「なぜBTSが金正恩にショーを見せなくてはいけないのか」韓国大統領も野党も絡みたがるBTSのご利益とリスク《国連でのパフォーマンスは約3000万再生》

「なぜBTSが金正恩にショーを見せなくてはいけないのか」韓国大統領も野党も絡みたがるBTSのご利益とリスク《国連でのパフォーマンスは約3000万再生》

BTSのメンバー 左からヴィ、シュガ、ジン、ジョングク、アールエム、ジミン、ジェイホープ ©Getty Images

 世界の音楽市場を席巻し続ける韓国の7人組K-popグループ、BTS。10月5日には、英ロックバンド・コールドプレイとのコラボ曲 “My Universe” が米ビルボードのメインシングルチャート「HOT 100」で初登場1位に輝いた。

 また同じく「デジタルソングチャート」では、5月下旬リリースのシングル曲 “Butter” から “My Universe” までの3曲が6月から現在まで1位を独走中。今年最大のヒットとなった “Butter” は、「HOT 100」で初登場1位及び2021年最多1位、同年の米ビルボード「ソング・オブ・ザ・サマー」に選ばれるなど数々の快挙を達成している。

 ところがそんなBTSを巡り、このところ韓国の国会が騒々しい。保守系大手紙と保守野党が「ムン・ジェイン大統領がBTSを政治利用している」と猛批判し、これに反論する与党側と激しい舌戦を繰り広げているのだ。

 きっかけは、9月20日から米ニューヨークの国連本部で開かれた第76回国連総会ハイレベルウィーク。BTSは初日に特別イベント「SDGモーメント2021」の開会セッションに登場し、世界の若者を代表するスピーチを行った。

■国連本部でのパフォーマンスは約3000万再生

「SDGモーメント2021」とは、「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向けた行動を加速するために昨年から始まった会合。BTSは韓国語による7分のスピーチでコロナ禍や気候変動に翻弄される若者にポジティブなメッセージを送り、喝采を浴びた。世界で約100万人がその生中継を視聴したという。

 またこれに合わせてシングル曲 “Permission to Dance” を国連本部で歌うMVも国連の公式YouTubeアカウントで公開され、10月11日時点で3000万に迫る再生回数を稼いでいる。

 このBTSの訪米で行動をともにしていたのが、ムン大統領だ。

 ムン氏は今年7月、BTSを「未来世代と文化のための大統領特別使節」に任命。訪米を控えた9月14日にはBTSが大統領官邸を訪問し、任命状の授与式が行われた。授与式ではムン氏夫妻がBTSを褒め称え、リーダーのアールエムが使節任命を「光栄」と語る様子が報じられている。

 そして「SDGモーメント2021」の開会セッションでは、まず国連総会の招請を受けたムン氏がSDGsについて6分ほど演説。そして次に登壇するBTSを、「大統領特別使節」「恐らく世界で最も愛されているアーティスト」と誇らしげに紹介した。ムン氏はまた翌日の一般討論演説で、2018年、2020年に続いて三たび朝鮮戦争終戦宣言を国際社会に提案。任期最後の国連での演説を、悲願のアピールで締めくくっている。

 9月20日には大統領夫人のキム・ジョンスク氏がBTSをともない、メトロポリタン美術館で韓国の伝統美術などを鑑賞。そして21日には、米ABCニュースの報道番組にムン氏とBTSが出演した。ムン氏は前日のBTSのスピーチについて、「国連事務総長や私が数百回の演説を行うより、ずっと大きな成果を収めました」と称賛。さらに “Permission to Dance” の振付の一部を上機嫌で披露したりもした。

■「BTSに旅費を出していない」という報道まで

 一連のイベントに保守系の最大野党・国民の力が噛みついたのは、その翌日のことだ。同党のカン・ミングク院内報道官は同月21日、「コロナ変異株の流行を理由にアメリカが訪問自粛を求めたにもかかわらず、総会への出席を強行した」「そのためバイデン米大統領との首脳会談開催も決裂した」「強行の理由は、ムン大統領とBTSが登場するショーが必要だったため」「今回のショーの目的は、北朝鮮への求愛メッセージだ」といった趣旨のコメントを発表した。

 これに対して大統領府のパク・スヒョン国民疎通首席秘書官は同月24日、「BTSは若者世代の代表として、ムン大統領は韓国の地位が高まったことを受けて、それぞれ招待された」などと反論。また与党・民主党のチョン・スミ常勤副報道官も同日、「朝鮮半島の平和に寄与しようというBTSの純粋な意思を中傷・侮辱した国民の力の発言は容認できない」「BTSとファンに謝罪すべき」と怒りをあらわにした。

 続いて9月30日には保守系大手紙「朝鮮日報」が、「BTSが “やりがい搾取” された」との “独占スクープ” を報道。「国民の力のチョ・ミョンヒ議員が30日に外交部(外務省に相当)から入手した “国連総会出席関連支出内訳” によると、外交部はBTSに全く旅費を支出していない」と、センセーショナルに伝えた。

 国民の力のチェ・ジェヒョン前監査院長もこれに乗じて「どうしてこんな厚顔無恥な真似ができるのか」と気勢を上げたが、大統領府関係者は「飛行機代と滞在費は所属事務所との事前協議に基づいて事後精算の形で処理した」と一蹴。タク・ヒョンミン大統領府儀典秘書官も「悪意のある誤報」「何を根拠にそんな真っ赤な嘘をつくのか」などと強い不快感を示している。

 こうした応酬のドタバタは、10月に入っても収まっていない。同月1日にも国民の力のチョン・ジンソク議員が「若い芸能人を政治的外交に動員するのは前近代的で時代錯誤」との批判を繰り広げ、チョン・ウィヨン外相が改めて「BTSの国連総会出席は国連事務局からの依頼に基づく」と説明に追われた。

 ムン政権とBTSを巡る “政治利用疑惑” が政界を騒がすのは、今回が初めてではない。

 2020年9月にBTSのシングル “Dynamite” が米ビルボード「HOT 100」で1位を飾った際、ムン氏はフェイスブックで「K-POPの誇りを大きく高めた快挙」と称賛。するとこれに対して政界の一部から、「BTSの政治利用」との批判が浴びせられた。

■「大統領の芸能人愛はとりわけ格別」

 2018年11月には、「BTSの “平壌公演” を推進していきたい」と発表した民主党のアン・ミンソク議員がひんしゅくを買っている。保守陣営はもちろんBTSファンやネットユーザーら幅広い層からも、「時代錯誤の典型」「なぜBTSが金正恩にショーを見せなくてはいけないのか」などの非難が殺到した。

 一方でまたムン氏は、BTS以外のスターについても “政治利用” と非難されてきた経緯がある。「朝鮮日報」は「ムンと芸能人」と題した今年9月24日のコラムで、「ムン大統領の芸能人愛はとりわけ格別だ」と批評。

 2017年の中国国賓訪問の際、現地で人気のある女優ソン・ヘギョ、男性K-popグループのEXOらをともなった例などを挙げた。EXOは2018年2月の平昌五輪の閉会式でパフォーマンスを披露したほか、2019年6月の米トランプ大統領訪韓に際して晩餐会に招かれてもいる。これらを効果的な外交演出として評価する声もあるが、野党側の「スターの人気に便乗」という批判も相変わらずだ。

 だがBTSの “政治利用疑惑” で叩かれるのは、野党側も変わりない。国民の力(当時は自由韓国党)のハ・テギョン議員は2018年7月にフェイスブックを通じ、BTSの兵役免除を可能にすべきとの趣旨で議論を提起した。だがBTSのメンバーたちはかねてから兵役に就く意思を示していたことから、ファンは「政治利用」だとして反発。ハ議員は「BTSファンが兵役免除を要求した事実はない」「全ての批判を受け入れる」などと釈明を余儀なくされた。

 ただし2020年12月には改正兵役法が成立し、本来なら昨年12月までが入隊期限だった最年長メンバーのジンは1年超の延期が認められる形に。その期限が切れる2022年は大統領選と重なっており、改めてBTSの兵役問題がその争点の1つとして取り沙汰されるのではとも囁かれている。グローバルスターを巡る韓国政界の舌戦は、まだ来年も続いていくことになりそうだ。

(高月 靖/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)