《MVP受賞で予想的中!?》“投手に専念しろ派”だった張本勲も“大あっぱれ”で掌返し「打者・大谷は俺の想像を超えた」

《MVP受賞で予想的中!?》“投手に専念しろ派”だった張本勲も“大あっぱれ”で掌返し「打者・大谷は俺の想像を超えた」

DH部門でファン投票1位に輝いた大谷 ?文藝春秋

 大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手(27)が、MVP(最優秀選手)に選ばれた。日本選手の受賞は、イチロー氏が受賞して以来、20年ぶり2人目の快挙だ。文春オンラインでは、7月に大谷選手がオールスターに初選出された時に、野球評論家の張本勲氏に大谷選手の躍進の秘密について聞いた。張本氏は大谷選手のバッティングを絶賛し、「今のままいけばホームランは45、46本はいくんじゃないか」と7月の時点で正確に今季の最終成績(46本)を予言していたのだった。今回、特別に当時の記事を再公開する(初公開日 2021年7月3日 年齢、肩書等は当時のまま)。

「体力ある。技術ある。筋肉は柔らかい。足は速い。顔はいい。性格はいい。天は六物を与えたな。こんないい子はいないよ。俺はアメリカの野球は好きじゃないんだけど、大谷の活躍を楽しみに毎回観てるんだ。うれしくてしょうがない。大谷が日本ハムに5年間いたとき、俺は毎年キャンプで会えるのを楽しみにしていたのよ。俺もこんな息子がいたらいいなと思っていたから、4年前に彼がアメリカに行ったときは本当に不安だったけどね。これまでケガに苦しんだけど、オールスター出場は当然でしょう」

 アメリカ・大リーグのエンゼルス大谷翔平選手(26)がア・リーグのDH部門ファン投票1位でオールスターに初選出された。オールスターは日本時間7月14日に行われ、日本人野手では、イチロー、松井秀喜、福留孝介に続いて4人目で、DHとしては初出場となる。大谷はオールスター前日(日本時間7月13日)に開催されるホームラン競争への出場も表明している。

■あの“球界のご意見番”も「打者・大谷」に太鼓判

 メジャー4年目となる今年は実力が開花し、これまで75試合(日本時間7月2日時点、以下同)に出場して、〈打率.277 打点63 盗塁11〉の好成績を残し、ホームランは28本と両リーグを通じてトップを走っている(※日本時間3日には29号、30号を二打席連続で記録)。連日のように野球ファンを魅了する“翔タイム”に、珍しく冒頭のように「うれしいねえ」と目尻を下げるのは、球界のご意見番で、3085本という日本プロ野球史上不滅の最多安打記録を持つ張本勲氏(81)だ。

 日曜朝の「サンデーモーニング」(TBS系)のコーナー「週刊御意見番」などで、数々のアスリートの「あっぱれ!」な活躍も、「喝」を入れたくなるような体たらくも、歯に衣着せぬ物言いとともに見守ってきた張本氏。これまで大谷の二刀流に苦言を呈してきた張本氏は、打者よりも「投手・大谷」を評価してきた野球界OBの1人だ。だが「文春オンライン」特集班の取材に「ホームラン王も獲るかもわからんぞ」と打者・大谷の実力を認めたのだ。

■「大谷は80%はピッチャー」と言ってきたけれど…

「俺はずっと『大谷は80%はピッチャーだ』と言ってきたけど、今は逆だな。バッターとしてのほうがいいわな。『張本さん、昔と言ってることが違うじゃないかっ!』って言われるかもわからんけど、そりゃ全然違うよ。バッターとして非常に状態がいいから。22号のホームラン(日本時間6月20日)をレフトスタンドへ打ったときに、スイングをずっと見ていたら、これは誰が教えたのか、自分で作ったのか、バッティングに“間”ができていた。巨人の岡本(和真)や、ほかの好打者と言われるバッターたちは球を探しながら打ちに行っているから、甘い球しか打てない。ところが大谷は待ちながら打っているから、球を捕えられる。ちなみに日本で“間”があるバッタ―は1人しかいない。それはオリックスの吉田(正尚)。この選手くらいだな。

 例えば、とんぼを獲るときを考えてみなよ。動きながら獲るのと、じっとしながら獲るのとでは、獲れる確率が全然違うだろ。大谷の去年と一昨年のバッティングフォームを見てみると、全然違うから。昨年までは右足をぴょんと上げて打っていたけど、足を上げるというのは非常にタイミングが難しいんですよ。大谷はそのバッティングフォームが合っていなかったんだけど、今年は右足を上げるのをやめた。それが良い方に出ているから、今の形でいくとホームラン王? いくかもわからんぞ。だからこの活躍はうれしくてしょうがないわ(笑)」

■2018年の手術で「フォームが小さくなった」?

 一方で、これまで張本氏が絶賛していた大谷の投手としての今シーズンの成績は、12試合に登板して3勝1敗。防御率3.60と苦戦している。

「前はピッチャー大谷も100年に1人だと言ってきたけども、2018年に右肘の手術をしたじゃないですか。それ以降、振りかぶったときのフォームが小さくなっている。昔はもっと大きく振りかぶっていたんだけど、いまは動きが小さくなってしまっているから、3勝しかできていないんじゃないの。ピッチャーは故障が非常に多いし、登板間隔も空けなくてはならないから、今はバッターのほうがいいかもわからんな。ピッチャーとしてはちょっと下り坂気味だけど、バッターとしては俺の想像を超えている」

■比較は無意味…「松井は一流だけど、大谷は超一流になれる」

 日本人選手の最多ホームラン記録は04年に当時ヤンキースの松井秀喜氏が30歳で記録した31本。大谷は松井氏の記録を大きく更新する勢いで、最終的には57本ペースとも言われている。だが、張本氏は「大谷と松井を比較してはいけない」と、警鐘を鳴らす。

「松井も一流選手だけども、大谷は超一流になれる選手だから比較しないほうがいいよ。松井は松井でがんばったけども、アメリカでは中距離バッターでしょう。大谷はベーブ・ルースに迫る、世界的な選手だから。ホームランも31本どころじゃない。今のままいけば45、46本はいくんじゃないか。57本ペースというのはちょっとオーバーだけどね。結局、シーズンの終わり頃には(四球で)歩かされたりして打たせてくれないとは思うけど、ホームラン王も夢ではない。

 そうなったら、『アメリカ見たか! どうだ!』って言ってやりたいわな。ただ、アメリカのメディアはいい時は歯の浮くようなお世辞をいうけど、ダメなときは酷いことを言うから、ケガをしないで自己管理をして、シーズンを終わってもらいたいわな。それを願うだけだ」

■「二刀流ができるのは30歳まで」

 世界を席巻する二刀流だが、張本氏は「二刀流ができるのは30歳まで」と指摘する。

「以前、日ハムの栗山(英樹)監督に『なんで大谷に二刀流をさせるのか?』と聞いたことがあるんですよ。そしたら『本人がやりたいと言っている』と。本人がやりたいならやらしたらいいんだけど、今26歳でもうすぐ27歳でしょ。今のまま二刀流でいけるのは30歳までですよ。30歳を過ぎたら体力が持たないから二刀流はできない。そんな甘い世界じゃないから、あと2、3年の勝負だ。投手か打者か、どちらかを選ばないと体力が続かないもん。ケガをしたら野球生命も短くなるでしょう。もったいないじゃない、100年に1人の選手なんだから。今の状態なら打者・大谷のほうがいいだろう」

■張本氏の「喝」が向かった先は…

 打者・大谷に称賛の声を送る張本氏だが、最後は張本節の「喝」も忘れない。

「大谷が(日本時間5月20日に)セーフティバントやったじゃないの。あんなことやる必要ないよ。やめなさい! ホームランバッターが率を稼いでどうするの。3割以上打って、ホームラン45本でホームラン王になる? そんなことできたら世界がひっくり返るわ。王(貞治)みたいにね、3割2分打ってホームラン55本というのがあるけどね、これは特別。今の大谷は打率2割7分台で3割には届いていないけど、それはホームランバッターの宿命だろ。それなら可能性のあるホームラン王ですよ。もっともっと打ってもらいたいわな、打てる。楽しみだ。

 あの子は性格がよすぎるから、体力が消耗するセーフティバントとか、盗塁もする。でも、仮にチームのためだとしてもやめたほうがいい。オリンピックだって金メダルが勲章でしょう。野球選手はタイトルが勲章なんだから、やっぱりプロである以上はホームラン王にまっしぐらで向かってほしいわな。まだ何があるかわからないけど、今の活躍だったら“大あっぱれ”2つでしょう」

 球界のご意見番が“前言撤回”してまで認めた逸材。メジャーで記録を塗り替える日も近いのかもしれない。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)