深澤弘アナは僕らの“野球の先生”だった 「いまグラウンドで何が起こっているか」が瞬時にわかる名実況

深澤弘アナは僕らの“野球の先生”だった 「いまグラウンドで何が起こっているか」が瞬時にわかる名実況

1989年、ニッホ?ン放送ショウアッフ?ナイターて?解説するニッホ?ン放送・深澤弘アナウンサー(右)と長嶋茂雄氏

 9月8日、長くニッポン放送のプロ野球実況を務め、約1600試合を実況した深澤弘アナウンサーが亡くなった。享年85。奇しくも今年はショウアップナイター55周年の年だった。

 その日夕方のニッポン放送『ショウアップナイタープレイボール』では教え子である松本秀夫アナが訃報に触れ、盟友・長嶋茂雄による“選手と取材者を超えた親友だった”との談話を紹介。続けて解説者として何度となくコンビを組んだエモやんこと江本孟紀が電話で登場し、“阪神を退団して路頭に迷っている時最初に声をかけてくれた。今日の私があるのは深澤さんのおかげ”と涙ながらに思い出を語った。また13日夜には追悼特別番組を放送。王貞治、大矢明彦らがコメントを寄せている。

■「選手と取材者を超えて」…長嶋茂雄氏との関係

 長嶋茂雄の現役時代、文字通り「選手と取材者を超えて」毎晩のように素振りに付き合った話、引退試合のラジオ実況を直々に依頼された話、それからはブレーン的存在となり、1980年の巨人監督解任後は実現こそしなかったものの横浜大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)の監督就任に向け双方の仲介役を担ったことなど、深澤アナとミスターの関係にまつわるエピソードは生前からよく知られている。しかしそれらの多くは90年代に入り氏がフリーとなってから明かされたもの。70年代から80年代にかけ、特に関東地区の野球ファンは贔屓球団に関係なくあの張りのある声と、軽快なテンポの喋りに魅了されたのである。

 当時のニッポン放送は巨人主催ゲームの放送権がなく、後楽園で巨人戦が行われている場合は横浜スタジアムの大洋戦や神宮のヤクルト戦、時には在京パ・リーグの試合を中継していた。大洋ファンの筆者がショウアップナイターを聴くようになるのは自然な流れで、夕方5時50分になると(その後5時40分に早まった)ラジオをつけダイヤルAM1242にチューニング。冒頭で深澤アナが登場すると、前説的に前日の振り返りや順位変動、各球場と結びながらその日の注目点などをコンパクトに話し、当日の担当アナにバトンタッチ。自身が実況する日はそのまま中継へ突入した。これが毎日のルーティンで、ネットもCS放送もなく、巨人中心に回っていた時代、ホエールズの情報を得るのに深澤アナの存在は不可欠だった。それはヤクルトファンも同じだろう。

■「いまグラウンドで何が起こっているか」が瞬時にわかる名実況

 深澤アナの実況の大きな特徴は的確な状況描写にある。ピッチャーが投げた瞬間に「投げた」、打った瞬間に「打った」、結果が出た瞬間に「空振り三振!」「アウト!」「レフト前ヒット!」「ホームラン!」と小気味良く言い切るため、いつの間にかプレーが流れるようなことがまずない。解説者とのお喋りの合間にも回数や点数、アウトの数、出塁状況、投手と打者の名前を随時盛り込んでくれるので「いまグラウンドで何が起こっているか」が瞬時にわかる。当時から他のニッポン放送の実況アナにもそのあたりのルールは徹底されていると感じたが、おそらく深澤アナの影響が大きいと思われる。

 それだけ描写に長けていても、深澤アナの喋りは決してやかましくはなく、余程の場面でもない限り絶叫口調にはならなかったのが子供心にも好感が持てた理由。でもここぞの場面ではキッチリ盛り上げるという緩急のつけ方が絶妙で、臨場感が満点なのだ。筆者は横浜スタジアムのスタンドにいる時もその試合が深澤アナの実況だとヘッドフォンでラジオを聴きながら観戦したことが何度かあるが、同じ経験をした人も少なくないはず。テレビの野球中継の音声を消してニッポン放送を聴いた人もまた然りだろう。

■今際の際まで「アナウンサー」を貫く

 解説者とのやりとりも楽しかった。ショウアップナイター開始時からの名コンビで、飄々とした喋りの関根潤三。若い頃は今以上に毒舌だった江本孟紀。強面で声も野太い土橋正幸。軽妙な語り口でベンチレポートも担当した森中千香良。ひと癖もふた癖もある解説陣の魅力を引き出すのも深澤アナの役割だった。また、年に1回ビートたけしがゲスト解説を務める日は必ず深澤アナが担当していた。人気絶頂期のたけしのマシンガントークを受け止められる実況アナウンサーは深澤さんしかおらず、たけし自身も深澤アナ相手じゃなければ出演しないと語ったという(追悼特番の松本アナのコメントより)。

 冒頭で触れた、訃報が流れた直後のニッポン放送『ショウアップナイタープレイボール』で、松本アナは亡くなる直前の深澤アナが“関根(潤三)さんはどこにいるんだ”“もう東京ドームに間に合わない”とうわ言のように漏らしたというエピソードを紹介した。氏は今際の際まで「アナウンサー」であることを貫いたのである。

(黒田 創)

関連記事(外部サイト)