購入した馬が数百億円の賞金を稼ぐことも…それでも馬主が「丈夫で堅実に走ってくれるのが一番です」と語る“切実な理由”

購入した馬が数百億円の賞金を稼ぐことも…それでも馬主が「丈夫で堅実に走ってくれるのが一番です」と語る“切実な理由”

©文藝春秋

《“武豊時代”に終止符》中央競馬の大スターがトップの座から陥落した2009年…予兆を感じさせた岩田康誠の“名勝負”を振り返る から続く

 過去2年の所得金額が1700万円以上、継続的に保有する資産の額が7500万円以上……。その他にも様々な条件が設けられ、限られた人物しかなることのできない“個人馬主”の世界。彼らは自身の所有する馬をどのように管理し、どのような思いでそのレースを見守っているのだろう。

 競馬ライターの小川隆行氏、競馬ニュース・コラムサイト「ウマフリ(代表・緒方きしん)」が共編を務め、新時代を彩った多士済々なレジェンドホースたちの名勝負をまとめた『 競馬伝説の名勝負 2005-2009 ゼロ年代後半戦 』(星海社新書)の一部を抜粋し、紹介する。(全2回の2回目/ 前編 を読む)

◆◆◆

■マイナスを少なくするには……

「自分が名付けた馬が1着でゴールを駆け抜ける。あの瞬間が何よりも嬉しいんです」

 個人馬主であるAさんはこう語った。馬主になって15年以上。いまだに少年のように瞳を輝かせながら愛馬のレースを見つめている。「今週の新馬戦に出ます!」と連絡をもらうと、筆者も自分の馬のような感覚に襲われ、無我夢中で応援してしまう。

 しかし。年に1〜3頭ほどの所有であるAさんは、愛馬の勝利を5年以上味わっていない。所有馬の平均価格は100〜300万円。「走る価格ではない」のは明らかで、厩舎や騎手もリーディング中位以下だ。「1頭あたりの預託料は平均して月60万円。JRAの出走手当てが43万円(配分は80%)なので、月に2走で元が取れます。ここに本賞金や出走奨励金などが着順に応じてもらえるため、マイナスを少なくするには、丈夫で堅実に走ってくれるのが一番です」

■回収率が200%になるような馬は1000頭ぐらい

40数頭を所有してきたAさんの、競馬における収支を尋ねると「最初はオープン馬を所持できてプラスだったけど、10年目を過ぎてからはマイナス街道一直線(笑)」とのことだ。

 年間に生産される約7000頭のうち、収益がマイナスにならない馬(目安として2勝以上)は約6頭に1頭程度。確率にして10〜15%。「購入価格1000万円で倍の2000万円を稼ぐ、つまり回収率が200%になるような馬は1000頭ぐらい」とAさん。

 さらに、年間に生産される7000頭強の競走馬のうち、ダービーを勝つ馬は1頭のみ。これはもう、砂漠で宝石を探すようなもの。Aさんのように年間所有頭数が1頭の場合、G1馬を所有するなど天文学的確率だ。

 難易度の高いダービー馬を4頭も所有したのが金子真人さんである。キングカメハメハに始まりディープインパクト、マカヒキ、ワグネリアン。この4頭を含めて所有したG1馬は14 頭。JRAの重賞勝ち鞍は100勝の大台に達している。

 凄まじい結果である。これはもう、資金力という言葉では片づけられない。馬を見る眼=相馬眼は、ほかの馬主が持たない「何か」をもっている。「伝え聞いた話だけど、金子さんは、馬を見るときの目線が、僕らとはまるで違うらしい。馬体と同時に馬の目を見つめ、そのときに感じた直感を大事にしている、とね」(Aさん)

■種牡馬として日本一の成功を収めたディープインパクト

 2002年。ディープインパクトがセレクトセールに出品された際、金子さんは7000万円で競り落とした。この年上場されたサンデー産駒は14頭おり、ディープの落札価格は上から9番目だった。「小さい馬だったけど、ディープの瞳に吸い込まれそうになったと金子さんは語ってたね」(Aさん)

 7000万円で購入された同馬はG1を7勝。14億円超の賞金を獲得し、さらには種牡馬として日本一の成功を収めている。引退の際に100億円で購入したい、との話を金子さんは拒否したそうである。

 10年後、ディープインパクト産駒の入着賞金は国内だけで675億円にも達した。

■14年以上の馬主歴で獲得した賞金は26億円

 そればかりか、競馬の先進国であるアメリカやヨーロッパ、オーストラリア、アイルランドなどの諸外国も、ディープの血を求めて産駒を輸入しはじめた。イギリスのG1を2勝したサクソンウォリアーや、21年の凱旋門賞に出走したG1・3勝馬スノーフォール、仏オークス馬ファンシーブルー、豪州のG1馬フィアースインパクトなど、ディープの仔が次々とG1を勝っている。

 ディープのみならずキングカメハメハやクロフネ、さらには2頭の結晶であるソダシ。別格中の別格の馬主さんだ。

 馬主としてもう一人、大成功を収めているのが大魔神・佐々木主浩さん。所有馬25頭中G1馬が3頭。6頭が1億円以上を稼ぎ、地方も含め未勝利に終わった馬は2頭しかいない。14年以上の馬主歴で獲得した賞金は26億円にも及んでいる。この「好走率」もすさまじい。

■安いけどいい馬だ、と感じた愛馬が活躍してくれる

 最後にAさんが、馬主を続ける理由を語ってくれた。「金子さんや佐々木さんのようになりたいと思うけど、正直、僕を含めて多くの個人馬主にとって、成功するのは夢のまた夢かもしれない。使える金額にも限りがあるし、いい馬を手にする確率を高めるには、今の時代、セレクトセールで購入するのが一番だとは思う。でもそれはさすがに無理。安いけどいい馬だ、と感じた愛馬が活躍してくれる。そんな夢を追いかけ続けているんだ」

【前編を読む】 《“武豊時代”に終止符》中央競馬の大スターがトップの座から陥落した2009年…予兆を感じさせた岩田康誠の“名勝負”を振り返る

(小川 隆行,ウマフリ)

関連記事(外部サイト)