「僕が就活したのは“氷河期”真っただ中で…」テレビプロデューサー・佐久間宣行が“天職”に就くまでの「意外な道のり」

「僕が就活したのは“氷河期”真っただ中で…」テレビプロデューサー・佐久間宣行が“天職”に就くまでの「意外な道のり」

©文藝春秋

「YouTubeは昔のテレビに近づいている」「NHKはまさにサブスク」テレビ東京退社から半年…佐久間宣行が考える“テレビの今” から続く

 テレビ東京のプロデューサーとして数々の人気番組を手掛けてきた佐久間宣行さんが今年3月に退社。フリーランスに転身し、テレビ、ラジオ、YouTubeなど様々なフィールドで目覚ましい活躍を見せている。意外にも、就職活動時は、最初からクリエイティブ職に狙いを定めていたわけではないという。そこで、テレビ東京入社の経緯、テレビプロデューサーという仕事に対する思いについて聞いた。(全2回の2回目/ 前編 を読む)

◆◆◆

■フジテレビは役員面接で落ちた

――佐久間さんは、テレビ東京在籍中の2019年に『オールナイトニッポン0(ZERO)』のパーソナリティに就任されました。現役テレビ局員の抜擢は異例中の異例でしたが、引き受けるにあたって迷いはありましたか?

佐久間宣行さん(以下、佐久間) それはもう単純に、深夜ラジオに関われたら幸せだな、と思って。僕は中学生の頃からずっと深夜ラジオが大好きで、就職活動でもニッポン放送の採用面接を受けたくらいです。その時は三次面接で落ちてしまいましたが。

――では、どういう経緯でテレビ東京に入社されたのでしょうか。

佐久間 僕らの時代はフジテレビの採用試験がいちばん最初だったので、記念受験のつもりでエントリーしたんです。その時は、制作部ではなく、事業部志望でした。僕は学生時代にたくさんエンタメの現場に行っていたので、その話を面接でしたらかなり好感触で。二次面接の面接官だった亀山(千広)(※)さんに「制作で受ければよかったのに」と言われました。結局、役員面接で落ちてしまったのですが、すごく悔しくなって。それがきっかけで自分が本当に就きたい職種を受験しようと思ったんです。テレビ東京はテレビ局のなかでいちばん最後に採用試験を行うので、なんとかエントリーも間に合って。で、制作職で受けてみたら内定をもらえて、「これは運命なんじゃないか」と。

※1980年、フジテレビ入社。2013年、代表取締役に就任し、17年に退任。

――最初から、いわゆるクリエイティブ職に狙いを定めていたわけではないんですね。

佐久間 マスコミは特別な人が行く場所だから僕には無理だと思っていましたし、僕が就職活動をした1999年は「氷河期」の真っ只中だったので、ぎりぎり我慢できそうな企業なら全部受けていました。

■面接のコツを掴んで数社から内定

――佐久間さんも十分「特別な人」だと思いますが……。

佐久間 大学に入学したばかりの頃は、将来テレビ業界に入りたいと思っていたんですよ。でも、大学1年生のときに広告サークルに入って、そこで出会ったのが西川美和、依田謙一、渡辺良介(※)の3人で。彼らの才能を目の当たりにして「こういう人がクリエイターになるんだな」と思って、早々に夢を諦めたんです。比較的ハキハキしゃべれる方だったので、就活ではメーカーとか商社の営業職を中心に受けて、けっこう内定をもらいました。

※?? ?西川美和(映画監督)、依田謙一、渡辺良介(ともにテレビプロデューサー)

――ちなみに、どれくらい内定が出たんですか?

佐久間 大手メーカーと商社。あと、テレビ東京と並行して、銀行と広告代理店の選考にも残っていて。テレビ東京に受かったあとも就活を続けていたら、もっと内定をもらえていたかもしれません。

――今だったら、その就活のノウハウを「note」で公開したら、課金してでも読みたい人がけっこういると思います。

佐久間 もちろん就活中はいいことばかりじゃなくて、つらい目にも遭いましたけど(笑)。でも、コツはわかっていましたね。一次面接の面接官はだいたい現場の人なので、現場でお客さんと向き合う大切さについて話すと、だいたい通りました。学生の頃って、でかいことを語りがちじゃないですか。現場を軽視して夢ばかり語る人とか、自己分析しかしてこない人とかは、一次面接で落とされていたような。

――例えば、佐久間さんはどんなお話をされたんですか?

佐久間 僕は「客」として体験したリアルなエピソードが何かないかな、と思い出して話すようにしていました。すると面接官が「それ、私がやった仕事なんだよ」と喜んでくれることが多くて。その時に、目の前の人がどういう人なのか理解しておくことの大切さを感じましたね。

■テレビプロデューサーが天職

――佐久間さんがテレビ番組を作るときは、目の前の人、つまり視聴者をどのように想定していますか?

佐久間 テレビ番組の視聴者を考えるのはすごく難しくて、想定する視聴者の幅を広げすぎるとぼやけた番組になってしまうんです。凄い優秀な人はマーケティングで番組を作れるんですけど、僕の場合はデータに合わせて作っていくという方法が向いていなくて。自然と「自分が視聴者だったら、この時間帯にどんな番組を観たいか」と考えるようになった。やっぱり根底にあるのは、僕自身が“観たい”という気持ちです。

――テレビ業界の仕事はとにかく激務ですよね。佐久間さんにも「会社を辞めたい」と思うことはあったのでしょうか。

佐久間 会社を辞めたい、か。それって後ろ向きな気持ちですよね。仕事が大変だから会社を辞めたい、という発想はなかったです。自由な時間がほしくなったら、異動希望を出そうとは思いましたが。テレビ局内の部署異動って転職に近いですから。

――テレビプロデューサーをしながらラジオパーソナリティもされて、ここ数年は特に忙しかったのでは。

佐久間 そんなことないですよ。忙しさのピークは、深夜ドラマのADをやっていた入社1年目かな。結局、その時々に抱えている番組に大きく左右されるんです。海外ロケ番組と朝の情報番組とでは、全然違う。生活リズムが一変するんです。

 次に死ぬほど忙しかったのは、入社3年目でした。運よく『ナミダメ』という番組の企画が通って、初めてプロデューサーになったんです。当時の“感動至上主義”の風潮を逆手にとって、泣くこと自体をバラエティー化してやろうというのがテーマでした。『TVチャンピオン』ともう一つの番組のADを掛け持ちしていたので、徹夜続きの毎日でしたね。

――それだけ寝食を忘れて没頭できる「テレビプロデューサー」という仕事は、佐久間さんにとってやっぱり天職ですか?

佐久間 はい、そう思います。他の仕事に就いていたら、ワークライフバランスを大切にしたい時期があったかもしれない。でも、僕の場合は、仕事とプライベートがあまり分かれていなくて、“面白いものを観たい”という気持ちが全部、仕事に直結しているので。他の職業についていたら、ここまで自分の時間を仕事に投入していなかったんじゃないかな。

(池守 りぜね)

関連記事(外部サイト)