「なんかできる気がしてきました(笑)」“崖っぷち好き”の羽生結弦が4回転アクセルについて語ったこと

「なんかできる気がしてきました(笑)」“崖っぷち好き”の羽生結弦が4回転アクセルについて語ったこと

全日本選手権での羽生結弦 ©getty

 12月26日、全日本フィギュアスケート選手権2021で2連覇を果たし、北京五輪代表に内定した羽生結弦。話題となったのは「4回転アクセル」挑戦だ。この前人未到の大技について羽生はどう考えているのか。かつて本人が語っていたことを、キャスターの長野智子氏が綴る。

◆ ◆ ◆

 全日本選手権で、初めて4回転アクセルに挑んだ羽生結弦選手の姿を観ながら、私は感動とともに2017年にインタビューをした際の羽生結弦選手の言葉を思い起こさずにはいられなかった。

 平昌五輪を約1年後に控えた当時、男子フィギュアスケートは多種類の4回転ジャンプが乱舞する「真4回転時代」へ、とさかんに報道されていた。そして4回転の中で当時誰も跳んだことがなかったのが「4回転アクセル」だった。

■4回転アクセルを跳んだ場合の回転は?

 そんな中、私がキャスターをしていた「サンデーステーション」(テレ朝系)は、羽生結弦選手をゲストで迎えることになりある企画を考えた。

「羽生選手が4回転アクセルを跳んだ場合の回転がどうなるのか、羽生選手の3回転アクセルのデータをもとに、CGでジャンプの分解イメージ写真を作れないだろうか」

 番組は専門家に参加してもらって綿密なデータ解析を行い、あくまでデータ上の結果であることを前提に、踏切から最高地点、着氷までの等身大分解写真を羽生選手本人にスタジオで見てもらうことにしたのだ。

 番組本番、さっそく4回転アクセルについて聞いてみると、羽生選手はすでにシーズンオフに何度か試しているとのことだった。

■3回転アクセルより17センチ高く跳ばなければ

「なかなか難しいですね。アクセルジャンプは前に跳んで、そのまま回転を締めなきゃいけないので、頭を打つリスクだとか、やっぱり怪我をしてしまうリスクが存在しています」

 特別に回転が難しいと話す羽生選手に、実はこんなものを作りましたとスタジオ全体に4回転アクセルを跳ぶ羽生選手の等身大分解写真を展開したところ、羽生選手は「おー、おーすごい! (写真と)一緒にやりたいですね」と、とても喜んでくれたのを覚えている。

 専門家の分析によると、4回転アクセルを跳ぶには、3回転アクセルよりもおよそ17センチ高く跳ぶ必要があるとのこと。それによって、着氷は3回転アクセルより1.1メートル延びる。そのためには、助走のスピードを今より10%速くしなければならないという結果が出た。

■羽生選手が呟いた忘れられない言葉

 CGを見ながらそれを聞いた羽生選手は

「そうなんですね。17センチって、数字だとそんなに高く!って思うんですけど、実際に(CG写真を)見ると髪の毛ぐらいですよね。ははは、あははは(笑)」

 と、とても楽しそう。

 何回かインタビューしてきた中で、いつも感じるのは羽生選手の「崖っぷち好き」なところだ。彼はいつも言う。

「凄く高い目標をつくるんです。もう本当に指先が掛かるか掛からないくらいの目標。ジャンプして指先が掛かるか掛からないくらいのところに目標をおいてくらいついていく。そうやってがんばってきました」

 助走の速さというのは、つまりは力。その力があればあるほど、高さも着氷までの幅も出しやすい。ただ、その力をしっかりコントロールしないと、軸がぶれて後ろや前に倒れてしまう。そういった意味では、かなりの力で跳ぶ必要のある4回転アクセルは本当に難しいジャンプであることが数字でよく理解できた、と感想を話してくれた羽生選手。そして、その後に彼が呟いた言葉が、私の忘れられない言葉となった。

「でも、なんかできる気がしてきました(笑)」

■見据えるのは「自分の限界と理想のもっと先」

 幼い頃の羽生選手を指導した都築章一郎コーチは言う。

「彼の場合、想像力が非常に強い子でした。自分がこういう想像をすると本当にそのように、身体が行っちゃうんですよね。ですから彼が想像できると本当にそこに行っちゃう。イメージっていうものをものすごい大事にする子なんです」

 5年前に「4回転半のイメージができました」と笑顔で語った羽生選手だが、その後、どれだけリンクに身体を打ち付け、傷を負い、それでも立ち上がって、崖っぷちを這い上がってきたのか。その努力は想像を超えている。そして、それを心から楽しいと思える羽生選手だけしか見ることのできない前人未踏の世界がある。

 番組の最後、自分が大切にしている言葉を彼はフリップにこう書いた。

「理想の先へ!」

「完成形」に近づいたと感じてる今、見据えるのは「自分の限界と理想のもっと先」と語った羽生選手。北京オリンピックでの挑戦を期待している。

(長野 智子)

関連記事(外部サイト)