《ヤクルト20年ぶりの日本一》「選手やスタッフはヤクルト飲み放題」“ファミリー主義”スワローズの勝負強さはどこから来るのか

《ヤクルト20年ぶりの日本一》「選手やスタッフはヤクルト飲み放題」“ファミリー主義”スワローズの勝負強さはどこから来るのか

8度目の優勝が決まり、8回胴上げで宙を舞った高津臣吾監督 ©時事通信社

 延長12回の接戦を制し、ヤクルトが20年ぶり、6度目の日本一に輝いた。11月27日、ほっともっとフィールド神戸で行われた日本シリーズ第6戦、5時間の試合を制し、1対2でオリックスに競り勝った。優勝インタビューで、2年連続の最下位からの優勝について、「感謝、感謝、感謝」と語った高津臣吾監督。高津ヤクルトの“凄み”を報じた週刊文春の記事を再公開する。(初出:週刊文春 2021年12月2日号、年齢、肩書等は掲載時のまま)。

◇◇◇

 開幕前、高津臣吾監督率いる東京ヤクルトスワローズは、ノーマークの存在だった。なんせ前年まで2季連続の最下位。ところが9月に入って首位に浮上すると、そのまま一気に優勝まで突き進んだのである。

 ここ10年は五度も最下位に沈みながら、2015年に次いで優勝は2回目。ちなみに今季序盤、首位を独走していた阪神は、10年で7回Aクラス入りするも、優勝ゼロ。リーグ制覇から16年間遠ざかっている。

 ヤクルトはなぜ定期的に優勝できるのか。スワローズ担当記者はまず、独特のチームカラーを解説する。

「東京の球団ですが、巨人ほど注目度が高いわけではなく、負けが込んでもファンからきついヤジが飛ぶこともほぼありません。面倒な派閥や上下関係もないので、首脳陣を含めてチーム仲がよく、伝統的に明るく前向きな選手が多い」

 この“ユルさ”と“ヌルさ”が、よくも悪くもヤクルトの特徴。そして戦力が噛み合った時は思いがけない強さを発揮するのだ。

 現役時代に三度の優勝を経験しているOBの宮本慎也氏もこう客観視する。

「ダメな時はダメなんですが、状態がいい時は、勢いに乗ってガーッと勝つ。昔からそういうところがあるチームでした」

 宮本氏が入団した1990年代、ヤクルトはID野球を掲げる故・野村克也監督のもと、四度のリーグ制覇と三度の日本一を達成。ただ、92、93年の連覇以降は、4位と優勝を交互に繰り返している。

■“ファミリー主義”を色濃く残している球団

「その後、若松勉監督が率いた2001年のリーグ優勝から13年遠ざかるが、2015年に再び強さが変動する“持ち味”を発揮。今季と同じく2年連続の最下位から、下馬評を覆してリーグ優勝を決めるのです」(前出・記者)

 今世紀に入ってヤクルトは三度、リーグ優勝しているが、いずれも独走はなく、接戦を確実にものにしている。01年は2位の巨人と3ゲーム差ながら勝利数の差はわずか1。15年も巨人とゲーム差1.5、勝利数の差はまたも1である。そして今年は阪神とのゲーム差はゼロ、勝率わずか5厘差で振り切った。

 15年当時、監督を務めていた真中満氏が語る。

「巨人、阪神と競っている終盤、ミーティングで『俺たちは優勝するに相応しいチームだと思う』と説きました。前年は最下位でしたが、まぐれで優勝はできない。勝っても恥ずかしくないチームなんだと、いい意味で選手を勘違いさせたかったのです」

 今季も9月7日、高津監督が「俺たちは絶対大丈夫!」とチームを鼓舞。以降、ヤクルトは9月に9連勝、10月に7連勝と、白星を重ねていく。優勝のチャンスがあれば、ペナント終盤に驚異的な結束力と勝負強さを見せるのが、ヤクルトの凄みなのだ。

 もともとヤクルトは、初代オーナーの故・松園尚巳氏が標榜した“ファミリー主義”を色濃く残している球団。本拠地である神宮球場のクラブハウスには、ヤクルトやミルミルなど親会社の製品が常備され、選手やスタッフは飲み放題だ。

「ヤクルト製品は選手やスタッフの各家庭にも宅配されます。コロナ以降、領収書を球団に提出すると返金されるので、実質タダです」(前出・記者)

■“保強”に総額50億円以上を注ぎ込む大盤振る舞い

 アットホームで常勝を求められない代わりに、大金を投じた派手な戦力補強も滅多にない。ただし、ここぞという時に球団が勝つ姿勢をみせるのも、近年のヤクルトの特徴だ。ヤクルトに詳しいフリーライターの菊田康彦氏が解説する。

「前回優勝した15年はヤクルト本社の創業80周年でした。節目の年に3年連続最下位は避けたいと、14年のオフは、FA権を行使したロッテの成瀬善久投手、日ハムから大引啓次内野手らを獲得するなど、大型補強を敢行しています」

 同様に、2年連続最下位に沈んだ昨年オフも、補強ならぬ“保強”に総額50億円以上を注ぎ込む大盤振る舞いをみせた。

「チーム内でFA権を取得した山田哲人内野手、小川泰弘投手、石山泰稚投手らと複数年契約を結んだのです。投打の主力を引き留めたことも、今季優勝の大きな要因のひとつ」(同前)

 最下位に甘んじていた時期も、ただ低迷していたわけではない。その間に次世代を担う若手が順調に成長を遂げ、のちの下剋上優勝に大きく貢献するのだ。

 15年は5年目の山田がリーグ最年少の“トリプルスリー”を達成。今年は4年目の村上宗隆が本塁打王を獲得する活躍をみせた。

「山田も村上も、1年目はほぼ2軍でしっかりと体力作りをし、2年目以降、満を持して1軍で起用されています。1軍定着後も、ヤクルトは順位が低迷していましたし、他球団からはノーマーク気味で(笑)。そうした環境の下、余計なプレッシャーを感じることなく、伸び伸びとプレーができたはずです」(真中氏)

■過去にチームが連覇を果たしたのは一度のみ

 村上が入団した18年から2年間、ヤクルトの1軍ヘッドコーチを務めた宮本氏はこう振り返る。

「村上は僕のこと嫌いだと思いますよ(笑)。ヤクルトの4番ではなく、日本の4番になるべき存在だと思ったし、皆の模範となる選手になって欲しくて、練習態度や身なりなども相当厳しく指導しましたから」

 一方で、ラミレスやバレンティンら、助っ人外国人の発掘にも定評があるヤクルト。宮本氏が明かす。

「まず戦力的に、ヤクルトは外国人選手に頼らざるを得ない事情がある。人気球団なら開幕後、1カ月も打てなければ見切りをつけられてしまうが、ヤクルトは少々打てなくても我慢して起用し続けるしかない。狭い神宮球場は打者に有利ですし、もともと素材のよい選手を獲っているので、多少時間がかかっても、馴染めれば結果が出始める」

 99年、来日1年目に打率3割と40本塁打以上を打ってホームラン王に輝いたペタジーニも、4月終了時点では、2割そこそこの成績だったのである。

 球団の公認女子マネージャーに任命されたこともあるタレントの磯山さやかがこう締めくくる。

「優勝した時はもちろん嬉しいですし、低迷したシーズンでも、今は若手選手が育つのを待つ時期なんだなと、期待が生まれます。団結力が素晴らしく、家族や親戚、友達のように感じさせてくれる雰囲気があります。毎シーズン、ファンの一員でよかったなと思わせてくれるチームです」

 過去にチームが連覇を果たしたのは一度のみ。高津ヤクルトの真価が問われるのはこれからである。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年12月2日号)

関連記事(外部サイト)