「およげ!たいやきくん」から「愛は勝つ」「涙のキッス」…歌謡曲でみる『カムカム』の100年

「およげ!たいやきくん」から「愛は勝つ」「涙のキッス」…歌謡曲でみる『カムカム』の100年

©AFLO/getty

〈いつも背景にはラジオが…〉『カムカムエヴリバディ』登場楽曲から見えてくる “リアリティ”とは? から続く

 NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』は、祖母・母・娘の3世代にわたる100年のファミリーストーリー。劇中では時代の流れを示すために、ラジオから流れる歌謡曲が効果的に使われていた。途中でCDの時代になっても、あくまでもラジオから流れる曲が中心だった。

■「錠一郎も思わず『ええ曲やな』と呟いた」

 京都で回転焼き屋を開いたるい(深津絵里)と錠一郎(オダギリジョー)だが、つましい生活を心がけていたためか、ひなた(少女期・新津ちせ)が大きくなるまで店頭にラジオは置かれていない。

 抜群のインパクトがあったのは、テレビから流れてきた子門真人「およげ!たいやきくん」(75年/昭和50年)。るいは12月に入ってから回転焼きの売上減に頭を悩ませていたが、『ひらけ!ポンキッキ』で同曲が流れはじめたのはこの年の10月のこと。12月にリリースされたシングルレコードは爆発的なヒットとなり、世の中にたいやきブームを巻き起こした。売り上げ450万枚という記録はいまだに抜かれていない(第66回)。錠一郎も思わず「ええ曲やな」と呟いていた。

 ひなたたちが学校で歌っていたのは山口百恵「禁じられた遊び」(73年/昭和48年)。いわゆる「青い性典路線」の一曲。小学生の頃は男子より女子のほうが進んでいる。

 テレビから流れてきたザ・ドリフターズ「ドリフのビバノン音頭」(73年/昭和48年)は、昭和の怪物番組『8時だョ!全員集合』のエンディングテーマとして親しまれた。宇野ゆう子「サザエさん一家」(69年/昭和44年)はアニメ『サザエさん』エンディングテーマ。

 風呂上がりのひなたと洗い物をするるいが一緒に歌っていた大杉久美子「かあさんおはよう」はアニメ『母をたずねて三千里』のエンディングテーマ。主人公のマルコが海外に渡ってしまった母親を探す物語は、アメリカに渡った母・安子(上白石萌音)と生き別れたるいの境遇と重なる。

 ひなたが商店街といきいきと歌って踊るのはキャンディーズ「春一番」(76年/昭和51年)。「もうすぐ春ですね 彼を誘ってみませんか」と歌いながら帰宅したひなたは、回転焼きの店「大月」にやってきたビリー(幼少期・幸本澄樹)を英語で誘うことができなかったが、最終回でビリー(城田優)を英語で「回転焼きを食べましょう」と誘うことができた。2025年3月の出来事なので、まさに「春」だ(いずれも第69回)。

 叱られたひなたが錠一郎に謝る場面では、ラジオから川橋啓史「山口さんちのツトム君」(76年/昭和51年)が流れていた。たしかにこの頃のひなたは少し「へん」だった。歌の中のツトム君は離れ離れになっていたママが帰ってきて元気になる(第70回)。

■ソニーのウォークマンが発売された頃には…

 83年、高校3年生になったひなた(川栄李奈)が「あかにし」の店頭で新発売の「ウォーキング・メン(ウォークマンのこと)」を見ているとき、店内のラジオでシブがき隊「NAI・NAI16」(82年/昭和57年)が流れている。ソニーのウォークマンが発売されたのは79年。「あかにし」の店頭に並んでいたのは1号機の「TPS-L2」だった。ひなたは買う金が「NAI・NAI」。

 映画村帰りのひなたが歌っていたのはBORO「大阪で生まれた女」(79年/昭和54年)の替え歌。青春の終わりと別れを歌ったブルージーな曲。歌の中の“女”は一度大阪を捨てるが、やがて大阪に戻ってくる(いずれも第71回)。なお、この回から「大月」の店先にも小さなトランジスタラジオがあるのが見える。

「ミス条映コンテスト」に出るとひなたが宣言したとき、ラジオからH2O「想い出がいっぱい」(83年/昭和58年)が流れていた。透明感のあるハーモニーで「大人の階段昇る 君はまだシンデレラさ」と歌われていたが、ひなたは時代劇の世界への第一歩を踏み出して大人の階段をひとつ昇る(第73回)。

 伴虚無蔵(松重豊)が「大月」にやってきたとき、店頭ではあみん「待つわ」(82年/昭和57年)が流れていたが、翌朝、伴は映画村の橋の上でひなたを待っていた。時代劇を救う存在をずっと待っていたのだろう(第74回)。ひなたがバイトをしていた映画村の休憩室で流れていたのは薬師丸ひろ子「セーラー服と機関銃」(81年/昭和56年)(第75回)。

 84年、ひなたは条映太秦映画村に就職する。BGMは日本映画誕生に情熱を注ぐ若者たちを描いた朝ドラ『ロマンス』の主題歌、榎木孝明・芹洋子「夢こそ人生」(84年/昭和59年)。「夢をみるのは生きてることさ 忘れちゃいけない夢だけは」と明るく歌われていた。「夢の工場」と称される映画の撮影所にぴったり。昼食時に休憩室で流れているのは吉川晃司「モニカ」(84年/昭和59年)(第79回)。

■「そば処 うちいり」では“らしい”「少し古いヒット曲」

 ひなたが美咲すみれ(安達祐実)と訪れる「そば処 うちいり」では、よくラジオでヒット曲が流れている。都はるみ・宮崎雅「ふたりの大阪」(81年/昭和56年)、細川たかし「北酒場」(82年/昭和57年)はいずれも演歌のヒット曲(第80回)。「未成年です」とひなたが言う場面のBGMは、わらべ「もしも明日が…。」(83年/昭和58年)。たしかに「わらべ(子ども)」だ。

 美咲が愚痴を続ける場面のBGMは中島みゆき「悪女」(81年/昭和56年)。「愛する人よ そばにいて」と歌う前者はなかなか五十嵐文四郎(本郷奏多)に会えないひなたの気持ち、月夜に本音をこぼして涙を流す女を歌う後者は、五十嵐に泣きながら本音を打ち明けるひなたの姿に重なる。少し古いヒット曲が流れるのも居酒屋らしい(第85回)。

 弟・桃太郎(青木柚)が高校に入学した92年、条映太秦映画村の休憩室で流れているのは米米クラブ「君がいるだけで」(92年/平成4年)。「月9」のトレンディドラマ『素顔のままで』の主題歌として大ヒットした。この後、上司の榊原誠(平埜生成)から映画村の動員数が激減していることを伝えられるが、恋愛ドラマの隆盛と時代劇の凋落が対比されている(第86回)。

■「ムーンライト伝説」「愛は勝つ」「涙のキッス」…そして時代は平成へ

 ひなたがお化け屋敷の企画を出したときのBGMはアニメ『美少女戦士セーラームーン』の主題歌、DALI「ムーンライト伝説」(92年/平成4年)。「大月」ひなたが映画村に一筋の「光」を与える。

 大部屋俳優としての長い下積みにくじけそうになっている五十嵐が去った後の休憩室で流れていたのは、KAN「愛は勝つ」(90年/平成2年)。「どんなに困難でくじけそうでも 信じることさ 必ず最後に愛は勝つ」と歌われるが、ひなたと五十嵐の時代劇(自分の進む道)への「愛」が試されている場面だった(第88回)。

「うちいり」で飲んでいる美咲と星川凛太朗(徳重聡)に五十嵐が酔って絡む場面のBGMはサザンオールスターズ「涙のキッス」(92年/平成4年)。ひなたと別れるのは「夏の運命(さだめ)」だったのかもしれない(第89回)。やがて五十嵐はひなたと別れて撮影所を去るが、後にハリウッドのアクション助手として撮影所に戻ってくる。彼の「愛」が勝ったのだろう。

 92年の冬、るいが「あかにし」でテレビを値切る場面で流れるのは山下達郎「クリスマス・イブ」(83年/昭和58年)。88年にJR東海のCMで起用されてリバイバルヒットした。「きっと君は来ない」の「君」は、桃太郎にとっての片思いの相手・藤井小夜子(新川優愛)なのかも。

 年が明けて、動員数が減り続ける映画村の休憩所で流れているのはZARD「負けないで」(93年/平成5年)。滅びゆく時代劇とそこで踏ん張ろうとするひなたへのエールのよう。この後、ひなたは虚無蔵の激励と平川唯一(さだまさし)のアドバイスをもとに英語の勉強を始める(第91回)。

■朝ドラとも重なっていくひなた

 99年、ひなたが店番をしていた「大月」のラジオから流れるのは速水けんたろう・茂森あゆみ「だんご3兄弟」(99年/平成11年)。「うちいり」で榊原が野田一恵(三浦透子)と話そうと待っているとき、宇多田ヒカル「Automatic」(98年/平成10年)が流れている。榊原の一恵に対する態度は「あいまいな態度がまだ不安にさせるから」という歌詞のとおり(いずれも第100回)。

 映画村休憩所のテレビで流れていた倉木麻衣「Reach for the sky」(00年/平成12年)は朝ドラ『オードリー』主題歌。ひなたは、時代劇映画の世界に身を捧げ、結婚も出産もしない主人公と自分の境遇を重ねていた(第104回)。

 撮影所に戻ってきた五十嵐に誘われ、準備をするひなたの背後で流れるのは南こうせつ「夢一夜」(78年/昭和53年)。ひなたの様子は「着ていく服がまだ決まらない」の歌詞そのまま。店内ではるいが口ずさんでいたが、78年といえば桃太郎が2歳の頃。きっと幸せな思い出のある曲なのだろう(第105回)。

 ハリウッド映画の制作で湧く条映撮影所で流れているのは、Re:Japan「明日があるさ」(01年/平成13年)。もとは坂本九のヒット曲だったが、バブル崩壊後の不況から脱しようというコンセプトのCM用の曲として企画されて大ヒットした。再生を目指す撮影所にはぴったり(第106回)。

 るい、錠一郎、トミー北川(早乙女太一)が集まった「大月」のラジオで流れているのはCHEMISTRY「PIECES OF A DREAM」(01年/平成13年)。クリスマスの夜、それぞれの夢の欠片を集めた特別なステージで3人の化学反応(ケミストリー)が起こる。

 ラジオの曲はくるり「WORLD’S END SUPERNOVA」(02年/平成14年)に変わる。歌詞にあるように彼らは「みんなミュージックフリークス」である。

■かつて安子が進駐軍のパーティーで耳にして涙した「きよしこの夜」

 雉真雪衣(多岐川裕美)が亡くなるまで勇(目黒祐樹)と一緒に観ていたのが朝ドラ『てるてる家族』。曲は流れなかったが、ドラマの中で「見上げてごらん夜の星を」(63年/昭和38年)が歌われた日の夜に雪衣は亡くなった。映し出された夜空にはアルデバランが輝いていた(第107回)。

 るい、ひなたらが聴いていたアニー・ヒラカワ(森山良子)が出演したラジオ「みんなあつまれ磯村吟です」で、磯村吟がかけたのは「きよしこの夜」(第109回)。かつて安子が進駐軍のパーティーで耳にして涙した曲だった。るいがアニー・ヒラカワこと安子と再会を果たしたステージで歌ったのは、もちろん「On The Sunny Side Of The Street」だった。

 焼け跡に置かれていた映画の看板『棗黍之丞友情歌』には「歌は世に連れ、世は歌に連れ… されど情があるから人間なのさ」という惹句が書かれていた。まさにこの言葉のとおり、歌謡曲が人々に寄り添い続けた100年を『カムカムエヴリバディ』は描いていた。

(大山 くまお)

関連記事(外部サイト)