のピッチャーだった。

 しかし、今年はその勝ち運はどこへやら無援護が続き、とにかく勝てない!

 先発投手の安定感を表す指標のQSは12回、QS率75%はリーグ5位、イーグルス先発陣ではトップ。防御率2.86はリーグ4位、こちらもイーグルス先発陣の中で一番の成績なのだが、何かに取りつかれたように勝運に恵まれずここまで4勝5敗。東京五輪後の後半戦は未だ勝ち星ゼロ。開幕当初右足ヒラメ筋損傷で出遅れがあったものの、安定感は、数字にもしっかりあらわれている。次のパワプロでは、マー君に『負け運』がついてしまうのが確定なんじゃないかとヤキモキしているファンは僕だけではないはずだ。

■なぜマー君のときに打てなくなるのか 枡田慎太郎さんに聞いてみた

 実際にその不運さは、投手が1試合あたりどれだけ打線の援護を受けたかを表す指標、援護率を見れば一目瞭然。援護率とは「降板前に取った味方の得点×9」÷「降板までの攻撃回数」で計算する指標で、今シーズンここまでのマー君の援護率2.56は、自身の防御率より低い援護率でリーグワースト。つまりリーグで一番援護をもらっていない先発投手なのである。

 マー君がもっとも勝ち運に恵まれた2013年。24勝無敗の伝説を残したその年は、援護率は6.08でリーグトップ。防御率1.27のマー君からすればお釣りが十分くるほどの援護をもらっていた。

 2013年に比べて打線が弱い、という根本的な問題はあるだろう。106試合を終えチーム打率.246、得点406、本塁打81は全ての数字でリーグ5位。チーム打率.267、得点627、本塁打97はいずれもリーグ2位の成績だった2013年と比較すると今年のイヌワシ打線は頼りない。

 しかしなぜマー君のときに、特に打線は打てなくなるのか。

 2013シーズンの後半戦、6番レフトでレギュラー定着し日本一に貢献した枡田慎太郎さんにも話を聞いた。

「一般論として勝ち星のつかない投手に、野手陣が気を使うかというと……そこまで気はつかいません。勝ち負けは運の要素も大きいですしね。ただ、今年の田中投手に限って言えば、過去に一緒に戦った現役選手も少なくなり年下が多くなっているなか、田中将大を勝たせなければ、というプレッシャーが野手陣が感じている気がします。田中投手はたしかに当時からすごい投手でしたけど、入団当初からみている僕らからしてみれば、チームで特別扱いはしてなかったんですよね」

 2021年の田中将大は、メジャーリーガーとしても実績を残したスーパースター。日本球界のレジェンドになったマー君に対し、マー君より年下で当時を知らない野手陣からすれば緊張するな、というのが無理な気もする。枡田さんの言う通り、それが知らないうちにバッティングの力みを生んでいるのかもしれない。

 2013年のイーグルスとマー君を知るメンバーで、現在も現役かつ一軍ベンチ入りの野手は、島内と岡島。しかし、この二人も当時はヤングボーイだったわけで、かつマー君よりも年下、普通に考えれば遠慮する部分もあるだろう。

 年齢的にマー君のひとつ上となる銀次は、コロナ療養を終え現在二軍調整中。若かりしマー君を知っている直人も鉄平も半袖魔神も一軍コーチという立場になっている。マー君自身に“故郷”イーグルスを思わせるようなホッとさせるベテランの存在、例えば藤田一也が一軍昇格すればばまた変わるのかもしれないなあと、枡田さんの話を聞いて思うのである。

「勝ちがつくつかないは、運の要素が大きいですよ」

 枡田さんは言う。たしかに。

 そうだ、勝ち運に見放されてるのであれば神様にお願いしにいけばよいか――。

■こうなるともう神頼みしかない

 勝負の神様、秋保神社――。

 仙台の奥座敷、秋保温泉。この地に祀られる秋保神社は、さかのぼること1200年前、平安時代初期に時の征夷大将軍・坂上田村麻呂が、この地に熊野神社を祀ったのがはじまりと言われ、室町時代に諏訪神社御神霊を勧請し祈願所とした事から「戦の神」として崇拝されるようになる。

 2014年ソチ五輪と2018年平昌五輪フィギュアスケートで金メダリストとなった羽生結弦選手が必勝祈願を行ったことが有名なパワースポットだ。

 というわけでマー君の勝ち運回復を祈願しに、秋保神社にあの方へ行ってもらった。#r891,#r891,Rakuten.FM TOHOKU,89.1MHzレポーター、河内一朗さあああん!!

河内「はい! 浪速のおにぎりDJ・カワチイチロウでございます! 本日は岡島豪郎選手の誕生日、9月7日火曜日16時、このたびはハガ監督の無理な急なオーダー……いや田中将大選手の勝ち運回復のために秋保神社を参拝させていただきます!」

 急なオファーにもかかわらず、岡島選手のキャップをもって秋保神社へ参拝にしいってくれた河内さん。自撮り棒でハイチーズ。

 奉納旗を眺めていると、オオオレッツゴーサブローラララ大村三郎ファームディレクターが奉納した幟(のぼり)を発見。野球の神様に愛される選手を育てるという願い、素晴らしい。育ててほしい。ちなみに幟は一式6000円で奉納できる。HPからも幟の奉納も可能のようです。

河内「ただいま祈願しまして、任務完了しました! これで田中投手の勝ち運が再び上昇することでしょう! そして楽天イーグルスも必勝! 一魂! 日本一の東北へ!」

 本殿にある存在感たっぷりの子宝和合の神の前で任務報告を行う河内さん。ありがとうございます! さあこれできっと大丈夫! マー君の勝ち運が回復したはずだ。

 思えば2013年9月6日、ちょうど8年前のKスタ宮城を今はっきりと思い出す対北海道日本ハムファイターズ戦。

 田中将大と大谷翔平と対決を見に集まった球団最多観客22316人。

 試合序盤にマー君が打たれ2点先制、苦しい試合展開となる。そこでマー君を救ったのは藤田一也と松井稼頭央。5回に放った藤田の2点同点タイムリー、続いて6回松井稼頭央の勝ち越しホームラン。そしてそのリードを9回までマー君が一人で守り抜き開幕20連勝を決めた。

 試合後、お立ち台には3人があがった。

「魂で打ちました!」と笑顔で答える松井と藤田、それを見つめて顔がほころぶマー君。チームの明るさと、このまま今年は優勝するんだろうな、と勢いを感じさせる象徴的なシーンだった。

 あの日のお立ち台でみせてくれたようなマー君の笑顔がまたみたい。

 そしてシーズン終盤、田中無双を見せてくれ!

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2021」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/48291 でHITボタンを押してください。

(ハガ ユウスケ)

関連記事(外部サイト)