「ひえ〜!」女流ABEMAトーナメントで予想外の指名をされ、思わず叫び声をあげた話

「ひえ〜!」女流ABEMAトーナメントで予想外の指名をされ、思わず叫び声をあげた話

メンバー+監督で勉強会(提供:藤井九段)

 蝉が大合唱していた頃、メールが届いた。

「第2回女流ABEMAトーナメントのドラフト会議が行われ、6チームが次のように決定しました」

 少しドキドキしながら下へスクロールした。

「チーム西山:上田初美女流四段、山口恵梨子女流二段」

 将棋界では驚くと、なぜか決まって皆が皆「ひえ〜!」という叫び声をあげる。

 例に漏れることなく、私もその慣習に倣ったわけだが、メールを読んだ場所が外じゃなくてホントによかった。

■ABEMAトーナメントと他の棋戦との大きな違い

 ABEMAトーナメントとは、インターネットテレビとして知られている「ABEMA」にて放送される将棋トーナメントである。第4回ABEMAトーナメントが9月に終了したばかりだが、将棋を知らない方でも楽しめる番組で、毎回大変な盛り上がりを見せている。

 ABEMAトーナメントは他の棋戦との大きな違いが2つある。

 1つは持ち時間。

 1人5分の持ち時間が最初に与えられ、1手指すごとに5秒が加算されていく方式を採用している。1手指すごとに一定の時間が加算されるシステムを「フィッシャールール」と言い、そのフィッシャールールと、5分という超早指しを組み合わせたのがABEMAトーナメントの持ち時間となる。

 もう1つは団体戦であるということ。

 第3回から将棋界初の団体戦と銘打ち、各リーダーがメンバー2名を指名し、3人1チームで力を合わせて戦っていく形式となった。

■チーム西山が結成

 今回はそれを女流棋士でも!ということで「第2回女流ABEMAトーナメント」の開催が告知され、このコラムが更新される頃には全チーム動画と、1試合目がABEMAプレミアムにて放送されているだろう。

 かくして西山朋佳リーダーの指名を受け、恵梨子ちゃん(山口恵梨子女流二段)と3人のチームが結成された。

 小学生の頃から知っている恵梨子ちゃんとは、気が付けば随分と長い付き合いになった。真面目で頑張り屋さんで優しくて、いつも誰かのために力を添えている。今回も積極的にいろいろと動いてチームを円滑にしてくれた。頼れる後輩である。

 一方で、西山さんとはこれまでほとんど話したことがない。

「自分が公式戦で勝ったことがない相手を選んだ」という指名理由を聞き、面白い発想をする人だなと思った。

 この春まで奨励会三段として戦っていたため、「西山朋佳」という女性がどのような人なのか、まだ謎のベールに包まれている。このトーナメントを通して、そのベールの中にある魅力を多くの方に知っていただきたい。

■今になってこんな機会がやってくるとは

 さて、すでにチーム動画をご覧いただいた方は想像できるだろうが、冒頭のメールの1行下には続きがある。

【監督:藤井猛九段】

 第2回女流ABEMAトーナメントでは、各チームに監督棋士が1人つく。今後の動画内で明かされていくかもしれないが、藤井九段は私たち3人ともにそれぞれご縁の深い棋士であり、まとめ役としてはこれ以上ないと言っても過言ではない。

 その監督から連絡が来た。

「試験的にネットでフィッシャールールを指しましょう」

 4人が全員集まるとなると大変だが、今はネットで対局ができる。子どもたちが寝た後、21時過ぎに練習対局をお願いした。

 やや緊張しながら私が居飛車を選択すると、左から4番目に飛車を振られた。四間飛車だ。

 顔が見えないネット対局だが、自然と背筋が伸びた。

 藤井九段は四間飛車の大家であり、我々世代のヒーローなのだ。

 長年、普段からいろいろとお世話になっているが、これが藤井九段との初対局である。まさか今になってこんな機会がやってくるなんて、巡りあわせとは不思議なものだなぁと思う。

■勉強の開始時間は育児が終わる21時から

 ABEMAトーナメントに出場することが決まってから、夫と1日3局フィッシャールールで指すことにした。

 私たち将棋指しは、1手10秒以内に指す「10秒将棋」は身に沁み込むほど指している。だが、今回の持ち時間はかなり独特で、1手5秒以内に指さなければいけない場合もあれば、2〜3分を1手に費やすこともできる。慣れるには、とりあえず数をこなさなければならない。

 最初の頃は時間切れも含めて、内容もボロボロだった。

 個人戦ならともかく、団体戦は私の成績がチームの結果に直結してしまう。これはまずいと思い、できる最大限の時間を将棋の勉強に費やした。

 簡単に言うと、育児と仕事と勉強しかしない日々を過ごすのだが、これは文字では伝えきれない厳しさがある。勉強の開始時間は育児が終わる21時からで、夫との将棋は23時から開始した。一番の息抜きは育児中のママ友との会話で、「疲れた」と言って「おつかれー!」と返してくれるのに癒されるのだ。

 選んでもらった以上は、それに応えたいと思うのが団体戦である。

 何度か実際にメンバーで集まった。やはり、ネットで対局するのと実際に盤を挟むのとでは感覚が違う。将棋を指したり、気になる局面を研究したり、みんなで勉強した。

 出産する前の、将棋が一番だった頃に戻ったような、懐かしい気持ちを思い出した。

 藤井九段のご自宅で将棋を指した時には、奥様が手料理を振舞ってくださった。

 あまりにも美味しくて「藤井先生は毎日こんなお料理を食べられていいですね」と言うと、「そうでしょ」と照れ笑いを浮かべていて、心まで温かくなった気がした。

 ご視聴、そしてチーム西山の応援をしていただけたら嬉しいです。

(上田 初美)

関連記事(外部サイト)