原辰徳監督の“恐怖人事”で巨人が「大失速」か 石井琢朗氏、井納翔一らを冷遇とも

記事まとめ

  • 巨人が、9月上旬の阪神戦で連敗して首位から陥落し、4年ぶりの10連敗を記録した
  • 大失速の理由の一つは、全権監督でチームの編成権も握る原辰徳監督の“恐怖人事”とも
  • 代表例が石井琢朗野手総合コーチの左遷で、阿部慎之助2軍監督を代わりに据えた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております