江夏豊が語るセ・パの現役強打者への思い…“20世紀最高の投手”は現代野球をどんな気持ちで見ているのか?

江夏豊が語るセ・パの現役強打者への思い…“20世紀最高の投手”は現代野球をどんな気持ちで見ているのか?

柳田悠岐選手 ©文藝春秋

「王さんをカーブで三振取ってもうれしくないんや」江夏豊が振り返るシーズン最多奪三振数記録樹立時の“意外な思い” から続く

 史上初の両リーグMVP達成に加え、両リーグでの優勝を中心選手として経験するなど、名実ともに華々しい記録を残した江夏豊氏。20世紀最高の投手とも評される男は、いまプロ野球で活躍する選手をどのように見ているのだろうか。

 ここでは江夏豊氏の著書『 強打者 』(ワニブックスPLUS新書)の一部を抜粋し、セ・パを代表する2人への打者に対する考えを紹介する。(全2回の2回目/ 前編 を読む)

◆◆◆

■柳田悠岐(外野手)/最もかっ飛ばす首位打者

●88年10月9日生まれ、広島県出身。188センチ、96キロ。右投げ左打ち

●広島商高→ソフトバンク(11年ドラフト2位〜)

★通算10年、997試合、1104安打、打率.322、186本塁打、611打点

★首位打者2度、本塁打王0度、打点王0度、最多安打1度、盗塁王0度

★MVP2度、ベストナイン5度、ゴールデングラブ賞5度、球宴5度

★主な記録=トリプル・スリー、サイクルヒット。出塁率+長打率=OPS4年連続リーグ1位(15年〜18年=巨人・王以来2人目)

【江夏との通算対戦成績】対戦なし

 柳田悠岐君(ソフトバンク)は、21年現在の日本プロ野球界で強打者NO.1だ。

 緻密な野球を身上とする広島商高出身だが、広島経大で大きなスケールに育ったのだろう。山田哲人君(履正社高→ヤクルト1位)と同じ10年秋のドラフトだが、秋山翔吾君(八戸大→西武3位)をソフトバンクスカウトが2位指名しようとしたところ、王貞治会長が寸前で言ったらしい。

「待て。誰が一番打球を飛ばすんだ? その打者にしろ」

 さすが王さんらしい。大きなスケールで育てようとしていたわけだ。(1位は山下斐紹捕手=千葉・習志野高→ソフトバンク→楽天→中日)。

■「ゴロを打つなら、三振のほうがいい」

 とにかくバットスイングが速い。バットを振り込んでいる証拠だ。肩が強いから速い球をほうれるかと言ったら違う。投球の練習をしなくては、強肩を生かせないのと一緒だ。人一倍バットを振り込んでいるからこそ、スイングスピードが速くなる。

 13年春季キャンプで、清原和博君が「すごい選手を見つけた。日本人でスイングスピードは一番速いと思う」と話していたのを思い出す。清原君の目もすばらしい。

 その13年、104試合、88安打、打率.295,11本、41点で頭角を現わし、その後の活躍はご承知の通りだ。

・15年、138試合、182安、打率.363、34本、99打点、32盗塁、101三振 MVP

・18年、130試合、167安、打率.352、36本、102打点、21盗塁、105三振

 フルスイングで100を超える三振数なのに.350を超える打率で2度の首位打者。本人は「ゴロを打つなら、三振のほうがいい」と語っているらしい。あれだけ飛距離が出るのに、タイトルは本塁打王ではなく、首位打者なのは不思議ではある。

■代走だけでも食っていけるくらいの俊足

 柳田君の打撃技術、188センチの長身を生かして飛ぶ打球はケタが違う。15年三浦大輔君(横浜)から横浜スタジアムのスコアボード直撃の大ホームランを放ち、オーロラビジョンを破壊したシーンは記憶に新しい。

 逆方向の左翼方面でも打球はフェンスを越える。打つポイントがいいのだろう。そして、しっかりと投球を叩いている。

 大柄でストライド走法なので見た目は速くないが、普通の遊ゴロでもアウトにするには間一髪だ。代走だけでも食っていけるくらいの俊足だ。いつだったか、一塁走者だったのが、次打者の二塁打で、余裕で本塁を駆け抜けた。走力に加えて打球判断がいい。トリプル・スリーもできるわけだ(前出15年)。『江夏の21球』の79年、近鉄の先発投手にはサイドスローの柳田豊君(10勝5度、通算110勝)がいた。悠岐君はその甥っ子らしい。

 プロ10年を経た32歳。今後、常識を打ち破ってどんなプレーを見せてくれるのか、まだ興味は尽きない。

■山田哲人(二塁手)/同一シーズン「本塁打王&盗塁王」の“二刀流”

●92年7月16日生まれ、兵庫県出身。180センチ、76キロ。右投げ右打ち

●履正社高〈甲子園〉→ヤクルト(11年ドラフト1位〜)

★通算10年、1058試合、1153安打、打率.293、214本塁打、635打点

★首位打者0度、本塁打王1度、打点王0度、最多安打1度、盗塁王3度

★MVP1度、ベストナイン5度、ゴールデングラブ賞0度、球宴5度

★主な記録=トリプル・スリー3度(日米でバリー・ボンズと2人のみ)、サイクルヒット、38連続盗塁成功、本塁打王と盗塁王の同時獲得

【江夏との通算対戦成績】対戦なし

 山田哲人君(ヤクルト)は、大阪・履正社高の出身だ。履正社高の先輩であるT−岡田君(貴弘)に倣ったのと、名前の「哲人」から、チーム内では「ティー」と呼ばれているらしい。それにしても大阪出身なのだから阪神がドラフト指名しなくてはいけないのではないか。

■「花道を飾りたい」という中日ナインの気概が大逆転に

 ちなみに山田君が指名された10年秋のドラフトは、斎藤佑樹投手(日本ハム)が1番人気の年で、大石達也投手(西武)・福井優也投手(広島)の早大投手トリオがいた。 

 ほかには澤村拓一投手(中大→巨人)、榎田大樹投手(福岡大→東京ガス→阪神)がドラフト1位。ドラフト2位には同じトリプル・スリーの柳田悠岐外野手(広島経大→ソフトバンク)、美馬学投手(中大→東京ガス→楽天)がいた。

 柳田君と並び、この年の出世頭とも言える山田君は、斎藤佑樹投手、塩見貴洋投手(楽天ドラフト1位)の「外れ・外れ1位」であった。

 11年ヤクルトはペナントレースで10ゲームの大差を中日に引っくり返された。優勝・中日、2位・ヤクルト。中日は落合博満監督の退任が決定事項であって、「花道を飾りたい」という中日ナインの気概が大逆転につながった。

■トリプル・スリーを2年連続3度も達成

 クライマックスシリーズ、ナゴヤドームに乗り込んだヤクルトは起爆剤として、一軍公式戦出場のない山田君を第2戦にスタメン出場させたのである。この試合で遊ゴロを10個ほど無難にさばき、ドライチとはいえ山田君は野球ファンの耳目を集めるようになった。

 高校出2年目の12年11安打、13年99安打、14年は「初代ミスター・タイガース」藤村富美男さん(阪神)の右打者シーズン191安打を破る193安打を放った。

・15年、143試合183安、打率.329、38本、100打点、34盗塁 MVP
・16 年、133試合146安、打率.304、38本、102打点、30盗塁
・18年、140試合165安、打率.315、34本、89打点、33盗塁

 1度達成だけでも困難なトリプル・スリーを実に2年連続3度も達成している。3度はバリー・ボンズに続き日米2人目の偉業である。また前出の秋山幸二君が本塁打王獲得後に盗塁王を獲得しているが、山田君は同一シーズンの獲得である(15年)。

■バックスピンをかける技術がすばらしい

 さらに18年〜19年にかけて38連続盗塁成功(日本記録)。

 なぜ大きな体でもないのに飛距離が伸びるのか。13年にシーズン60本塁打の記録を持つバレンティン(ヤクルト→ソフトバンク)は話す。

「ボールを遠くに飛ばすのに大事なのは体の大きさではなく、ボールの下を叩くことであり、テツトはバックスピンをかける技術がすばらしい」

 チーム成績がよくないと、どうしても選手というのは個人記録に走ってしまうものだが、山田君は15年にリーグ優勝に貢献した。15年はバレンティンが左ヒザ手術の影響でわずか1本塁打。2番・川端慎吾君、3番・山田君、4番・畠山和洋のラインナップ。優勝シーズンでのトリプル・スリー(本塁打王&盗塁王)だけに価値があるというものだ。

【前編を読む】 江夏豊が語るセ・パの現役強打者への思い…“20世紀最高の投手”は現代野球をどんな気持ちで見ているのか?

(江夏 豊)

関連記事(外部サイト)