吉田豊彦、細川亨、柳川洋平…独立リーグで優勝を遂げたホークスOB3人の監督、それぞれの想い

吉田豊彦、細川亨、柳川洋平…独立リーグで優勝を遂げたホークスOB3人の監督、それぞれの想い

優勝記念写真 ©火の国サラマンダーズ

 2021年9月11日。ホークスにかかわる人々、そしてホークスを愛するファンにとって、これほど悔しさと屈辱にまみれた日はなかった。まさかまさかの初回11失点。2回が終わった時点で0−16とさらに差を広げられ、最終スコア5−17の大敗を喫した。

 しかし、同日。

 ホークスにとって誇れる出来事が北の大地から遠く離れた各所で起きていた事実は、殆ど知られていない。

 今の野球界。かつてホークスで現役を過ごして活躍したプレーヤーがあちこちで指導者となって辣腕を振るっている。千葉ロッテマリーンズがその代表格だろう。ただ、NPBに限らずアマチュア球界に目を移しても、鹿児島城西高校を率いて甲子園にも出場した佐々木誠監督や、母校・大阪産業大学附属高校で後輩たちを率いる田上秀則監督、はたまた縁あって京都大学で助監督を務める近田怜王氏らがいる。

 そして、一般的に認知されている「プロ野球」といえば言わずもがな12球団のことを指すが、新しいプロ野球もずいぶんと日本中で育ってきた。

 いわゆる、独立リーグというやつだ。

 こちらもまた今シーズンが佳境を迎えている。そして9月11日、3つの独立リーグ球団が「優勝」を果たしたのだが、じつはその3チームすべての監督が、ホークスのOBだったのだ。

■12年ぶり 高知ファイティングドッグス・吉田豊彦監督

 現在の独立リーグの先駆者といえる四国アイランドリーグplusに属する高知ファイティングドッグスは後期優勝を決めた。この高知で指揮を執っているのが吉田豊彦監督だ。

 まだダイエーホークスだった時代に先発ローテーションとして投げていた左腕。この名前を見て「おー!」と頷いたならば、かなりのベテラン鷹ファンだ。まだ黎明期のホークスの中で3度も2桁勝利をマークして、あの当時は貴重だった勝利の喜びをたくさん味わわせてくれた。

 阪神、近鉄、楽天でもプレーして2007年に引退。楽天でコーチを務めた後、2012年から高知に籍を置いている。高知のコーチを経て2020年から駒田徳広氏の後任として監督に就任した。

 歓喜の瞬間を、ちょうど取材する機会に恵まれた。優勝を決めた試合がホークス三軍とのタマスタ筑後での定期交流戦だったためだ。

「監督、前の夜は寝つきが悪かったみたいですよ」

 高知球団職員が吉田監督の緊張ぶりを教えてくれた。4球団の四国ILだが、半期の優勝だとしてもなんと12年ぶりになるという。高知といえば一時は藤川球児(元阪神)やかつてのレッドソックスの大砲のマニー・ラミレスもプレーしたチームだが、経営が厳しい時期も長くチームとしても苦戦していた。

 その中、10年間高知で指導にかかわってきた吉田監督だ。感慨もひとしおだった。マジック1で迎えたこの試合は初回に先制されたが、7回表に同点にした。なんと、ホークスのモイネロからヒットでチャンスを作り、同点タイムリーを打ったのだ。最強左腕はリハビリからの復帰初戦だったとはいえ、高知のダグアウトはとんでもない盛り上がりを見せていた。そのまま1−1で引き分けて、高知の後期優勝が決定すると、ナインがマウンドに一斉に駆け寄って輪が出来た。どんなカテゴリーでも、この瞬間に立ち会えるのは幸せなことだ。

 胴上げも行われ、その後取材に応じてくれた吉田監督。「気持ちが落ち着いてから」としばらくしてやって来て、「まだ実感はないですね」と平静を装っていたが、その瞳は確かに潤んでいた。ちなみに、現在の高知のコーチは定岡智秋氏と勝呂壽統氏。定岡コーチは「定岡3兄弟の長男で、現役は南海ホークス一筋16年。ダイエーでは二軍監督などを務めた。鹿児島出身ということもあり、当時入団したばかりの川崎宗則の親代わりのような存在で、スターとなる基盤を人知れず作り上げた人物だ。勝呂コーチは巨人のイメージも強いが、2003年のダイエー日本一の時の一軍コーチだった。

 四国ILは前後期制をとっており、高知は年間総合優勝をかけて24日から、前期を制した香川オリーブガイナーズとのチャンピオンシップに臨む。

■初代王者 火の国サラマンダーズ・細川亨監督

 そして、この9月11日に大分県・佐伯中央病院スタジアムでは、熊本に本拠地を置く火の国サラマンダーズが2021年シーズンの優勝を果たした。こちらは今年始動したばかりの「ヤマエ久野 九州アジアリーグ」。つまり、火の国は初代王者となったのだ。

 火の国を率いるのは細川亨監督だ。西武、ソフトバンク、楽天、ロッテのパ・リーグ4球団でプレーし昨季限りで引退。熊本で次なる野球人生をスタートさせ、就任1年目で優勝監督となった。

 熊本には優勝決定前日に足を運び取材をしてきた。

 細川監督に今季を振り返ってチームの成長や変化は、と訊ねると「成長も変化もあり過ぎましたね。監督に就任して最初は、正直、このチームで試合ができるのかと思ったくらいでした」としみじみ。

「変化や成長を感じたのは6月頃だったかな。みんながバテ始めたくらいから、逆にひと皮むけたような感じがしました。練習や試合に慣れてきたのかもしれないけど、動きが変わりました。足の運び一つをとっても。そして、何かそれぞれの選手の個性が出てくるようになった。それが成長につながったのもあると思います」

 火の国は特に投手力に優れており、正直これまで見てきた独立リーグの中では頭一つどころか二つも三つも飛び抜けた投手能力と層の厚さを見せている。もう1か月を切ったドラフト会議でも上位候補と目される石森大誠投手は最速155キロを投げる左腕。他にも150キロ超を投げる投手が西島篤投手、宮澤怜士投手、橋詰循投手ら複数揃っている。個人的には20歳ながら制球力があり完成度が高く、阪神の西勇輝タイプの源隆馬投手も注目している一人だ。

 その投手陣を束ねているのが馬原孝浩ピッチングGM。「コーチ」ではなくピッチングGMなのは、技術指導だけではなく体のケアやトレーニング指導など幅広く行うため。柔道整復師と鍼灸師の国家資格を持つ馬原氏が自身のメソッドを彼らに注ぎ込んできた。

「アマチュアにありがちな部活感を排除しました。例えば疲れがたまってきた時、アマチュアは『体力が足りない』とさらにトレーニングで体を追い込もうとする。そうじゃなくてケアが大事だし、積極的休養をとる考え方も持たないといけません」

 馬原氏独特のメソッドで、石森投手は優れた可動域を手に入れたという。12球団見渡しても、ここまで見識の深い指導者はなかなか見当たらない。野球界全体にとって貴重な人材だ。

■初優勝 オセアン滋賀ブラックス・柳川洋平監督

 そして最後に、「ルートインBCリーグ」の西地区で、この9月11日にオセアン滋賀ブラックスが初優勝を果たした。柳川洋平監督、35歳。2009年から4年間ホークスで投手としてプレーした。育成ドラフト3位入団だったが、3年目にファルケンボーグの穴を埋めるべく支配下登録されて一軍で8試合に登板した。引退後は横浜で少年野球の指導に携わっていたが、今シーズンより滋賀の監督に就任していた。

 ところで、「ルートインBCリーグ」は今季、12球団3地区編成で運営されていたが、9月1日に来季は8球団でリーグ戦を行うことが発表された。滋賀を含む同じ西地区の富山、石川、福井の4球団は新たなリーグを発足し、運営していくことも明らかになっており、早ければ16日にも詳細が発表される運びとなっている。

 先述したが、独立リーグは「プロ野球」だ。ただ、正直認知度はまだかなり低い。確かにNPBとは予算規模が違い過ぎて「差」を論じるのも馬鹿馬鹿しいくらいだ。ただ、独立リーグ関係者の中には「独立リーグという名称自体が、どこかネガティブな印象を与えているのではないか」との声もある。

 いっそブランディング化を目指して、思い切って名称変更するのも手だ。新興勢力であるのは事実なので、たとえば「Neoプロ野球」とか。略称「ネオプロ」。野球ファンのあいだで、そんな議論を巻き起こしてみるのもまた楽しいのではなかろうか。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2021」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/48395 でHITボタンを押してください。

(田尻 耕太郎)

関連記事(外部サイト)