楽天イーグルス選手が選んだ“好きな丼ドラフト” 栄えある重複1位指名はあの丼

楽天イーグルス選手が選んだ“好きな丼ドラフト” 栄えある重複1位指名はあの丼

好きな鍋はもつ鍋の田中和基選手 ©河内一朗

 プロ野球が開幕して気が付けばもう4月。今シーズンも文春野球コラムで東北楽天ゴールデンイーグルスの記事を担当させていただきます、Rakuten FMの河内一朗と申します。昨今のニュースをみれば不安になってしまうことも多くありますが、いまのご時世だからこそ、プロ野球をはじめスポーツエンターテインメントが人の心を大きく動かす時代だと感じています。

 そんな中、唐突ではありますが今回のコラムは楽天イーグルスの選手にラジオインタビューのテーマで聞いた好きな「丼ドラフト1位」(一番好きな丼)を勝手に発表させていただきたいと思います。どうか晩御飯の献立に悩んだときは参考にしてください。

 それでは早速、選手が選んだ「丼ドラフト1位」、ベスト3からの発表です!

■イーグルス選手が選んだ“好きな丼ドラフト”?

 ドーーーーン!

 なんと2位は4票ずつ指名をあつめた「海鮮丼」と「鰻丼」に決定!

「海鮮丼」を選択希望した3年目・瀧中瞭太選手は「圧倒的に海鮮丼ですね。福井県・おけやというところで食べた海鮮丼が本当においしくて値段もそこまで高くないので家から車でよくいってました」と話してくれた。

 最後に「みなさんも機会があればぜひ行ってください。ただぼくの名前を出してもまったく知られてないので」とジョークを添えた。今シーズンも先発ローテーションの柱として2年連続2ケタ勝利を願っています!

 いっぽう「鰻丼」を選択希望した6年目・田中和基選手は「鰻丼です。小学生ぐらいのときに父親が福岡県の柳川というところで仕事をしていて、そこは鰻が有名でその時に食べにいってから、今でも頻繁に食べるくらいずっと好きです」と答えてくれた。

 読売ジャイアンツとのオープン戦ラストゲームで決勝打を放った田中和基選手は、開幕カードの3月27日、チームに貴重な初勝利をもたらすサヨナラ2ベースヒットを打った。

 試合後は「残りの試合、選手もスタッフの方々も一丸となっていきますのでファンのみなさんも一丸となって戦いましょう、がんばりましょう!」と感情を込めた。

 チームスローガン「譲らない!」その思いがヒシヒシとオーラで出ていた。自分だけではなく、みんなで一丸となって「優勝」に向かっていく覚悟も感じられた。ますます今シーズンの田中和基選手から目が離せない。

 ここで1位発表の前に、単独指名で獲得できた「丼」と指名理由をご紹介しましょう。

【単独指名】

 石井一久監督 豚丼(1票)
「どちらかといえば北海道とかの甘いタレがついた豚丼がすきです」

 岸孝之選手 ネギトロ丼(1票)
「ウニとかも大好きなんですが、丼ならネギトロ丼です」

 銀次選手 鉄火丼(1票)
「(即答で)鉄火丼です。マグロの赤身の鉄火丼が一番おいしいです。わさびはちょっとだけです」

 松井裕樹選手 そぼろ丼(1票)
「(奥さま手作りの)そぼろ丼です。何色でもいいのですが玉子とか肉のそぼろが入っていたらうれしいです」

 藤平尚真選手 しらす丼(1票)
「卵の黄身だけを乗せて、ねぎをちょっとかけて甘醤油たらして朝ごはん自分でつくっていきます。身体にもいいので(笑)」

 それぞれ個性がわかれますね!

■「親戚が大阪でうどん屋さんをしているのですが…」

 それではみなさんお待たせしました、気になる「丼ドラフト1位」の発表です! 一番指名が多かったのは……ドーーーーン!

 5人からの競合指名「カツ丼」でした! 「カツ丼」を選択希望した7年目・村林一輝選手は「親戚が大阪でこんぴらという、うどん屋さんをしているのですが、そこのカツ丼が最高に絶品です」とリスナーさんに向けておしえてくれた。

 11年目・鈴木大地選手は「丼はどのジャンルも好きですが、僕はカツ丼一択です。卵はしっかり固まっているカツ丼も、とろとろの卵のカツ丼も好きです」とカツ丼への思いを聞くことができた。

 そんな鈴木大地選手は4月5日、4日ぶりの試合で3安打3打点の猛打賞の活躍で、田中将大選手の今シーズン2勝目に大きく貢献した。

 試合後は「チームとしても活動休止になって大変さを感じていたのですが、今いるメンバー全員で勝てたのはよかった。いない人の分まで頑張ろうと思えました」と話した。

 楽天イーグルス3年目の鈴木大地選手は、誰よりも早くグラウンドに来て練習し、試合後も室内練習場でバットを振る。チーム全体にとっても大きな影響を与えているし、これからも引っ張ってくれるにちがいない。

 ラジオマンとして選手に「丼ドラフト1位」を聞くことは決して正解ではないかもしれない。むしろ野球の具体的な話を聞きたいリスナーさんもたくさんいると思う。ただ、選手をより身近に感じてもらいたい! その一心で質問している。(ちなみに河内的には小鶴新田にあるしぶき亭の桃生ポークを使った柔らかふっくらなカツ丼が仙台カツ丼マイベスト)

「ボールパークで会いましょう」。今シーズン、楽天イーグルスはこのテーマをかかげて東北開幕をむかえた。9年ぶりのリーグ優勝、日本一にむけて自分もなぜか気合だけは十分だ。

 今年こそ楽天イーグルスにかかわるすべてのみなさんと1つになって楽天生命パーク宮城で優勝するチームを観られると信じている。そしてリーグ優勝がかかった試合実況をさせていただく思いは譲らない! そんなワクワクした気持ちで今日も明日も吼えていきたい。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2022」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト https://bunshun.jp/articles/53189 でHITボタンを押してください。

(河内 一朗)

関連記事(外部サイト)