「叩きつぶせ!」「屈辱を晴らしてくれ!」不良ぞろいの弱小ラグビー部はなぜ圧倒的王者“花園高校”に勝利できたのか

「叩きつぶせ!」「屈辱を晴らしてくれ!」不良ぞろいの弱小ラグビー部はなぜ圧倒的王者“花園高校”に勝利できたのか

日本代表としても活躍した平尾誠二氏 ©getty

1つ学年が違うだけで奴隷のような扱い…“弥栄の清悟”が味わった体育大での苛烈すぎる“しごき”の実態 から続く

 不良生徒たちが揃った弱小ラグビー部がわずか6年で全国優勝を果たす……。「伏見工業高校」は、閉校した今もなお日本ラグビー界で数々の逸話を語り継がれ続ける伝説的な学校だ。その代表的なエピソードに、高校ラグビー界の強豪「花園高校」との死闘がある。

 ここでは日刊スポーツ記者の益子浩一氏による『 伏見工業伝説 泣き虫先生と不良生徒の絆 』(文春文庫)の一部を抜粋。伝説の一戦の裏話を紹介する。(全2回の2回目/ 前編 を読む)

◆◆◆

■たった一度だけ、平尾はラグビーを辞めかけた

 まだ中学の卒業式を終えたばかりの3月末のこと。ラグビー部に入る新1年生が集められ、奈良県の天理市で合宿が行われた。そこで、平尾(編集部注:後にラグビー日本代表にも選出される平尾誠二氏)は新3年生が主体のAチームに抜擢された。それほど、能力は突出していた。

 誰もが認める才能だった。だが、たった一度だけ、平尾はラグビーを辞めかけたことがあった。入学から1カ月ほど過ぎた5月。突然、グラウンドに姿を見せなくなった。それは、1週間ほど続いた。過酷な練習と、過度な重圧に耐えられなくなっていたのだろう。誰よりも期待をしていたからこそ、山口の要求も厳しかった。多くを語り合うことはなくとも、長い間、ハーフ団を組んでいた高崎には、その心境がよく分かった。

「平尾は、練習がきつくて嫌になったと言っていたんやけれど、本当はそうではない。山口先生にしばかれて、嫌になったんです。先生は、『コイツを育てる』と決めると、ある時期、どこかですごく厳しく指導することがある。それを乗り越えた時に、その生徒に任せるようになるんです。それが、あの時の平尾やった」

 しばらくすると、平尾は何事もなかったかのようにグラウンドに顔を出すようになった。休んでいる期間、山口が毎日のように練習後に平尾の自宅を訪ね、ラグビーへの情熱と、日本一への夢を語りかけながら、閉ざされそうになった心をほぐしていた。それからというもの、これまで以上に、目の色を変えて練習に取り組んだ。そして、1年生ながらレギュラーの座を揺るぎないものにした。

 夏合宿では、その年の冬に全国制覇を達成する國學院久我山高校を練習試合で破った。初の全国大会出場への機運は、現実的なものとして高まっていった。

 1978年11月19日、西京極総合運動公園。全国高校ラグビーの京都予選決勝は、当然のごとく花園高校が相手だった。3年生に山本、2年生に大八木、そして1年生には平尾がいた。練習量で培われた体力と闘争心、そして選手層までも、全国大会の扉を開くにふさわしいチームになっていた。

 やはり、試合は1点を争う激しい展開になった。前半は3―4で、1トライを挙げた花園高校がリード。勝負を分けたのは、微妙な判定からだった。後半、相手の反則と思った伏見工業の選手の足が、一瞬、止まった。

 笛は鳴っていない。その判断が、致命傷になった。再びトライを許して突き放される。ノーサイドの笛が鳴った時、スコアボードに記されていたのは、辛い結果だった。「伏見工業6―12花園高校」。初の全国大会の夢は、目の前で、遠くに離れていった。

■天神川に投げ捨てられた準優勝のトロフィー

 試合後の表彰式、準優勝の記念トロフィーが全員に贈られた。悔しくて、むせび泣く選手たち。11年連続の全国大会出場を決めた花園高校との差は、ほんのわずかだった。届きそうで届かない。だからこそ、その差が、絶望的なものとして感じられた。

 夕暮れの帰り道、会場から阪急電車の西京極駅へと続く道を歩く。誰も口を開く者はいなかった。電車が走り去る音が、やけに大きく響いていた。一人、離れて歩いていた平尾は、天神川に架かる橋に差し掛かると、手に持っていた準優勝のトロフィーを川へ投げ捨てた。

 それからというもの、今までにも増して血の滲むような努力をするようになった。伏見工業から、山口の自宅のある阪急桂駅の途中に、平尾の自宅はあった。練習の指導を終え、学校の用事を済ませてから帰路に就く。電車の車窓から何気なく、外を眺めていると、街灯を頼りに暗い路地を走る平尾の姿を見つけることがあった。

 帰宅して夕食を済ませると、近所の公園でキックの練習をこなし、夜道を走るのを日課にしていた。その光景は、いつまでも山口の脳裏から離れることはなかった。

「電車で平尾の家の近くになると、よう一人で走っているのを見ましたね。厳しい練習をさせとったが、家に帰ってからもまだやっていた。それは大学(同志社大)に行ってからも変わらんかった。『おっ、また平尾がやっとる』。そう思いながら、彼が走っている姿を見つけるのが、楽しみやった」

 山口の妻である憲子もまた、当時の記憶が残っている。

「よく天才だと言われますよね。でも天才というよりは、本当に努力をする子でした。人にはそれを見せなかったけれど、平尾君のお母さんからも、いつも公園でボールを蹴っていると聞いたことがありました。人知れず努力をして、天才と呼ばれるまでに自分自身を磨いていたんでしょうね」

 だからこそ、高校2年になった頃には、山口は平尾の自主性に任せた。ラグビー部にも顔を出していたボート部顧問の藤井が、疑問に思ったほどだった。

「ボールを持ったら、平尾はなかなか離さなかったから、山口先生に『あいつは、パスをせんでいいんですか』と聞いたことがあるんです。そうしたら、『アイツはあれでいいんや』と言っていましたね。平尾はボールを持って、試合をコントロールできる。だから、とことん育てるつもりやったんでしょうね」

■4年前とは真逆の展開となった花園戦

 平尾が高校2年になった1979年は、例年よりも冬の訪れが少しばかり早かった。11月25日。その日は寒く、京都の山にうっすらと雪がかかっていた。

 前夜、山口はなかなか眠りにつけなかった。布団にもぐっては起き、仕方がないから台所にあったウイスキーに口をつけては、また布団に入った。そんなことを、何度か繰り返していた。この年もまた、全国高校ラグビーの京都予選決勝は、花園高校が相手だった。春の高校総体では60―4で圧勝していたから、周囲の目は、いよいよ伏見工業の全国大会出場を待ち望んでいるようでもあった。その期待が重圧となり、眠りについたのは、窓から朝日が漏れてきた頃だった。

 西京極総合運動公園の通路で、山口と選手は円陣を組んだ。目を閉じる。そして、全員で手をつないだ。浮かんできたのは4年前の残像だった。次々とトライを許し、0―112で敗れたあの日の記憶。「勝ちたい」と泣いた小畑の叫び─。今、隣にいる仲間だけではなかった。荒れた不良たちが、一つの楕円のボールに惹かれ、山口に惹かれ、花園高校を倒すという目標を抱いて更生していった。

 その目標は、小畑道弘も、山本清悟も、その他多くの不良たちも、達成することができずに巣立っていった。

 長く、険しい道ではあった。

「今まで、ご苦労さん。よう辛抱して、俺に付いてきてくれた。今日という一日のために、今までの辛く、厳しい練習があった。仲間を信じ、自分を信じて、全てを出し切ろうやないか。お前たちのそばには、たくさんの先輩、仲間がついている」

 山口の言葉を胸に15人が、グラウンドに飛び出していく。そして、試合が始まった。

 スクラムを組む。ズルズルと後退したのは、花園高校の方だった。スクラムからバックスへボールを展開する。スタンドオフの平尾から始まるオープン攻撃は、流れるように美しい軌道を描いた。それはまさしく、努力の結晶だった。

 4年前とは、真逆の展開になった。次々とトライを重ねたのは伏見工業であり、劣勢に立たされたのは花園高校だった。

 スタンド席には、小畑らOBの姿があった。どうしようもない荒くれ者の集まりで、弱小校だった伏見工業の過去を知る者は、後輩たちの勇ましい姿に、鳥肌が立つ思いだった。気が付くと、みな、叫んでいた。

「突き進め! 手を緩めたらアカン! 花園を叩きつぶせ! 俺たちの屈辱を、晴らしてくれ!」

■ここから伏見工業の伝説が始まった

 冷たい風が頬を叩く。じょじょに点差が開く。山口はグッと歯を食いしばり、思った。

「手を抜いたらいかん」

 花園高校を倒すことが、伏見工業ラグビー部の最初で最大の目標だった。目の前にある大きな壁を越えようとしたからこそ、ここまで来ることができた。完膚無きまでに叩きつぶし、最後まで必死で走り続けることが礼儀だった。どんな人間でも目標を抱き、ひたむきに努力をすれば、乗り越えられない壁などない。それを、教えたかった。このグラウンドで、見せたかった。

 荒野を耕し、そこに蒔いた種は、長い年月をかけて芽を出し、花を咲かせようとしていた。山口は伏見工業に赴任した日のことを思った。駅から学校へと続く道は、タバコと下水道のドブ臭さが入り交じり、憂鬱な気分になった。校舎に入れば廊下をバイクが走り、どこからか、シンナーの匂いがした。ここに来るまで、長かった。

 60分の試合は、終わりを告げようとしていた。うっすらと雪が積もる京都の山には雲がかかっていた。そのすき間から、ひと筋の光が差し込み、伏見工業の赤いジャージーを、そっと照らした。そして、ノーサイドの時を迎えた。

 55―0。ついに、あの花園高校を倒して、全国大会の扉を開いた。スタンドから大歓声が響く。主将の山田英明と大八木は、山口のもとへ駆け寄った。みんながもみくちゃになりながら抱き合い、声にならない叫びを上げていた。

 冬の風物詩である全国高校ラグビーに、伏見工業は初めて出場した。東大阪市にある花園ラグビー場。初戦で新潟工業高校を40―0で破り、花園での年越しを決めると、1980年の元日には石巻高校を42―3で下した。勢いに乗って臨んだ1月3日の準々決勝。相手は前回大会優勝の國學院久我山高校だった。しかし、初出場で初優勝できるほど、全国の壁は甘くはなかった。4―26で敗れ、ベスト8で姿を消すこととなった。

 初出場で準々決勝まで進出した充実感と、頂点まで辿り着くことができなかった悔い。2つの異なる感情が、チーム内に交差した。如実に悔しさを露わにしたのは、平尾、西口、小嶋ら2年生だった。

 この感情こそが、次へと進む糧になった。ここからが、伏見工業の伝説の始まりになったのである。

【前編を読む】1つ学年が違うだけで奴隷のような扱い…“弥栄の清悟”が味わった体育大での苛烈すぎる“しごき”の実態

(「文春文庫」編集部/文春文庫)

関連記事(外部サイト)