“日本最古のピッチングマシン”が示す、立浪ドラゴンズ優勝へのヒント

“日本最古のピッチングマシン”が示す、立浪ドラゴンズ優勝へのヒント

立浪和義監督

 立浪新監督を迎えた2022年の中日ドラゴンズ。開幕こそつまずきましたが、先週末の3連勝で持ち直しましたね。投手陣がしっかりしているだけに、今後もチームが大きく崩れることはないでしょう。補強がなかったので若手打撃陣の成長が鍵なことは言わずもがな、ですが。

 さて、筆者カルロス矢吹は、2月に「日本バッティングセンター考」という、日本のバッティングセンターに関する本を出版しました。

 なぜ突然こんな話を始めたかというと、断じて宣伝ではなく、この本の取材を進める内に、立浪ドラゴンズが優勝するためのヒントを、あるバッティングセンターからもらったからです。ただ、あくまでバッティングセンターの本なので、拙著の中では中日ドラゴンズの話はそこまで出来ませんでした。そこで、文春野球コラムでは1人のドラゴンズファンとして、取材の秘蔵エピソードを披露できればと存じます。

■ドラゴンズが使用していた日本最古のピッチングマシン

 そのヒントをくれたバッティングセンターとは、岐阜県岐阜市にある「中日バッティング」。まず、「中日」という名前がついている点が素晴らしいですね。実はここに、1954年から中日ドラゴンズが使用していた日本最古のピッチングマシンが展示されている。この「1954年」という数字にピンときたドラゴンズファンも多いでしょう。そう、天知俊一監督に率いられ、球団創設初の日本シリーズ制覇を達成した年です。

(なお、熱心なプロ野球ファンのために注釈を。東京ドーム内に併設されている野球殿堂博物館に「初の日本製投球機 1958年制 中日ドラゴンズが使用」と紹介されて展示されているピッチングマシンがありますが、これは「初めての国産」という意味で、本当に初めて使用されたのは中日バッティングセンターに展示されているものです。後述しますが、こちらは米国からの輸入品でした)

 この「日本最古のピッチングマシン」がどんな働きをしてくれたかに関しては、数多くの証言が残っています。まずは大本営たる中日スポーツに、こんな記事が掲載されていました。

 <1954(昭和29)年、ドラゴンズは日本一に輝いた。栄光の陰には「カタパルト式打撃マシン」という秘密兵器があった。手動ながら球を繰り出す機械で、日本球界で初めて取り入れ、これで投手の負担を軽減。球団史上唯一の日本一に貢献した。当時使われたとされるマシンが、岐阜市のバッティングセンター「中日バッティング」に保管されていた。(中略)

 このマシンのリーグ優勝と日本一への貢献度は大きい。54年のペナントレース。前年より打率は5厘アップの.256、本塁打は4本増しの70本だったが、投手の防御率は3?24から2?32に向上した。当時は専属の打撃投手もおらず、主力投手も頻繁に打撃練習に登板した時代。投手の負担軽減に役立ったわけだ。(中略)ナゴヤ球場の名物グランドキーパー・永田向平さん(64)は入社3年目の64年にキャンプに参加したが、マシンの調整が仕事だったそうだ。「当時はまだ手動だったね、自動になったのは昭和四十年代の半ばだったんじゃないかな。>(平成19年10月25日付・中日スポーツ)

■立浪ドラゴンズが日本一になるための教訓

 続いて2016年3月25日にテレビ東京系列で放送された『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ』で、当時の中日ドラゴンズのエース杉下茂さんがこんな証言を残しています。

「初めて使われたのが昭和29年の中日のキャンプ。ビックリしたんですよ、こんな物が出来たのか、人間が放るようなボールを。いい練習になりましたよ。当時は現役の投手も打撃練習で投げていたので、投手の疲労が溜まる一方。そこで中日ドラゴンズが、当時アメリカで開発されたピッチングマシンを改良して日本のプロ野球界で初めて導入した。(球速)130kmくらいあったんじゃないか?」

 その後、全自動型のピッチングマシンが主体になるにつれ、このカタパルト式手動ピッチングマシンは役目を終え、ナゴヤ球場でホコリをかぶっていたところを「中日バッティング」の先代社長が人づてに入手したそうです。

 と、ここまで長々と昔話を続けてきましたが、話を戻しましょう。この偉大なる前例が、立浪ドラゴンズが日本一になるための教訓を示していると思うんです。当時最新の技術だったピッチングマシンは、間違いなく中日ドラゴンズ日本一に貢献してくれました。その後、ご存知の通り全球団ピッチングマシンを導入していきました。施設面で中日ドラゴンズは他球団の模範となっていったわけです。

 時計の針がぐいっと進んで現代。昨年の記事ですが、こんなことがありました。

 <立浪竜に新兵器が導入された。中日はマシン打撃する打者が、目の前に設置されたモニターに映し出される遅延動画を確認しながら打ち込める装置を設置した。(中略)打率リーグワースト2割3分7厘からの脱却を目指す新政権に、実践とチェックを繰り返せる道具が取り入れられた。機器は「ダートフィッシュ」。遅延時間は調整可能で2、3秒に設定されている。現場の要望を球団がくみ取った。今季、2軍首脳陣がソフトバンクの2軍施設・タマスタ筑後の室内練習場に設置されているのを確認。実用へ向けて球団側へ取り付けを願い出ていたという。右、左打者用に2台用意されていて、正面からの撮影映像を見られる。希望してカメラ位置を変更すれば、頭上から体重移動や頭の位置を確かめられる。(中略)来年2月の春季沖縄キャンプは、設置場所との兼ね合いで、検討中という。>(令和3年11月13日付・中日スポーツ)

 これはあくまで一例に過ぎませんが、かつて他球団がこぞってマネをしていたドラゴンズが、今では他球団をマネしなければいけなくなった。単純に施設面で後塵を拝している、ということです。

 立浪ドラゴンズが日本一を掴み取るためには、ドラフトも大事、育成ももちろん大事です。ですが、それと同じくらい、球団や親会社には設備面でも積極的な「投資」をしていただきたい。他球団が羨むぐらいの。

 だって中日ドラゴンズには、かつて同じことをして日本一を掴み取った「前例」があるのだから。そして、立浪和義監督はその「投資」を受けるに値する人物のはず。彼の異名は「ミスタードラゴンズ」、中日ドラゴンズの宝物なのだから。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2022」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/53183 でHITボタンを押してください。

(カルロス矢吹)

関連記事(外部サイト)