《2022年大河ドラマ》“口封じ”こそ北条氏の“お家芸”? 父親に代わり「鎌倉の新たな支配者」となった北条義時がみせた驚異の政治手腕

《2022年大河ドラマ》“口封じ”こそ北条氏の“お家芸”? 父親に代わり「鎌倉の新たな支配者」となった北条義時がみせた驚異の政治手腕

©iStock.com

 2022年の大河ドラマの題材にも選ばれた鎌倉時代。初代将軍・源頼朝が没して以降の「鎌倉殿(鎌倉将軍)」は、彼の妻の一族である北条氏が実権を握るための「据えもの」として扱われていた。政権闘争の主役は故・頼朝の近侍を務めた13人の武士たちへと移っていったが、その中でも年若だった北条義時が次第に頭角を現すようになっていく。

 頼朝の侍従として脇を固めていた義時は、どのようにして多くのライバルたちを蹴落とし、権勢の頂点に達したのか。東京大学史学編纂所教授を務める本郷和人氏の著書『 北条氏の時代 』(文藝春秋)より一部を抜粋し、歴史の流れをひもとく。(全2回の1回目/ 後編 を読む)

◆◆◆

■「重忠を討て」

 1204(元久元)年11月に、京都にある平賀朝雅の館で宴会が開かれました。きっかけはわからないのですが、その席で、平賀朝雅と畠山重忠の嫡男・重保が喧嘩を始めたのです。当時の記録を見るとよくわかるのですが、とにかく鎌倉武士は喧嘩っ早い人たちです。ささいなきっかけですぐに乱闘騒ぎに発展するのです。朝雅と重保の一件は、周りが「まあまあ、二人とも熱くならずに」と収めたようで、大きな騒動にはなりませんでした。

 ところが、朝雅の方は、重保への恨みを募らせていました。そして、機会を見つけて朝雅は義母の牧の方に「重保はとんでもない奴だ」と告げ口をしました。牧の方は娘婿からの訴えを聞いて激怒し、時政に訴えたのです。

 時政にとっては願ってもないチャンスになりました。これを利用して畠山氏排除の陰謀を巡らせることにしたのです。

 1205(元久2)年6月21日に、時政は義時と時房の息子二人を呼び出し、「謀反を起こそうとしている重忠を討つことにした」と告げたようです。『吾妻鏡』にはこの時の義時の言葉が残っています。

■海岸線から鎌倉の中心部に北上しようとしたところで…

〈「重忠は頼朝公以来、ひたすら忠誠をつくしてきた。今どのような憤りがあって叛逆を企てるでしょうか」〉

 義時が必死で父を止めようとしたため、時政は無言で席を立ったと書かれています。時政は、館に戻り牧の方に相談をしたのでしょう。牧の方の兄である大岡時親(生没年不詳)が、義時のもとを訪ねてきました。大岡は「あなたは、実の母でないから牧の方のいうことを聞かないのですか」と言い放ちました。これを聞いた義時はついに覚悟を決めます。

 翌日、将軍実朝によって「謀反人追討の命令」が下りますが、おそらく時政の進言によるものでしょう。合戦があると聞いて、多くの御家人が、鎌倉に集まってきましたが、その中に畠山重保もいました。海岸線から鎌倉の中心部に北上しようとしたところで、三浦義村の手勢が重保たちを取り囲みます。

 その瞬間まで重保は自分が「謀反人」とされたことなど思いもよらなかったはずです。突然、襲いかかられた重保はあっさりと首を討たれてしまいました。

 ここでぜひ覚えておいて欲しいのは、三浦一族の動きです。三浦氏は鎌倉のすぐ東隣にある三浦半島を根拠地とする御家人です。御家人のランクでいえば、先述のB で300騎以上の大軍を動員することが可能です。この一族を味方につけることで、素早く大軍が動員できるので、権力闘争で成功するための鍵になっていたのです。

■重忠の最期

 さてその頃、父親の畠山重忠は武蔵の菅屋館にいました。館跡とされる城郭は、現在も埼玉県の嵐山町で史跡として郭などがきれいに残っています。その重忠のもとに秩父党の稲毛重成(?〜1205)と榛谷重朝(?〜1205)の使者が急報を届けにきました。「謀反人の討伐をするので、すぐに鎌倉に集まれとのご命令だ」とでも告げたのでしょう。6月19日、重忠は150騎ほどの手勢を率いて鎌倉に向かいます。

 22日、一路南下していた重忠は、今の横浜市にある二俣川で大軍を見つけます。重忠を待ち構えていた幕府の軍勢でした。

 有力な御家人がずらりと居並ぶ姿に「どうやら、俺が謀反人にされたらしい」と重忠は気がついたことでしょう。重忠の家来は恐れをなしたのか、撤退を進言しました。しかし、重忠は、きっぱりと断ります。

〈「家を忘れ親を忘れるのが武将の本意である。だから重保が誅殺された後、本拠を顧みることはできない。去る正治の頃、(梶原)景時は一宮の館を撤退し、途中で殺されてしまった。しばしの命を惜しむようであり、またあらかじめ陰謀の企てがあったようにも思われた。(このように)推察されては面目がなかろう。まことに(景時の例は)後車の戒めとすべきである」

(『吾妻鏡』元久2年6月22日)〉

■友情と政治は別のもの

 逃げることを潔しとせず、重忠は兵力に勝る幕府軍に突撃を命じます。4時間にわたる激闘の末、重忠は見事な討ち死にを遂げることになりました。

 重忠の首は義時によって鎌倉にいる時政のもとに届けられました。義時は、「謀反の企ては嘘に違いない」と断言します。「昔から重忠とは轡を並べて一緒に戦ってきましたから、この首を見ると涙を流さないわけにはいきません」と『吾妻鏡』に記述がありますが、時政はこの時も黙って席を立ったとされています。

 しかし、「友情」と政治は別のものと考える冷徹さが義時にはありました。義時が権力を確立した1213(建暦3)年、畠山重忠の子で僧となっていた大夫阿闍梨重慶が日光のお寺で匿われていたことがわかりました。さらには謀反を企てているという情報ももたらされます。義時は、すぐに兵を動かして、有無を言わさず重慶の首を斬ってしまったのです。この子供に畠山家を継がせることもできたはずです。しかし、義時はためらいなく殺している。このことから、もう流れは変えられない、という冷徹な目を持った義時の姿が浮かびます。むろん、畠山領は皆で分配してしまったので、今更出てこられても困るというのも本心だったでしょう。

 ここでの義時の立ち回りは複雑です。父の命令に従って畠山討伐には加わる。しかし、御家人たちの世論の反発を感じ取り、父を弾劾するが、畠山の一族は冷酷に潰してしまう。

 いずれにしても、重忠を悼むいささか芝居がかった義時の言葉は、御家人たちの心を一気に時政から引き離したと考えられます。完全に流れが変わったのです。「これはまずい」と感じた時政は猿芝居を始めました。時政と計って畠山重忠を鎌倉におびき出した稲毛重成と榛谷重朝の兄弟を殺したのです。

「こいつらが秩父党のナンバー1になろうとして重忠を陥れたんだ」と、時政は二人に事件の責任を擦り付けようとしました。北条氏のお家芸である「実行犯の口封じ」です。しかし今回は、誰もそのような小細工を信じませんでした。

■時政の失脚

 それに追い打ちをかけるように閏7月、時政が主導する、さらに大きな陰謀が「発覚」しました。牧の方と計って、将軍・源実朝をその座から引きずりおろし、平賀朝雅を将軍にしようとしたというものです(牧氏の乱)。

 しかし、これも実際にこのような陰謀が存在したのかは、疑問が残ります。私は、牧氏の乱は義時による時政追放事件だったと考えています。

 事件の概要をみてみましょう。鎌倉幕府には後世の我々が想像するような首相官邸のような公の施設はありませんでした。有力者の私邸に人々が集まり、そこが官邸であり議会となったのです。この時点では、時政が私邸に将軍実朝を住まわせていましたので、時政の館が「首相官邸」でした。

■鎌倉の新たな支配者の誕生

 義時は軍勢を率いて一気に館を囲みます。そして、勢いのまま実朝を連れ出し、自分の保護下に置きました。「玉」を取られた時政は、これでおしまいです。時政は、その日のうちに出家させられ、鎌倉から追放され本拠地の北条に追われました。義時も父親を殺すことは考えなかったようで、本拠地で監視下に置くことで済ませたようです。10年後、1215(建保3)年に復権することなく78歳の長寿を全うして時政は亡くなりました。

 ちなみに愛妻の牧の方はいつの間にか京に戻っています。藤原定家の『明月記』には、非常に贅沢をしている人物として描かれていますので、それなりに楽しい後半生だったのでしょう。

 一方で、義時は禍の芽を摘むべく、京都でも動きました。京都にいた平賀朝雅を後藤基清(?〜1221)たちに討たせたのです。

■北条氏は自分の勢力を拡大

 平賀氏の失脚は、武蔵の勢力図を完全に塗り替えました。そもそも、武蔵は平賀氏が国司(武蔵守)を務め、畠山重忠らの秩父党が軍事力を持つ二重構造でした。それが、時政の陰謀で平賀氏に一本化され、さらに義時はその平賀氏を滅ぼしてしまった。そうなると、武蔵は有力な御家人のいない空白地帯になります。そこで義時は弟の時房を武蔵守に就けました。北条氏は自分の勢力を拡大したのです。

 以後、北条氏は相模守と武蔵守を独占し続けます。特に執権体制が固まってからは、執権は相模守、連署(副執権)は武蔵守となり「両国司」と呼ばれるようになります。

 こうして父の暴走を止め、鎌倉武士たちの「世論」を集めることに成功した義時は、南関東の最重要エリアをがっちり押さえ、鎌倉の新しい支配者となったのです。

【後編を読む】 「命だけは助かるだろう」と思っていた貴族たちを次々と処刑…承久の乱を終えた北条義時が行った“過酷すぎる戦後処理”の実情

「命だけは助かるだろう」と思っていた貴族たちを次々と処刑…承久の乱を終えた北条義時が行った“過酷すぎる戦後処理”の実情 へ続く

(本郷 和人/文春新書)

関連記事(外部サイト)