ソ連の機密情報を西側へ…キューバ危機の裏側で、平和を願う男たちの葛藤と友情 「クーリエ:最高機密の運び屋」を採点!

ソ連の機密情報を西側へ…キューバ危機の裏側で、平和を願う男たちの葛藤と友情 「クーリエ:最高機密の運び屋」を採点!

© 2020 IRONBARK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

■〈あらすじ〉

1960年代初頭、米ソの対立が激化し、世界は第三次世界大戦の脅威に晒されていた。ソ連高官のオレグ・ペンコフスキー大佐(メラーブ・ニニッゼ)はこの危機を回避するために、米政府に自国の機密情報の提供を申し出る。CIAはMI6の協力を得て、東欧諸国に工業製品を卸すイギリス人セールスマンのグレヴィル・ウィン(ベネディクト・カンバーバッチ)を、機密情報の“クーリエ(運び屋)”にスカウトする。新規顧客開拓の名目でモスクワ入りしたウィンは、一度きりの任務のつもりだったが、世界平和を願うペンコフスキーに説得され、ソ連の機密情報を西側に運び続ける。

■〈解説〉

キューバ危機の裏側で繰り広げられた実話を基に、平和を願う男たちの葛藤と友情を描くスパイ・サスペンス。監督は『追想』のドミニク・クック。112分。

中野翠(コラムニスト)

★★★★☆贔屓のカンバーバッチ。スパイ行為の場面、もっと描写が欲しい。キューバ危機のきわどさに改めて驚く。実話の強み。

芝山幹郎(翻訳家)

★★★★☆展開や行動形態に既視感が覗く冷戦時代のスパイ・スリラーだが、映像の浸透力が強い。M・ニニッゼの演技がソリッドだ。

斎藤綾子(作家)

★★★★☆セールスマンのウィンが重要な任務を果たす事に驚くが、ソ連の諜報員ペンコフスキーの存在に合掌。私たちが救われた。

森直人(映画評論家)

★★★★☆「普通の男」をスカウトしたル・カレ的世界。『ブリッジ・オブ・スパイ』も想起しつつ、英国式冷戦ミステリーの味を堪能。

洞口依子(女優)

★★★★☆冷戦とスパイとカンバーバッチの好相性。旧ソ連側の演技も渋い。いつも誰かに見られている様なカメラアングルもそそる。

『クーリエ:最高機密の運び屋』(英、米)
9月23日(木祝)よりTOHOシネマズ日本橋ほか全国ロードショー
https://www.courier-movie.jp/

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年9月23日号)

関連記事(外部サイト)