「ボン・ジョヴィは真面目。ポリスは…」ツアーを支え続けた男が目にした“伝説的”海外アーティストたちの素顔

「ボン・ジョヴィは真面目。ポリスは…」ツアーを支え続けた男が目にした“伝説的”海外アーティストたちの素顔

©iStock.com

 1967年に設立されて以来半世紀以上にわたり、海外アーティストを招聘し、日本におけるコンサート事業を牽引してきたウドー音楽事務所。同社で長きにわたりアテンドを担当した重冨章二氏は、これまでに“伝説級”のアーティストたちの素顔をすぐそばで見てきた人物だ。

 ここでは、『 洋楽ロック史を彩るライヴ伝説 ウドー音楽事務所の軌跡を辿る 』(シンコーミュージック)の一部を抜粋。音楽ライター赤尾美香氏が重冨氏に行ったインタビューのもようを紹介する。

◆◆◆

■荷物の積み下ろしからステージ周りまでなんでもやった新人時代

──ウドーさんへの入社は1979年11月と伺っています。

重冨 そうです。それまではキョードー東京にいました。11月1日からウドーに移ってすぐエリック・クラプトンやボニー・タイラーが来て、12月にはリー・リトナーが来て、僕はボニーにつきました。

 キョードー東京に入ったのは69年で、それ以前は京都のホテルにいました。まだ若かったから、キョードーのスタッフがアーティストを連れて宿泊するのがカッコ良くてね。憧れですよ、単純に。たまたまホテルの先輩たちが東京や大阪のキョードーに転職していたから、お願いしてみたんです。でも、具体的にどんな仕事か分かっていなかったから、入った途端に大変で、「こんな世界だったか……」と思ったんですけどね(笑)。

■スティングは個人的にボディガードを雇って来ていた

 最初の頃は、今では考えられない環境で、音響さんも、照明さんも、もちろん舞台屋(舞台監督)さんもいないし、僕らはアーティストを連れて、楽器とスーツケースを持って電車で回るんですよ。いわゆるドサ回り。荷物の積み下ろしからステージ周りのことまで、全部ひとりでやりました。おかげでアーティストのことも、ステージのことも分かるようになりました。それは、よかった。

──80年代になると、ほぼ毎月1本以上は来日公演を行なっています。重冨さんご担当のスティングは、80年のポリス初来日から現在まで何度も来日しています。

重冨 最初に会った頃のスティングと今の彼では、まったく違いますよ。この前来日した時、「ラーメン食いに行こう」という話になり、その時に「知り合って何年になる?」って聞かれて、「初めて一緒に仕事をしたのは80年だから……」と答えたんだけど、もう40年になるのか!と、自分でも驚きました。うちもありがたいけれど、彼らも40年間ずっとビジネスができているって、すごいことだと思います。

──若い頃の彼は、やんちゃでしたか?

重冨 スティングよりもアンディ(・サマーズ)とスチュワート(・コープランド)の方が大変でしたね。実際、スチュワートはスティングを殴っているんですよ、どこかのステージで。日本に2度目に来た時なんて、スティングは個人的にボディガードを雇って来ていましたから。スチュワート対策でね。

■野球がうまいヒューイ・ルイス

──70〜80年代に活躍して、00年代以降にまた活動を活発化させているミュージシャンやバンドも少なくないですね。

重冨 ヒューイ・ルイスやホール&オーツも、そうですね。ヒューイとはとても仲がいいんですよ。来日中に、ウドーとヒューイ一行とで野球の試合をしたこともあります。また、うまいんですよ、あいつ。

 うちのファウンダー(有働誠次郎)は野球が大好きなんですけど、そこは相手に花を持たせなきゃいけないですからね、「お前は三振しろ」だのなんだのうるさい( 笑)。「彼らはそんなこと望んでいませんよ」って言うんだけど、ダメで。でも、僕、ヒューイのカーブを打っちゃいましたけどね(笑)。「三振しろ」って言われると余計に燃えるというか。昔は、リッチー(・ブラックモア)がいた頃のディープ・パープルなんかとも、サッカーやったりしていましたよ。

──ボン・ジョヴィは86年からウドーさんですね。大ブレイクする前の来日でした。

重冨 『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ/Slippery When Wet』が出る直前だったんだよね。武道館やって、青森や神戸を回ったけど、どこも( 観客の入りが)半分くらいで。でも、日本からツアーをスタートして世界を回っているうちに大ブレイクして、ツアーの最後にもう1回来てもらったら、武道館5回、即完ですよ。

■ひとり黙々とボウリングの練習をするジョン・ボン・ジョヴィ

──重冨さんから見たジョン・ボン・ジョヴィは、どんな人ですか。

重冨 真面目。もう少し遊べば?って、思うんだけどそれがない。彼らが来日すると、よくボウリングをやりました。横浜球場でコンサートが終わってもそのまま帰らないで、横浜でボウリング場を探して行ったりね。リッチー(・サンボラ)はめちゃめちゃ運動神経がよくて、ボウリングもうまい。一方のジョンは、リッチーほど運動神経はよくない。だけど、彼は努力するんです。ジョンがいないなと思うと、ひとりだけ遠いところのレーンで練習してる。

「あいつ、何やってんだ!?」ってみんな思っていたけど、今考えると、すごい努力家だし、彼の負けたくない気持ちってすごいなぁと思いますよ。ボン・ジョヴィはね、やっぱり僕らもリッチーがいた頃が一番よかったですね。この前来日した時も、ジョンとリッチーの話をちらっとしたんです。ジョンはリッチーに声をかけてはいるんですって。ただ、声はかけるけど、それ以上にプッシュはしない。

■東京駅が騒然となったMSG初来日

──80年代には、ウドーさんと、いわゆる“追っかけ”のファンとの攻防!?も激しくなってきましたよね。

重冨 めちゃめちゃですよ、めちゃめちゃ。ファンが僕の顔を見るだけで逃げて行きましたからね。でもそのくらいじゃないと。ジャパンの来日時は、ファンが同じ車両に乗り込むし、同じホテルに泊まるんですから。シングル部屋に何人も入って。80年の新潟公演の時もすごかったですよ。あの時は、東映ホテルに泊まっていて、オークラに食事に行ったら周りのテーブルが全部ファンでね。食事を終えて歩いて帰ったんですけど、橋を渡っていたら20mくらい先まで後ろをぞろぞろとファンが歩いている。

──大名行列みたいですね(笑)。

重冨 でも、記憶に残る中では、81年のマイケル・シェンカー・グループ(MSG)初来日が、ファンの数では一番じゃなかったかな。東京駅の八重洲口に着くと50〜60人のファンがいてね。いつものように「どけ!」って威圧しながら入るんですけど、改札近くでもう進めないくらいファンが集まっていて前が見えない。突っ込むしかないから、雑誌や新聞紙丸めたやつを持ってね、「てめぇら、どけー!!!」って。今やったら、大変なことになりますけどね(苦笑)。新聞紙を丸めたので手のひらを叩くと、すごく大きな音が出るんですよ。するとみんな「きゃー!!」って散るから、その隙間を抜けて行く。

 僕らとしては、ファンが集まったことで、一般のお客さんが怪我するようなことがあってはならないわけです。ファンはね、怪我をしても自業自得な部分もあるけれど、何の関係もないお年寄りが階段から落ちたりしたら大変ですからね。東京駅や空港にも、なんとか裏口から入れてもらえないかと何度も交渉はしているんですよ。でも聞き入れてもらえないことがほとんどでした。

■ポリス初来日 伝説の京都大学西部講堂の乱!?

──デヴィッド・ボウイの83年武道館公演は、当時高校生だった私も観ていますが、すごい人気でしたよね。

重冨 絶頂期でしたね。髪の毛はリーゼント風にして、まっ黄色のスーツ着て、かっこいいじゃないですか!! アテンドするのは大変でした。写真週刊誌に狙われて、「デヴィッドの部屋に行った」と言う女性が現われ、部屋の見取り図まで掲載されたこともありました。僕たちは「でもこれ、位置が逆だよな」とか言いながら見てましたけど。あの時の大阪万博公園でのライヴはスタンディングだったから、寒い時期にもかかわらず、ファンが前日から並んだんです。それでライヴが始まるや、後ろの方の観客が前に押し寄せた。前にいる観客は夜通し並んで体力も落ちているから乗り越えられちゃって……もう悪夢ですよ。デヴィッド本人がファンに冷静になれと呼びかけて、なんとか続行できましたけど。

■観客が押し寄せてぐしゃぐしゃに

 ラットが仙台のスポーツセンターで公演した時は、暗転して本人たちが登場して照明がつくじゃないですか。そうするともう前がぐちゃぐちゃ。僕が飛び込んで、一番前まで行って1曲目で「やめろー」ってバンドに合図出してやめさせて、主催者に出てきて話をちゃんとしてもらいました。そうしたらね、地方のファンは素直なのか、自分たちでぐちゃぐちゃになっているパイプ椅子を持って元の場所におとなしく座ったんですよ。

 ポリスが最初に来た時、僕らのツアーが終わった後、レコード会社がブッキングして、京都大学の西部講堂でライヴをやったんです(編集註:学生自治会により運営された)。ウドーからは僕ともう一人が残って立ち会ったんですけど、観客は押し寄せてぐしゃぐしゃ。途中でトレンチコート来たヤツがステージに上がってきてマイクで何か言ってるわけですよ。注意してるのかなと思ったら、とんでもない! 「こんな場所で利益をあげるコンサートをするようなヤツはどうのこうの」って言い出して。散々でしたよ。僕らは押された観客を前からひっぱりあげて助けて、「アンコールはなしだ」って、待たせておいたタクシーに荷物全部詰んでホテルに逃げました。

(重冨 章二,赤尾 美香)

関連記事(外部サイト)