「宇宙人だよ…」日ハムのビッグボス新庄剛志(49)に恩師・野村克也がボヤいた“至言”「おだてて褒める“野村流”が育てたSHINJOの流儀」

「宇宙人だよ…」日ハムのビッグボス新庄剛志(49)に恩師・野村克也がボヤいた“至言”「おだてて褒める“野村流”が育てたSHINJOの流儀」

就任会見をする新庄剛志新監督 ©時事通信

 プロ野球「日本ハム」の新監督に新庄剛志(49)が就任した。11月4日に札幌市内のホテルで行われた記者会見では、「選手の顔はまったくわからない」と話し、「レギュラーなんかは誰一人決まっていない」と言い切った。

 私は新庄の「恩師」で、2020年2月に84歳で亡くなった野村克也氏に生前何十時間にもわたってインタビューを繰り返してきた。野村氏には様々なことをお伺いしたが、その中には愛弟子である新庄についての鋭い分析もあった。ある日、何かのはずみで「もし新庄さんが監督になったら」と聞いたことがある。野村氏は「彼は長嶋と同じで直感力が鋭い」と自身の永遠のライバルである長嶋茂雄さんと比較して、「監督・新庄」の可能性について語ったが、同時に「まっ、彼が監督になることなどあり得んだろうが……」と言い添えることを忘れなかった。

 しかし、事実は小説より奇なり。自ら「BIGBOSS」と名乗る新庄は早くも球界の台風の目になりつつある。生前の野村氏の言葉から、新庄監督の可能性について探る。

(全2回の1回目/ 後編 を読む)

■「主食はポテトチップス」と聞いて、ホンマかいなと

 11月4日、フラッシュの中心に深紅のスーツにデカ襟の白いワイシャツという服装の新庄がいた。

「優勝なんかは一切目指しません!」

「監督って呼ばないで、『BIG BOSS(ビッグボス)』でお願いします」

 周囲が期待していた言葉とは、真逆のことばかり口にする。前例にとらわれないチーム作りに注目が集まった。私はかつての師匠である野村克也氏に生前、新庄はどういう選手だったのかと聞いた時に、野村氏が発した言葉を思い出していた。

「宇宙人だよ」

 野村氏は一言そういった。私が「どういうことですか?」と再び質問すると、

「ヤクルトの監督時代、昔から懇意にしているマスコミ関係者から、『彼はポテトチップスを主食にしている』っていう話を聞いたんだ。ホンマかいな? 体が資本のプロ野球選手で、そんな食事をしている選手なんか聞いたことがなかったから驚いたよ」

 私と隣にいた編集担当者が思わず笑ってしまった。野村氏が続けた。

■野村氏が新庄を「宇宙人」と表現した理由とは!?

「こんな話もある。ある阪神のコーチが新庄に、『もっと走り込んで下半身を強化しなさい』と言ったら、『ジーンズのサイズが大きくなるから嫌です』ってキッパリと断ったというんだ。プロ野球選手が下半身強化よりもジーンズのサイズのほうが大事なんて、聞いたことがないやろ」

 そう言いながら苦笑いをしていた。野村氏のプロ野球人生のなかで、それまでに一度も遭遇したことのない選手だったからこそ、新庄に対して「宇宙人」という表現をあえて使ったのだろうと思った。

「新庄はオレの監督人生の中で、よくも悪くも誰もマネできないタイプ。43年間、プロ野球の世界に身を置いて、いろんなタイプの野球選手を見てきたつもりだけど、彼ほど奇想天外な選手はおらんかった」

 ヤクルトの監督時代、野村は対阪神戦を得意としていた。新庄が一軍に定着した1992年から98年までの7年間、対阪神戦の勝敗は124勝60敗3分と64もの貯金を作った。なかでも95年20勝6敗、96年19勝7敗、97年20勝7敗と、この3年間は野村ヤクルトが圧倒している。

 カモにしていた阪神において、野村が最も注目していたのが新庄だった。

■初スタメン、初打席、初球、決勝ホームランでファンをとりこに

 デビューはド派手だった。レギュラーだったトーマス・オマリーの故障で、1992年5月26日に一軍に昇格すると、大洋(現DeNA)戦でいきなり「7番・サード」でスタメン出場。第1打席で右腕の有働克也が投じた初球のスローカーブをフルスイングすると、打球はレフトスタンドに一直線に吸い込まれた。シーズン初スタメン、初打席、初球、決勝ホームラン。これ以上ないという豪快さで、阪神ファンを瞬く間にとりこにした。

 2日後の巨人戦では、3本柱の一角だった桑田真澄からバックスクリーンへ特大の2号を放つ。

「たとえ相手が桑田さんでも、『調子が悪くなって二軍に落ちていたんだ』と思って打席に立てば怖くないんです」

 新庄は当時インタビューでこう述べている。この頃からすでに持ち前のポジティブシンキングぶりを発揮していた。

 守備の良さも光っていた。デビュー当初のサードからセンターにコンバートされるとその実力はいかんなく発揮された。レフトやライトの正面にフライが上がると、なんとセンターを守っていたはずの新庄が彼らのポジションの後ろまで来ている。並の走力でないことの証明だった。

■田淵幸一からのアドバイスは「よくわかりませんでした」

 けれども相手から研究されるにつれ、デビュー当時のように打てなくなっていた。豪快なフルスイングを持ち味としていたが、タイミングを外されるようなボールを投げられると、あっけなくバットが空を切る、ということがたびたびあった。新庄にもっともっと打撃成績が向上してもらいたいと願う当時の首脳陣の考えから、さまざまなアドバイスをコーチが送ったものの、のれんに腕押しの状況だった。

 ある年のキャンプで、阪神OBで「ホームラン・アーチスト」と呼ばれた田淵幸一が新庄に手取り足取り指導したこともあった。直後、報道陣から「田淵さんからどんなアドバイスを受けたんですか?」と聞かれると、新庄はたった一言、「よくわかりませんでした」と真っ白い歯をキラリとさせるだけだった。「仮に本当にわからなかったとしても、報道陣に『わからない』と言って笑うのは、プロとしていかがなものか」と苦言を呈する阪神OBもいた。 

 96年から98年の3年間の新庄の打撃成績は、打率2割2分から3分台に低迷し、98年にいたっては、前年20本打っていた本塁打がわずか6本。打点も前年の68から27まで落ち込んだ。

■新庄は外見や振る舞いとは裏腹に、繊細でナイーブなタイプ

 そんな状況下で野村は98年秋、吉田義男に代わって阪神の監督に就任。直後の秋季キャンプで、野村は新庄と話す機会があった。打撃について1つ、2つ新庄の問題点を指摘すると、「ちょっと待ってください。それ以上言われてもわからないので、また今度にしてください」と新庄のほうから一方的に野村の話を打ち切ってしまった。これほどまでの才能を持った選手がなぜ打撃技術が向上しないのか、野村はこのときピンときたという。

「アイツはきた球をただ打っているだけだったんだな。何も考えずに打っているから、成績が残せないんだ」

 新庄と話したことで、もう1つわかったことがあった。

「外見や振る舞いとは裏腹に、繊細でナイーブなタイプである」

 ヤクルト時代の古田敦也や池山隆寛のように、きつい言い方をすると途端にやる気をなくしたり落ち込んでしまう。直感的にそう感じたのだ。

■野村氏が99年の春季キャンプで、新庄に投手をやらせた理由

「傍から見ていても、彼の持ち味である思い切りのよさが、年々なくなってしまっているように感じた。どん欲に野球に取り組んでいるようには見えなかったんだ。オレの流儀に反するところではあるんだけど、彼と直接話したことで、もっと自由に、伸び伸びプレーさせたほうがいいんじゃないかって思った」

 たとえ天才肌の人間であっても、欠点は必ずある。新庄とて例外ではなかった。だが、欠点を単刀直入に言って直すのでは効果がないし、そもそも本人のプライドを傷つけてしまう。

「お前さんはこんな才能もあるじゃないか」とプライドをくすぐることで、言われた当人のモチベーションが上がり、ヒントになる何かを発見することができる。結果、新庄に対しては、「叱らずに、おだてて褒める」方針を掲げた。99年の春季キャンプで、新庄の希望するままに投手をやらせたのは、野村にそうした考えがあったからだ。

 新庄がブルペンで投げ終わると、野村は待ち構えていた報道陣に向かって、「ストレートの伸びは、金田(正一)、江夏(豊)級や」と賛辞を送った。新庄も意気揚々として翌日もブルペンに入って投げる。楽しそうに野球をしている姿は、まさに野球少年そのものだった。

■「投手って考えている以上に難しいですね」

 それから数日後、新庄はブルペンで野村の姿を見つけると、こんな話をしだした。

「投手って考えている以上に難しいですね」

「どういうことだ」と野村が新庄に訊ねると、「ストライクをとるのって、簡単ではないですよね。思い切って投げるとコントロールがバラツキますし、コントロールを気にしだすと今度はスピードがなくなってしまう。コントロールよく全力で投げるのって、相当の技術が必要なんじゃないかってことに気がついたんです」と答えた。

 これこそ野村が一番待っていた答えだった。

「そうだろう。お前さんが打席に立っているとき、相手の投手もそう考えてマウンドに立っているんだぞ」

 新庄はうんうんとうなずきながら黙って野村の話に耳を傾けていた。相手投手の心理状態を説明することで、「打席に立ったとき、自分も苦しいが、相手投手は自分と同じかそれ以上に苦しんでいる」ということを、論理的に理解することができたのだ。

( #2 へつづく)

「長嶋と同じで直観力が鋭い」日ハムのビッグボス新庄剛志(49)の“監督力”を見抜いた“ノムさんの言葉”「感性が動物的で優れている、ただし独善的になると…」 へ続く

(小山 宣宏/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)