「王さんをカーブで三振取ってもうれしくないんや」江夏豊が振り返るシーズン最多奪三振数記録樹立時の“意外な思い”

「王さんをカーブで三振取ってもうれしくないんや」江夏豊が振り返るシーズン最多奪三振数記録樹立時の“意外な思い”

王貞治選手 ©文藝春秋

 シーズン奪三振数世界記録保持、オールスター9者連続奪三振、延長11回ノーヒットノーラン……。数多くの伝説を野球界に残してきた江夏豊氏は「20世紀最高の投手」と評される偉大なプロ野球選手だ。そんな男の記憶に残る名打者とは……。

 ここでは江夏豊氏の著書『 強打者 』(ワニブックスPLUS新書)の一部を抜粋。同時代に火花を散らし合った伝説的選手への思いを紹介する。(全2回の1回目/ 後編 を読む)

◆◆◆

■王貞治(一塁手)/868本中、特別な3本塁打

●40年5月20日生まれ、東京都出身。177センチ、79キロ。左投げ左打ち

●早稲田実高〈甲子園〉→巨人(59年〜80年)

★通算22年2831試合2786安打、打率.301、868本塁打2170打点

★首位打者5度、本塁打王15度、打点王13度、最多安打3度、盗塁王0度

★MVP9度、ベストナイン18度、ゴールデングラブ賞9度、球宴20度

★主な記録=通算868本塁打(世界記録)、三冠王、1試合4本塁打、7試合連続本塁打、サイクルヒット、16年連続100四球、通算故意四球427

【江夏との通算対戦成績】258打数74 安打、打率.287、20本塁打、56打点、56四球、57三振

 まず、確実性(首位打者)・長打力(本塁打王)・勝負強さ(打点王)の3つを兼備する、三冠王の獲得者から振り返ろう。各章、打者の年齢順に対決エピソードを語るが、敬意を表して「トップバッター」だけは、「世界の本塁打王」王貞治さん(巨人)だ。

 王さんは高校二年時にセンバツ甲子園でエースとして紫紺の優勝旗を手中に収めた。

 プロ入り後、類まれな打撃センスを生かして打者に転向したが、素質がなかなか満開とはならなかった。タイミングを取るための1つの練習法がいわゆる「フラミンゴ打法」(一本足打法)だった。巨人がBクラス4位に沈んだ62年のこと。

■フラミンゴ打法で二冠を獲得

「勝てないのは王が打っていないからだ!」(別所毅彦投手コーチ)

「ホームランだけならいつでも打てる。三冠王を獲らせようと指導しているんだ」(荒川博打撃コーチ)

 その日の試合からフラミンゴ打法で打つようになった王さんは、その年38本塁打85打点で二冠を獲得した(打率.272)。この年から13年連続本塁打王に輝くのだ。その後の大活躍は、読者の皆さんご存じの通りである。

 私のプロ入り1年目の67年、チームの先輩の「2代目ミスター・タイガース」村山実さん(阪神)は甲子園球場でこう言った。

「オレのライバルはこっち(長嶋茂雄)、豊(江夏)のライバルはあっち(王貞治)だ」

 以降、私は王さんをライバル、目標とするようになる。

 それにしても、この「通算対戦成績」の数字は、実に興味深い。

 258打数74安打、打率.287、20本塁打、56打点、56四球、57三振

 経過と結果が凝縮されている。私が阪神時代(67年〜75年)は先発投手として、私が広島時代(78年〜80年)は抑え投手として王さんと対戦した。

■「新記録の354個目は王さんから奪う!」

 王さんが最も本塁打を打った投手は私だが(20本)、私が1番三振を奪った打者も王さんなのだ(57個)。しかも三振と同じだけ四死球がある(死球1個)。のるかそるかのせめぎ合い。このように「エースと四番」の個人対決である一方、56個に含まれる「敬遠四球4個」はチーム同士の対決の結果。そんなことを如実に物語っているではないか。

 プロ2年目の68 年、私は稲尾和久さん(西鉄)の持つシーズン353奪三振(61年)を破る401奪三振の記録を樹立した。(編注/メジャー73年アストロズのノーラン・ライアン383奪三振。参考までにコロナ前のリーグ最多奪三振は19年巨人・山口俊188奪三振、ソフトバンク・千賀滉大227奪三振)

「新記録の354個目は王さんから奪う!」

 私はマスコミに公言していた。私の前の試合の登板終了時点で345個。8個取ればタイ記録、9個取れば新記録だ。

■「ノー・スリー戦法」

 68年9月17日、甲子園球場。公言通り王さんから三振を奪って「よっしゃー!」と、意気揚々とダグアウトに引きあげた。ダンプさん(辻恭彦捕手)が近寄ってきた。

「おい豊、勘違いしていないか? いまのは354個目ではなく、353個目だぞ」

 1回表2個、2回表2個、3回表2個、4回表2個で353個。

(困った、さあ困った……)

 王さんまでもうひと回り、相手打者から三振を奪わないようにしてアウトに打ち取らなくてはならない。とりわけ、普通に投げると三振してしまう可能性の高い捕手の森昌彦さん、投手の高橋一三さんには、バットに投球を当てさせてアウトにしなくてはならなかった……。

 とにもかくにも王さんから354個目を奪うことができた。王さんは前年まで6年連続本塁打王。まだ「世界の王」ではなかったが「日本の王」であり、押しも押されもせぬ大スターだった。私より8歳上の28歳。ちょこんと当てにくるのではなく、弱冠20歳の若造に対して、フルスイングで向かってきてくれたのは、王さんの人間性だろう。

 私の王さんに対する戦術をここで初めて明かそう。自分の調子がよくない、逆に王さんがすこぶる調子がいい。まともに力勝負しても本塁打される。そんなピンチのとき「ノー・スリー戦法」を使った。

 わざとカウント3B―0Sにすると、王さんは戸惑う。

■打率.276と極度の打撃不振に

「あれ? 江夏はきょう不調だから勝負を避けているのか?」

 この気持ちの間隙を縫う。4球目に関単にストライクを取ったあと、勝負は5球目。何回ぐらい成功したか。結果はほぼ二塁ゴロだった。

 もっとも、ブチ(田淵幸一)が69年に入団するまでの専属捕手『ダンプ辻』さんに言わせれば、私の投球をこう表現する。

「江夏の投球はほとんどストレートで、カーブは様子見かタイミングを外す捨て球。だから1センチ単位のストレートの出し入れで勝負した」

 コントロールに対して自信を持つ私が、こと王さんに対しては、そこそこ多くの四球を出してしまった。それだけギリギリの勝負だったのだ。

 王さんには通算868本塁打の中で、特に印象に残る本塁打が3つあるそうだ。1本は77年ハンク・アーロンを抜く通算756号(後楽園球場=ヤクルト・鈴木康二朗投手)、1本は公式戦ではないが、71年日本シリーズ第3戦の逆転サヨナラ3ラン(後楽園球場=阪急・山田久志投手)、1本は71年通算485号(甲子園球場=江夏豊)だ。

 先述の通り、62年38本塁打を放ったのを皮切りに以降13年連続本塁打王に輝いた王さんだが、71年は39本塁打でタイトルを死守したとはいえ、打率.276と極度の打撃不振に陥った。川上哲治監督(巨人)が二本足に戻すことを進言したほどの重症だったという。

■まさかの逆転3ラン

 私はその試合、王さんを3打席連続三振。2対0とリードした9回表二死二、三塁。

 ダンプさんがマウンドに2度も足を運んでいた。

「豊、やっぱりカーブをほおれよ」

「王さんをカーブで三振取ってもオレはうれしくないんや。真っすぐで勝負させてくれ」

 この打席7球目となる153球目、ベルトの高さに内角ストレートを投じた。

 打った瞬間は右飛だった。それを藤井栄治さんが風に乗った打球につられてバックする。金網にへばりついた。(え、金網に登るのか?)王さんの執念があと押ししたんだろう。打球は藤井さんの頭上を少し越えてラッキーゾーンにポトリと落ちた。まさか、まさかの逆転3ランだ……。

 前出71年日本シリーズ、同い年の親友のヤマ(山田久志)のときは「ダイヤモンドを回るとき、宙を駆けるような感じだった」(王)けれど、私からの3ランのとき王さんは涙を流してダイヤモンドを回っていた。

 のちの日本シリーズでゲスト解説した私は、目の前でヤマがひざまずいてうずくまったのを見たが、私だってそうしたい心境だった。

 いつだったか王さんと対談したとき、

「あの当時は長いスランプで苦しかった。たくさんホームランを打ってきたが、豊から

 打ったあの3ランは忘れられない。オマエはオレの最高のライバルだったよ」

「世界の王」の、投手に対する最高のほめ言葉。身に余る光栄である。

■落合博満(内野手)/狙って本塁打を打てる

●53年12月9日生まれ、秋田県出身。178センチ、82キロ。右投げ右打ち

●秋田工高→東洋大中退→東芝府中→ロッテ(79年ドラフト3位)→中日(87年)→巨人(94年)→日本ハム(97年〜98年)

★通算20年、2236試合、2371安打、打率.311、510本塁打、1564打点

★首位打者5度、本塁打王5度、打点王5度、最多安打1度、盗塁王0度

★MVP2度、ベストナイン10度、ゴールデングラブ賞0度、球宴15度

★主な記録=三冠王3度、両リーグ200本塁打、1試合6四球

【江夏との通算対戦成績】18打数6安打、打率.333、2本塁打6打点4四球2三振

 オチ(落合博満)は社会人野球時代、76 年に4番・一塁手として東芝府中を創部23年目で初の都市対抗野球出場に導いた。78年には木田勇投手(のち日本ハム)、森繁和投手(のち西武)らとともにアマチュア野球世界選手権日本代表に選出された。のちに中日・落合監督のコーチになる森繁和君とはこの頃からの付き合いである。

 オチは78年秋のドラフト会議でロッテに3位指名された。巨人が江川卓君との「空白の一日」の契約無効の決定を不服とし、ドラフト会議をボイコットしなかったら、巨人はオチを2位指名する予定だったそうだから、オチの野球人生はどうなっていただろうか。

 オチは81年に頭角を現わした。

 3番(指名打者)リー、4番(三塁)有藤、5番(一塁)レオン、6番(二塁)落合

 三塁は「ミスターロッテ」のアリさん(有藤通世)がドンと守っていたし、一塁はレオン。消去法の二塁手ではあった。しかし、その年のオールスター・ゲーム第2戦では、前年度ペナントレース優勝の全パ・西本幸雄監督(近鉄)がオチを全パの4番に抜擢するなど、先見の明を見せた。オチはその年、打率.326で初の首位打者を獲得した。

■クセが出てきたらすぐわかる

 だが81年、私はオチをほとんど抑えている。安打を打たれたのは一塁後方、ライト線へポテンと落ちるような安打ばかり。左翼方面に引っ張られた安打は皆無だ。

 その81年、前期優勝のオチのロッテと、後期優勝の私の日本ハムが雌雄を決するプレーオフを戦った。結局、日本ハムがパ・リーグを制して、セ・リーグの巨人と戦うのだが、プレーオフ終了直後のことだった。

「江夏さん、食事に連れて行ってもらえませんか」

 その流れで麻雀をやった。オチがリーチをかけてきた。

「待ちはイーピンとスーピンやろ」

「なぜわかるんですか?」

「野球と同じや。クセが出てきたらすぐわかる。オチは、オレを全然打てないやろ。いい打者っていうのは、同じ球種をずっと待つもんだ。オチみたいに1球1球、狙い球を変えてくるほど、投手にとって打ち取りやすい打者はいないんだよ」

 あれをきっかけに、オチはいろいろ考えたと思う。

■微動だにせず、ストレートを待ち続け…

 翌82年、ロッテと日本ハムの公式戦での秋田遠征。日本ハム1点リードの9回無死二・三塁。「ピッチャー・江夏」のアナウンス。(イヤな場面やな……)

 3番・アリさん三振、4番・リー三振。二死二・三塁で打席は5番・オチだ。

 1球目ど真ん中カーブ見逃しストライク。2球目外角ボール球からストライクになるカーブ見逃しストライク。3球目、捕手の大宮龍男君がサインを出す。私は首を振る。首を振る。首を振る。やっとのことで投じたのは、ど真ん中カーブ、見逃しストライク。

 オチは微動だにしなかった。ストレートを待ち続けていたのだ。周囲の拍手喝采の中、私はマウンドを降り、日本ハムは勝利を手にした。しかし、同じ球を待ち続けられるようになったオチに私は空恐ろしさを感じた。

 あの3連続カーブは、われながら傑作の配球だった。普通、2球目のカーブに手を出して引っ掛けるところなのだが、そこにオチの成長、打者としての充実が見て取れた。

 以来、私はオチにきれいな安打を打たれるようになった(通算18打数6安打、打率・333、2本塁打6打点4四球2三振)。82年・85年・86年と2年連続3度の三冠王だ。

 87年には、牛島和彦投手・上川誠二内野手・平沼定晴投手・桑田茂投手との間で1対4の交換トレードが成立。翌88年星野仙一・中日のリーグ優勝に貢献した。

■バットコントロールのすばらしさ

 94年にはFAで巨人移籍。

「長嶋ファンの私は、長嶋・巨人を優勝させるために来ました」

 78年秋ドラフト以来、15年越しのオチの思いがかなった。3年間の巨人生活で、94年日本一、96年リーグ優勝に貢献した。特に「94・10・08決戦」で中日のエース・今中慎二君から放った先制アーチは球史に語り継がれる。

 バットコントロールのすばらしさには目を見張るものがある。古い野球記者の話だ。

「89年のオールスター・ゲームのこと。神宮球場での試合前の打撃練習中。ダグアウト前ではなく、ふだんより少しフェアグラウンド近くで取材していたら、自分の1メートル横をライナーのファウルが飛んできました。(危ないなぁ。落合選手でもこんな方向にファウルを打つんだ)と思いながら、少しダグアウトに近づき取材を続けました。するともう1球、1メートル横に同じようなライナーのファウルが飛んできたんです。『まだわからないか。危ないからどけ、と言っているんだ!』。落合選手のバットコントロールのすばらしさに感激してしまいました」

 オチは狙って本塁打を打っているのだろう。通算500安打、1000安打、1500安打、2000安打、もっと言えば通算1000試合出場、2000試合出場と節目の記録はすべて本塁打で達成している。

 そういえば、オチは引退後に語っていた。

「オレの弱点はアウトロー(外角低め)だった。ただ、インコースの投球を広角に打てるし、ライト方向へ多く飛ばせるので、相手が勝手に『アウトコースはもっと危ない。勝負するならインコースだ』と得意なインコースばかりに投げてきて助かった」

【続きを読む】 江夏豊が語るセ・パ現役強打者への思い…“20世紀最高の投手”は現代野球をどんな気持ちで見ているのか?

江夏豊が語るセ・パの現役強打者への思い…“20世紀最高の投手”は現代野球をどんな気持ちで見ているのか? へ続く

(江夏 豊)

関連記事(外部サイト)