「日本に戻ったとたん嫌韓?」韓国デビューが決まった宮脇咲良(24)に立ちはだかる“カントリーリスク” ビキニのグラビアがないことが韓国の利点?

「日本に戻ったとたん嫌韓?」韓国デビューが決まった宮脇咲良(24)に立ちはだかる“カントリーリスク” ビキニのグラビアがないことが韓国の利点?

宮脇咲良 ©時事通信社

 昨年11月、公式ファンクラブの閉会を告知したAKB48。10年近く音楽産業を支配した日本的ビジネスモデルの終わりが囁かれるなか、今年の3月にはもう1つ象徴的な発表があった。HKT48やAKB48で一世を風靡した宮脇咲良(24)が、女性グループ「LE SSERAFIM」のメンバーとしていよいよ韓国での活動を再開するという知らせだ。

 宮脇は48グループでの活動を経て、2018年に韓国のオーディション番組「PRODUCE 48」に参加。入賞者で構成される女性グループIZ*ONEのメンバーに選ばれ、一度目の韓国デビューを果たす。IZ*ONEは昨年4月に活動を終了し、その後の動向が常に注目されていた。

 IZ*ONEは期間限定の企画だったことに加え、韓国のオーディション番組の八百長問題やコロナ禍の影響を受け真価を発揮する機会にも恵まれなかった。その意味で、宮脇にとっては今回が初の本格的な韓国デビューともいえる。

 2011年に13歳でデビューした宮脇も、もう24歳。48グループなら“卒業” が囁かれかねない年齢だ。

 韓国の女性アイドルはデビュー時の平均年齢が日本より高く、HKT48やAKB48が14〜16歳とされるのに対して、TWICEやaespaは18〜19歳。Red VelvetやMAMAMOOなど20歳超の人気グループも珍しくないが、デビュー時に24歳だった例はわずかだ。韓国でも異例といえるギリギリの年齢だが、それだけにいっそう周囲の期待が窺える。

■「日本へ戻ったとたん嫌韓?」の声も

 日本からK-popアイドルを目指す日本の若者たちには、いくつかの“壁”が存在する。高いレベルが求められる歌唱力やダンスはもちろん、韓国語の習得や韓国社会への順応も必要だ。そしてもう1つ大きいのが、国家間の政治的な関係性の影響だ。

 今年3月には、宮脇の誕生日を祝うために中国人ファンがソウル地下鉄に出稿した広告に、韓国メディアの非難が集中する事件があった。デザインの一部が「旭日旗を連想させる」というのが理由だ。独立運動を記念する「三一節」と重なったこともあり、広告は3月19日の誕生日を待たずに撤去された。

 IZ*ONE解散にともなって帰国した2021年5月には、「日本へ戻ったとたん嫌韓?」(「韓国経済新聞」)と報じられたこともある。理由は同月に出演したHKT48のコンサートで、村重杏奈がオタクっぽい扮装でハングルのプラカードを持って宮脇を追いかけ回して警備員につまみ出される……という寸劇を披露したからだった。

 韓国ファンの間では批判一色というわけでもなかったが、メディアは手加減しない。

 それらのハードルを乗り越えて宮脇がHYBE(旧Big Hitエンターテインメント)と契約を結んだという情報が流れたのが、2021年3月。HYBEはほかでもないBTSを世界的スターに育てた韓国の音楽事務所だ。

 HYBEとの契約の真偽が明らかにならないまま、翌月にIZ*ONEが解散。この時点でも日本では、宮脇のHKT48復帰を期待する声があった。しかし宮脇は同年5月に同グループからの“卒業”を発表し、8月には韓国へ戻った。さらに11月には、日本の所属事務所との契約満了が伝えられる。

 この間、日本メディアは一貫して宮脇に好意的だった。HYBE移籍を機に世界進出を期待するといった評価もいくつか見られた。1人の国内アイドルから、世界への飛躍が待たれるスターに立ち位置がステップアップしたようだ。

 日本のアイドル界ではなく、K-popの世界を目指して韓国へ渡る日本の若者たち。その存在感は近年強まる一方だ。

 韓国の百科事典サイトNamuwikiによれば、日本出身者がいるK-popグループのデビューは1990年代に2件、2000年代に1件、2011〜2019年に24件。そして2020〜2021年には、たった2年で22件も存在するという。

■「日韓の女性アイドルの違いはビキニのグラビアをやるかやらないか」

 近年は、宮脇のように日本でのアイドル活動経験者が韓国を目指すケースも増えてきた。2018年デビューのIZ*ONEは宮脇のほかにも、48グループの矢吹奈子と本田仁美がいた。2019年には同じく48グループの高橋朱里が「Rocket Punch」のメンバーとしてデビューしている。

 また48グループに在籍経験がある川村真洋(現・真洋)、M松里緒菜も、2019〜21年に韓国でデビュー。昨年放送された韓国のオーディション番組「Girls Planet 999: 少女祭典」には、さくら学院出身の岡崎百々子、X21出身の川口ゆりな、Prizmmy出身の久保玲奈などアイドル経験者も参加した。

 韓国の代表的な音楽チャート「ガオンチャート」のキム・ジヌ首席委員は韓国アイドル界を目指す日本人の増加トレンドについて、「韓国で活動すれば日本など世界市場へ進出できるが、日本で活動すれば日本以外で注目されることが難しい時代になった」と説明している(「中央日報」2021年8月31日付)。

 同紙はまたこうした動きが特に女性グループで目立つとし、ガールクラッシュ(女性が女性に憧れること)が流行っている韓国は、男性目線を意識した“女性性”を求められる日本より魅力的に映る、といった音楽事務所関係者の話も紹介した。わかりやすい例として、「日韓の女性アイドルの違いはビキニのグラビアをやるかやらないか」という対比が言われることさえある状況だ。

 5月にデビューする宮脇のグループ名「LE SSERAFIM(ル・セラフィム)」は、最高位の天使を意味するヘブライ語seraphの複数形「seraphim」に由来するという。また「IM FEARLESS」(私は恐れない)のアナグラムであることも公式に明かされた。

 LE SSERAFIMが所属するのは、HYBEの子会社である音楽事務所Sourceミュージック。そのトップでBTSを発掘した人物として知られるパン・シヒョク氏が、LE SSERAFIMのデビューもプロデュースする。

 一見すると豪華な布陣だが、実は“成功確実”という状況ではないという。

 過去には、パン氏とSourceミュージックが共同で売り出した女性グループ「GLAM」が大失敗に終わった前例がある。

 GLAMはパン氏が初めてプロデュースした女性グループで、2012年にデビューした。しかしコンセプトが空回りして人気は低迷。デビュー2年後の2014年9月には、メンバーのダヒがスター俳優のイ・ビョンホンを恐喝して逮捕されるという前代未聞の事件が起こる。飲み会での私的な会話を動画に収め、それをネタに50億ウォン(約5億円)をゆすり取ろうとしたのだ。

 ダヒは2015年1月の一審判決で懲役1年の実刑を宣告され、Big Hit(現HYBE)は判決当日にGLAMの解散を発表した(最終的には二審で懲役1年執行猶予2年が確定)。同社はGLAM以降女性グループには手を出さず、「LE SSERAFIM」が久々の挑戦である。それゆえ、キャリアの長い宮脇らが選ばれたのは、GLAMの反省を生かした“安全策”とさえ囁かれている。

■宮脇でさえデビューまで4年、6年かかる人も

 宮脇が2018年にK-popへの挑戦を開始してから4年が経過したが、これでもK-popアイドルの準備期間としては特に長いわけではない。男性グループNCT127のユウタは2012年の渡韓からデビューまで4年を練習生として過ごし、昨年11月に女性グループBilllieでデビューしたTSUKIは、14歳で現地の練習生となってから5年を要している。

 今年1月にデビューした女性グループKep1erのマシロこと坂本舞白は実に6年もの時間をかけてデビューにたどり着いた。1999年生まれの坂本は、日本のアイドルグループαbubby’sで活動した経歴の持ち主。2016年にTWICEなどのスターを擁するJYPエンターテインメントの公開オーディションで2位に選ばれて練習生となるが、翌年のオーディション番組で脱落。女性グループITZYのデビューメンバーから外れ、2018年にJYPを去った。

 失意のなか帰国した坂本はアルバイトをしながら仕事を探したが、かつての仲間がITZYで活躍するのを見て一念発起。そして昨年のオーディション番組「Girls Planet 999: 少女祭典」を最後のチャンスとして、再び渡韓。こうしてついに新グループのメンバーの座を掴んだわけだ。

 NiziUのMAKOは、中学生の時にJYPの公開オーディションで2位になった坂本を見てK-popアイドルを目指したという。

 今回の宮脇のデビューも多くのフォロワーを生むことは間違いなく、日本の若者がK-popアイドルを目指すトレンドは今後さらに加速していきそうだ。

(高月 靖/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)