背番号60から放たれる来季覚醒の匂い。中日・岡林勇希が竜のスターへ駆け上がる

背番号60から放たれる来季覚醒の匂い。中日・岡林勇希が竜のスターへ駆け上がる

岡林勇希

 縦横無尽にグラウンドを駆け巡る背番号60に、ワクワクが止まらない。中日・岡林勇希外野手。今季は高卒2年目で1軍キャンプスタートを決めると、そのまま開幕1軍入り。不調やけがもあり一度は2軍に降格したが、9月に再昇格すると主に右翼でスタメン出場を重ね、24試合で打率2割5分4厘の数字を残した。

 少々マニアックな記録だが、10代で月間2度の猛打賞という立浪和義新監督以来となる快挙も達成。初めて猛打賞を達成したときは、「興奮して寝れないかもしれない」と語るあどけなさが、高い潜在能力とのギャップにスパイスを加えている。

 かつて広島に育成選手として所属した兄・飛翔(つばさ)さんの影響で野球を始めた。とにかく野球が大好きで、兄を追って入学した三重・菰野高では二刀流でプロ注目選手となった。新人入団会見では投手、野手の二刀流も視野に入れる発言もしていたが、実は「もう野手一本で行くと決めてましたよ」と振り返る。ドラゴンズの先輩がマウンドで投げている姿を見ると「よくあんなところで投げていられるよな……。絶対緊張するよ。無理だわ」と、意外な一面もある。

■天才・岡林勇希、コメダ珈琲でテヘペロ

 昨今、“若者のテレビ離れ”が叫ばれるが、岡林にとっては関係なし。バンテリンドームの試合を終え、昇竜館の自室に戻れば、即テレビの電源を入れてリラックス。自ら「生粋のテレビっ子」というように、今クールの『ラジエーションハウス』や『最愛』の話を振ると、野球の話題以上にニコニコしながら教えてくれる。郡司裕也選手から教えてもらった『有吉の壁』で抱腹絶倒してるときもあるとか。

 16歳上の記者が思わずニヤけたのが、「今年はいろいろ覚えたんですよ」というファッションの話。今は、あの選手会長も愛用するブランド「DIOR」に興味津々。この冬は遠征時に持ち歩く大きめのバッグを買うか、ちょっと背伸びした腕時計を購入するか、ガチで迷っている姿が愛らしかった。コロナ禍で頻繁には行けないが、高松渡と名古屋の繁華街・栄へ買い物に行ったりすることもストレス発散になっている。

 最近は、寮で一番仲が良い郡司先輩の退寮が決まって、さみしくてしょうがない。入団時は「郡司さん」と呼んでいたが、「郡さん」を経由し、最近は「郡ちゃん」になった。郡司の部屋へ行き、こだわりのコーヒーをいただく日常が癒しでもある。

 少し前だが、2人で朝早く近くのコメダ珈琲店へ行った。無邪気すぎる岡林は、無料でついてくるモーニングに加えて、カツサンド×2とシロノワールを注文。「おいおい、マジかよ」と驚く郡司先輩に、「いやぁ、メニュー表のカツサンドは少量に見えて注文しすぎちゃいました〜」とテヘペロしながら、大量注文の品を次々たいらげて、さらに驚かせた。帰省したときに必ず食べるという、地元・松阪市にある「前島食堂」の鶏肉が絶品とのことで、オフに機会があれば郡司さんと一緒に記者も連れていってもらうことにした。

 岡林は、よくまわりから「変わってる」と言われるそうだが、もう言われすぎて「自分は変わっている人なんだ」と開き直るようになった。でも、打席に立てば常に緊張するし、チャンスで回ってくれば、思わずえずきそうにもなるという。それもそのばず。まだプロに入って2年。目の前のことが何もかも新鮮で、何もかも発見。困難だって、喜びだって、次々に飛び込んでくる。

■衝撃的だった広島・鈴木誠也のグランドスラム

 プロ初の猛打賞を放った10月7日の広島戦(バンテリンD)。今年、一番印象に残っているシーンがあった。0-0の5回。1死満塁で中日のエース・大野雄大投手から、広島の4番・鈴木誠也外野手がバックスクリーン横へ特大の満塁弾をたたき込んだ。脳裏に焼き付いたのは、金メダルを獲得した日本の4番の“対応力”だった。

「大野さんが2球で追い込んで1-2からの4球目。確か、あのホームランを打ったときノーステップだったんです。とっさの判断で打ち方を変え、しかもグランドスラム。勝負強い。ホームランがすごいというより、大野さんという球界屈指の投手をどう打つのかを常に考え、行動を起こせることがすごい」

 右翼の守備についていた岡林は、1打席で起こった鈴木誠のとっさの判断にただただ驚いた。なお、同日の試合で鈴木誠がロジンでグラウンドに「60」とイタズラ書きしてくれたことには、「めちゃめちゃうれしかった。でも、どう返したらいいのか……」と、感激しつつも戸惑っていた。

 尊敬する元マリナーズ・イチローのように、走攻守3拍子そろったスーパースターを目指している。でも、まずは等身大の自分を受け入れる。今オフも誰かに弟子入りするつもりはない。

「まだ何もない僕が、誰かのところでトレーニングしてもきっと難しい。まずはしっかりと基礎、土台を作りたい」

 2月のキャンプ前に78キロだった体重は、フェニックスが終わって73キロまで落ちた。今年も秋季キャンプが終われば、名古屋にあるトレーニングジム「BCプロジェクト」に通い、来年2月のキャンプまでには、現在の体型を維持しつつ80キロにビルドアップする狙いを持ってる。

■二塁挑戦への偽らざる本音

 だがその前に秋季キャンプだ。4日から始まった“地獄の秋”には、「技術、スタミナ、打撃。全てにおいてレベルアップ」という目標を立てた。さらには、内野用のグラブを持ち二塁へ挑戦することになった。

「二塁に行くことでチャンスが増えるのは、僕にとっていいこと。楽しみなんですよね」。実は内野をやるのは初めて……ではない。中学時代に二遊間を守ったこともある。さらに、中日から指名された19年のドラフト前には11球団から調査書が届いたが、ある球団からは、高校時代、投手か外野だったにも関わらず「是非、ショートで獲りたい」と言われたこともあった。しかし、岡林には不安もある。「どちらも中途半端になってしまうのが怖い」。その恐怖に打ち勝つため、がむしゃらに練習へ打ち込む。

 5日の練習後には、初の長時間ノックに「外野とは違う動きで、下半身が張っている。一つ、一つ技術を高めたい」と話した。荒木雅博内野守備走塁コーチも「体の使い方でいいところはある。一番意識させたいのは足の使い方。それが全てのことに生きてくる」と、“特訓”を楽しみにしている。

 今春のキャンプでは、立浪新監督が臨時コーチを務め、その実力を高く評価された。NPBで1位の通算487二塁打を誇るミスタードラゴンズから、多くのことを吸収した。今度は監督と選手として、同じリーグ優勝、日本一を目標に戦う。取ってみたいタイトルは、トップバッターでの首位打者だ。

 来季3年目の若竜は、こう未来像を描く。

「線が細いってみんなに言われるが、大きくしすぎて自分の持ち味が減らないようにしたい。143試合戦うには今の体、スタミナじゃ物足りない。ホームラン打つ打者ではないし、立浪さんがよく打っていた二塁打というのが大事になる。ちょこちょこするのも大事だが、しっかり長打が打てる打者は怖いと思う。打っていい場面では打てるような体の大きさは作りたい」

 最後にこんな質問をした。「岡林勇希のプロ野球人生で、今は何合目?」

「まだ2合目も行ってない。いきなり5、6合目までにはいけないので、目の前の課題を一つずつクリアしていきたい。でも、スピードは全速力で!」

 2022年の岡林勇希、大ブレイクの予感がぷんぷんする。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2021」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/49591 でHITボタンを押してください。

(長尾 隆広)

関連記事(外部サイト)