『カムカム』“キレの良い店”の森岡役・おいでやす小田が告白 「ツッコミはオダギリさんとのアドリブです」

『カムカム』“キレの良い店”の森岡役・おいでやす小田が告白 「ツッコミはオダギリさんとのアドリブです」

NHK公式インスタグラムより

 4月8日(金)に最終回を迎えるNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(総合、月〜土曜午前8時ほか)。京都編で大月一家が暮らすあかね通り商店街に店を構える森岡酒店の店主・森岡新平を演じたおいでやす小田(43)が「週刊文春」の取材に応じ、初の朝ドラ出演の反響や撮影の舞台裏、作品への思いを明かした(全2回の1回目、 後編 へ続く)。

◆◆◆

■カムカム出演「ドッキリか? いやほんまか?」

 おいでやす小田は1978年7月25日生まれ、京都府京都市出身。2001年からコンビで漫才をはじめ、2008年以降はピン芸人として活動。2016年から5年連続で「R-1ぐらんぷり」(現・R-1グランプリ)決勝の舞台に立つ。2020年の「M-1グランプリ」ではピン芸人のこがけんと「おいでやすこが」を組み、ユニットとして大会史上初の決勝戦に進出し準優勝する。2017年、京都府文化観光観光大使に就任。

――出演のお話が来た時のご心境はいかがでしたか?

 僕、2021年の年間でドッキリかけられた回数が全タレントの中で1位やったんですよ。だからそら、まずは信じないですよね。現場行くまでの2〜3週間は「ドッキリか? いやほんまか?」ってずっと悶々としていました。ほんまもったいないんですけど、僕ってどの仕事でもそうなんですよ。すぐに手放しで喜べへん。でも、京都の家族、奥さん、吉本の社員さん、みんなほんまに喜んでくれてました。朝ドラの影響力は違うなって思いましたね。

 撮影現場に入って商店街のセットをみてようやく、「わーほんまに出演するんや」と実感しました。でもテンパっていたというか、細かいところを見る余裕があまりなかった。だから、衣装のエプロンに「キレの良い店」って入れてくれてはったのも、初めは全然気づかんくて。

――小田さんの“キレ芸”、もしくは“キレのあるツッコミ”のことなんでしょうか?

 なんも説明は受けてないんですよ(笑)。多分そうやと思うんですけど。劇中でも大声でツッコミをさせてもらってましたけど、あれ、ほとんど台本には書いてないんですよ。オダギリジョーさん(大月錠一郎/ジョー役)とのアドリブなんです。

■オダギリジョーとの“アドリブ”

――例えば、66話でひなた(川栄李奈)とジョーが拾った空き瓶を森岡酒店に持ってくるシーンでは……。

「熱いのんキューっと一杯欲しなりますね」と言うジョーさんに、「いや、あんた下戸やがな」と返すまでが台本です。そのあとのジョーさんの「あ、お湯のことです」と、それに対する「お湯かい! 熱燗の言い方やでそれ」のツッコミはアドリブでした。

 あとは、93話でジョーが福引の店番をしている場面。ジョーさんが抽選補助券を10枚持ってきたお客さんに「10枚だから10回!」と言って、森岡が「ちゃうちゃうちゃう。これ補助券や、1回な」と返して終わるはずでした。せやけどオダギリさんがアドリブで「カンカンカンカン」って福引で当たりが出た時用のハンドベルをずっと鳴らし続けはって、「うるさいなー!」ってツッコミをいれたんです。カットされてますが、最終的に「うおー!」って叫ぶまでやってましたね(笑)。ちょっと森岡さんの役ではなくて、もう僕やったなぁと思います。

――現場ではオダギリさんとよく話されたんですか?

 オダギリさんは次長課長の河本(準一)さんの幼馴染だそうで、「芸人さんはなんか近しい存在」やって言うてました。だから僕にも結構仲良うしてくれて。後半では一緒の現場が減ってしまって残念でした。

 でも、オダギリさんって厳しいんですよ。僕の良さを引きだそうとしてくれたんやと思うんですけど、すぐにツッコミ風にセリフを言わせたがる。向こうは冗談ですけど、かなわんですよ。僕が普通に芝居をしたら首を傾げながら、「逃げましたね」「あーそう、(ツッコミは)やらないんだ」とかめちゃくちゃ言うてくる(笑)。
前室でオダギリさんに「このシーンは大声で行きましょう!」って発破かけられて、深津(絵里)さんと2人のシーンででかい声でツッコミいれたら、しっかりNGくらったんですよ。監督さんから「そんな感じじゃないです。どうしたんですか?」って聞かれたから、オダギリさんの名前出そ思たのに、とっさに「深津さんがやれって言うたんです」って言ってしまって。

 深津さん、すごい顔してはりました(笑)。きっと深津さんって今までの人生で勝手に犯人にされたことなんてないと思うんですよ。ずいぶん驚かれたんやろなと思うんですけど、その顔がおかしくて。もちろん謝りましたよ。その日から会うたびに「また私のせいにするんですか?」って話しかけてくださるようになりました。

■「一瞬ちょっとセリフ飛びました」

――るい(深津絵里)がラジオから流れる南こうせつさんの「夢一夜」を口ずさみながら回転焼きを焼いて、隣で森岡さんが「奥さん上手いなあ」と聴き惚れるシーンも素敵でした。

 あのシーンは、僕が先にスタンバイをしていたんですね。「リハーサルいきます」って掛け声がかかってから、深津さんがセットの中から回転焼きの店先にぽんと出てこられて。その時に初めてベリーショートに髪を切った深津さんを見たんです。まじでかっこよすぎて! 一瞬ちょっとセリフ飛びました。かわいいとかキレイとかを超えて、「この人かっこええな」って思いました。息を呑みましたね。

――森岡新平さんとしても質問させてください。回転焼きを買いに「大月」に行って「ご主人かいな。出直そ」と言っていたことがありました。森岡さんはなぜあんなにジョーに厳しかったのですか?

 多分、昭和の京都人らしい行動やと思うんです。るいさんにも直接言ったことがあるんですけど、「奥さんばっかり働かしたら旦那あかんで」って近所の商店街の人たちみんなで言うてたんですね。ジョーさんは、人柄は悪くないけれども得体はしれへん存在やった。今やったら全然いいんですけど、男性が働かないというのは変な目で見られてた時代の話やったんで。

 森岡は「死んでも配達はやめへんで」っていうくらい仕事一筋。あの頃の昭和の時代に商店街で旦那さんが何もしてへんかったら、厳しいことを言うんかなって思います。大月さんは道を挟んで隣に住んでるご近所さん。森岡は独り身やし、ずーっと見守ってきたから、るいさんや子どもたちのことが心配になってるんですね。途中からはジョーに対しても優しくなっていきました。

――だからこそ、ジョーがトミー(早乙女太一)のバンドに入って音楽活動を再開したのは嬉しかった?

 それはそうでしょうね。僕、自分が出てるとか関係なく、このドラマが本当に大好きなんですよ。だから、森岡としてじゃなくて僕の感情としても「うわー! ジョーが!」って感動しましたね。

 周りの「カムカム」好きな芸人ともいつも話をしていますね。この間は岡山編に出ていたザ・プラン9の浅越ゴエさん(「水田屋とうふ」の店主・水田卯平役)と「終わったらカムカムロスになりますね。かなわんなあ」って話しました。

 一番ハマってるのは、ミキの昴生。あいつが「カムカム」の話をするときのテンションったらすごいですよ(笑)。ほんまに好きなんで「ネタバレ絶対するなよ!」って言いながら、むちゃくちゃ今後のストーリー展開の予想を話してくるんです。大阪編の放送中でるいとジョーがくっつくんかまだ視聴者は分からないときに、「こないだオダギリさんと話したら……」って言ってしまったことがあったんです。そしたら「(京都編に)オダギリさんがおるってことは、お前―! ネタバレすんな言うたやろ!」って(笑)。「ジョー、そんな重要な役じゃないから」とか、とっさにめちゃくちゃ嘘言うてごまかしましたよ。気ぃ遣うん大変すよ。

『カムカム』“キレの良い店”の森岡役・おいでやす小田が語る「想像の最高点を超えましたね」 へ続く

(「週刊文春」編集部/週刊文春)

関連記事(外部サイト)