「前から思いっきり女殴ってみたかったんすよ」菅田将暉・小松菜奈の共演3作を観てわかったこと

「前から思いっきり女殴ってみたかったんすよ」菅田将暉・小松菜奈の共演3作を観てわかったこと

菅田将暉さん ©AFLO

■結婚した2人は映画3作で共演、2回も恋人役に

 かねてから交際報道が出ていた菅田将暉さんと小松菜奈さんが11月15日、それぞれのSNSや所属事務所を通して結婚を発表しました。

 独特な存在感を放つ演技巧者である菅田さんと小松さん。役者同士の結婚自体はめずらしくありませんが、二人は2016年の初共演以降、わずか5年間のうちに3作の映画で共演しており、作品の撮影を通じて心の距離を縮めていったことは想像に難くありません。

 そこで今回は二人の共演映画である2016年公開の『ディストラクション・ベイビーズ』、『溺れるナイフ』、そして昨年公開した『糸』の3作品を、恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラーである筆者が振り返っていきたいと思います。

 ※本稿には『ディストラクション・ベイビーズ』、『溺れるナイフ』、『糸』のネタバレがあります。あらかじめご了承ください。

■『ディストラクション・ベイビーズ』/さんざんな目に遭わせ合う初共演作

 無軌道な暴力。加速する狂気。救いのない破綻。

 端的に表現するなら、映画『ディストラクション・ベイビーズ』(2016年公開)は、そんな映画でした。

 舞台は愛媛県の松山。獣のように喧嘩に明け暮れる主人公・泰良(柳楽優弥)、泰良の狂暴性に魅了され利用する裕也(菅田将暉)、そんな二人に巻き込まれ拉致されるキャバ嬢・那奈(小松菜奈)。物語後半はこの主要キャラによる三人芝居がメインで、誰一人として正義も矜持も持ち合わせていません。

 さて、泰良は序盤から終盤まで一貫してただ単に殴り・殴られ、血を見ることに快楽を覚えるバトルジャンキーといったキャラでしたが、菅田さん演じる裕也は作中で最も“変わっていく”役どころでした。

 当初は仲間たちとダラダラ生きるお調子者のマイルドヤンキー。仲間が泰良に襲われてもビビッて戦いに加わらないようなキャラでしたが、物語が進むにつれ、次第に裕也が内包していた狂気性がにじみ出てくるのです。

 それは女性への暴力衝動。繁華街で目につく女性たちを無差別に暴行していき、あげくに「前から思いっきり女殴ってみたかったんすよ」とのたまうその姿は、控えめに言ってクズでした。

■過激な暴力シーンで心の距離が縮まったのでは

 そんな泰良と裕也が強奪した車にたまたま乗り合わせていたという不運で、拉致されてしまうのが小松さん演じるキャバ嬢・那奈。

 役の二人が恋に落ちるような展開を期待していた方もいたでしょう。そんな期待もむなしく、恋愛に発展しないどころか、仲間意識が芽生えたり共闘したりすることもありません。

 それどころか、裕也が何度も何度も那奈をひっぱたき、胸を揉み、スカートに手を入れ……といった展開も。

 けれど那奈も那奈で、ありがちな清廉性のあるヒロインではなく、利己と保身が行動原理のようなタイプ。そのため最終的には那奈は裕也を殺害するのです。

 那奈が故意に起こした自動車事故で裕也は瀕死のダメージを負い、最後は那奈が「キモいんだよ、死ね!」と蹴って蹴って蹴って蹴って蹴り殺す。後日、病院で警察から事情聴取された際は、自分が殺害したことを隠しつつ、いけしゃあしゃあと「死んだ子(裕也)のほうは、まぁかわいそうやなって」と涙を流す。たいしたタマです。

 さんざんな目に遭わせ合う初共演作でしたが、撮影を考えれば、過激なバイオレンスシーンほど役者同士の信頼関係や意思疎通が重要になってくるものでしょう。それだけ二人の心の距離は縮まったのではないでしょうか。

 また、映画のレビューサイトなどでは、“胸糞悪い映画”と評されることもある『ディストラクション・ベイビーズ』ですから、菅田さんと小松さんはこの映画で“共犯者”のような気持ちも共有していたのかもしれません。

■『溺れるナイフ』/全能感に満ちた若いカップル

 菅田さんと小松さんがダブル主演した恋愛映画が『溺れるナイフ』(2016年)です。

 前半は、思春期特有の全能感に満ちたカップルのイチャつきが続きますが、中盤に起こったある事件をきっかけに作品の方向性がガラリと変貌します。 

 東京で人気モデルとして活躍していたものの、親の都合で田舎町に引っ越してきた中学3年生の夏芽(小松)。さびれた町にうんざりしていた夏芽でしたが、金髪で透明感のある俺様系美少年・コウ(菅田)とクラスメイトになり、灰色の日々が一気に彩られていくのでした。

 町の住人たちが崇めて立ち入り禁止にしている“神さんの海”で、一人自由気ままに泳いで遊ぶコウが、夏芽にこう告げるシーンがあります。

「俺はええんじゃ、海も山も俺は好きに遊んでええんじゃ。この町のもんは全部俺の好きにしてええんじゃ」

 自分は神に選ばれた特別な存在だ……と言わんばかりの発言。しかし、尊大不遜なコウに、都会っ子・夏芽はハマっていくのです。

■未熟すぎる二人の恋愛を象徴するよう

 余談ですが、二人が逆の立場で、もしコウが田舎から東京の学校に転校してきたとしたら、夏芽は恋に落ちてないのではと思います。

 田舎町にいるコウは一際スタイリッシュで輝かしい存在に見えたとしても、洗練された東京男子の群れに放り込まれたら埋もれてしまいそう。コウは“井の中の蛙”であり、夏芽もほかの田舎男子たちと相対的に見ていたから、スーパーイケメンに見えていただけなのかもしれません。

 さて、物語前半で衝撃的だったのが、海沿いの道をチャリでニケツしているシーン。

 “ふぉーっ!”と絶叫してテンションが高くなった二人は、「空ー!」「雲ー!」「虹ー!」「海ー!」と交互に叫び合うのです。未熟すぎる二人の恋愛を象徴するようでした。

 そして中盤に事件勃発。

 夏祭りの夜、熱狂的なファンが夏芽を誘い出し、二人きりになったところで襲い掛かるのです。コウは助けにいくもののその変質者に返り討ちに遭い、情けなく泣きじゃくる始末。夏芽はほかの住人たちが駆け付けたことで助かりましたが、この事件をきっかけにコウも夏芽も輝きを失っていき……。

 前半で美しく描いていた全能感恋愛を、後半で否定していく構造となっているのが『溺れるナイフ』という作品です。

■『糸』/ベタゆえに琴線に触れまくる王道ラブストーリー

 奇をてらわない直球の王道ラブストーリー。菅田さんと小松さんのダブル主演映画『糸』(2020年)はそんな作品でした。

『ディストラクション・ベイビーズ』、『溺れるナイフ』はいずれも若者たちのたぎる衝動を切り取った作品でした。そして、菅田さんと小松さんは、個々にさまざまな作品に出演して磨き上げてきた演技力を、王道作『糸』にぶつけたのです。

 本作は、中島みゆきさんの同名曲をモチーフに、平成元年生まれの高橋漣(菅田)と園田葵(小松)の18年を描いた物語。

 北海道で育った二人は13歳で出会い恋に落ちるも、葵が養父から虐待を受けていたことが理由で離れ離れに。それから8年後、北海道で働いていた漣は、東京で開かれた友人の結婚式で葵と再会。しかしそのとき葵には彼氏がいたため、復縁することなく再び別々の人生を歩んでいく――というストーリーです。

■“未完の恋”があるならば感情移入してしまう作品

 きちんと決着を付けられなかった学生時代の“未完の恋”を、綺麗な思い出として胸の奥底に秘めている人は少なくないはず。そういった“未完の恋”はもう叶うことはないゆえに永遠のものとなっているでしょう。かくいう筆者もそういった“未完の恋”を抱える者のひとりのため、ベタな展開だとわかっていながら、恋愛感情の琴線に触れるシーンが多くありました。

 中学時代は「葵ちゃん」と呼んでいた漣が、再会後は「園田」と苗字で呼ぶ心情。

 しかし、感情が昂ったときだけ、つい「葵ちゃん」「葵」と呼んでしまう。

 すでに別の恋人がいるのに、お互いに「彼氏」「彼女」がいるとは明言しない。

 二人が抱擁するシーンで、友情ではないが、恋愛感情だとも表に出せない葛藤。

 空港で別れる際、次に会える保証もないのに連絡先を交換しない・できない気持ち。

 ……このあたりのシーンは、学生時代の“未完の恋”がある方々ならばぐっと感情移入してしまうのではないでしょうか。

■次回の菅田将暉と小松奈々の共演作に期待

 そして、エンドロール、ラストシーンは恋愛映画において、これ以上ないほどストレートな王道エンドを見ることができます。

 ベタ中のベタですが、本作はコレが“正解”だと思わせてくれる映画なのです。

 そして、この主演俳優二人が現実で結婚したことは、心から胸が温まるニュースだと感じました。夫婦となってから再び映画やドラマで共演されるカップルはあまりいらっしゃいません。しかし、菅田さんと小松さんの共演新作を期待しているファンは、きっと多いことでしょう。

(堺屋 大地)

関連記事(外部サイト)