SNSが「#俺たちの菅波」で盛り上がる一方で…まだ10代の清原果耶に向けられる「信頼」

SNSが「#俺たちの菅波」で盛り上がる一方で…まだ10代の清原果耶に向けられる「信頼」

朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』主演の清原果耶 ©?AFLO

「ごめん、きれいごとにしか聞こえないわ」

 2021年10月、清原果耶が主演している朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』は半年間の放送のフィナーレを迎える。そこに向かう直前の9月29日の放送で、永瀬廉が演じる気仙沼の漁師、及川亮は、「地元のために働きたい」と帰郷した主人公に向かって冒頭のセリフをつぶやく。

 それは優れた脚本家である安達奈緒子による、朝の連続テレビ小説という枠組みに対する批評であり、自分自身に突きつけた刃のようなセリフだった。

 田舎で生まれた女の子が夢を抱いて上京し、そして夢を叶えて帰郷する。そんな朝ドラのスタンダードな定型の中に被災地の現実があっさりと組み込めるはずがない、という作り手の誠意がそのセリフには込められていたと思う。

■SNSが「#俺たちの菅波」で盛り上がる一方で

 SNSで最も人気を集めた『おかえりモネ』の登場人物は、主人公と物語を伴走するハンサムな青年医師、菅波だった。しかし、脚本の安達奈緒子は『おかえりモネ』という物語を、主人公と菅波のラブストーリーに重心を置いて書いてはいない。たとえ舞台が東京に移った後も、最終的に帰るべき物語の中心は被災地でもがき苦しむ亮や、「正しいけど冷たいよ」という言葉を主人公に向ける妹の未知たちが暮らす被災地にある。

 視聴者たちがSNSで「俺たちの菅波」というハッシュタグで楽しく盛り上がっている時も、主演の清原果耶はたぶん、安達奈緒子の脚本の意図を理解していたはずである。

 まるで鍵穴と一対に作られた鍵のように、同じく被災地の宮城県を舞台にし、同じく清原果耶が出演する映画『護られなかった者たちへ』が10月1日に公開された。

 コロナ禍で撮影が延期されたこの映画は、本来ならこのタイミングでの公開ではなかったのかもしれない。だが全世界の映画界であらゆるスケジュールを狂わせた新型感染症は、結果的に『おかえりモネ』の最後の月と『護られなかった者たちへ』の最初の月を同じ2021年10月にピタリと合わせることになった。

 そして、ともに優れた作り手が別々の場所で生み出した2つの作品は、まるで最初からそう計画されていたように、宮城という被災地を正反対の方向から描き出している。

■「美を捨てた」佐藤健の実直な演技

 中山七里の原作『護られなかった者たちへ』の映画化にあたり、『菊とギロチン』などで知られる瀬々敬久監督は、プロットの段階から佐藤健に利根役をオファーした。それは『8年越しの花嫁 奇跡の実話』で土屋太鳳と共に主演をつとめた佐藤健に対する絶対的な信頼が根底にあった。

『8年越しの花嫁』の佐藤健は、端正な顔立ちから立ちのぼる普段の華やかな雰囲気を完全に消し、工場で働く不器用な青年を演じていた。映画でまず観客を驚かせたのは脳の後遺症とリハビリにのたうつ土屋太鳳の演技力だったが、その名演を裏から支えたのは佐藤健の「美を捨てた」実直な演技だったと思う。

『護られなかった者たちへ』の佐藤健が演じる利根という刑務所帰りの男は、『8年越しの花嫁』の好感のもてる実直さとも違う、観客に本能的な不快感と警戒心を抱かせる危険な気配を放っている。佐藤健は明確に、観客がそう感じるように演技で誘導していくのだ。

■『護られなかった者たちへ』眼で演じる佐藤健

 それは佐藤健がこの夏に声で演じたもうひとつの映画、細田守の劇場アニメ作品『竜とそばかすの姫』の竜のことを思い出させた。不快で、暴力的で、危険に見えるものが本当の「悪」であるとは限らない。ミステリには「叙述トリック」というものがあるが、松本清張の流れをくむ社会派ミステリの側面をもつこの映画は、佐藤健の演技の叙述によって観客をあえてミスリードしていく。それは観客の「素朴な感情」を問い直すためだ。

 この映画を見て、改めて佐藤健の「眼」の役者としての雄弁さに驚かされた。「るろうに剣心」で演じた優しげにヒロインを見つめる細いまなざしとは別人のようにギラついた目つきは、映画の中で次々とその表情を変えていく。

 2011年を軸に過去と現在を行き来するストーリーは複雑だが、佐藤健の眼を見るだけで今がどの時代で、利根がどういう心理状態にあるのか観客が直感的に把握できるほどだ。海外公開で俳優の声にはその国の吹き替えが入る場合もあるが、佐藤健の眼の演技はどんな言語や文化の観客にも翻訳不要のメッセージを伝えることができるだろう。

 佐藤健がその雄弁なまなざしで演じていくのは、「きれいごと」ではない被災地の生々しい現実だ。それは単に3・11の特殊な状況ではなく、コロナ禍で多くの店舗が閉店し、経済が激甚なダメージを受けた現在の社会と重なる。企画時には震災から10年を意図したであろう作品は、奇しくも未知の新型感染症という世界的な災害の中で公開されることになった。

■まだ10代である清原果耶への揺るがない信頼

 震災の中で妻子を失った刑事を阿部寛が演じ、林遣都、宇野祥平、原日出子、倍賞美津子、吉岡秀隆、永山瑛太、緒形直人という名優たちが被災地の人々、刑事や市役所職員ら重要な意味を持つ人物たちを演じていく。この俳優をこんな役に投入するのか、という驚きは、松竹映画の総力戦のような意気込みだけではなく、「大物俳優だから善人側の役」などという観客の先入観を裏切る、誰が善で誰が悪か、何が善で何が悪かを攪拌する物語だからだ。

 生半可な俳優は1人もいないその総力戦の中に、まだ10代の清原果耶がいる。パンフレットで監督が語るように、原作では彼女が演じた円山は男性であり、また同時に物語の鍵を握る人物だ。その性別を変更し、まだ10代の女優に任せる大胆な配役は、清原果耶の演技に対する揺るがない信頼のあらわれだろう。

 福祉保健センターの職員を演じる清原果耶は、貧困から生活保護に追い込まれる被災地の人々と向き合う円山の苦悩を確かな演技力で表現していく。朝の連続テレビ小説のイメージとあいまって、観客は彼女の中に誠実さと信頼を感じるだろう。だがそれは、佐藤健の演技が観客に強烈に印象付ける不信や警戒と表裏一体となる感情の誘導なのだ。

 クライマックスで清原果耶が、佐藤健が、阿部寛が見せる演技の素晴らしさを説明してしまうことは、この映画の核心を明かすことになるので避けよう。ただひとつ言えることは、この映画は正しい人間と悪い人間を分けるために作られた映画ではないということだ。

「死んでいい人なんていないんだ」と予告編で佐藤健が演じる利根は清原果耶演じる円山につぶやく。予告編だけ見れば「きれいごと」に見えるその言葉が、映画を見終わったあとでは全く別の響きに聞こえてくる、善も悪も内包した生を描く映画として『護られなかった者たちへ』は作られている。「この職業のこの人物がすべて悪い」という安直な結論を避けるために、すべての役に各世代の名優を投入する総力戦のような配役が行われている。

■「きれいごと」をのりこえて、物語の結末へ

「ただいま、カンちゃん」という映画の中の利根のセリフを、「おかえり」に変えてはどうか、と提案したのは演じる佐藤健本人なのだという。詳細は明かさないが、それは『護られなかった者たちへ』のクライマックスで待つ、とあるシーンと深く関係している。

 だがそれは同時にもうひとつ、偶然にも、被災地を舞台にしたもう一つの作品、対極のメディアで放送される朝の連続テレビ小説とこの映画をつなぐ一本の糸にもなっている。

 安達奈緒子脚本が導く『おかえりモネ』はこの10月、「きれいごと」をのりこえて、物語の結末に向かうのだろう。菅波と百音、亮と未知たち、引き裂かれた東京と被災地の物語に脚本が託した意味も、そこで明らかになるはずだ。『おかえりモネ』と『護られなかった者たちへ』のように、別々の場所で作られた作品が、対極の道をたどりながら同じ問題意識を共有することもあるのだ。

 清原果耶という若い1人の俳優で繋がる2つの作品を、この10月に見届けるのは稀有な経験になるのではないかと思う。

2020/10/17 12:36……読者からの指摘を受け、以下内容を修正いたしました。
「『8年越しの花嫁』の佐藤健は、モデル出身の端正な顔立ちから」→「『8年越しの花嫁』の佐藤健は、端正な顔立ちから」

2020/10/18?14:08……読者からの指摘を受け、映画『護られなかった者たちへ』の公開日の記述を修正しました。

(CDB)

関連記事(外部サイト)