《“覚悟”の坊主頭で涙の告白120分》元俳優・小澤廉(30)が元JK恋人へ“謝罪以上に訴えたかったこと”【“DV疑惑”で事務所を解雇】

元俳優の小澤廉氏、恋人へのDVなどを釈明 「全て合意の元に行われていたSMプレイ」

記事まとめ

  • 小澤廉氏は昨年、恋人にDVや堕胎強要をしていたと文春に報じられ、事務所と契約解除に
  • 今年の8月、小澤氏は「事実が1割くらいで、残り9割は事実と異なる内容」と語った
  • 今回文春の取材に応じ、「全て合意の元に行われていたSMプレイ」などと回答した

《“覚悟”の坊主頭で涙の告白120分》元俳優・小澤廉(30)が元JK恋人へ“謝罪以上に訴えたかったこと”【“DV疑惑”で事務所を解雇】

《“覚悟”の坊主頭で涙の告白120分》元俳優・小澤廉(30)が元JK恋人へ“謝罪以上に訴えたかったこと”【“DV疑惑”で事務所を解雇】

8月30日に公開された小澤廉氏の独白記事(週刊女性プライムより)

《元JK恋人へのDV報道で解雇》元俳優小澤廉(30)“文春報道の9割はウソ”と主張の“ウソ八百”「そして彼は、坊主頭にスーツで現れた…」 から続く

「今日は捨て身で来ました」

 9月11日午後1時30分、取材班の前にスーツ姿に頭を丸めた状態で現れたのは、元俳優の小澤廉氏(30)だった。

 小澤氏はまず、文春オンラインが2020年12月に報じた「 元JK恋人のA子さんに対する“壮絶DV”や“堕胎強要”についての記事 」について、今年8月に行った「週刊女性PRIME」でのインタビューと同様に、「事実であること、事実じゃないことを話してスッキリしたい」と述べた。

 今回インタビューを受けることについては「顧問弁護士からは止められた」というが、独断で「受けると決めた」という。小澤氏は時々手を震わせ、ある質問については感情を高ぶらせ、涙を流しながら、約2時間にわたって“反論”した(全2回の後編/ 前編 を読む)。

■AさんへのDV、堕胎強要は事実無根と主張

「文春オンライン」は2020年12月14日、当時人気だった“2.5次元俳優”小澤廉氏が、5年以上交際していた年下女性のA子さん(当時10代)に対して、長年にわたり悪質なDVを繰り返し、堕胎を強要していたことなどを報じた。記事がアップされた後、所属事務所の「アイズ」は「本人に事実確認を致しましたところ、記事にありました通りとの確認が取れた」と小澤氏との契約を解除したと発表した。?

 それから8カ月後の2021年8月30日、「週刊女性PRIME」で小澤氏のインタビューが掲載された。同記事で小澤氏は「(文春オンラインの記事は)事実が1割くらいで、残り9割は事実と異なる内容。こんなことが許されていいのかと強く思っています」と記事内容を強く否定。日常的なDVを受けていたのはむしろ自分のほうであり、性行為中の暴力は「軽いSMのつもり」だったと反論した。また、避妊しなかったことは認めたものの、中絶を強要した事実はないと否定。「(A子さんの妊娠中に)お腹を殴ったなんてことは、いっさいありません」とも主張した。

 この小澤氏の反論に対する文春オンラインの見解は 前編 のとおりである。取材班は小澤氏にも改めて話を聞こうと、質問状をLINEで送ったところ、小澤氏は9月11日午後に取材に応じた。都内某所の会議室で行われたインタビューで、まず小澤氏は以下のように述べて、口火を切った。

「A子さんへのDVは絶対ありません。(過度な行為も含めて)全て同意があるSM行為だと思っています。ただA子さんが(当時)未成年だということで、(それは)いけないことだとわかっている。やったことに対する申し訳なさ、落ち度、認識の甘さはあり、本当に反省しています。でも、事件、罪に問われることはしていません」

■全ての行為は同意のもと行われた。罪の意識はない

 小澤氏は取材班が事前に送った質問状に目を落としながら、絞り出すように言葉を紡いでいく。 前編 で指摘したように小澤氏は当時、高校生だったA子さんに対して、「マッキーペンで、下半身に卑猥な言葉をラクガキして写真をとる」など、女子高生が到底望むとは考えられないような“行為”を強要していた。小澤氏は今回、そうした行為を行っていたことはすべて認めたが、あくまで「全ての行為は同意のもと行われていたSMプレイだ」と主張した。罪の意識はないという。

「淫行の部分に対して、未成年に手をだしたと言われますが、自身の見解としては16歳から22歳までの時間を一緒に過ごして、かつA子さんの親族にも挨拶をしています。彼女はいま20歳を超えています。何故僕は淫行が成立する(A子さんが10代の)内に訴えられなかったのでしょうか。そして(SM行為という)性癖部分を切り取って、それを公表されたことについて、僕は完璧に女性側からのリベンジポルノではないか? という思いが根本にあります」

■坊主頭になったのはどうしてですか? 「覚悟ですね」

 所属事務所から解雇の通告を受けてから9カ月、小澤氏は、現在は無職で、芸能界に未練はあるものの復帰の予定はないという。小澤氏の感情が爆発し、涙を流したのは、取材班が今回、頭を丸めて取材現場にやってきたことについて質問した際のことだった。

ーー坊主頭になったのはどうしてですか?

「覚悟ですね」

ーー謝罪ではなく、覚悟?

「謝罪の意味もあります。まず、僕の招いたことにより、迷惑をかけた関係者の皆様に本当に申し訳ないと思っています。僕は舞台の主演とかをやらせてもらっていたんですけど、本当に、皆に支えてもらいながらやってきた。一人じゃ何もできない役者でした。僕のことを気にかけてくれた仲間を裏切ることが申し訳ないとおもっていました」

ーー謝罪をしたい相手はA子さんではない?

「A子さんのことを向きあわなかったために、傷つけてしまったのは申し訳ないと思っています。なので、人と向きあわないといけない大切さというのは、今回記事がでたことで学ばせてもらったなと思っています。それがもっと早くだったら、こんなたくさんの人を巻き込むこともなかったし、A子さんをここまで、追い込むこともなかったと思いました」

ーー追い込んだというのは、彼女が自殺未遂したことですか?

「自殺未遂ではなくて、僕に対して脅迫とか、僕からするとウソのようなことを(周囲に)言って、小澤廉を再起不能にしてやろうと、いわゆるマイナスな気持ちにさせてしまったことです。それに対しては本当に申し訳ないなと思っています。僕も中絶した後、1年くらいなんとか2人で仲良く終わる方法はないか探していたんですけど、ケンカも増えていって、結果的にお互いを憎む形になるのが本当に悲しくて。本当に綺麗に終わりたかったんですよ。お互いが幸せを思いながら別れたかったんです」

■「弁明したい」「我慢しないと」と葛藤し続けてきた

 涙ぐんだ小澤氏の言う“A子さんの嘘”とは、「週刊女性PRIME」のインタビューで主張した内容とほぼ同様だった。小澤氏はA子さんの人となりや、堕胎の経緯、自身が父親でない可能性などを説明した。

 小澤氏はさらにこう続けた。

「文春オンラインの記事が出てから最初の2週間は自殺も考えていました。記事が出てから9カ月間、『弁明したい』『でもA子を傷つけないために弁明しない』『我慢しないといけない』と葛藤してきました。何より(僕の)お母さんが、凄くショックを受けていた。僕は絶対DVはしていません。妊娠中のお腹を殴ることもやってない。A子の傷(写真参照)はケンカをして、言い合いをしていたときに、自分で腕を殴るなどしてできた傷なんです。それを止めてアイシングしたのは僕なんです。その傷を『僕がつけた傷だ』と(A子さん側が主張して、そう)なっているのが許せないと思っています」

ーー小澤さんが受けた傷はひっかき傷にみえ、A子さんの傷は自分ではつけづらい箇所にあるように思います。

「僕の傷は背中にもあります。背中の傷は、自分ではつけれない。DVは僕のほうが受けていて、(A子さんから)サンドバッグ状態だったときに、襟をつかんで頭を叩いたことはあります。でも、あの傷(腕のあざ写真)はやってないです」

■約束状に「500万円」の記載がなかった理由

ーー「週刊女性PRIME」に掲載された約束状(誓約書)には、どこにも500万円の記述はみられませんでした。お金は本当に渡したのでしょうか?

「僕が持っているのは約束状とかかれた1枚で、彼女が2枚目をもっていて、そちらに(金額については)書いてあります。500万円に家電代を足した計600万円はゆうちょ銀行で降ろしました。そのとき生活費10万円も必要だったので合計で610万円降ろし、記録も残っています。ゆうちょ銀行のかたに用途を聞かれ、『示談金です』とも答えました。現金のまま持って帰って、(A子さんに)『600万もってきたから』というと、『洗濯機代と冷蔵庫代はもらう。でも、500万はいらない』といわれ僕はラッキーと思いました。

 それで、(2020年)9月20日、別々に住むことになりA子と別れることになりました。翌日、A子が僕の家に来たときに、会話のなかで『パイプカットするか仕事やめるか』『一生自分は傷が残るから』といわれ、仕事を辞めるほうを選びました。その際『仕事を辞める保障がないから500万を預かる』といわれ、ゆうちょ銀行の紙袋にいれた現金を渡しました。その際、交際したときの2ショット写真を『ばらまく』とも言われています。未成年淫行をちらつかせて脅されました」

■A子さんの写真や動画はスマホには一枚も残っていない

ーーA子さんから脅された写真とは、どのような写真ですか?

「彼女が送ってきた写真というのは、いわゆる(彼女が)未成年(だった時)の(デートでの)2ショット写真や映画のチケットの写真です」

ーーA子さん側は「自身のワイセツ写真を小澤さんが所持している。それは犯罪であり、消してほしい」とも主張しています。

「写真や動画(A子さんの裸の写真や動画)は、僕のスマホには一枚も残っていません。以前使っていたスマホは手元にはなく、おそらくA子が処分したと僕は思っています。なので児童売春・ポルノ禁止法にも該当しないと思います」

 その後、小澤氏はA子さんと喧嘩した時に録音したという音声データを取材班に聞かせ、改めて「写真をばらまく」と脅されていたと主張した。いっぽうで、音声データにはA子さんが「産みたかった」「産めばよかった」と中絶を後悔し、とり乱す様子も録音されていた。

■A子さんサイドは小澤氏の主張に再反論

 インタビューは約2時間に及んだ。インタビューが終了すると、小澤氏は何度も頭を下げ、「今日はありがとうございました」と言って、静かに部屋を出て行った。

 A子さんの代理人弁護士が小澤氏の主張に再反論する。

「交際期間中及びその後も含め、彼女が彼から受け取ったのは、別れ際に精算した、彼女が購入した洗濯機と冷蔵庫の代金30万円と中絶手術費用実費分の合計50万円弱のみで、それ以外に彼から受け取ったお金はありません。

 彼が被害女性を10代のときからの長期間にわたって、肉体的にも精神的にも繰り返し傷つけてきていた行為の深刻さについて、彼自身がそれを理解しないまま、本件について事実でないことまでも自分に都合の良い内容として語っていることは、被害女性への反論や弁明を口実にしたセカンドハラスメント目的であることは明らかで、彼女の心と生活の平穏がさらにこれ以上害されないためには、必要な法的対応もせざるをえないと考えます」

 小澤氏とA子さん側、2人の主張は最後まで交わることがなかった。だが、当時、小澤氏の所属事務所は、小澤氏が未成年だったA子さんに対して、都の条例違反に触れかねない行為を行っていたことを問題視し、契約解除に踏み切った( #5 参照)。いまだ芸能界への未練を残している様子の小澤氏だったが、この「事務所の判断」の重みを理解している様子はなかった。

 小澤氏とA子さん、互いが“納得する日”は来るだろうか。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)